人気No.1の転職サイト、リクナビNEXT


ライター:奥野 佑樹

転職サイトと言えば、業界内でも最大級の会員数と掲載求人数を誇る「リクナビNEXT

この記事では、

  • リクナビNEXT利用前に知っておきたいこと
  • 転職者からリクナビNEXTが選ばれる理由
  • リクナビNEXTの評判・口コミ
  • 有効活用出来る人・方法
  • リクナビNEXTの利用方法
  • リクナビNEXTを有効活用するコツ

を順を追って解説します。

 

リクナビNEXT利用前に知っておきたいこと

「転職サイト」と「転職エージェント」の違いについて

転職サイトと転職エージェントでは、転職活動を行う方法が全く違います。

まずは転職サイトの特徴から見ていきましょう。

転職サイトの特徴

  • 自分のペースで転職活動を進められるため、動きやすい
  • 求人票は会員登録無しで閲覧可能。会員登録だけならすぐに出来るためハードルが低い
  • 応募は好きなタイミングで、何社でも応募が可能
  • 自己分析や企業研究、応募先企業との調整もすべて自分一人で行わなければならない

次に、転職エージェントの特徴です。

転職エージェントの特徴

  • 一人ひとりに専属の担当者がついて、転職活動についてアドバイスをもらえる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 書類添削や面接対策などのサービスが充実している
  • 応募先企業との調整を代行してもらえる
  • 希望と違う求人を押し付けられたり、担当と話が噛み合わなかったりすることがある

上記をまとめると、

自分のペースで転職したい人は、「転職サイト」を、

手厚いサポートを受けたい人は、「転職エージェント」を利用すべき

となります。

転職サイトと転職エージェントの違いについては、こちらの記事で深掘りしています。ぜひご覧ください。

リクナビNEXTでは受けられないサービス

「リクナビNEXT」は「転職サイト」であるため、「転職エージェント」のように充実したサービスは受けられません。
「リクナビNEXT」では受けられないサービスを改めて確認してみましょう。

  • 書類添削・修正
  • 面談の対策
  • 非公開求人の紹介
  • 面接の日程調整
  • 内定後の給与・年収交渉

これらの転職活動に纏わるサポートを受けたい場合は、転職エージェントである「リクルートエージェント」等に別途登録しなければなりません。

リクルートエージェントについては、下記の記事をご覧ください。

リクナビNEXTが転職者に選ばれる理由

(1)圧倒的な求人掲載数

2022年9月20日現在、63,340件もの求人情報が掲載されています。
膨大な量の求人掲載を行っていることが、リクナビNEXTを利用する最大のメリットです。

転職Doが独自に行なったアンケートでも、リクナビNEXTを利用した理由に「求人数の多さ」を挙げる方が多数いました。

愛知県 33歳女性

求人情報が多く掲載されていて、自分にあった求人情報が探しやすかったです。

(2)転職サイトの利便性が高い

リクナビNEXTはマイページをはじめ、利便性の高いシステムが好評の転職サイトです。

求人情報を検索するときは、

リクナビNEXT検索画面

「条件を指定して探す」「社名や業種などのキーワードで探す」のどちらかを選んで検索することができます。

「条件を指定して探す」では、

リクナビNEXT検索画面職種欄

豊富な職種の中から選び、

リクナビNEXT検索画面勤務地

希望する勤務地を選択し、

リクナビNEXT検索画面働き方

自分のライフスタイルに合わせた働き方を選択することで、自分の希望する求人票を細かく絞り込んで検索することができます。

検索機能だけ見ても利便性が非常に高いため、あらゆる転職サイトの中からリクナビNEXTを選ぶ人が多いようです。

リクナビNEXTの口コミ評判は?

転職Doでは、リクナビNEXT利用者に対して独自にアンケート調査を実施しました。
リクナビNEXTを利用したことのある360人から生の声を聞くことが出来たので、その一部をご紹介します。

また、詳細なアンケート結果を見たい方はこちらの記事をご覧ください。

良かった評判・口コミ

求人掲載数・情報は評判通り豊富だった!

東京都 28歳女性

他に掲載されていない優良求人をみかけるのは良い。

愛知県 33歳女性

求人情報が多く掲載されていて、自分にあった求人情報が探しやすかったです。

サイトの利便性もGood!

福岡県 26歳男性

UIが直感的でわかりやすい。

大阪府 25歳女性

オファー機能があり、自分の市場価値がなんとなく把握できてよかった。

悪かった評判・口コミ

スカウトやメールが多すぎる!

