セールスフォースドットコムに転職するには?難易度や面接の口コミ・中途採用情報をチェック


ライター:安井ひろみ

はじめに

独自のCRMプラットフォームを提供し、世界シェアNo.1を獲得しているセールスフォースドットコム。みずほフィナンシャルグループ、ファーストリテイリング、ローソン、小田急電鉄などでサービスが導入され、「世界で最も革新的な企業5年連続No.1」となっているセールスフォースドットコムに転職したいと考えている人は多いのではないでしょうか?この記事では、セールスフォースドットコムに転職したい人向けに、企業情報や転職方法をご紹介します。

セールスフォースドットコムへの転職についてのまとめ

口コミからの総合評価
4.21

セールスフォースドットコムの転職レーダーチャート


セールスフォースドットコムの特徴

  • CMR(顧客関係管理)ソリューションを中心としたクラウドコンピューティングサービスを提供
  • アメリカのフォーブス誌で「世界で最も革新的な企業」に5年連続で1位
  • Great Place to Work Insutituteの調査において、「働き外のある会社」に2年連続で1位となっている
  • CRMクラウドサービスでの世界シェアはNo.1
  • 平均年収は860万円(36.7歳)(転職会議調べ)で、ソフトウェア・情報処理業界の平均年収527万円と比較すると高い水準

セールスフォースドットコムへの転職でおさえておきたいポイント

  • 求人数は豊富だが、業務実績やスキルが要求される
  • 求人によっては英語表記になっているため、英語力が必要
  • 営業職を希望する場合は、面接で製品のプレゼンができるように準備しておく
  • セールスフォースドットコム独自の企業文化の質問をされるので、確認しておくことが重要

セールスフォースドットコムの企業情報

企業情報

基本情報

※スマホの方は横にスクロールしてご覧ください

事業内容 クラウドアプリケーション・クラウドプラットフォーム提供
代表者 小出 伸一
設立 2000年4月
資本金 4億円
従業員数 記載なし
所在地 本社:サンフランシスコ
東京オフィス:東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー12F

企業理念やビジョン

セールスフォースドットコムの目的はこちらです。

平等(英語でEquality、イクオリティ)は、セールスフォース・ドットコムが特に大切する価値観の1つ。企業は社会を変える大きな原動力になるという信念のもと、私たちは、あらゆる人が平等な社会を目指します。「第4次産業革命」の現代、多様性を持つことは、企業が成功を収め、革新的であり続けるために欠かせない条件でもあります。
私たちが関わるコミュニティを尊重すること。そして、従業員が自分らしく、生き生きと働ける職場を作ること。やらなければならないことはまだまだありますが、従業員、お客様、パートナー、「Ohana」全体の協力があれば、あらゆる人が平等な社会(#EqualityForAll)は実現できると信じています。

(引用元:セールスフォースドットコム 公式企業サイト

セールスフォースドットコムは「平等」であることを大切にし、従業員だけでなく職場全体、顧客、パートナー全体が協力して平等な社会を作ることを目指しています。また、平等のために欠かせない4つの柱として、「平等な権利」、「「平等な賃金」、「平等な教育」、「平等な機会」を上げ、反LGBTQへの反対表明、結婚への平等支持などを行っています。

CRM市場の動向

CRMの市場は今後も安定成長を続けていくと見込まれています。
下記グラフは、調査会社のIDC Japanが行った、国内CRMアプリケーションの2023年までの市場規模予測です。
国内CRM市場規模
(出典:最新の国内CRMアプリケーション市場予測を発表|IDC Japan 株式会社

顧客体験をデジタルで創造する需要が高まっていることや、企業や消費者のデジタルトランスフォーメーション(DX)の進行などにより、2019年から2023年までの5年間では、年間平均5.8%の成長する見込み。
2018年には1572億1400万円だった市場規模は、5年後には2000億円の大台に到達すると見られています。

セールスフォースドットコムの転職基礎知識

基礎知識

平均年収

860万円(36.7歳)(転職会議調べ)
ソフトウェア・情報処理業界の平均年収:527万円と比較すると、高いものとなっています。
(出典元:2019年版 業種別 モデル年収平均ランキング - マイナビ転職

世代別平均年収

※スマホの方は横にスクロールしてご覧ください

年代 平均年収 最高年収 最低年収
20代 550万円 700万円 450万円
30代 800万円 1000万円 700万円
40代 1000万円 1200万円 823万円
50代 - 万円 - 万円 - 万円

