ハイクラス系エージェント、JACリクルートメント


ライター:奥野 佑樹

転職エージェントの中でも、ミドル・ハイクラスに特化した転職エージェントが「JACリクルートメント」です。
ハイクラスと付くだけで、利用するのにハードルが高く感じてしまいませんか?
ここでご紹介するのは、

  • 実際にどのような方が活用できるのか
  • ハイクラスに特化した転職エージェントは他の転職エージェントと何が違うのか?

上記2つをご紹介します!

全労働者の7%しかいない、年収800万以上の求人がハイクラス求人にあたります!

 

1.JACリクルートメントを活用できる人・できない人

JACリクルートメントを活用できる人・できない人の条件をまとめました。

まず、活用できない人の条件です。

  • 年収が600万円未満
  • 第二新卒 ※2019/10/25新情報の追記あり※
  • これといった強みがない

JACリクルートメントのTOPページにあるように、年収600万未満はミドル・ハイクラスに分類されないようなので、活用できません。登録自体は出来ますが、登録後に紹介される求人情報が圧倒的に少ないです。
まずは、別の転職エージェント「リクルートエージェント」や「doda(デューダ)」などを使ってみるといいと思います。

 

自分に合った転職エージェントを使うことも、後悔しない転職に繋がります。しっかり見極めるためにも、他の転職エージェントの情報も確認しましょう!

 

リクルートエージェントの情報はこちら!
doda(デューダ)の情報はこちら!

 

第二新卒や若手の方も、活用は難しいと思います。
例え現状の年収が600万円以上だったとしても、充分な経験やスキルが身についていないとみなされてしまうからです。
そもそも、若手で年収600万であれば、そのまま続け、充分な経験とスキルを身につけてから利用すると、有効活用ができる状況になると思います。
どうしても今の環境を変えたいという方は、先程ご紹介した「リクルートエージェント」や「doda(デューダ)」を利用してみましょう。

 

※2019/10/25日追記の新情報※

第二新卒の求人が増えてきているとの口コミを発見しました!

 

狙い目の企業もあるとのことなので、これは一度登録してみる価値があるかもしれませんね!

 


 

3つ目のこれといった強みがない点ですが、これは第二新卒同様、今までの経験によるものです。
しかし、スキルが無くてもマネジメント経験があればJACリクルートメントには全労働者の7%しかいない、年収800万以上の求人がハイクラス転職にあたります!幹部候補クラスの求人掲載があるので、活用できる可能性はあります。

次に、活用できる人の特徴です。
結論から言ってしまうと、活用できない人に当てはまらない人はほぼ全員活用できると思います。
一応、条件を上げると、

  • 年収600万円以上
  • 経験、スキルが豊富
  • 自分の強みを持っている

さらに…

  • 英語が得意
  • 英語以外の外国語が話せる
  • 海外勤務経験がある

などがあると、紹介してもらえる案件数がかなり増えます。
その理由として、JACリクルートメントは外資系・グローバル企業に強い転職エージェントだからです。
ここに強みを持っている人は、利用すべき転職エージェントの1つになるでしょう。

また、このようなスキルも有利になります。

  • マネジメント経験・スキル

これは、JACリクルートメントが管理職レベルの求人情報を抱えているからです。
外資系だけではなく、国内の大手企業の募集だとこのスキルが求められています。

要約すると、

  • 専門的なスキルを持っている
  • 英語が話せる等、国外に対して強みを持っている
  • マネジメント経験・スキルがある

この3つのどれかに当てはまる場合、転職エージェントはJACリクルートメントが最適だと言えます。

2.JACリクルートメントは他の転職エージェントとどう違う?

