京都での正社員転職で後悔しないために、知っておきたいこととおすすめ転職エージェント

日本を代表する古都、京都での転職を考えたことはありますか?1,200年の歴史をもつ観光地のイメージが強いですが、実は人口146万人以上と、政令指定都市のなかでも8番目の規模を持つ産業都市でもあるんです。
今回は、統計情報から京都の仕事についての実態を探るとともに、京都ならではの地域の特色や京都転職のお役立ち情報についてもご紹介します。

 

(1)歴史からひも解く京都の産業

近畿地方を代表する主要都市のひとつ、京都。京都ではどのように産業が発展してきたのでしょうか。まずは簡単に京都の歴史を振り返りましょう。

京都ゆかりの歴史上の人物もたくさんいるが、京都を代表する人物といえば室町幕府を開いた私、足利尊氏でしょう。転職情報はもとより、京都産業の歴史もぜひ知って欲しいものじゃ!

京都についておさらい

京都府全体の人口は約260万人ですが、その6割近い146万人を京都市が占めています。実は県庁所在地が同県内過半数の人口を抱える自治体は他になく、京都市一極集中の傾向が際立っていますね。

1200年にもおよぶ歴史を持つ京都は、いくつもの世界遺産を持つ国際的な観光都市としての顔を持つ一方、日本屈指の企業を抱える産業都市としての側面ももっています。

古くからものづくりの街として発展してきた京都では、東山、西山、北山の3つの山に、街を横断する鴨川と、豊かな自然に囲まれていることもその地盤となっています。たとえば、1805年創業、京都のお土産「八ッ橋」で人気の井筒八ッ橋本舗や、1688年創業、西陣織の有名店細尾など、多数の伝統的な企業が軒を連ねます。

現在も他県と比べて、京都市の製造業が占める割合は大きく、脈々と受け継がれる伝統工芸と先端技術の両面に強みを持っています。通信機器に強みを持つ京セラ、オムロン、島津製作所が京都市に本社を置いています。

そんな京都市の特徴は、企業間が密接な共栄共存関係を構築するコンパクトシティであること。これには京都の内陸型の地理が影響していて、それぞれの企業が生存領域(ニッチ)の確保を心がけており、同市場同技術での過度な対立を避ける傾向にあります。これにより、適度な競争と共創を前提とした共生可能な経営環境を目指しているほか、電子部品生産用機械器具といった「産業を支える産業」の製造や研究に強みを持つ大企業が多いのもこうした土地柄が影響しています。

余談ですが、京都の老舗料亭や土産物屋が集まる「京名物 百味會」も「一名物一店」の原則を掲げており、八ッ橋の「聖護院八ッ橋総本店」、羊羹の「とらや」などに代表されるように、伝統の京の味を守り抜くため一切の追加入を認めない代わりに、会員同士が強い関係性で結ばれた互助関係にあります。こうした共栄共存体勢は、京都特有の個性といえます。

ほかにも他県にない京都ならではの強みとして知られているのは、日本屈指の文教都市であることです。実は京都市の大学・短大の数、学生数はいずれも東京都を除いた全国17政令指定都市中1位なんです。大学進学率も国内トップクラスで、国内最高ランクの公立大学である京都大学をはじめ、関西の名士である立命館大学と同志社大学といった大手有名大学が密集し、日夜、各分野で世界トップクラスの研究を行っています。

このほかにも日本で初めてマンガ学部を設立し、サブカルチャー研究に力を入れている京都精華大学なども異彩を放っています。
強力なスクラムを組む産学公の連携は京都の産業を支えており、2002年に田中耕一氏(当時京都市内の島津製作所に勤務)がノーベル賞を獲得した「ソフトレーザー脱離イオン化法」の研究は京都ならではの成功例のひとつといえるでしょう。

(2)統計から見る京都の事業者数、従業員数と近年の動向

人口の多い大都市とはいえ、京都の事業者数・従業員数はピーク時から減少傾向にあります。
なかでも民営事業者数の減少率は全国でも悪い部類に入り、医療・福祉関連以外の産業は軒並み企業数を減らしています


(引用元:Ⅰ-1 京都市の経済規模-事業所数及び従業者数等-

一方で、2018年以降は東京に本社のあるIT企業(LINEやサイバーエージェント、マネーフォワードなど)やパナソニックの家電デザイン部門などが京都市内に新たに営業所などの拠点を進出する動きが相次いでいます。背景には世界的に激化する優秀なエンジニア・デザイナーの採用強化を目的に、外国人にも訴求力の高い「京都ブランド」を活かそうという考えや、文教都市として優秀な学生の集まる京都での採用を強化したいという思惑があります。