労働環境

  • 社内公募を頻繁に行い、社内での部署異動をサポートしてくれる。
  • スタンディングデスクで快適に仕事をすることもできる。
  • ストレス解消のためにメディテーションルームを利用可能。
  • スナックや飲み物を無料で提供している。
  • 土日に仕事をしない方針で、プライベートを尊重してくれる。子供の送り迎えなどに柔軟に対応してくれる。
  • 自宅でも仕事ができるので、通勤時間の節約になる。

福利厚生

  • 養子縁組、不妊治療に対する手当がある。
  • 必要な時に、メンタルケアや法律相談などの支援プログラムを受けることができる。
  • 自分の健康を維持するための活動に、毎月100ドルの補助金が出る。
  • Trailheadオンデマンド対話型学習コースを使用し、必要な知識を習得可能。
  • スキルアップのために学校に通う場合は、年間最大5,000ドルの手当てが支給される。

残業時間

口コミサイトでは、21.2時間から46.7時間とばらつきがありました。
外資系企業特有の「残業を良しとしない文化」があり、基本的には残業は少なく早めに退社する人が多いようです。ただ、繁忙期や営業職の場合には、深夜まで残業をしていることもあるので、繁忙期以外にうまく長期休暇を取るなどしてバランスを取っている人が多い印象です。

有給消化率

口コミサイトでは、52.3%から57.2%とばらつきがありました。
繁忙期以外であれば有給は取りやすく、実績をしっかり出していれば有給をとっても周りから文句を言われることはないようです。外資系企業のため仕事での成果にはシビアですが、成果を出していればワークライフバランスはとりやすい会社といえます。

セールスフォースドットコムの中途採用求人情報

求人情報

セールスフォースドットコムにはどのような職種があるのか

セールスフォースドットコムには、大きく分けて事務職、技術職、営業職の3職種があります。

事務職 バックオフィス
財務
人事など
法務
技術職 ソリューションエンジニア
テクニカルサポート
プロアクティブモニタリングエンジニア
セールスエンジニアなど
営業職 アカウントセールス
インサイドセールスなど

(引用元:セールスフォースドットコム キャリア採用ホームページ

3つの職種の中でも、営業職の採用に力を入れているようです。次いでソリューションエンジニアなどの技術職の求人が多い印象です。

求人の傾向・採用している職種

セールスフォースドットコムのキャリア採用ホームページと転職エージェントのパソナキャリアを確認すると技術職よりも営業職の求人が多くなっています。全体的に、東京オフィス勤務の募集が多いです(2020年1月時点)。

詳しくは後述しますが、ダイレクトリクルーティングを重視しているため一般には非公開の求人が多く、重要なポジションの求人はほとんどが非公開のためその対策として、ビズリーチdodaのようなレジュメバンクへの登録も重要です。

実際の求人情報

転職サイトのdodaやリクナビネクストではセールスフォースドットコムの求人はありませんでしたが、転職エージェントのパソナキャリアでは13件の求人がありました(2020年1月時点)。
また、セールスフォースドットコムのキャリア採用ホームページでは日本国内だけでも148件の求人募集があり、求人数はとても多くなっています。また、数日おきに数件~十数件新たに公開されてもいます。特に営業職の求人が豊富です。

セールスフォースドットコムの採用方針

セールスフォースドットコムはクラウドコンピューティングサービスを提供しているため、応募条件にはIT業界での業務経験が必要とされることが多いです。また、営業職では個人目標金額を持つ営業経験、新規開拓経験があることも応募要件となっており、営業分野でしっかりと成績を残した人しか応募できないようです。
また、セールスフォースドットコムのキャリア採用ホームページに掲載されている求人は、ほぼすべてが英語のみで記載されており、ポジションによっては英語スキルが求められます。

セールスフォースの営業

セールスフォースは日本国内のSFAのシェアでほぼ半分を占めるという業界最大手です。この高いシェア率は品質のみならず、高い営業力によって勝ち得たものだといわれています。

それでは、セールスフォースはどのような営業を行っているのでしょうか?

