インフラエンジニアが未経験者にオススメの理由!仕事内容・将来性・求人の探し方

目次

第一線で開発するだけがエンジニアじゃない!注目の職種・インフラエンジニア

こんにちは。あなたは、「インフラエンジニア」についてご存じでしょうか?インフラエンジニアは、プログラマなどと比べると、働く環境も比較的安定しており、未経験でも目指しやすい職業なんです。

今回は、インフラエンジニアに興味がある方に向けて、仕事内容や、メリット、そしてデメリットをご紹介します。最後には、求人の探し方もご紹介しているので、ぜひ最後までお読みください!

インフラエンジニアとは

インフラエンジニアの前に、そもそも「インフラ」とは?

インフラとは「インフラストラクチャー(Infrastructure)」の略で、日本語で「基盤」を意味します。一般的に、インフラといえば、水道や電気、ガス、または鉄道やバスなどの交通機関がインフラに該当します。

POINT:インフラとは、「あって当たり前」の仕組みのことだよ!

エンジニア業界における「インフラ」とは

インターネット業界におけるインフラ(ITインフラ)とは、サーバーやネットワークを指すことが多く、それぞれのエンジニアをサーバーエンジニア、ネットワークエンジニアと呼びます。

それでは、サーバーエンジニア、ネットワークエンジニアの具体的な仕事内容はなんでしょうか?

インフラエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニア

ネットワーク環境全体の設計・構築・保守と運用を担当します。

顧客からどのようなネットワークを設計したいのかをヒアリングし設計図を作成。それに従って実際にネットワークを構築する。ネットワーク構築後は、クライアントに常駐するか、リモートで監視・運用を行い、トラブルが起きた際の対応も担う。

サーバーエンジニア

サーバー機能の設定やカスタマイズを担当します。

顧客からヒアリングした要望や予算感を元に、最適なサーバーを提案。設計図に沿ってサーバーの構築を行う。ネットワーク回線の通信速度の見直しや物理的な配線作業、OSやサーバーアプリケーションのインストールなども担う。サーバー運用後は、必要に応じて修正を実施。サーバー障害の際は、復旧作業を行う。

また、ネットワークやサーバーを跨ぎ、幅広い領域を担当するエンジニアをインフラエンジニアと呼ぶこともある。インフラと呼ばれるだけあり、365日24時間安定して動くことを期待されるため、常にエンジニアが動ける状況を作っておかなければならない。

インフラエンジニアが扱う機器とは?

インフラエンジニアが扱う機器としては以下のものが挙げられます。

ルータ

ネットワーク同士を接続する機器。
データの最適な転送経路を決定(ルーティング)し、データの転送を行う。

スイッチ

各機器の集約装置。
スイッチに直接接続された特定の機器に対してのみ通信を行う。

サーバー

Webサーバー、DBサーバーなどユーザーに対してサービスを提供する機器。
「ウェブサーバー」「smtpサーバー」「popサーバー」「dnsサーバー」「FTPサーバー」などのレンタルサーバにも用意されているサービスもあれば、やや専門的な「proxyサーバー」「データベースサーバー」などを提供することもある。

ロードバランサー

2台以上のサーバーに対して、通信を分散させる負荷分散機器。

ファイアウォール

社内および、社外ネットワークの間などに設置し、特定のデータを通したり破棄したりするなどのアクセス制御をするシステム。

ストレージ

ハードディスクなどのデータの保存場所。

インフラエンジニアの作業において良く使われる環境として「LAMP環境」という言葉がある。LAMPとは「Linux」、「Apache」、「MySQL」、「PHP(Perl、Python等)」の頭文字をとったもので、インフラエンジニアの世界において一般的に良く使われる環境のこと。「Linux」はOSの種類、「Apache」はウェブサーバーの一種、「MySQL」はデータベース、「PHP」はプログラミング言語。

インフラエンジニアの年収

【サーバーエンジニア】

  • 全体平均:469万円
  • 男性:481万円
  • 女性:390万円
  • 20代:392万円
  • 30代:527万円
  • 40代:554万円
  • 50代~:684万円

【ネットワークエンジニア】

  • 全体平均:449万円
  • 男性:461万円
  • 女性:363万円
  • 20代:378万円
  • 30代:493万円
  • 40代:596万円

ともにおおよそエンジニア全体の平均程度の年収。ネットワークエンジニアより、サーバーエンジニアの方が若干ではあるが年収は高め。

インフラエンジニアのトレンド「クラウド化」

クラウド化とは?

