[お悩み投稿]転職エージェントは複数掛け持ちしたほうが良い?


ライター:中村めぐみ

先日、転職Do編集部にこんな相談メールが届きました。

「転職エージェントの複数利用について」

こんにちは。先日、転職Doの口コミ記事を参考に、リクルートエージェントに登録し、面談をしました。
キャリアアドバイザーの方がいい方だったので、リクルート―エージェントだけでもいいのですが、友達に聞いたら「転職エージェントは2社以上登録したほうが良いよ」と言われたので、他の登録も考えています。

そこで、質問です。
1.エージェントは複数登録した方がいいですか?
2.そうだとして、何社くらい登録したほうがいいですか?
3.複数登録したことは、リクルートエージェントに伝えて良いですか?

よろしくお願いします。(静岡県・営業職・男性・26歳)

今回はこの質問に答えますね!

1社or掛け持ち?

 

1.エージェントは複数登録した方がいいですか?

転職エージェントには、複数登録した方が良いです。
理由は2つあります。

(1)職務経歴書の完成度を限りなく高められるから

転職する時に必要な書類は、職務経歴書です。
職務経歴書は、ただ書ければ良いというものではありません。

あなたの経験、スキル、人柄がわかるように魅力的に伝わるものでなくてはいけません。

同じ条件の人が2人いたとしたら、職務経歴書を魅力的に書けている人の方が、そうでない人と比べて、圧倒的に書類選考率、書類選考の通過率が高いです。

完成度を高めるためには複数のプロの意見を取り入れたほうが良いです。

もちろん、1社でも、書類のブラッシュアップはできるのですが、
キャリアアドバイザーはサラリーマンですので、一人ひとりにかけられる時間は限られています。

ですので、
まずは1社目のエージェントで書類をある程度合格点に持ってきてから、2社目以降で更に磨きをかけていく。

この方法がおすすめです。

3人寄れば文殊の知恵

ちなみに私が転職エージェントを3社利用したときは、
こんな感じでした(Webマーケティング職の転職相談)

~1社目の面談、まずはありのままの職務経歴書を提出~

うーん…。Webマーケティング職は数字が全てですから、プロジェクトごとに、実績を数字でわかりやすくまとめた方がいいですよ!

~出した成果、数字を伴った実績がわかるように改善、2社目の面談へ~

2社目のアドバイザー
2社目のアドバイザー
完成度の高い職務経歴書ですね!現状ですと、時系列がわかりにくいので、1社目と2社目の余白を空けるなどして、見やすさをアップしましょう!(などなど具体的なアドバイス)

 ~見やすさに配慮した職務経歴書を作成、3社目の面談へ~

3社目のアドバイザー
3社目のアドバイザー
良く書けていると思います!ただ、現状1ページ目の情報が多すぎるかもしれません。人事が一目みてわかるように、1ページ目は情報の箇条書きに。お人柄が伝わる自己PRの文章は、下に持ってくると良いのではないでしょうか?(などなど具体的なアドバイス)

 ~面談後、さらにレイアウトに磨きをかけた職務経歴書が完成~

複数のエージェントのアドバイスを受けとることで、
自分最高の職務経歴書ができるので、
書類選考に落ちても、受かっても、後悔がありません。

書類をベストな状態に持っていくために、複数登録しましょう!

書類の添削に強みがある転職エージェント

リクルートエージェント


リクルートエージェント

リクルートエージェントのココがおすすめ

圧倒的な求人数

常時30万件以上の求人を掲載。求人数が多いので地方にも強い。

利用者の口コミ

34歳 男性

最大手だけあって面談にいくといきなりすごい量の求人票を提出されます。

28歳女性

やっぱり求人数は魅力的。地方にも営業所があって対応が良いのは他と違うところ。

30歳男性

求人票はたくさんいただけるのですが数が多すぎて、吟味するのに少し時間がかかりました。

「リクルートエージェント」公式サイトで登録する

パソナキャリア


パソナキャリア

パソナキャリアのココがおすすめ

女性の転職に強い

女性のキャリア形成に理解が深く、利用した女性の方々から高評価を得ています。

利用者の口コミ

27歳 女性

対応が優しく、機械的に対応されたこともなかったので本当に親身になってくれていると思いました。

25歳女性

とにかく担当のキャリアアドバイザーが丁寧で、連絡もマメです。面接前は応援メールも送ってくれました。

31歳女性

担当の方とは別の方が模擬面接をしてくれるのですが、私はちょっと苦手な雰囲気でした。内定はもらえたから結果オーライかな(笑)

