IT・Web系職種の方必見。5月22日(金)23日(土)日本初オンライン転職フェア開催

2020年5月22日、23日、remoという会議システムを使…

転職活動を、感動体験に。

「がむしゃらだったあのときのように、仕事にも夢中になりたい」という想いを諦めないで欲しい。転職が年収や市場価値で語られる事の多い時代。でも果たしてそれだけで本当にいいのでしょうか。転職Doは「幸せにいきいきと働く」ためのヒントを発信する転職情報メディアです。

「初めての転職活動」のよくある質問

Q.初めての転職におすすめの転職サイトは?

転職サイトにも得意・不得意があるため、サービスは年代や転職の方向性によって違います。詳しくはおすすめの転職サイト・転職エージェント比較ランキングにまとめていますのでぜひご覧ください。

転職サイトによっては登録して放っておいても年収アップ求人がスカウトメールとして届くこともありますので、いますぐ転職を考えていなくても使っておく価値があります。

Q.女性は不利なの?

30歳前後の女性は入社してすぐに産休や育休などで現場を離れてしまうのではないかという懸念をもたれやすいのは事実です。正直な気持ちを押し殺してしまうとミスマッチを生みやすいので、本音との向き合いを重視し、思い切って自己開示することが転職成功のポイントです。

Q.未経験でも入りやすい職種や業界は?

まず職種として最有力なのは「営業」です。特殊な資格を必要としないため、健康で清潔感があれば誰でも受け入れてくれる傾向にあります。

次点としては意外に思われるかもしれませんが「エンジニア・プログラマ」です。
もちろんいきなり一次請けの会社に転職するのは困難です。SESといって、一定期間の研修期間を終えた後に客先常駐として勤務する働き方となります。(参考:IT業界転職の真実。大手SIerの存在と、未経験からの転職可否

業界としては無形商材で人柄や熱意を重視されやすい「人材業界」(派遣、研修、採用サービスなど)やWeb系スタートアップは未経験での採用にも積極的です。いずれも成長意欲が強く求められますので、入社後も好奇心をもって働き続ける覚悟が必要です。

Q.転職回数が何回までなら大丈夫?多いと不利なの?

転職回数が多いとイメージが悪くなりやすいのはその通りです。

特に20代の求職者に許される転職経験回数には限度があります。
この年代の転職者が転職を繰り返しやすい(いわゆるジョブホッパー)こともいあり、採用側に「すぐにまた辞めてしまう根性なしなのではないか」という警戒心が働きます。

具体的には以下の通り。

年代 許容転職回数
22~23歳(第2新卒) 0~1回まで
24~26歳 1~2回まで
27~29歳 2~3回まで
30歳~ 4~5回まで

転職回数が多い場合、面接では退職理由を問われるはずですので、しっかりと準備をしておきましょう。

特に在職期間が極端に短い(半年未満)会社については具体的な状況まで掘り下げて聞かれる可能性が高いです。

Q.ブラック企業を見分ける方法は?

就職四季報が意外と便利です。ここに出ている「3年後離職率」や「平均勤続年数」が参考になります。
定価2,000円(税別)とちょっと高額ですが、ブラック企業を回避できると思えば安いもの。本屋さんやKindleで購入可能です。企業分析にも役立ちます。

その他の目安として「年間休日日数」と「若手とベテランのバランス」があります。

日本の年間休日日数の平均は120日です。実は2020年の土日祝日だけでこの120日に到達します。厚生労働省が実施した「平成31年就労条件総合調査」によると120日以上ある会社は全体のわずか29.3%。そのため公表されている年間休日日数が120日に達していない企業はブラックの可能性が高いです。

また、社員が20代と40代に集中していて、間となる30代が極端に少ない企業は要注意。若手を大量に採用しているのに長続きしない(=労働環境になんらかの問題がある)可能性が高いです。

平均年齢だけでは参考にならないので注意が必要です。

Q.年収アップのポイントは?

  • 年収アップのピークは26~31歳。
  • 転職回数が少ない方が有利。ゼロ回が圧倒的に年収アップ率が高い。
  • 今と同じ職種に応募すること。(職種が同じであれば異業種・異業界でも問題ありません)