エンジニアの中でも、インフラエンジニアはどちらかといえば技術の移り変わりがゆるやかな職種です。

しかし、情報技術・情報ビジネス全体のトレンドとして、クラウド化の波があり、この影響は、インフラエンジニアにも及んでいます

クラウドとは、ユーザーが物理的にインフラを持たなくとも、インターネットを通じてサービスを自由に受けられる仕組みです。

たとえば、1台の物理サーバーに複数台のサーバーを仮想的に立てることができるハイパーバイザー(仮想化技術)により実現した「仮想サーバー」の仕組みのこと。2006年にGoogleによって提唱され、2010年以降に実用化されています。

クラウド化により、インフラエンジニアの仕事はどう変わる?

451 Researchが発表したレポートによると、およそ60%の企業が2019年末までにIT運用の大半をオフプレミス化(クラウド化)する計画とされています。

クラウドの種類には以下の3つがある。

SaaS(Software as a Service)
ソフトウェアを提供するクラウドサービス
PaaS(Platform as a Service)
開発環境を提供するクラウドサービス
IaaS (Infrastructure as a Service)
サーバー(インフラ)を提供するクラウドサービス

インフラエンジニアが大きく関わるのは、3つ目のIaaS。IaaSとして、代表的なサービスといえば、アマゾンによる「Amazon WorkSpace(AWS)」が他社を突き放しており、2位のマイクロソフト「Azure」、3位のGoogle「Google Cloud Platform(GCP)」と合わせて3大体制を築いています。

そのため、クラウド時代のインフラエンジニアには、従来のサーバー・ネットワーク技術に加え、クラウドの技術、IaaSの知識が求められるでしょう。そのため、面接では、AWSやクラウド環境への熱意を示すと良いでしょう。

ただ企業側の実態として、未経験者にはそこまで求めていないという情報もありますので、まずは求人を探すなど、企業側と出会うための行動をしてみてはいかがでしょうか?

「マイナビエージェント」でインフラエンジニアの仕事を探してみる。

インフラエンジニアの資格

インフラエンジニアとして働く方にとって有利な資格といえば、米シスコ・システム社が認定する「CCIE」などがあります。

また、クラウド系の知識と関係する言語(Javaなどがおすすめ)を勉強するのもおすすめです。

ただ、教育・研修制度が整っている会社では、資格取得費用を会社側で負担してくれるところもありますので、まずは、未経験者に優しい会社を探してみてはいかがでしょうか?

「リクナビNEXT」で未経験歓迎のインフラエンジニアの仕事を探してみる。

未経験者にインフラエンジニアがおすすめの理由

ツールが充実しており、プログラミングスキルが強く求められていない(あればもちろん有利)
特に、保守を担当するインフラエンジニアにとって重要な作業として、「サーバー・ネットワークの監視」があります。かつては、コマンドで監視作業を行っていた会社もあるようですが、現代では監視ツールも充実しており、すべての設定作業をコマンドのみですることは少なさそうです。

(もちろん、プログラミングスキルがあれば即戦力として生かせます)

未経験歓迎求人が多い

未経験者歓迎求人が多いのも、インフラエンジニアの特徴です。

たとえば、大手転職サイトdodaで、「組み込み系ソフトウェアエンジニア(アプリケーション・ミドルウェア・デバイスドライバ・ファームウェア)」の求人を検索すると、全求人数が約1700件のうち、未経験者歓迎求人は、たったの13件と、狭き門になっています。(2019年9月調べ)

一方、インフラエンジニア(サーバエンジニア・ネットワークエンジニア・運用保守)の求人であれば、全求人数1,876件のうち、88件が未経験者歓迎求人でした。

そのため、エンジニア初心者の方にもおすすめの技術職と言えるでしょう。

仕事をしながらキャリアアップができ、つぶしが利きやすい

また、働きながらキャリアアップができ、つぶしが利くスキルであるのもインフラエンジニアの良いところです。

たとえばWeb系プログラマの場合は、トレンドの言語の移り変わりが激しいため、プログラミングが大好きで、業務外でもモノづくりをする人でないと上に行けないとの情報も。

