リクルートエージェントの評判は?アンケートから分かった悪い評価の理由とは!

転職活動をはじめるときに、まずは転職エージェントに登録しよう!という方が今多くなっています。
でも転職エージェントって色々あってどれに登録して良いのかわからない…ってなりませんか?
そんな方々に向けて、私自身が転職エージェントを利用した体験と、他に同じ転職エージェントを利用した方の評判・口コミをまとめました。
今回は「リクルートエージェント」を利用したことのある方にアンケートを取り、良い評判・悪い評判をまとめたものと、私が実際に利用した際の初回面談の内容をお届けします。

 

リクルートエージェントの良い評判・悪い評判。悪い評判はなぜ出てしまう?

今回は、株式会社マーケティングアプリケーションズ様が提供中のアンケートシステム「アンとケイト」で、転職エージェントを利用したことがある537名を対象にアンケートを実施し、その中でリクルートエージェントを利用したことがある130名の回答をまとめました。

リクルートエージェントの良い評判は、3つに分かれました。

キャリアアドバイザーが良かった

  • 担当の人の人柄がよく相談しやすかった
  • 客観的立場から評価してもらえた
  • 親身に話を聞いてくれた
  • 面接の手配などをしてくれるので楽だった
  • 担当サポーターが丁寧な対応をして頂き、転職にも前向きになれた

全てに共通しているのは“親身になってくれる“という点です。
今回行ったアンケートでも、「親身に話を聞いてくれる」という回答が最多でした。
転職活動において、自分の立ち位置を知ることは重要だと思うので、キャリアアドバイザーの方に客観的に評価してもらえるのも助かりますね。

また、こんな回答もありました。

  • 履歴書を作成してくれる。面接の練習ができる。非公開求人に応募できる。
  • 求人をいろいろ持ってきてくれる。受かりそうなところを見繕ってくれる。

キャリアアドバイザーが献身的に動いてくれるのは他の口コミを見てもわかりますが、履歴書まで作成してくれるとは驚きですね。私の時は自分で作ってしまっていたので、そこまでサポートは受けられませんでした…。
また、受かりそうなところを見繕ってもらえるのも、キャリアアドバイザーが私自身をしっかり見てもらえているんだなって実感する内容ですね。

求人情報の数が豊富

  • 案件が豊富であった
  • 情報量が多い
  • 求人数の多さは魅力
  • 思わぬ掘り出し物と言える企業と出会えること
  • 求人がたくさんあって好きなものを選びやすい

リクルートエージェントの求人数は2019年9月26日現在、

  • 公開求人 118,127件
  • 非公開求人 168,374件

合計 286,501件と、実に28万件もの求人情報が掲載されています。
全てを閲覧することは不可能に近いとは思いますが、この中からキャリアアドバイザーの方がよりすぐりの求人情報を提供してくれるので、自分にピッタリの企業が見つかる可能性も高いと思います。

システムが快適に利用できる

  • スムーズにうごく
  • サポートシステムが安心感を意識させてくれて助かります
  • 多種多様な転職サポートが安心感になりました

転職エージェントのシステムも、利用する側にとっては重要なポイントです。

リクルートエージェントは、実際にWeb上から使用していても操作などに何1つストレスが無く、快適に利用できています。また、アプリもあるのでスマホでの利用も便利でした。
管理画面のTOPも、自分が今何をすべきなのか?応募状況はどうなっているか?わかりやすい造りになっているので、次に自分がやるべきことがひと目でわかります。他の転職エージェントだと、管理画面が雑多になっていて見辛い部分がやや見受けられましたが、リクルートエージェントでは使い心地に問題はありませんでした。

ここまでがアンケートで得られた良い評判のまとめです。

次に、リクルートエージェントの悪い評判もご紹介します。
こちらもアンケートで大きく3種類に分かれる結果となりました。

掲載している求人情報が合わない

  • 一般企業向けの求人はたくさんあったが、保育士など専門職の求人もあるといいと思った
  • 地方での求人が少ない
  • 地元の掲載件数が少なすぎて話にならなかった
  • 担当がよく、しっかり話を聞いてくれた。ただ、自分に合った案件が少なかった

特に、地方での求人情報が少ないという回答が多かったです。

リクルートエージェントは全国に17拠点存在していますが、47都道府県に対し17拠点なので、拠点がない地域では求人情報が少なくなってしまうのも仕方がないと思います。
拠点のある場所は、札幌・仙台・宇都宮・東京本社・立川・さいたま・千葉・横浜・長野・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡の17箇所になります。この近隣以外で求人情報を探す場合は、まずは同じリクルートが運営する「リクナビNEXT」という求人情報サイトに登録してみてはいかがでしょうか?

