セキュリティエンジニアになるには?スキルや立ち位置に合わせた転職方法

サイバー攻撃が激化し、企業がセキュリティ対策を求められる今、「セキュリティエンジニア」の需要が高まっています。

実際に、2016年6月経済産業省が発表した統計では、東京オリンピックが開催される2020年までに、サイバー攻撃対策に要するセキュリティ関連の人材は約19万3000人不足すると予想されています

エンジニアの中でも、セキュリティというひとつの分野についてトコトン突き詰められるセキュリティエンジニアにあこがれる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、セキュリティエンジニアに転職したい方や、興味のある方に向けて、今のスキルに合った転職方法をご紹介します!

最後に、今のあなたのスキルに合わせた求人の探し方もありますので、ぜひ最後までお読みください!

前置きはいいので、とりあえず求人の探し方を知りたい方はこちらからどうぞ!

 

転職方法の前に、そもそもセキュリティエンジニアとは?

セキュリティエンジニアとは、情報セキュリティを考慮したネットワークの設計・運用・管理を行う職業を言います。その役割は、「外部からのサイバー攻撃から、自社・自組織のネットワークを守る」と同時に、「内部からの情報漏洩を防ぐ」の2つです。

かつては、これらの仕事は、サーバやネットワークを担当するインフラエンジニアや、企業内のIT業務を担当する社内SEの業務の一環として行われてきました。

しかし、サイバー犯罪はこれまで以上に悪質かつ巧妙になりつつあるため、これらに抵抗するために、より高度かつ専門的知識をもったセキュリティ関連業務を専門で担うエンジニアの需要が生まれました。

セキュリティエンジニアの2つの働き方

セキュリティエンジニアは、技術職の中でも比較的誕生して間もない職業ですが、所属する業界により、2つの働き方があります。

ITコンサルティング・ソリューションツール開発企業のセキュリティエンジニア

ITコンサルティング企業や、ネットワーク監視ツール開発企業などで、クライアント企業へのコンサルティング業務を行うエンジニア。

【担当業務】セキュリティ相談、セキュリティ製品のサポート対応、技術営業、情報セキュリティマネジメントの企画立案、情報セキュリティマネジメントの設計、セキュリティ評価・改善指導、セキュリティ教育

事業会社のセキュリティエンジニア

ITシステムを使用する事業会社で、オンプレミス/プライベートクラウド環境、あるいはPCやメールなどを含む社内インフラ環境において、セキュリティ推進の業務を担うセキュリティエンジニア。

【担当業務】要件定義、セキュリティ設計、セキュリティ対策の実装、ペネトレーションテスト(侵入テスト)、セキュリティシステムの運用・保守

2つの働き方の大きく異なる点は、顧客が、社外か、社内かという違いです。セキュリティエンジニアに限らず、社外のクライアントよりも、社内のクライアントを担当した方がスピード感の緩やかな環境で働くことができます。

それでは、セキュリティエンジニアの年収はどれくらいなのでしょうか?

セキュリティエンジニアの給与や年収の相場は?

dodaの調査によると、平均年収は491.9万円全体平均よりは高めとなっております。
ただ、こちらはデータベースエンジニアも含めた年収の平均であり、より専門性の高いセキュリティエンジニアになると、更に上振れする傾向にあります。

男女比は男性の方が圧倒的に高い。比較的新しい職種でもあり、転職回数の平均は1回と、IT業界の中ではかなり少なめなのも特徴です。

ただ、面接で高い評価を受け、豊かな生活をするためにはそれなりの現場経験や、年収UPに値する根拠が必要であるのを肝に銘じましょう。

それでは、そんなセキュリティエンジニアの職にありつくためには、どのような行動が必要なのでしょうか?

一般的に転職(バックオフィス系・接客系)といえば、転職サイトに登録したり、転職エージェントに登録したりする方法が挙げられますが、エンジニアの転職業界では、これらとは異なった状況があります。

というのも、そもそもエンジニア業界は人手不足であり、良い条件のポストがあれば、転職して当たり前という文化があるからです。人脈を頼って、TwitterやSNSで転職活動をする方もいます。

ただ、人脈を頼った方法で転職に成功するのは、中堅レベル以上という噂も。スキルに合わせて4つの転職方法をお伝えしますので、今のあなたのスキルレベルや経験と合わせて、ぜひ行動してみてください。

キャリアを積んだ中堅以上のセキュリティエンジニアなら、転職したいアピールを常日頃からする

キャリアや経験・スキルのあるシニアエンジニアなら、転職したいアピールを周囲にすることで、知り合いから直接や、あるいは、知り合い経由で簡単に声がかかり、転職先を決めるのに苦労しないと言われています。

現職に知られないようにする配慮は必要ですが、周囲の方にそれとなくアピールするのはいかがでしょうか?

エンジニアとして経験があるなら、Wantedlyに登録する

https://www.wantedly.com/

エンジニア・プログラマとして、既に経験があるあなたは、Wantedlyに登録してみてはいかがでしょうか?