また、新興企業・スタートアップでは京都大学発のベンチャーの伸びが東京大学の伸びを超えるなど、積極的な動きも見られていて、関西地区における新時代のシリコンバレーが生まれるかどうかに注目が集まっています。

人口流入数&有効求人倍率


(引用元:21大都市の年齢別人口転出入超過数(2011~14年計)


(引用元:京都市統計月報

2018年11月における京都市の有効求人倍率は1.71倍。全国平均の1.69倍とほぼ同等となっていますが、京都では過去の調査と比較してもバブル期並みともいわれるほどの過去最高クラスの数値が近年は続いています。

京都の平均年収


(引用元:平均年収ランキング 最新版(47都道府県の平均年収) 関西の平均年収

dodaの調査によると、京都府の平均年収は384万円。全体平均:414万円と比べるとやや低めで、関西6県のなかでは兵庫・滋賀・大阪に次ぐ5番目となっていますが、女性に限定してみると平均年収は大阪に次ぐ2番目となっています。

それでは、京都を代表するのは、どんな企業でしょうか?

京都を代表する企業

・村田製作所

京都を代表する電子部品メーカーである村田製作所。
電気を蓄えたりノイズを消したりするために使われるコンデンサで世界トップのシェアを持っています。特にスマートフォン(iPhoneなど)の開発に欠かせない積層セラミックコンデンサに強みを持ち、海外売上高比率は92%、売上高は1兆円規模を誇っています。
次世代通信(5G)や車の自動運転技術などの先端技術にも惜しみなく投資をしており、車載向け部品でも世界トップのシェアを持つ同社ですが、元々は陶器などを製造する町工場でした。

・京セラ

名実業家で「経営の神様」としても知られる稲盛和夫氏の創業した京都を代表する総合メーカー。
元はファインセラミックの専門メーカーで、その技術を活かした集積回路の製造で成功。その後も様々な分野の製造・研究開発を行っていますが、特筆すべきは通信・モバイル部門。
1985年の通信自由化を受けた第二電電(現KDDI)の立ち上げに株主として携わりました。現在の主力事業は携帯電話・スマートフォンの開発で、国内のみならず海外でも成功。北米ではサムスン、アップルらに続く4位グループで健闘し、売上高は1兆円規模。

・日本電産

精密小型モーターの製造で世界トップのシェアを持つメーカー。
名社長、永守重信の陣頭指揮のもと、「技術はあるけれど売上が立たない」企業を次々と買収。長時間労働を厭わないモーレツ主義で知られ、「元旦の午前以外は仕事」と豪語する永守社長のハードワークにも引っ張られる形で、京都のみならず国内でも屈指の大企業に成長した。一方で、近年はより効率的な働き方を模索する「働き方改革」も進めている。

・任天堂

日本を代表する世界的ビデオゲームメーカー。
1889年に「任天堂骨牌」として設立、花札やトランプを生産していた。「娯楽は他と違うからこそ価値がある」という「独創」の精神に基づき、つねに時代に応じた製品を開発。22歳で社長となった山内溥を筆頭に、宮本茂、横井軍平、岩田聡など、様々な開発者、経営者を輩出した。
『ウルトラハンド』『光線銃』『ゲーム&ウォッチ』といったヒット商品を発表したのち、1983年に発売したのがゲーム機『ファミリーコンピューター』。海外の先行機と比べて圧倒的に安価かつ高スペックという他の追随を許さない優位性を武器に、国内外にファミコンブームを巻き起こした。
その後も『ゲームボーイ』『スーパーファミコン』、『ニンテンドーDS』、『Wii』などの大ヒット商品を開発。一方で『ニンテンドー64』や『ゲームキューブ』、『Wii U』ではライバル企業に遅れを取ったものの、『ポケットモンスター』の国際的成功がマイナスを補い、無借金経営を続けてきた。近年は『Nintendo Switch』の成功で再び1兆円企業に舞い戻った。