どうしても転職エージェントを利用したい場合は、全国展開している「doda(デューダ)」という転職エージェントの利用をオススメします。

連絡が頻繁に来るor全く来ない

  • 面談面談としつこかったところ
  • 連絡がしつこい
  • 電話がしつこく、どこでもいいから転職させようと必死すぎて自分のペースで活動できなかった
  • これといってコンサルされなかった

これには2つの理由があります。

1つは、転職エージェントの求人情報がすぐに変わっていってしまうことにあります。リクルートエージェントによると、転職活動の期間はおおよそ3ヶ月で終わるケースが多いとのことで、今載っている求人情報も3ヶ月後には無くなっていることが多いようです。なので、キャリアアドバイザーの方は今あるいい求人情報を紹介したい!という思いが強いです。実際、1ヶ月しか掲載していない求人ばかり載っていました。なので、求人情報を早く紹介し始めたいから登録直後に連絡してしまう、面談を急かしてしまう、何度も連絡してしまう、ということが起きてしまうようです。これも、キャリアアドバイザーの方が親身になって対応してくれるからこそで、仕方がない部分があると思います。

どうしても今すぐ動けない場合は、キャリアアドバイザーに自分の転職活動の計画を伝えると良いと思います。私は、今すぐではなく、具体的に○ヶ月後が転職希望の時期だと伝えると、それに合わせてキャリアアドバイザーの方も動いてくれました。キャリアアドバイザーの方とのコミュニケーションも大事にしましょう!

もう1つの理由ですが、キャリアアドバイザーの方と合わなかった、または見放されてしまったことが理由だと思います。
見放されてしまう場合は、特にこれと言って動く気配がなく、放置されていると思われてしまったときに起こるようです。また、キャリアアドバイザーが合わない場合は、キャリアアドバイザーの変更を希望しましょう。キャリアアドバイザーの方も一人の人間なので、合う・合わないは確実に起こる問題です。
その場合は諦めるのではなく、専用フォームからキャリアアドバイザーの変更を申請しましょう。キャリアアドバイザーを変えることは転職活動において何もデメリットはありません。寧ろ、活動しやすくなることの方がいいので、合わなければ早めの申請を出しましょう。

実際にリクルートエージェントを利用してみた

「リクルートエージェント」がどのようなサービスなのか、実際にリクルートエージェントを利用してみました!
今回は初回の面談でお話した内容をレポートします。

会場は東京駅から徒歩2分にある、グラントウキョウサウスタワー。
そうです、リクルートエージェント本社があるビルの面談会場です!
会場に到着し、受付に名前を言うだけで面談室への案内の紙とカギを受け取れました。案内通りに部屋に入り待っていると、程なくしてキャリアアドバイザーの方がいらっしゃいました。

軽く雑談を混じえた自己紹介

お伺いした日は平日だったので、「本日はお仕事どうされてました~?」みたいな軽い雑談からはじめてもらえ、お互いに自己紹介を行いました。キャリアアドバイザーの方の名刺もしっかり受け取ることができ、緊張していましたが少し楽になった感じがしました。

キャリアシートに基づいた職歴の確認

事前にキャリアシートと職務経歴書を提出していたため、その内容の確認からスタートしました。結論から言うと、今回の面談時間の半分以上はこの確認作業でした。現状の把握とスキルの棚卸しってこうやればいいのか、という感じでものすごくためになるお話でした。確認していく中で記述が足りていない部分については指摘され、どのように修正すればいいのかまで、優しく丁寧に教えてもらえました。これだけで履歴書と職務経歴書がレベルアップする感じがして、面談を受けに来た甲斐があったと思いました。

これからの転職活動の展望

転職についての要望や、希望する時期などを聞かれました。
また、転職したい時期に基づいて、これからどのように動くべきなのか、逆算して目標設定をすることが出来ました。転職活動の計画って一人では難しいと思っていて、先の見通しがたっていなかったのですが、キャリアアドバイザーの方と話すことで、これから先の動き方が明確になりました。

一般的な転職活動について

他の方の転職活動はどのような感じなのか、一般的に転職活動は3ヶ月で終える方が多いなど、一般的な転職活動に関するお話を聞かせていただきました。
また、キャリアアップに関するキャリアアドバイザーの方の考え方も聞かせてもらえました。(ここはキャリアアドバイザーの方の持論も入っていたので割愛します。気になる方はぜひ初回面談に行ってみましょう!)