その最大の特徴は分業にあります。

内勤と外勤

セールスフォースでは営業が内勤の営業(インサイドセールス)と外勤の営業(アカウントエグゼクティブ)に完全に分かれています。

・内勤の仕事は見込み客を商談に持ち込むこと。
・外勤の仕事は商談化した案件を契約までもっていくことです。

内勤が商談化した顧客にのみ、外勤が訪問するため、最も時間効率の悪い「訪問営業」での取りこぼしを抑えられ効率化することができます。

評価については、外勤はもちろん内勤の仕事も、外勤につないだ案件が実際に契約されることで初めて評価されます。そのため内勤には電話やメールによるアポイントの段階で顧客に踏み込んだ質問をして商談に持ち込む必要があります。

中途採用者の苦労・内勤

新卒も中途も営業に配属されるとまずは内勤の業務につき、その後成果が評価されると外勤の業務に移ります。通常の会社の営業では見込客に訪問営業に行き、商談化するべく話をするため、中途採用者の多くは、電話やレターのみで商談化させるセールスフォースのやり方とのギャップにつまずいてしまいます。

しかしそこで活躍するのが自社のCRMプラットフォームです。同僚の成果や営業手法を確認できるため、成功者から学ぶ機会を容易に作れ、ブレイクスルーを起こしやすくなっています。

中途採用者の苦労・外勤

外勤営業でも、他企業との方法論の違いに戸惑うようです。
通常の営業が、ほぼ仕様の決まったパッケージソフトを提案し、納期・工程調整の調整を行うのに対し、セールスフォースでは現状の解決だけでなく、将来的に起きるかもしれない課題の解決まで提案することまでが業務として求められます。
その際に内勤時代のスキルや経験の多くが役立つようです。
(参考:売れない辛さを経験した営業マンがトップセールスになるまで)

このようにセールスフォースは分業により効率化と教育システムを獲得し高い営業力を実現しています。営業として上を目指していきたい方には成長のための最高の環境といえます。

セールスフォースドットコムの選考に関する情報

選考

セールスフォースドットコムへの転職難易度

セールスフォースドットコムは求人数が多いため応募できるチャンスが多いですが、即戦力が求められるため転職難易度は高めです。セールスフォースドットコムは外資系企業なので基本的にポジションごとの求人募集となり、未経験から応募できる求人はありません。どの職種でも、実務経験やスキルが求められれ、即戦力がある人だけが応募できるようになっています。

選考の流れ

セールスフォースドットコムのキャリア採用ホームページでは選考の流れについての記載はありませんでしたが、求人への応募はキャリア採用ホームページから可能です。転職エージェントのパソナキャリアを確認すると、面接は3回行われるようです。

筆記試験の有無、種類

セールスフォースドットコムのキャリア採用ホームページでは筆記試験の有無についての記載はないため、転職エージェントに登録して事前に確認しておくと安心です。

必須・推奨される資格

セールスフォースドットコムの求人募集において必須の資格は特にありません。ただ、営業職や事務職は大学卒業以上が募集要件となります。技術職は学歴不問で、実務経験やスキルが重視されます。

面接で聞かれること

セールスフォースドットコムの面接では志望動機や長所などの一般的な質問もされますが、セールスフォースドットコムらしい質問もあるため、いくつかご紹介します。

  • Ohana文化について知っていますか?
  • 扱っている商品の中から選んで、プレゼンしてください
  • セールスフォースドットコムのビジネスモデルを理解していますか?
  • セールスフォースドットコムでなればいけない理由は?

「セールスフォースドットコム独自の企業文化」や「なぜセールスフォースドットコムでなければいけないのか」について質問されることが多いようです。また、営業職では実際に扱っている製品のプレゼンを求められるようなので、事前に準備をしておきましょう。

セールスフォースドットコムへの転職に関する口コミや評判

評判

企業評価(安定性・成長性)

・CRM分野でナンバーワンという地位は今後も揺るがないと思う。(営業・40代)

・クラウドコンピューティングの代表格として知名度が定着しており、営業がしやすい。(営業・50代)

・インセンティブやトレーニング制度が充実しているのでスキルアップしやすい。(営業・30代)

・同業他社の中でも商品の良さ、着眼点、バージョンアップのスピードが目立っており、製品力が高い。(テレマーケティング・30代)

・年率3-4割の売り上げ増を続けており、社員数も増えている。(テレマーケティング・30代)

給与・待遇

・良くも悪くも売上次第で年収が変わる。成績がいい人は年収2,000万円も目指すことができるので夢がある。(営業・20代)

・複数年契約を取るとインセンティブが上がっていき、目標額を達成すればどんどん上がっていく。(営業・30代)

・インセンティブなしでも基本給の水準が高い。(営業・20代)

・ベース6:インセンティブ4と、インセンティブの割合が高く、高い成果を出せば給与が高くなるという分かりやすい仕組みである。(営業・20代)

・外資系の会社なので、実績を残し上司にアピールができれば給料は上がる。(営業・30代)