・はてな

2001年に設立。上述の企業と比べて規模は小さいが、京都発ITベンチャーの草分けかつ代表的な存在として知られる。
2001年、「人力検索サイトはてな」をローンチ。2003年、キーワードシステムやIDトラックバック機能を備えたWeb日記サービス(ブログ)、「はてなダイアリー」が大きな成功を収める。このほかにもWeb百科事典サービス「はてなキーワード」、ソーシャルブックマークサービス「はてなブックマーク」、はてなダイアリーの発展型である「はてなブログ」などをリリースした。

京都企業の年収ランキング

1位
ジーエス・ユアサ コーポレーション 1129万円
2位
SCREENホールディングス 913万円
3位
任天堂 903万円
4位
島津製作所 811万円
5位
オムロン 804万円

任天堂を除き、電気機器・精密機器メーカーが並び、京都がものづくりに強いことが裏付けられているといえます。
(引用元:京都府の平均年収ランキング1位~64位の企業一覧【2019年最新版】

(3)京都のビジネス街、地域や交通情報

京都のビジネス街は四条河原町と四条烏丸を結ぶ下京区中心部の交差点周辺。大手企業の支社から新興IT企業の営業所まで、あらゆる企業が数多く集まっています。ビジネス街・繁華街から観光地、自然に囲まれた行楽地まで電車で一回りすることのできるコンパクトな街づくりが特徴で、駅近くに住めば車やバイクを使わずとも生活できます。他の都市圏よりも路線バスが市民に利用されているのも特徴といえます。

なお東西南北、碁盤の目状に道が走る京都の街では住所よりも「四条烏丸」のような「通り名」で場所を表現することが多いですので京都に移住する際には主要な通り名を知っておきたいですね。

・四条烏丸エリア

南北に走る京都最大の通りである烏丸通と東西に走る四条通が交差する「四条烏丸交差点」を中心としたエリアで、京都市内でも有数の繁華街です。京都市のなかでも風格のある金融機関のビルやオフィスビルが多く集まっており、京都のビジネスの中心として知られていますが、COCON KARASUMAなどおしゃれスポットもあります。
四条烏丸エリアには主要駅として阪急京都線の烏丸駅と地下鉄烏丸線の四条駅があります。

・四条河原町エリア

鴨川沿いを南北に走る河原町通と東西に走る四条通が交差し、京都で一番人が集まる場所とも言われる「四条河原町交差点」を中心とした京都最大の繁華街として知られるエリアで平日・休日を問わず活気があり、「高島屋」や「藤井大丸」など大型の商業施設が軒を連ねます。
四条河原町エリアの主要駅は阪急京都線の京都河原町駅です。

・JR京都駅周辺エリア

京都最大の玄関口であるJR京都駅は、劇場やホテル、百貨店・レストランが一体となって駅自体が総合アミューズメント施設といってよい充実ぶりです。駅前はオフィスビルやホテルが立ち並んで賑わいをみせており、外国人観光客の姿も多く見受けられます。京都市内だけでなく県外主要都市へのアクセスもよく、大阪までは30分、滋賀県大津までは10分、神戸市まで50分という便の良さでどこへ行くにも便利な駅として知られています。
京都駅には東海道新幹線をはじめJR西日本の東海道本線、山陰本線、奈良線、湖西線のほか近鉄京都線、京都市営地下鉄と多数の路線が乗り入れています。

通勤におすすめの駅は?

古来より街が住みやすいよう整備されており、街全体のアクセスが極めて優れている京都。せっかくなので歴史や情緒を感じられる街に住むのも良いですね。

・出町柳駅(家賃・1K:55,000円)
京阪鉄道と叡山電鉄叡山本線の始発駅。京阪鉄道は大阪市内まで1本60分、滋賀へのアクセスも優れている。一方、叡山鉄道は市原~二ノ瀬間を結ぶ美しい「もみじのトンネル」をはじめ、京都の行楽を楽しめる地元密着型の路線。近隣には京都大学のキャンパスが広がり、商店街だけでなく、住人に愛される名物映画館も。生活に必要なものは揃っている活気のある街。

・宇治駅(家賃・1K:53,500円)
京都駅までJRみやこ路快速で17分。世界遺産に数えられる平等院など多くの寺社があり、京都・大阪へも良アクセス。治安も良好で、徒歩圏内にはスーパーやコンビニが多数。

・二条駅(家賃・1K:51,600円)
世界遺産である元離宮二条城があり、繁華街へも徒歩圏内。空港リムジンが乗り入れしている場所で、京都の歴史を感じられるだけではなく、グローバルな体験も楽しめます。

