未経験でプログラマーになるには?資格は不要?仕事内容、志望動機例を紹介

未経験でもプログラマーになれる時代

いま、IT産業が伸長するなか、プログラマーの需要が高まっている。IT業界未経験や文系出身の方でも、プログラマーになれるのか?との不安もあるだろう。

本稿では、プログラミング未経験の方に向けて、プログラマーの仕事内容や言語の違い、トレンド、業界の特徴、そして未経験からプログラマーになる方法をお伝えする。

プログラマーの仕事内容とは?未経験はなにから任せてもらえる?

プログラマーの仕事は、コンピューターを動かすための言語を用いたプログラムを組んで、システムやソフトウェアを制作することだ。

システムエンジニア(SE)と混同されがちだが、クライアントの要望に合わせてSEが作った仕様書を読み込み、それを実現できるようプログラムを書き上げるのがプログラマーの仕事である。ただ、プログラマーの経験を重ねるほど、SEとプログラマーの仕事の境はなくなっていき、業務を兼ねる傾向にある。

プログラムを書き上げた後、バグやエラーが見つかった場合の対応や、リリース後のアフターフォローも行う。

IT業界未経験者のプログラマーのほとんどは武者修行を兼ねて、客先常駐のプログラマーとして、クライアントのもとに出向することになる。客先常駐とは、自社ではなく他社(客先)に常駐して働くことを意味する。

しかしながら、出向先で与えられる仕事の権限には限りがあり、出向先が見つからなければ年齢によっては切られる立場になる恐れもある。できるだけ早い段階で自社開発や受託開発のような自社内で仕事ができる環境を目指し、時には交渉することも意識しておいたほうがよい。

資格は不要だが、学習した経験が問われる

プログラミング未経験の方からよく聞こえてくるのは、「プログラマーになるのに資格は必要でしょうか?」という声だ。現在、多くの団体によりプログラミング検定、資格が行われているが、プログラマーになるために必須資格はなく、無資格でも多くのプログラマーが第一線で活躍している。

もちろん資格があるに越したことはないが、それよりも学んだ経験や、実際にモノづくりをした経験が問われるのがプログラマー業界だ。

プログラマーは、業界によりいくつかの種類があり、取り扱い言語も異なる。

プログラマーの分類

Webサイトの専門家「Web系プログラマー」

Webサイト周辺のプログラミングとシステム開発。ユーザーから見える部分を開発するフロントエンドとユーザーに見えない部分を開発するバックエンドに分かれる。

使用言語:HTML、CSS、JavaScript(フロントエンド)、Java、PHP、Ruby(バックエンド)

世の中に役立つアプリを制作「アプリケーション系プログラマー」

アプリ開発者。主にスマートフォンで使用されるアプリケーションの開発。ブラウザ上で動くWebアプリ、App StoreやGoogle Playからダウンロードするネイティブアプリ、売上管理や交通費計算などに使用する業務用アプリに分かれる。

使用言語:Java、C、Ruby、PHP、Objective-C(Webアプリ開発)、Swift(iPhone向け)、Java、Kotlin(Android向け)(ネイティブアプリ開発)

拡大していく市場「ゲーム系プログラマー」

ゲーム制作を行うプログラマー。家庭用ゲーム機の開発だけでなく、ソーシャルゲームやスマホゲームの流行で、注目を集めている。

使用言語:C++(家庭用ゲーム開発)、C#(スマホゲーム開発)

裏方で活躍「組み込み系システムプログラマー」

電化製品や家電機器を制御するためのシステムのソースコードを作るプログラマー。電化製品のOSにはTRONが使われることも多く(2018年時点で全体の60%)、ITRONの仕様に対する知識が必要。

使用言語:C、C++、C#

データ送受信のプロ「通信系プログラマー」

ルーター・モデムやIP電話など、通信に関するシステムの開発。データの送受信に関するシステムが中心となる。

使用言語:Java、C、C++

toB製品で活躍「オープン系プログラマー」

複数のコンピューターで構築するシステムの開発のこと。主に会計や人事、販売管理をはじめとした業務アプリケーションで使われる。WindowsやUNIXがベースになることが多い。逆に一台のコンピューターのなかですべての処理を行うシステムの開発を汎用系(クローズド)と呼ぶ。主にCOBOLを使用する。

使用言語:Java、PHP、C言語、VB

最近注目を集める「AI系プログラマー」

人工知能(AI)の開発や、AIを利用したシステムを開発するプログラマー。言語の知識だけでなく数学の知識も求められる。

使用言語:Python

どれを選ぶべき?プログラミング言語

上記では、プログラマーの分類を確認した。以下に、それぞれの言語の特徴を述べる。

C/C++

1970年代に誕生した歴史ある汎用性に富んだプログラミング言語。記述の自由度が高く、開発環境も整備されている。Cには拡張バージョンが多数存在しており、C++(「シープラ」とも呼ばれる)もそのひとつ。C系言語にはプログラミングの基礎が詰まっているが、習得難易度は非常に高い。