しかし、インフラエンジニアの場合は、クラウド化の波はあるにせよ、トレンドの移ろいが比較的ゆるやかであり、安定した技術であると言えるため、転職先でも活躍しやすいというメリットが挙げられます。

さらに、独学で勉強した場合、何十万円もかかる資格や、有料の勉強会の費用も会社側で持ってくれる企業もあり、しっかりと1人前のエンジニアになるまで育ててもらえるのも、インフラエンジニアになるメリットです。

それでは、インフラエンジニアのデメリットや、向いてないのはどんな人が挙げられるでしょうか?

インフラエンジニアに向いてない人

旅行が大好きな人

インフラエンジニアは、サーバー入れ替え時などは、ビジネスアワー以外の時間帯(祝日や連休のうち1日)、深夜の作業が求められることがあります。実際、私の知り合いの社内SEで、サーバーサイドを見ている人は、年3回の長期連休中、1日は出勤がありました。

そのため、旅行が大好きで、長期連休は必ず海外に行きたいなどの趣味がある方には向いていない職業でしょう。

(ただ、エンジニアは全体的に忙しい職業なので、そもそもWeb系とかだと連休自体取りにくい環境かもしれません。)

もくもくとした作業が苦手な人

インフラエンジニアはどちらかというと、個人プレーで黙々と作業をする時間が多いとの情報も。みんなでひとつのサービスを作るような環境が好きな方は、向いていないかもしれません。

逆に、仕事のペースやタスクの調整がしやすいので、あまり周りに左右されずに作業したい方には向いているかもしれません。

第一線で開発したい人

インフラエンジニアは、サーバー環境の構築や保守が中心であり、24時間、365日安定した環境の構築を求められています。

たとえるなら、「その地域に住む人が、毎日水が使えるように、水道を引く工事をする人」です。

そのため、第一線で開発して、ユーザーの役に立つアプリケーションを作り続けたい!と思う方は、インフラエンジニアには向いていないかもしれません。

逆に、フロントエンドで開発をし続けることにつかれたプログラマ・エンジニアの方や、まずはサーバー、ネットワークを知りたいという方にはうってつけの環境と言えるでしょう。

それでは、インフラエンジニアの求人を探す方法はどのようなものがあるのでしょうか?

インフラエンジニアの求人を効率よく探すには?

まずは転職サイトで情報収集

未経験からインフラエンジニアになりたい方は、まずは転職サイトに登録してみましょう!

転職サイトの良い点は、自分のペースで求人を探せることです。また、転職サイトの利用は無料のため、先に登録しておくことで、ちょっとでも良いと思った求人情報をお気に入り登録でストックできるのが強みです。

おすすめの求人サイト「リクナビNEXT」

求人サイトでおすすめといえば、業界大手のリクナビNEXTです。
リクナビNEXTで、インフラエンジニアの求人を探すと、全国で1,164件がヒットしました。

リクナビNEXTの未経験者歓迎求人数

未経験者を歓迎している求人は166件あります。(2019年9月調べ)

具体的な求人票はこんな感じです↓↓↓

未経験からでもしっかり研修してもらえるとあり、特にインフラエンジニアで必要とされるCCNAの資格を取得すると、特別手当が出るとあり、技術の取得を支援してくれる会社であるのがわかりますね。

年収例も、30歳・入社4年目で45万円ととても魅力的です。

良い転職先が見つかるかどうかは、運やタイミング、ご縁に左右されます。行動が遅くなったばかりに、良い求人との出会いを逃したらもったいないですよね。

そのためまずは、転職サイトに登録し、自分のお気に入り求人を比較して、「インフラエンジニアにどんな求人があるか」を知り、「ここは応募したい!」と思えた求人を逃さない努力をしましょう。