神奈川県 34歳女性

メールが沢山届きすぎて嫌でした。

岐阜県 24歳女性

検索しやすく見やすい。オファーが来るのが良かったが、大体興味のないところから大量のオファーがくるので、見るのと断るのがめんどくさかった。

求人内容に偏りがあった

北海道 37歳女性

最新で見やすいが、悪い所は似た求人ばかりでジャンルがあまりない所です。

愛知県 38歳女性

半年間ぐらいずっと募集しているものもあったので、よっぽど人の入れ替わりが激しい会社なのだと思う企業もあった。ある程度選別してくれるといいと思った。

↓↓↓もっと評判・口コミを見る↓↓↓

どの転職サイトが利用されているの?転職サイト別登録者数を調べてみた

株式会社ピーアールデイリー様の資料によると、リクナビNEXTの利用者は転職サイトの中でもダントツの1位で、会員数797万人に昇ります。
会員数5位までまとめた表はこちらになります。

媒体名 会員数 会員数の増減(前月比)
リクナビNEXT 797万7770人 +9万2406人
エン転職 659万人 +11万人
マイナビ転職 453万8209人 +5万1081人
doda 約402万人 +約7万人(3ヶ月累計約21万人)
@type 270万1000人 +8万6000人

(引用元:主要転職サイト比較表 - 株式会社ピーアールデイリー

登録者は首都圏在住が49%!

リクナビNEXT登録者分布
(引用元:会員数 - リクルート求人広告代理店の株式会社エール

リクルート求人広告代理店の株式会社エールによると、リクナビNEXTに登録している約半分(周辺地域を含む49%)の方が首都圏在住のようです。

年齢や現在の職種は?

リクナビNEXT登録者の年齢・職種
(引用元:会員数 - リクルート求人広告代理店の株式会社エール

年齢は34歳以下が45%を占めていますが、30代の方が一番多く登録しています。
職種は営業が最多の19%、続いてサービス業16%、事務職が15%となっています。

リクナビNEXTに登録するには

リクナビNEXT公式サイト」にアクセスします。

リクナビNEXT登録画面

画像の青枠内に自分のメールアドレスを入力し、新規会員登録ボタンをクリックします。

その後、登録したメールアドレスに確認メールが届くので、記載されているURLをクリックして認証するだけで登録は完了です。

リクナビNEXTをより効果的に利用するコツ・注意点

登録後はすぐに履歴書・職務経歴書を完成させる

リクナビNEXTの履歴書・職務経歴書登録

リクナビNEXT登録後、まず初めに履歴書・職務経歴書を完成させましょう。
履歴書・職務経歴書を完成させることで、オススメの求人や企業からのオファーが届きやすくなります。

TOP画面左側のメニューより「履歴書・職務経歴書」をクリックすると、「スカウトレジュメの確認・変更」という画面に移るので、履歴書・職務経歴書を登録しましょう。

「リクルートエージェント」を併用する

リクルートエージェントでは、転職に関するあらゆるサポートを受けることができますので、在職中でもスムーズに転職活動を進められるよう、本格的に転職活動を始めるタイミングで登録することをおすすめします。

リクルートエージェントへの登録は、リクナビNEXTログイン後にTOPに表示される下記ボタンから行えます。

リクナビNEXTからリクルートエージェントへ

転職サイトなら「リクナビNEXT」


リクナビNEXT

リクナビNEXTのココがおすすめ

自宅でできる転職活動

日々更新される求人の中からスキマ時間に自分のペースで仕事を探せる。放っておいても届くスカウトメール機能も魅力的。

利用者の口コミ

29歳 男性

エージェントと違い煩わしい面談などが無いので自分のペースで活動できる。

26歳女性

スカウトメールがかなりの数来るが、中には「これは!」と思える求人もあった。

30歳男性

さすがに最大手という感じ。地方でも求人数がすごい。担当がつくわけではないのでアドバイスなどは受けられません。

「リクナビNEXT」公式サイトで登録する

リクナビNEXTの登録方法とおすすめ機能

           

利用者数No.1の転職サイト、リクナビNEXTを徹底的に有効活用するために、すべてのサービスを徹底解説します。

リクナビNEXTを徹底的に有効活用しよう!サービスを全部解説します。

リクナビNEXTの評判・口コミ

           

リクナビNEXT利用者に対し独自アンケート調査を実施。サイトの機能や掲載されている求人情報について、実際に利用したことのある方から生の声を掲載中。

リクナビNEXT利用者にアンケート!口コミ評判をまとめました。

5秒で完了!転職サイト診断

転職診断ツールへのアクセス方法

このページを共有する