C#

Cの名前を冠したC#はマイクロソフトが開発した言語。C++の後継という位置づけ。Windows環境での開発に長けており、VRの制作などに使われている。言語仕様はC++よりは簡単で、初心者向き。

GO

Googleによって開発されたオープンソースのプログラミング言語。位置づけとしてはC言語シリーズの後継。各種OSに対応したマルチプラットフォームで、実行速度が圧倒的に早いのが特徴。構文がシンプルで覚えやすい。

Java

主にWebやスマートフォンのアプリ開発で使用される。汎用性が高く、どのOSでも動作する。Googleで使用されているほか、Twitterなどの開発にもJavaが使われている。習得難易度は高い。

Java Script

Javaという名前が入っているが、直接の関係はない。HTML上に埋め込むことができるのが最大の特徴で、Java Scriptで指示することによってWebページに様々な機能を乗せることが可能。ブラウザさえあれば動作確認も容易なため学習しやすいが、難しい動作を行うには他言語の知識も求められてくる。

PHP

Java Scriptと同じくHTMLに埋め込むことができる言語。Java Scriptとの違いは、Java
Scriptがクライアント側(インターネットを見る側)で作動するのに対して、PHPはサーバー側(インターネットを提供する側)から作動すること。WordPressの開発に使用されているほか、ECサイトの制作に長けている。

Python

人工知能(AI)や機械学習(ディープラーニング)に長けた言語。
Google、Facebook、Instagram、YouTubeなど、2010年代以降に隆盛したサービスの多くで使用されている。構造はシンプルで学習しやすい部類。

Ruby

Webアプリやホームページ制作で使用される。まつもとゆきひろ氏によって開発された言語で、海外ではAirbnbやhulu、Twitch、国内では食べログやクックパッド、グノシーなどに採用されている。文法が明快で、習得しやすい言語。

Swift

Mac OSやiPhoneでの開発に使用する言語でApple社が提供。記述するべきコードが少なく、実行速度が早いのが特徴で、習得するのが容易。AppleのOSでの開発に絞られるが、Web開発からスマホアプリの開発まで用途が幅広いのが強み

プログラマーの平均年収

プログラマーの平均年収は、

  • 平均:428万円
  • 男性:440万円
  • 女性:387万円
  • 20代:367万円
  • 30代:486万円
  • 40代:549万円
  • 50代~:598万円

(Doda調べ)

とあるが実は、「どの言語を選ぶか」で、収入も大きく変わる。

「ぶっちゃけ、どの言語が稼げるの?」プログラミング言語別収入ランキング


(画像引用元:求人検索エンジン「スタンバイ」調べ)

シェアにしても収入にしても、Google、Apple、Facebook、AmazonをはじめとしたGAFAを中心としたリードカンパニーで使われている言語が伸びやすい傾向にあることが伺える。

一方で、ゲーム業界や家電関連においてはC系言語の需要が根強く、SwiftやKotlinといった需要を絞った言語も存在する。ひとつの言語を習得するのは決して簡単なことではないので、自分がなにをしたいかを踏まえて、どの言語を学ぶかを考えよう。

また、近年のトピックとしては、小学校におけるプログラミング教育の義務化が挙げられる。準備の遅れや地域による格差なども報道されているなど、まだまだ問題は山積みだが、プログラミングそのものへの注目は集まっている。

あらゆる製品、あらゆる場所にプログラミングが絡んでいる。ゲームのようなエンターテイメントから、社会インフラまで活躍の幅は広く、スキルが上がれば上がるほど自分が望んでいた仕事に近づけるだろう。また、パソコン1台あれば仕事をはじめられるため、実績を積めばフリーランスで活躍することもできる。

プログラマー業界のトレンド

2000年以降、世界で使用されているプログラミング言語の割合の推移は以下の通り。


(画像引用元:Analyzing github, how developers change programming languages over time)

かつてはトップシェアだったC、C++は右肩下がり。代わってJavaやPythonが存在感を示している。

プログラマーの大変なところ、きついところは?