↓↓↓
「リクナビNEXT」に今すぐ登録する

転職エージェントサービスで、より自分に合った転職を

今すぐインフラエンジニアになりたい方におすすめなのは、転職サイトの登録に加え、転職エージェントサービスを利用することです。

転職エージェントは、仕事を探したい人と、人材を探す企業の橋渡しをするサービスのひとつです。

大手のサービスとしては、doda/リクルートエージェント/マイナビエージェントがあります。

転職エージェントへ登録すると、一人ひとりにキャリアカウンセラー・コンサルタントが個別につき、自分に合ったサービスを提供してくれます。

しかも、サービスの利用は、すべて無料

インフラエンジニアを目指す方が、転職エージェントを利用するメリットは、以下の通りです。

①スキル不足でも推薦してくれる

転職エージェントを利用する大きなメリットは、企業側から直接求人を受け取り、応募への橋渡しをしてくれることです。

そのため、たとえスキル不足でも、求職者に有利になるような推薦をしてくれる可能性が高いです。

たとえば、「プログラミングスキルは勉強中だが、熱意が高い」などの推薦状を添えてくれます。

②表に出てこない情報を教えてくれる

転職エージェントには大抵、求職者のコンサルティングを担当するコンサルタントと、企業側への営業担当がいます。そのため、転職サイトなど表には出てこない情報を共有してくれるため、面接対策に役に立ちます。

A社は熱意を重視した採用をしている
B社は内定後にしっかりした研修制度があるので、活躍しやすい環境
C社の一次面接では現場のスタッフが出てきて、プログラミングの基礎知識を問われる質問をされる

など、転職エージェントは、採用試験から入社後のことまで幅広い情報を握っています。

そのため、自力で転職する場合と比べ、次の仕事への距離もぐっと近づきますし、条件も良くなる傾向にあります。

「マイナビエージェント」公式サイトへ

転職エージェントで迷ったらすべて登録するのがおすすめ

転職エージェント、一体どれが良いの?とお悩みの方もいるかもしれませんが、迷ったらとりあえず全部登録するのを転職Doではおすすめします。なぜなら、どれも良質かつ高品質のサービスのため、最終的にはあなたと、キャリアコンサルタント担当者との相性が、転職の成功を握っているからです。

ひとつのサービスに固執し、担当者と合わないばかりに、なかなか転職が決まらないのは避けたいですよね。

また、転職エージェントにも色々なタイプのコンサルタント・カウンセラーがいるので、あなたのキャリアへの意見も一人ひとり異なります。ひとつのサービス、ひとりのエージェントの意見だけで将来を決めるよりも、複数のプロから話を聞くことで、よりよい転職活動ができるのは間違いありません。

転職活動は、思っているよりも心身を消耗する活動です。なるべく短期戦で終わらせられるように、迷ったら一度すべてのサービスに登録するのをおすすめします!

まとめ

インフラエンジニア業界は、技術職に挑戦する絶好のチャンス。今すぐ行動を

今、業界全体として、インフラエンジニアは人手不足と言われており、技術職に挑戦する絶好のチャンスです。
しかも、今は未経験でも、仕事を通して一流のインフラエンジニアになれば、その道を突き詰めるもよし、さらにフロント側の技術を身に着けるなど、新しい世界が開けます

行動するに早すぎることはないので、この記事を見た方はぜひ、インフラエンジニアになる第一歩を踏み出してみてくださいね!

「マイナビエージェント」公式サイトへ

このページを共有する

転職でキャリアアップ・年収アップ

  1. 転職でキャリアアップ・年収アップ
  2. アクチュアリーの転職
  3. Rubyエンジニアの転職
  4. フロントエンドエンジニアの転職
  5. 社内SEへの転職
  6. ゲームプログラマの転職
  7. PHPエンジニアの転職
  8. Unityエンジニアの転職
  9. インフラエンジニアの転職
  10. C言語プログラマの転職
  11. セキュリティエンジニアの転職
  12. バックエンド・データベースエンジニアの転職
  13. Pythonエンジニアの転職
  14. Javaプログラマの転職
  15. Webマーケティング担当者の転職
  16. マーケティング担当者の転職
  17. 営業職・セールスパーソンの転職
  18. ホテルマンの転職
  19. ウェディングプランナーの転職
  20. Webデザイナーの転職
  21. Webディレクターの転職
Top