・西院駅(家賃・1K:4.8万円)
阪急京都線と京福電鉄嵐山線の2路線が乗り入れるベッドタウン。路線バスは西大路四条を通る系統が多く市内の有名な観光地にアクセスしやすい。駅前には多くの飲食店や買い物スポットがあり、家電量販店も備えています。

(4)京都で求められている職種・求人数の少ない職種


(引用元:京都労働局 求人・求職バランスシート&グラフ

京都府全体で年間8,500万人以上の観光客が訪れる世界的な観光地であることから、宿泊・販売や飲食といった販売の職業・サービスの職業など観光産業に携わることのできる職種は求人倍率が高くなっています。
また世界的な大企業から中小企業まで、ものづくり企業が多いことや古来より続く西陣織や京友禅に代表される工芸品などの伝統産業も盛んであることから、製造業に関連する職種(専門的・技術的職業や生産工程の職業)でも求人倍率が高く、人材が求められています。
なお全国的な傾向ですが一般事務職が求人数の割に人気が高いため、京都においても事務職は求人倍率が低い=転職難易度が高い職種となっていて転職ハードルは高くなっています。

(5)京都で大手企業や上場企業に転職できる?

京都には上述した村田製作所や京セラなど、大手製造メーカーが多く拠点をおいています。こういった企業ではエンジニアや生産工程に携わる技術系職種から、人事や経理などバックオフィス系の職種も募集しているタイミングがあり、また下着メーカーとして有名なワコールなどBtoC企業でも総合職から販売職まで転職のチャンスがあります。
また普段はあまり耳にしたことがない企業でも、実は上場していたり従業員が多く売上規模の大きかったりする大企業もあります。

(6)京都はITベンチャー・スタートアップが増加中!

京都大学を筆頭に大学が多く、学究都市として知られる京都には大学発のスタートアップやITベンチャー企業が多く所在していますが、京セラや日本電産が生まれた「ベンチャーの都」を復活させるため京都府や京都市がスタートアップ拠点都市に名乗りを上げ、産学官を問わずバックアップする動きもこの傾向を後押ししています。
今は有名になった京都のITベンチャーの草分けでもあるはてなや京都大学発の電気自動車(EV)を手掛けるベンチャー企業GLMをはじめ、人気ゲームアプリ「にゃんこ大戦争」などを手掛けるPONOSなど幅広い分野で活躍する企業が出てきており、これらベンチャー・スタートアップ企業に飛び込んでで自ら道を切り開いていくような志向を持った方にとっては、京都はチャンスが多くうってつけの環境といえます。

(7)京都、暮らしのこぼれ話(交通事情、家賃事情、県民性)

転職先としておすすめな京都ですが、気になる家賃や交通事情、生活環境などの疑問にお答えします!

・京都の物価、家賃相場


(引用元:総務省統計局 小売物価統計調査

京都に移住して生活するうえで気になる物価ですが、東京・神奈川・埼玉に次ぐ4位ということで、首都圏と比較すれば安いものの地方からの移住だと慣れるまでは大変かもしれませんね。ただし地方とは年収の水準も違いますので単純比較できないことに留意しましょう。


(引用元:京都府の家賃相場情報

家賃相場では、市内中心部の下京区でもワンルーム4.8万円と、同じ西日本エリアの大阪や神戸の中心地と比較しても安くなっています。学生が多いことから単身者向けの物件が豊富なことも特徴です。
京都での賃貸事情で知っておきたい京都独自の文化として、関東と同様に近年は減ってきているものの入居時に敷金に加えて「礼金」が設定されていることがあること、1年または2年の契約更新時に更新料が設定されていること(いずれも家賃の1ヶ月~2ヶ月分が相場)がありますので契約前によく確認しておきたいですね。

・京都では車が必要?交通事情について

京都は主要な大通りを除けば狭い道が多いこと、また渋滞しがちなこともあり、公共交通機関が発達している京都市街では車はなくても生活に困ることはなさそうです。JRをはじめ阪急、京阪電車そして京福電鉄といった鉄道路線や市バスも京都市内を網羅的に運行しています。ただし観光客の多さは避けて通れませんのでバスが時刻通りに来ない、など交通機関の混雑には覚悟が必要です。

・京都の県民性は!?