忙しい時期とそうでない時期の差が激しく、忙しい時は残業も多い。また、基本的にはSEの出した仕様書に合わせてプログラムを行うため、そこに不備があるとエラーやバグが発生する。また急な仕様変更を申し付けられた場合には対応しなければならない。さらに外注先の企業に駐在することも多く、人間関係に戸惑ったり、ワークライフバランスのコントロールに苦しんだりする。総じて、自身の手の及ばないところで起こる問題に悩まされがち。

完全に丸腰で挑むのは危険。未経験でもモノづくりをした経験を積もう

とにもかくにもプログラミングスキル。常に人手が足りない業界なので、プログラミングスキルを持つ人は常に歓迎される。

未経験からプログラマーへのなり方を以下に紹介する。

未経験からプログラマーになる方法

未経験からプログラミングスキルを得る方法は、大きく分けて2つある。まずは、大手求人情報サイト「マイナビ転職」で、プログラマー×未経験者歓迎の求人を見てみよう。

マイナビ転職におけるプログラマーの求人数 292件(2019年8月調べ)

引用元:マイナビ転職

大手求人サイト「マイナビ転職」では、プログラマーの求人数は292件。
未経験OKのプログラマ求人はどれくらいあるのだろうか?

マイナビ転職における、未経験OK×プログラマーの求人数 180件

引用元:マイナビ転職

こちらは「未経験OK」に絞って検索した求人数。プログラマ求人全体のうち、6割以上が未経験者を歓迎しているのがわかる。

それでは、具体的に未経験OKの求人とはどのような内容だろうか?

未経験OK求人の一例

引用元:マイナビ転職

これは都内にあるシステム開発会社による、未経験OKの求人だ。受託開発と、自社内の開発を手掛けている。

働いた経験は未経験でもOKだが、やはり「学んだ経験が大事」とされている。
それでは、プログラミングスキルはどのように身につければよいのだろうか?

プログラミングスキルの身につけ方

方法1・独学

ひとつ目は、独学で学ぶ方法だ。ただ、プログラミングは専門技術のため、よほどの集中力と時間がないと、独学で使えるレベルまで伸ばすのは難しい。ただし、なにか作りたいものがある方は独学でも、モノづくりの喜びを通して、スキルを伸ばすのは可能だろう。

方法2・スクールに通う

一方で、プログラミングスキルを独学で磨くのは難しく、将来を見据えるならなんらかのスクール(現在は無料の物が多い)に通ったほうがよい。

職業訓練校(3か月~12か月)は国からの補助金(交通費、生活費など)を貰いつつじっくりとプログラミングを学べるが、卒業後の進路は自身で見つけないといけない。

職業訓練校(例):
https://www.hataraku.metro.tokyo.jp/kyushokusha-kunren/school/kamoku/futuu/joho/kamoku105.html

民間の無料ITスクール(1か月~3か月)は交通費や生活は自分で持たなければならず、場合によってはカリキュラム終了後のキャッシュバックという形をとることもある。一方、短いカリキュラムのなかでみっちりとプログラミングを叩き込まれ、うまくいけば卒業後は人材会社を紹介されるだけでなく、場合によってはスクールを運営する会社に入ってプログラマーとして活躍できる可能性もある。

民間スクール(例):
http://www.m5school.jp/index.html
https://www.good-works.co.jp/pg-school/
https://zero-school.com/

プログラマーに向いている人はどんな人?

論理的思考や黙々と作業できる集中力、コミュニケーション力もさることながら、体力が必要だ。忙しい時期とそうでない時期が不安定なため、残業が続く時期も見えにくい。さらに、一度書いたコードを次回も繰り返し0から書いてしまったりする人などは「真面目ではあるが、効率の悪い仕事をする」という理由で敬遠されてしまう。

プログラマーのキャリアパスは?

プログラマーのキャリアパスとして考えられるのは、大きく分けて以下の2つだ。

(1)会社に残る

プログラマー⇒システムエンジニア⇒ディレクター職を目指す方法だ。
管理職を目指せば上流工程に行くのも実現でき、年収アップも期待できる。ただその場合は、メンバーのメンタルケアやリソースの調整に時間を割き、モノづくりからは離れざるを得ないこともあるだろう。

(2)フリーランスとして独立する

もうひとつは、プログラミングのスペシャリストとしてフリーランスで活躍する方法だ。フリーランスになれば、時間や場所を選ばずに仕事ができ、生活の自由度は高まる。その代わり、事務処理をすべて自分でこなす、体調管理に責任を持つ必要があるなど、自由に伴い責任も増える。

プログラミングへの転職で押さえておきたい履歴書・職務経歴書のポイント

いま、プログラミングのできる人材が不足しているため、未経験者にとってチャンスはある。しかし、その分、志望動機をしっかり固めないと、「情熱が不足している」と思われてしまい、不採用となるケースも。

そこで、転職Doでは、質問に答えるだけで、あなた独自の志望動機ができる3つの「Why」をお伝えする。

答えるだけで志望動機ができる、3つの「Why」?