「パソナキャリア」公式サイトで登録する

(2)より多くの求人情報を取得するため

転職エージェントが保有している求人は、エージェントごとに異なります。どの会社から求人票を貰えるかは、各エージェントの営業力にかかっているからです。さらにそのエージェントでしか保有していない独占求人もあります。

ですので複数の転職エージェントに登録することで、独占求人はもちろん、幅広く見ることができ、選択肢が広がります。

リクルートエージェントは業界最大手のエージェントなのでカバーできる範囲は大きいのですが、
もちろん持っていない求人もあります。
パソナキャリアにある求人がリクルートエージェントにない、というのはよくある話です。

転職は人生にとって重要な転機です。より多くの情報を見て、視野を広げた方が良いと思いませんか?

独占求人が多いエージェント

マイナビエージェント


マイナビエージェント

マイナビエージェントのココがおすすめ

迷うことのない求人紹介

専属のキャリアアドバイザーが厳選した求人情報のみを紹介してくれます。

利用者の口コミ

32歳 男性

明らかに他のエージェントとはスタンスが違う。「とにかく転職してください!」という雰囲気ではない。

26歳男性

職務経歴書作成の段階から手取り足取りサポートしてくれて、助かりました。サイトも他社のようにごちゃごちゃしておらずシンプルで使いやすいです。

29歳女性

担当の方は熱心だったのですが、地方の求人にはあまり力を入れていない様子でした。

「マイナビエージェント」公式サイトで登録する

2.何社くらい登録すればいいですか?

転職活動をはじめたばかりなら、まずは2社か3社へ登録することをおすすめします。

その理由は、経験上、4社以上になると、面倒くささがメリットを上回るからです!

転職エージェントを利用する大きなメリットとして、
面接の日程調整をエージェントにお任せできる
というのがあります。

ただし転職エージェントが2社以上になると、その分面接に進める機会も増えますから、
転職エージェントに対する日程管理も必要です。

経験上、
どんなにスケジュール管理に長けた人でも、付き合うエージェントが4社以上になると
日程調整の煩雑さが上回りますから、4社以上の登録はおすすめしません。

「面接多すぎて大変」も普通にありえます。

もちろん、転職活動を進めていくなかで、
このエージェントとは合わなくて疎遠になってしまった…
ということは全然ありえます。

フェードアウトしたらもう1社増やして、常に2~3社を掛け持ちしている状態を作るのが良いですよ。

3.複数登録したことは、最初に登録したエージェントに伝えて良いですか?

正直に伝えて大丈夫です。

2社目以降に登録するエージェントでも、「現在他のエージェントサービスに登録していますか?」と聞かれますから、正直に答えて問題ないでしょう。

転職エージェントは、転職者を企業に紹介することで収益を得るビジネスモデルですから、
複数掛け持ちされることは基本的に都合が悪いです。

ですが、転職をサポートするうえで、求職者の選考状況が見えないのはもっと都合が悪いです。

なぜなら、

  • 他のエージェントから応募している会社の求人を紹介してしまう
  • 面接日が重なってしまう

などのトラブルにつながる可能性があるからです。

「複数の転職エージェントを利用していることを知られたら、キャリアアドバイザーによく思ってもらえないのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、それは違います。

むしろ、「他の転職エージェントで応募した求人、応募しない求人について聞いて、もっと良い求人提案をしよう。それが最終的により良い転職につながる」と考えるのがプロのエージェントです。