JACリクルートメントには、他の転職エージェントとは違う最大のポイントがあります。

通常、転職エージェントでは利用者に専任のキャリアアドバイザーが付き、その専任のキャリアアドバイザーの方と二人三脚で転職活動を行うのが一般的です。

ですが、JACリクルートメントでは、企業側に担当者が付いており、利用者には企業の担当がそれぞれの企業を利用者に紹介する形になります。
利用者側の担当もいますが、他の転職エージェントと違い、複数のキャリアアドバイザーとの接触があります。
これについてはメリット・デメリットがあります。

    <メリット>

  • 企業の担当なので、企業側の情報をよく知っている
  • 企業とのやり取りが行いやすい
  • その企業専用の対策を行ってもらえる
  • 様々なキャリアアドバイザーと話すことが出来る

企業側に付いているだけあって、企業の情報は他の転職エージェントより豊富になっています。
また、専用の対策を立ててもらえるので、面接まで行くことが出来れば内定をもらえる率はグッと上がると思います。
続いて、デメリットです。

    <デメリット>

  • 利用者に添わず、キャリアアドバイザーが担当の企業に入れようとしてくる
  • キャリアアドバイザーが利用者側ではないため、企業の交渉を自分で行う場面が発生する

よく耳にするのはこの2点です。
企業側のキャリアアドバイザーになってしまうため、その企業にマッチした人を入れることが役目のはずなのですが、企業に入れないとキャリアアドバイザーとしての成果にならないため、中には企業にマッチしていない人にも無理やり紹介してしまうケースがあるようです。

次に、利用者一人に対してキャリアアドバイザーが複数名接触するため、他の転職エージェントのような二人三脚感はないと思います。実際に利用した方からも、「1回の面談で4人のキャリアアドバイザーと話した」みたいな口コミもありました。

メリット・デメリットを考慮した上で、JACリクルートメントを有効活用できるようにしましょう。

JACリクルートメントと他の転職サービスの比較

取り扱っている求人が総合型の転職サービスで、

  • 経験者(即戦力)or未経験
  • 手厚いサポートor自分のペースで動きたい

の2軸で比較してみました。

転職サービス分布図

JACリクルートメントはハイキャリア向け、手厚いサポートをを行ってもらえる転職エージェントです。
JACリクルートメントを利用してみて、もう少し○○したいという方は他の転職エージェントとの併用してみてはいかがでしょうか。
タイプ別のオススメをご紹介いたしますので、どんなサービスなのか気になる方は解説記事を読んでみてくださいね。

JACリクルートメントと同等のサポートを受けつつ、ハイキャリアではない求人を求める方

リクルートエージェントマイナビエージェント


同様の求人掲載があり、自分のペースで転職活動を行いたい方

キャリアカーバー

手厚いサポートを受けながら未経験職種への応募を行いたい方

マイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)ハタラクティブ


自分のペースで転職活動したい、求人掲載も未経験向けが欲しい方

リクナビNEXT

1つの転職エージェントのみではそのサービスの良し悪しはわからないと思います。
自分に合った転職サービスを見つけられるよう、様々な転職サービスを利用してみることをオススメします。

3.JACリクルートメントのまとめ

JACリクルートメントは、誰しもが同じように活用できない転職エージェントではありますが、既にハイキャリアの方にとってはさらなる年収アップへの近道となります。

当記事の活用できる人に当てはまる方は、ぜひ一度利用してみることをおすすめします。自分の市場価値・業界の年収相場など、色々調べてみてはいかがでしょうか。

 

