転職でキャリアアップ・年収アップするには?


ライター:Sota Katakawa

転職エージェントに面接してアドバイスを求めると、くどいぐらいにキャリアアップキャリアアップを連呼されることに驚くはずです。

いまの仕事からステップアップしたい、多くの方がそのような思いを抱えて転職を検討します。

でも、その具体的なイメージはできていますか?あなたの仕事における理想のキャリアとはどんなものなのでしょうか。

そもそも、キャリアとは何か

キャリアップ = 年収アップという大いなる誤解

そもそもキャリアとは何か、みなさんは考えたことはありますか。

出世して年収を上げることじゃないの?

はい、皆さん本当によく誤解なさるのですが、キャリアアップとは必ずしも年収アップの意味ではありません。

厚生労働省によればキャリアの定義は以下のようなものです。

「キャリア」とは、一般に「経歴」、「経験」、「発展」さらには、「関連した職務の連鎖」等と表現され、時間的持続性ないし継続性を持った概念として捉えられる。
 「職業能力」との関連で考えると、「職業能力」は「キャリア」を積んだ結果として蓄積されたものであるのに対し、「キャリア」は職業経験を通して、「職業能力」を蓄積していく過程の概念であるとも言える。

厚生労働省職業能力開発局による「キャリア形成を支援する労働市場政策研究会」報告書

いかがですか、言わんとしていることがわかりましたか?
ちなみに私にはさっぱり理解できませんでした。
(キャリアのことを「発展」とか「関連した職務の連鎖」なんて表現する方をみたことがありません!!)
意味不明な部分を無視して無理やり解釈して整理しますと、以下のような感じでしょうか。

  • キャリアとは経歴もしくは経験とも言いかえられる
  • キャリアは「職業能力」(つまり「スキル」)とは違う
  • キャリアとは「職業能力」(スキル)を積み重ねる過程のことである

なるほど、これなら少しはわかりやすくなりました。
キャリアとはつまり経歴や経験のことで、スキルや収入そのものを指しているわけではないのです。

例えば1ヶ月間死にものぐるいで勉強してプログラムを身に付けたとしてもそれは単なる勉強であって「キャリア」ではありません。

キャリアアップ(キャリア形成)とは?

「キャリア」の定義がわかったところで、キャリアアップ(厚生労働省の表現では「キャリア形成」)についてみてみます。

同じく厚生労働省職業能力開発局による「キャリア形成を支援する労働市場政策研究会」報告書からの引用です。

「キャリア形成」とは、このような「キャリア」の概念を前提として、個人が職業能力を作り上げていくこと、すなわち、「関連した職務経験の連鎖を通して職業能力を形成していくこと」と捉えることが適当と考えられる。
また、こうした「キャリア形成」のプロセスを、個人の側から観ると、動機、価値観、能力を自ら問いながら、職業を通して自己実現を図っていくプロセスとして考えられる。

前半部分は難解すぎますが、後半部分は(なんとか)理解できそうです。
要はキャリアップ(キャリア形成)とは「職業を通して自己実現するプロセス」のことだったわけです。

つまり

「職業能力」(スキル)を沢山身につけても
年収が大幅に上がったとしても

自己実現ができていなければ「キャリアがアップしている」と表現することはできないわけですね。

「自己実現」は「活躍」と言い換えてもわかりやすいと思います。

例えばバイリンガルとして流暢な英語を喋れても、日本語しか使わない職場だったらどうでしょう?
本来は先進的なプログラム言語を使えるのに、レガシーな言語しか認められない開発会社ではいくら高年収でもストレスが貯まる一方ですよね?

あなたの職業能力(スキル)が思う存分に発揮されて活躍できること、これこそが自己実現です。
年収アップは活躍に対して支払われる副次的な対価でしかありません。

そのために「自分は何ができて、何をしたいのか」を見つめ直しながら、それが実現されるように努力すること、それこそがキャリアアップなのです。

転職はキャリアアップの手段のひとつにすぎない

転職はキャリアアップの手段のひとつでしかありません。

あなたがもし、「いまの職場では自分のスキルが十分に活かされていない」と感じるのであれば、まず改善のための挑戦をしてみてください。どんな小さなことでもいいのです。
転職を考えるのはそれからでも遅くありません。

例えば上司との面談をお願いしてみたり、成果を上げている同僚を飲みに誘って話を聞いてみたりするのも良いでしょう。
自ら新サービスを開発してしまってもいいのです。(どうせ「辞めたい」と思っている会社ですから!)
現職の中で自己実現の糸口が見えるなら、それが一番なのです。