POINT1・なぜ、未経験からプログラマーに興味を持ったのか?を言語化しよう

まず言葉にしたいポイントは、「未経験なのになぜ、プログラマーに興味を持ったか?」という動機だ。

<一例>

  • これまでは販売側の仕事をしていたが、製品に触れるうちに興味を持ったから
  • スマホゲームをしているうちに、自分も作りたいと思うようになったから
  • モノづくりが好きだから

POINT2・「なぜ、その言語に興味を持ったか+現状のレベル」を素直に申告しよう

2つ目の「Why」は、どうしてその言語の習得に興味を持ったのか、そのきっかけだ。既に学習をはじめている方や、モノづくりをした方は、その実績やレベルもアピールしよう。

<例>

  • ゲームが作りたいからC++、(あるいはC#)に興味を持った。既にスクールで勉強をはじめている
  • Web制作を一人でできるようになりたいと思ったから。独学でWebサイト構築をした

POINT3・なぜ、その企業で働きたいかを言語化しよう

3つめの「Why」は、なぜ、その企業で働きたいかの理由だ。上述したように、いま、プログラマーを必要とする企業は多くあるため、「せっかく内定を出しても他所に行かれるのでは…」と懸念を抱く。

内定の可能性を上げるために、なぜその企業で働きたいかの情熱を伝えよう。

<例>

  • ヒット作品を多く生み出している会社だから
  • 医療業界に貢献したい気持ちがあるので、医療関係のプログラムを作っている会社がいいから
  • 研修制度も整っていて、安心して働る環境だと感じたから

これら、3つの「なぜ」を抑えると、未経験からプログラマを目指すあなたの求人はスラスラとできる上、説得力が増すだろう。これらを踏まえた志望動機の例文はこのようになるだろう。

志望動機 例文

CASE1・営業職からスマホゲームのプログラマーに転職したい場合

現職では営業職を担当していますが、プライベートではスマホゲームで遊ぶ機会が多く、〇〇〇(←作品名)に触れるうちに、いつか自分もゲームを作りたいと考えたのが今回の応募につながりました。独学でC++を学び「C++ Certified Associate Programmer」も取得しております。ヒット作品を多く生み出す御社の環境でしっかりと経験を積み、将来的にはシステムエンジニアとして従事する所存です。

CASE2・販売アルバイトからWeb系のプログラマーに転職したい場合

現職ではアパレルの販売員を担当しています。自社や競合のWebサイトを見て、「自分もこんなのを作ってみたい」と考えたのをきっかけに、Web制作に興味を持ちました。職務としては未経験ですが、HTML・CSSを独学で身につけるほか、スクールでJavaScript・PHPを学び、友人のアパレルショップのECサイトの制作を担当しています。今後はWeb系の案件を多く手掛けている御社で、フロント側・バックエンド側の両方に対応できるWebプログラマーとして成長したいと考えています。

CASE3・経理職からオープン系プログラマーに転職したい場合

現職は、事業会社で経理職を担当しています。ERPや基幹システムに触れるうちに、ソフトウェアの改善点がいくつも思い浮かび、自分も役に立つ業務アプリケーションを作ってみたいと考えるようになったのがきっかけでプログラミングに興味を持ちました。現在はC言語を習得すべく、オンラインスクールで基礎から学んでいます。御社は業務アプリケーションを多く手掛けられているほか、運用サポートまで手厚い体制を整えており、顧客目線に立った開発環境の一員となれるのに魅力を感じ志望致しました。

まとめ

未経験者を多く歓迎しているプログラミング業界や、言語の種類、転職に役立つ情報についてお伝えした。IT産業は今後も伸長していくのが予想される業界であり、スキルさえ身に着ければ安定した年収も得られる。繰り返しになるが、未経験から目指す場合はやはり、学んだ経験をアピールした上で、「なぜ」を抑えた志望動機をしっかり作りこむのが重要となるだろう。

このページを共有する

未経験の職種への転職

  1. 未経験の職種への転職
  2. 未経験で営業職に転職するには?
  3. 未経験でアクチュアリーになるには?
  4. 未経験でWebディレクターになるには?
  5. 未経験でウェディングプランナーになるには?
  6. 業界未経験でIT営業に転職するには?
  7. 未経験からデータサイエンティストになるには?
  8. 未経験でプログラマーになるには?
  9. 未経験でWebマーケティング担当者に転職するには?
  10. 未経験で経理になるには?
  11. 未経験でマーケティング担当者になるには?
  12. 未経験で広報になるには?
  13. 未経験でWebデザイナーになるには?
  14. 未経験で人事担当者になるには?
  15. 未経験でホテルに転職するには?
Top