評価制度

・成果さえ出せば、1-2年単位でどんどん昇進できる。(営業・30代)

・担当するエリア次第でその年の成果が決まってしまう。(営業・30代)

・定量的な評価制度のため、数字に合わせて翌月の給与が決まり納得感がある。(営業・20代)

・評価制度が短期間で変更されることがあり、評価の軸にぶれを感じる。(営業・20代)

・成果を上げ続ければ適正に評価され、早いスピードで昇進をする人が多い。(営業・20代)

仕事のやりがい

・月ごとの成果がリアルタイムに反映されるのでモチベーションになる。(営業・30代)

・商材が面白い、周りが優秀、給与が良い、と三拍子がそろっている。(営業・30代)

・研修制度や勉強会が多く、最先端の技術を知ることができるのがいい。(営業・40代)

・効率的な営業スタイルや教育、ナレッジの活用とマネジメントは営業として完成形であると思え、ビジネススキルの観点で得るものが大きい。(営業・20代)

・前職で圧倒的な結果を残してのし上がってきた社員が多く、刺激的な環境で仕事ができる。(営業・20代)

(引用元:キャリコネopenwork転職会議カイシャの評判

セールスフォースドットコムに転職するには

セールスフォースドットコムのようなグローバル大手企業への転職ルートは特殊です。

なぜなら大手の外資系企業はダイレクトリクルーティング(ダイレクトソーシング)を重視しているからです。

ダイレクトリクルーティングとは転職エージェントの仲介を受けずに、必要な人材を自社で発掘し、アプローチすることです。

そのため例えばリクルートエージェントのような大手エージェントに登録しても、有力な外資系企業の求人票を受けることは困難です。

外資転職のポイントはリクルーターを味方につけること

外資系企業ではダイレクトリクルーティングのためにリクルーターと呼ばれる専門部隊を組織しています。

リクルーターの役割は現場サイドからの要望に合う人材(転職予備軍)を発掘し、採用プロセスへ導くことです。

大手外資系企業の日本法人では、社内に10~30人のリクルーターを配置しています。

セールスフォースドットコムへの転職の最短距離は彼らリクルーターの目に留まる事です。

リクルーターに接触することができれば、「どんな求人票(Job Description)があるのか」「合格するにはどんなアプローチが有効なのか」を知ることができます。
(リクルーターの評価は「内定に足る人材を何人紹介したか」で決定されるため、彼らもあなたの良さを引き出すために全力でアドバイスをしてくれます)

リクルーターとの接点を多く確保するためのルートとしては以下のようなものがあります。

レジュメバンク

外資のリクルーターが人材の発掘に利用しているのが、レジュメバンクと呼ばれる転職サービスです。

これは一般的な転職エージェントと異なり、あなたが登録した履歴書が人事やリクルーターに匿名で閲覧されるサービスです。

ビズリーチdodaはレジュメバンクの最たるものです。

中でもビズリーチはGAFAのリクルーターも利用しているといわれています。
外資への転職をお考えなら登録しておく価値は十分あります。

ビズリーチ

ビズリーチ

外資系リクルーター・ヘッドハンター多数

登録ヘッドハンター約3,800人。中にはGAFAなど大手外資のリクルーターも。

利用者の口コミ

36歳 男性

外資のリクルーターがとにかく多い。レジュメはしっかり書くことをおすすめする。

30歳 男性

自分のタイミングで転職活動を進められるのは良い。転職が決まるとお祝いが貰える。

28歳 女性

大手企業の人事もかなり見ているようなので一定以上の経験がある方には向いていると思う。私には不向きだったかな。

「ビズリーチ」公式サイトへ

LinkedIn

もうひとつ、外資への転職で必須になるのがLinkedInです。やはり外資のリクルーターが多数利用して、人材を探しています。

もしまだアカウントをお持ちで無いようでしたら、すぐにプロフィールを登録すべきです。

おわりに

「世界で最も革新的な企業」や「働きがいのある会社」でNo.1に選ばれるセールスフォースドットコム。外資系企業のため仕事での成果を求められますが、福利厚生や研修制度が整っており、バリバリ働きたい人、スキルアップしたい人には良い環境と言えます。キャリア採用では即戦力が求められるため、実務経験がスキルがある人しか応募ができません。詳しい選考プロセスなどは公開されていないため、転職エージェントで相談しながら転職活動をすすめるのがおすすめです。

5秒で完了!転職サイト診断

転職診断ツールへのアクセス方法

このページを共有する