それでも転職を決意するなら業界と職種の研究から

もし、最大限の努力をしたうえでどうしても現職のままでは自己実現できない未来が見えてしまったのならば、いよいよ転職を考えるべきときなのかもしれません。

転職を繰り返さないためにも、次こそはあなたの職業能力(スキル)が思う存分に発揮されて活躍できる職場を探しださねばなりません。

次の職場を見誤らないために大切なのが業界と職種の研究です。

転職活動においてどういう人材が求められていて、
どういったアピールが効果的なのかは職種によって異なります。

だから、経験職種での転職では職種別の転職事情の研究が何より重要なのです。

どうせ転職活動するならいまより年収も少しでも引き上げたいもの。
悔いのない転職にするために、応募職種の転職事情をバッチリ調べ上げてから臨みましょう。

  1. 銀行員の転職
  2. 営業職の転職
  3. ITエンジニア(SE)・プログラマの転職活動
  4. アクチュアリーの転職
  5. ホテルマンの転職
  6. ウェディングプランナーの転職
  7. マーケティング担当者の転職
  8. Webマーケティング担当者の転職
  9. Webデザイナーの転職
  10. Webディレクターの転職
  11. コールセンターオペレーターの転職

銀行員の転職

           

銀行からの転職でおすすめの業種や業界は?銀行員時代のどんな資格やスキル、経験が評価される?転職市場での銀行員の評価を徹底考察、後悔しない転職先を紹介します。

銀行員の転職

営業職の転職

           

転職しやすいと言われる営業職ですが、実際は商材や商圏が変わることによって苦労や挫折を経験する方も多いです。「営業は数字で語れ」に隠された嘘や営業から他職種を目指す際のポイントなど、営業職の転職に関する本質をまとめました。

営業パーソンの転職

ITエンジニア(SE)・プログラマの転職活動

           

世間から見たエンジニア界隈は「食うに困らない」「手に職があって羨ましい」という風潮のようですが、「ぜんぜんそんなことないけど(泣)」とお感じの方も多いのでないでしょうか。エンジニアの方が転職活動でつまずきやすい要因をよくある不採用理由から探ってみます。

ITエンジニアの転職

アクチュアリーの転職

           

アクチュアリーの転職情報。年収アップする転職方法を3つ解説します。

ホテルマンの転職

           

夜勤での体調不良、お客様の無茶ぶり、同僚/上司からのパワハラ…。ホテルマンを辞めたくなったあなたにおすすめの転職や職種をお伝えします。

hotel-experience-career

ウェディングプランナーの転職

           

ウェディングプランナーを辞めたい方におすすめの転職方法をお伝えします。ウェディング業界の現状やトレンドをお伝えし、ウェディングプランナーによくあるお悩みを紹介するとともに、ウェディングプランナーを辞めるか迷っているあなたに向けて、ベストな転職先や求人の探し方などをご紹介します!

wedding-planner-experience-career

マーケティング担当者の転職

           

転職Doのマーケティング転職情報。転職市場動向、Webマーケティングの重要性、志望動機、転職攻略情報まとめ。

引く手あまたのマーケティング職。転職市場動向、志望動機の書き方は?

Webマーケティング担当者の転職

           

転職DoのWebマーケティング転職お役立ち情報。需要増かつ華やかなイメージもあるWebマーケティング転職の志望動機例文を、中の人たちが考えました。経験者&未経験者向け両方あり。

Webマーケティング職の志望動機

Webデザイナーの転職

           

Webデザイナーの転職について、転職Doオリジナルのキャリア・マトリクスに基づいて年収アップの方法や志望動機の例を解説します。

Webデザイナーの転職

Webディレクターの転職

           

Webディレクターの転職について、キャリアマトリクスを用いて自分の将来像を描きつつどう転職すべきなのかを解説します。志望動機例も記載。

Webディレクターの転職

コールセンターオペレーターの転職

           

コールセンタのオペレーターからの転職について、どのようなスキルを活かして転職すればいいのか、おすすめの仕事や異業種への転職についてまとめました。

call-center-operator-experience-career

5秒で完了!転職サイト診断

カンタンな質問に答えるだけで、あなたにピッタリの転職サイトが見つかる診断ツールをご用意しました。

転職診断ツールへのアクセス方法

このページを共有する