ですから、もし他のエージェントで進捗があれば、こまめに(1~2週間に1回くらい)進捗を伝えるようにすると良いですよ。

まとめ

  • 転職エージェントに複数登録して問題なし
  • 登録するのは2~3社がベスト
  • 複数登録したことは担当アドバイザーに伝えて良い

以上です。

5秒で完了!転職サイト診断

カンタンな質問に答えるだけで、あなたにピッタリの転職サイトが見つかる診断ツールをご用意しました。

転職診断ツールへのアクセス方法

このページを共有する

口コミで評判のおすすめ転職サイト・転職エージェント

  1. 口コミで評判のおすすめ転職サイト・転職エージェント
  2. 本当に使われているおすすめ転職サイトは?1600人の口コミ調査結果
  3. 地方別おすすめ転職サイト・転職エージェント
  4. あなたの地元で使うべき転職エージェント、求人サイト
  5. 転職エージェントの使い方
  6. 口コミに見る、後悔しない転職エージェントの選び方
  7. 転職サイトと転職エージェントの違いを比較
  8. 内定につなげるための転職サイトの選び方とは?
  9. 転職活動に有利な時期は?
  10. 転職サイトや転職エージェントはどうして無料なの?
  11. 転職エージェントのメリットとデメリットを比較。
  12. 転職エージェントの悪い評判は本当?口コミを解説
  13. 転職エージェントは複数掛け持ちしたほうが良い?
  14. 転職エージェントとの面談って何をするの?
  15. 転職エージェントがむかつく!合わない!担当者の見極め&おすすめの対処法
  16. 女性向け転職エージェントを比較。シチュエーション別おすすめ転職サイト
  17. 秘書におすすめの転職エージェントとは?
  18. 海外転職で使うべき転職エージェントとは?働き方・地域別まとめ
  19. アルバイト・フリーターから就職を目指す方におすすめ。口コミで評判の転職エージェント
  20. 第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェント
  21. 20代におすすめの転職サイト・転職エージェント
  22. 30代におすすめの転職サイト・転職エージェント
  23. 総合職におすすめの転職サイト・転職エージェント
  24. ハイクラス・エグゼクティブにおすすめの転職エージェント・転職サイト
  25. 外資系志望におすすめの転職サイト・転職エージェント
  26. 営業パーソンにおすすめの転職サイト・転職エージェント
  27. エンジニア(IT系・Web系・モノづくり系)におすすめの転職サイト・転職エージェント
  28. 経理職におすすめの転職サイト・転職エージェント
  29. 人事のキャリアアップにおすすめの転職サイト・転職エージェント
  30. 事務職におすすめの転職サイト・転職エージェント
  31. 女性に人気。貿易事務におすすめの転職サイト・転職エージェント
  32. 海外営業におすすめの転職サイト・エージェント
  33. アパレル・ファッション業界におすすめの転職サイト・転職エージェント
  34. マイナビエージェント
  35. 転職エージェントとのトラブルとは?
  36. ハローワークで転職活動
  37. doda
  38. リクナビNEXT
  39. リクルートエージェント
  40. ビズリーチ(BIZREACH)
  41. パソナキャリア
  42. レバテックキャリア
  43. JACリクルートメント
  44. ハタラクティブ
  45. マイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)
  46. Geekly(ギークリー)
  47. ランスタッド(Randstad)の評判・口コミ
  48. アイデムスマートエージェントの評判・口コミ
  49. ウズキャリの評判・口コミ
  50. CAREER CARVER(キャリアカーバー)
  51. type女性の転職Agentの評判・口コミ
  52. ミイダス
  53. マイナビ転職
  54. エン転職
  55. 転職会議
  56. キャリトレ
  57. 転機の評判・口コミ
  58. 就職Shopの評判・口コミ
  59. Re就活の評判・口コミ
  60. Green(グリーン)の評判・口コミ
  61. Find job!の評判・口コミ
  62. イーキャリアの評判・口コミ
  63. バイトルNEXTの評判・口コミ
  64. 転職ナビの評判・口コミ
  65. PROSEEK(プロシーク)の評判・口コミ
  66. iX転職サービスの評判・口コミ
  67. 女の転職type