応募・面接・最終選考について

これから応募していく中で、最終選考まで行くには、何社応募すべきか、転職活動を行う上での目安になる数字のお話でした。正直なところ、このお話は「書類選考を○%通過するので~」といった利用者の平均値のようなもので、完全に自分が当てはまるかと言うと、そうではないと思ったため使えるかは微妙なところでした。

リクルートエージェントの使い方について

ここからは、リクルートエージェントのシステムの使い方のお話でした。
まずはWeb上での管理画面でのお話です。使い方は事前に色々触っていたので、使い方の説明はスムーズに終わりました。

リクルートエージェント専用アプリの導入・説明

リクルートエージェントは専用アプリがあり、その導入と使い方の説明でした。
導入にも時間はかからず、Web上で出来ることがアプリ上で直感的に操作出来るようになり、すごく便利だと思いました。Web上だとログインし直したり、余計な操作が必要になってくるので、導入していて損はないと思います。

リストアップしてきた求人情報について

この資料の束、何だと思いますか?
これは、事前にキャリアカウンセラーの方が、同じ業界の求人情報をリストアップし、印刷して持ってきてくれたものでした。まさか初回の面談当日にこれだけの資料が受け取れるとは思っていませんでした。ここだけでも膨大な量の求人情報があったのですが、この求人情報をどのように見るのか、また、Web上ではどこで確認できるかなどの説明を受けました。

面談は1時間15分で終了

事前のメールでは、面談時間は1時間~1時間半と書かれていたので、今回の1時間15分は概ね予定通りに進んでいたんだと思います。最後まで見送ってもらえ、初回の面談は気持ちよく終わることが出来ました。この時点で転職活動に対するモチベーションがものすごく上がったのを覚えています。

ここまでが実際にリクルートエージェントで行われた初回の面談内容でした。
後日、Twitterで検索すると下記のような投稿があり、初回の面談はほぼ同じ内容で行われていることがわかりました。


Twitterで投稿している方のように、すごく丁寧だという印象は同じでした。
面談の内容もかなり似ているので、初回の面談の内容はある程度決まっているようです。
今後、使い続けることによって個人に合った話をしてもらえると思うので、これからも利用してみたいと思います!

リクルートエージェント利用者に行ったアンケートの全貌を公開!

「アンとケイト」を利用して募集したのは評判・口コミだけではなく、サービス内容について5段階評価で回答してもらいました。

今回、アンケートを実施した項目は、サービス・求人情報・キャリアアドバイザー・総合満足の4つで、それぞれ5段階で評価してもらいました!

その結果は…

サービス
☆3.2
求人情報
☆3.3
キャリアアドバイザー
☆3.2
総合満足度
☆3.2

このとおりでした!全体的にバランスが良い転職エージェントだと言えると思います。それぞれの感想については「良い評判・悪い評判」でご紹介した通りです。

リクルートエージェントのSNS上での評判は?

アンケートだけではなく、SNS上での評判も集めてみました。

良かった評判


良いキャリアアドバイザーに恵まれたという投稿でした。
直接面談するだけではなく、電話でも相談を聞いてもらえます。


良い評判でも合ったとおり、転職エージェントの中でも親身になってくれるキャリアアドバイザーが多い証拠だと思います。

悪かった評判


どの転職エージェントでも面談は急かされてしまうようです。
その点、リクルートエージェントは1回しか来ていないようなので、転職エージェントの中では連絡の頻度は多くないようです。


求人情報が見辛いという指摘でした。
求人情報の数自体が多いので、人によっては少しごちゃごちゃして見辛い印象があるのかもしれません。私は、キャリアアドバイザーの方に説明してもらえてたのもあって、見辛いと感じることはありませんでした。

今後も、SNSに投稿された評判を、随時更新していきたいと思います!

リクルートエージェントのSNS上での評判は?

今回、「リクルートエージェント」の評判をまとめました。実際に利用してわかったこともありますが、評判・口コミでも皆さんが挙げている通り、キャリアアドバイザーの方が本当に親身になって話を聞いてくれていたのが印象的でした。
悪い評判も、転職エージェントの使い方自体に問題があったり、リクルートエージェントが活用できない地域だったりと、リクルートエージェント自体が悪い内容は少なかったのではないでしょうか。
数ある転職エージェントの中でも、求人情報数が豊富で、キャリアアドバイザーが親身になってくれるリクルートエージェントは、オススメできる転職エージェントだと言えます。
転職活動を始めるにあたって、その第一歩として動くなら、まずはリクルートエージェントに登録することをオススメします。

リクルートエージェントはこちら

「リクルートエージェント」だとなかなか動けない…という方は、キャリアアドバイザーから積極的な連絡をもらえる「doda(デューダ)」もオススメです。

「doda(デューダ)」も実際に使用してみた記事を書いておりますので、ぜひ一度ご覧ください。
doda(デューダ)の記事はこちら!

このページを共有する

おすすめ転職サイト・転職エージェント比較ランキング

  1. おすすめ転職サイト・転職エージェント比較ランキング
  2. マイナビエージェントの評判・口コミ
  3. リクルートエージェントの評判・口コミ
  4. dodaの評判・口コミ
  5. パソナキャリアの評判・口コミ
  6. JACリクルートメントの評判・口コミ
  7. 総合職におすすめの転職サイト・転職エージェント
  8. IT・Web系エンジニアにおすすめの転職サイト・転職エージェント
Top