ハイクラス系エージェント「JACリクルートメント」


JACリクルートメント

JACリクルートメントのココがおすすめ

ハイクラス転職特化型

管理職や経営層経験者などのハイスペック求人に強い転職エージェントです。

利用者の口コミ

33歳 女性

外資の求人票が多く、どのオファーも年収が高いので驚いた。

30歳 男性

キャリア系高年収の求人が多く、自分にはミスマッチだった。担当者さんは優秀だと思います。

38歳 男性

昔は元マネージャーしかキャリアコンサルタントになれなかったのが、いつの間にか新卒も担当するようになって質が落ちた。

「JACリクルートメント」公式サイトで登録する

目次

5秒で完了!転職サイト診断

カンタンな質問に答えるだけで、あなたにピッタリの転職サイトが見つかる診断ツールをご用意しました。

転職診断ツールへのアクセス方法

このページを共有する

口コミで評判のおすすめ転職サイト・転職エージェント

  1. 口コミで評判のおすすめ転職サイト・転職エージェント
  2. 本当に使われているおすすめ転職サイトは?1600人の口コミ調査結果
  3. 地方別おすすめ転職サイト・転職エージェント
  4. あなたの地元で使うべき転職エージェント、求人サイト
  5. 転職エージェントの使い方
  6. 口コミに見る、後悔しない転職エージェントの選び方
  7. 転職サイトと転職エージェントの違いを比較
  8. 内定につなげるための転職サイトの選び方とは?
  9. 転職活動に有利な時期は?
  10. 転職サイトや転職エージェントはどうして無料なの?
  11. 転職エージェントのメリットとデメリットを比較。
  12. 転職エージェントの悪い評判は本当?口コミを解説
  13. 転職エージェントは複数掛け持ちしたほうが良い?
  14. 転職エージェントとの面談って何をするの?
  15. 転職エージェントがむかつく!合わない!担当者の見極め&おすすめの対処法
  16. 女性向け転職エージェントを比較。シチュエーション別おすすめ転職サイト
  17. 秘書におすすめの転職エージェントとは?
  18. 海外転職で使うべき転職エージェントとは?働き方・地域別まとめ
  19. アルバイト・フリーターから就職を目指す方におすすめ。口コミで評判の転職エージェント
  20. 第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェント
  21. 20代におすすめの転職サイト・転職エージェント
  22. 30代におすすめの転職サイト・転職エージェント
  23. 総合職におすすめの転職サイト・転職エージェント
  24. ハイクラス・エグゼクティブにおすすめの転職エージェント・転職サイト
  25. 外資系志望におすすめの転職サイト・転職エージェント
  26. 営業パーソンにおすすめの転職サイト・転職エージェント
  27. エンジニア(IT系・Web系・モノづくり系)におすすめの転職サイト・転職エージェント
  28. 経理職におすすめの転職サイト・転職エージェント
  29. 人事のキャリアアップにおすすめの転職サイト・転職エージェント
  30. 事務職におすすめの転職サイト・転職エージェント
  31. 女性に人気。貿易事務におすすめの転職サイト・転職エージェント
  32. 海外営業におすすめの転職サイト・エージェント
  33. アパレル・ファッション業界におすすめの転職サイト・転職エージェント
  34. マイナビエージェント
  35. 転職エージェントとのトラブルとは?
  36. ハローワークで転職活動
  37. doda
  38. リクナビNEXT
  39. リクルートエージェント
  40. ビズリーチ(BIZREACH)
  41. パソナキャリア
  42. レバテックキャリア
  43. JACリクルートメント
  44. ハタラクティブ
  45. マイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)
  46. Geekly(ギークリー)
  47. ランスタッド(Randstad)の評判・口コミ
  48. アイデムスマートエージェントの評判・口コミ
  49. ウズキャリの評判・口コミ
  50. CAREER CARVER(キャリアカーバー)
  51. type女性の転職Agentの評判・口コミ
  52. ミイダス
  53. マイナビ転職
  54. エン転職
  55. 転職会議
  56. キャリトレ
  57. 転機の評判・口コミ
  58. 就職Shopの評判・口コミ
  59. Re就活の評判・口コミ
  60. Green(グリーン)の評判・口コミ
  61. Find job!の評判・口コミ
  62. イーキャリアの評判・口コミ
  63. バイトルNEXTの評判・口コミ
  64. 転職ナビの評判・口コミ
  65. PROSEEK(プロシーク)の評判・口コミ
  66. iX転職サービスの評判・口コミ
  67. 女の転職type