キャリアップのための職種別、転職活動アドバイス

転職エージェントに面接してアドバイスを求めると、くどいぐらいにキャリアアップキャリアアップを連呼されることに驚くはずです。

いまの仕事からステップアップしたい、多くの方がそのような思いを抱えて転職を検討します。

でも、その具体的なイメージはできていますか?あなたの仕事における理想のキャリアとはどんなものなのでしょうか。

そもそも、キャリアとは何か

各論に入る前に、そもそもキャリアとは何か、という問題について考えてみます。厚生労働省によればその定義は以下のようなものです。

「キャリア」とは、一般に「経歴」、「経験」、「発展」さらには、「関連した職務の連鎖」等と表現され、時間的持続性ないし継続性を持った概念として捉えられる。
 「職業能力」との関連で考えると、「職業能力」は「キャリア」を積んだ結果として蓄積されたものであるのに対し、「キャリア」は職業経験を通して、「職業能力」を蓄積していく過程の概念であるとも言える。

厚生労働省職業能力開発局による「キャリア形成を支援する労働市場政策研究会」報告書

いかがですか、言わんとしていることがわかりましたか?

私にはさっぱり理解できませんでした。(キャリアのことを「発展」とか「関連した職務の連鎖」なんて表現する方をみたことがありません!!)意味不明な部分を無視して無理やり解釈して整理しますと、以下のような感じでしょうか。

  • キャリアとは経歴もしくは経験とも言いかえられる
  • キャリアは「職業能力」(つまり「スキル」)とは違う
  • キャリアとは「職業能力」(スキル)を積み重ねる過程のことである

なるほど、これなら少しはわかりやすくなりました。つまり「職業能力」(スキル)を沢山身につけたからといって「キャリアがアップしている」と表現することはできないわけですね。

キャリアアップ(キャリア形成)とは?

では、キャリアアップ(厚生労働省の表現では「キャリア形成」)についてはいかがでしょうか?

同じく厚生労働省職業能力開発局による「キャリア形成を支援する労働市場政策研究会」報告書から引用します。

「キャリア形成」とは、このような「キャリア」の概念を前提として、個人が職業能力を作り上げていくこと、すなわち、「関連した職務経験の連鎖を通して職業能力を形成していくこと」と捉えることが適当と考えられる。
 また、こうした「キャリア形成」のプロセスを、個人の側から観ると、動機、価値観、能力を自ら問いながら、職業を通して自己実現を図っていくプロセスとして考えられる。

前半部分は難解すぎますが、後半部分は(なんとか)理解できそうです。つまりキャリアップとは「職業を通して自己実現するプロセス」のことだったわけです。自己実現したくない、という人は少数派でしょうから、

キャリアップ = 職業を通して自己実現するには?

ひとくちに転職活動といっても、職種ごとに段取りや伝えるべきポイントが全く異なります。特に専門職になればなるほどその傾向が強いのですが、採用人事の立場から見ると応募者自身の専門性をうまくアピールできてない方が本当に多いと感じます。

大切なのは企業研究。そして職種研究です。転職活動においてどういったアピールが求められているのか、職種別に解説します。

  1. 営業職の転職で年収アップを実現するには?
  2. ホテルマンきつい!もう辞めたい!ホテルフロントから正社員転職する方法を詳しく解説
  3. ウェディングプランナーを辞めたい方におすすめの転職方法は?求人の探し方を詳しく解説
  4. Webディレクターの転職で年収UP。志望動機でスキルをアピールする方法

営業職の転職で年収アップを実現するには?

経験と実績があれば比較的転職が容易とされる営業職。しかし実際は商材や商圏が変わることによって苦労や挫折を経験する方も多く、採用サイドとしては…

営業パーソンの転職

ホテルマンきつい!もう辞めたい!ホテルフロントから正社員転職する方法を詳しく解説

[toc] 「こんなはずじゃなかった!」「もう辞めたい!」そんなホテルマンは今後どうすればいい? ホテルマン・ホテルフロントとして働…

ホテルマンの転職

ウェディングプランナーを辞めたい方におすすめの転職方法は?求人の探し方を詳しく解説

単刀直入にお聞きします…ウェディングプランナーを辞めたい理由は? 「結婚」という人生の門出を祝うサポートをするウェディングプランナー。たと…

ウェディングプランナーの転職

Webディレクターの転職で年収UP。志望動機でスキルをアピールする方法

Webディレクターに転職しよう Webディレクターとは、「ECサイト」や「自社ホームページ」を完成に導くまでの舵取りをする仕事である。…

ウェブディレクターの転職

このページを共有する

Top