かつては千年以上にわたって日本の首都だったことから自尊心が高い人が多い印象の京都府民ですが、観光客が多いので愛想は良いものの本音と建前をうまく使い分ける人が多いと言われています。
古いものを大事にして誇りをもっている一方で、新しいことにも関心が高いことも特徴で、京都発ベンチャーの多さにつながっているかもしれないですね。

京都への転職でエージェントを使うならここがおすすめ

京都のお仕事情報、地域情報を中心にお伝えしてきました。京都では、製造業から観光産業、ITベンチャーまで幅広い業種が盛んで求人数も多くなっています。
求人倍率も高く、転職活動もスムーズにいくと思いがちですが…。

自分ひとりの力でできることには限界があるぞい!
情報を制するものは転職活動を制する!
プロの力を借りるために転職エージェントを使うことを考えてみても良いのでは?

転職エージェントって?

転職エージェントは、仕事を探している方と、働きたい人を探している企業の橋渡しをする サービスです。一度登録すると、キャリアカウンセリング、求人紹介、履歴書の添削、面接 サポートなど、転職に必要なサポートをすべて無料で受けられます。

京都で相談できる転職エージェントは?

多くの転職エージェントは、東京に大きな拠点を設けていますが、国内有数の都市である京都にも拠点を設けているエージェントは多数あります。ただ都合が合わない場合は、電話面談なども検討してもらえるので、まずは気軽に面談を申し込んでみると良いでしょう。

本当に無料なの?どうして無料なの?

転職エージェントサービスは、人材を紹介し、内定した時点で「仲介手数料」を企業側か受け取ることで、売上を上げています。そのため、転職希望者側には一切費用がかからず、 手厚いサポートを受けて転職することができちゃうんです!

京都での転職希望者が転職エージェントを活用するメリット

京都での転職を目指す方が、転職エージェントを活用するメリットは、2つあります。

① 「転職エージェントは、大手企業&優良企業の案件を握っている」 転職エージェントは、大手企業や良い条件の企業を多く握っており、求職者の経歴に合わせて、おすすめの求人をピックアップしてくれます。そのため、自力で探す場合と比べて、効率が良いのです。名古屋では良い求人は奪い合いになるので、優良求人を持っているエージェントとのお付き合いが欠かせません。

② 「希望を丁寧にヒアリングしてくれる」 これまでお伝えしてきたように、どんな仕事でもある東京と比べて、京都の転職案件には特徴があります(事務系の仕事が少ない、サービス業が盛ん、ITベンチャーの求人に期待できる 等)

あなたの希望条件と、地域の傾向を上手にマッチングさせて、転職活動を進めるのはやや骨の折れる作業です。 しかし転職エージェントは、転職に成功した人も失敗した人も多く見てきているので、あなたの希望を丁寧にヒアリングして、より希望に合った求人を提案してくれ ます。そのため、自力で頑張る場合と比べて、攻略しやすくなるのが特徴でしょう。

転職エージェントの裏側

繰り返しになりますが、転職エージェントは、仲介手数料をもらうことでビジネスが成立し ています。なので、担当コンサルタントは、売上を上げるために、「自社の紹介案件から、 転職をしてもらう」のが一番の目標です。

(転職エージェントを利用した方が、強引さを感じたりする声もあるようです。しかし、ほとんどのコンサルタントの方は優しいですし、書類作成など上手にリードしてくれますよ!)

このことに抵抗感を感じる方もいるかもしれません。しかし、転職エージェントとあなたは、 「内定を獲得する」という点において、目的が一致しています。うまくお付き合いすれば、 あなたにとって理想の職場を入るお手伝いをしてもらえるということ。うまくお付き合い して、あなたにとって理想の職場への道が開ければ、Win-Winですよね!

まとめ:転職エージェント・転職サイトを上手に利用しよう!

今回は、京都への転職を目指すあなたに向けて、京都の転職の基礎知識や、地域ごとのクセ、 そして頼れるプロの転職エージェントの存在をお伝えしました。

地方都市の転職には、プロによるアドバイスと応援で、収入も働きやすい環境が得られます。 周りを上手に巻き込んで、良い未来が開けますよう応援しています!

このページを共有する

エリア・地方別の転職事情

  1. エリア・地方別の転職事情
  2. 東京の正社員転職事情
  3. 大阪の正社員転職事情
  4. 名古屋の正社員転職事情
  5. 横浜の正社員転職事情
  6. 札幌の正社員転職事情
  7. 仙台の正社員転職事情
  8. 京都の正社員転職事情
  9. 広島の正社員転職事情
  10. 福岡の正社員転職事情
Top