Wantedlyは、「共感で人や企業とつながり、シゴトでココロおどろう。」を理念に掲げている転職支援サービスです。なぜWantedlyをおすすめするかというと、企業側(採用側)の利用コストが、転職エージェントと比べ低く抑えられるため、企業側も気軽に利用できるからです。


↑Wantedlyにあった実際の求人票です。

メリットは、従来の転職活動とは異なり、企業側の顔が見えやすいことと、上手にセルフプロモーションすることで、実際に会える確率が高まることです。

デメリットは、志望動機や自己PRは自分で作らなければならず、セルフプロモーション力が求められます

もしセルフプロモーション力に自信がない、今の自分のスキルレベルがわからない場合は、転職エージェントの利用をおすすめします。

自信がない、今の自分のスキルレベルを客観的に知りたい方は、転職エージェントへ登録する

はじめての転職や、エンジニアとしてキャリアが浅く、自信がない方におすすめなのは、転職エージェントサービスを利用することです。

転職エージェントは、仕事を探したい人と、人材を探す企業の橋渡しをするサービスのひとつです。

大手のサービスとしては、doda/リクルートエージェント/マイナビエージェントがあります。

転職エージェントへ登録すると、一人ひとりにキャリアカウンセラー・コンサルタントが個別につき、自分に合ったサービスを提供してくれます。

しかも、サービスの利用は、すべて無料

セキュリティエンジニアを目指す方が、転職エージェントを利用するメリットは、以下の通りです。

①スキル不足でも推薦してくれる

転職エージェントを利用する大きなメリットは、企業側から直接求人を受け取り、応募への橋渡しをしてくれることです。

そのため、たとえスキル不足でも、求職者に有利になるような推薦をしてくれる可能性が高いです。

たとえば、「セキュリティ経験は浅いが、熱意が高い」など人柄も込みで推薦文を添えて、応募先企業へ推してくれます。

②表に出てこない情報を教えてくれる

転職エージェントには大抵、求職者のコンサルティングを担当するコンサルタントと、企業側への営業担当がいます。転職サイトなど表には出てこない情報を共有してくれるのも、セキュリティエンジニアへの転職における強みです。

「A社はスキルよりも伸びしろを重視した採用をしている」
「B社は内定後にしっかりした研修制度や社内勉強会があるので、活躍しやすい環境」
「C社の一次面接では現場のスタッフが出てきて、セキュリティの基礎知識を問われる」

など、転職エージェントは、採用試験から入社後のことまで幅広い情報を握っています。

そのため、自力で転職する場合と比べ、次の仕事への距離もぐっと近づきますし、条件も良くなる傾向にあります。

「マイナビエージェント」公式サイトへ

転職エージェントで迷ったらすべて登録するのがおすすめ

転職エージェント、一体どれが良いの?とお悩みの方もいるかもしれませんが、迷ったらとりあえず全部登録するのを転職Doではおすすめします。なぜなら、どれも良質かつ高品質のサービスのため、最終的にはあなたと、キャリアコンサルタント担当者との相性が、転職の成功を握っているからです。

ひとつのサービスに固執し、担当者と合わないばかりに、なかなか転職が決まらないのは避けたいですよね。

また、転職エージェントにも色々なタイプのコンサルタント・カウンセラーがいるので、あなたのキャリアへの意見も一人ひとり異なります。ひとつのサービス、ひとりのエージェントの意見だけで将来を決めるよりも、複数のプロから話を聞くことで、よりよい転職活動ができるのは間違いありません。

転職活動は、思っているよりも心身を消耗する活動です。なるべく短期戦で終わらせられるように、迷ったら一度すべてのサービスに登録するのをおすすめします!

不安すぎて情報収集をしたい方は、転職サイトに登録してみる

セキュリティエンジニアとして通用するかわからない
転職エージェントに登録して門前払いをされたら傷つく
そんな方は、転職サイトに登録し、求人情報を収集するのをおすすめします。

転職サイトの良い点は、自分のペースで求人を探せることです。また、転職サイトの利用は無料のため、先に登録しておくことで、ちょっとでも良いと思った求人情報をお気に入り登録でストックでき、準備をしながら転職活動ができるのも強みです。

おすすめの求人サイト「リクナビNEXT」

求人サイトでおすすめといえば、業界大手のリクナビNEXTです。

リクナビNEXTで、インフラエンジニアの求人を探すと、全国で69件がヒットしました。

リクナビNEXTの未経験者歓迎求人数

未経験者を歓迎している求人は6件あります。(2019年9月調べ)

具体的な求人票はこんな感じです↓↓↓

スキルに合わせて、比較的難易度の低い業務から担当するとあり、未経験でも安心して入社できる求人のようです。
ただ、サイバーセキュリティ関係・ネットワーク・インフラに関する知識が必須条件でもあり、何らかの形(たとえばこれまでのキャリアや、資格取得)で、アピールが必要かもしれません。

良い転職先が見つかるかどうかは、運やタイミング、ご縁に左右されます。行動が遅くなったばかりに、良い求人との出会いを逃したらもったいないですよね。

そのためまずは、転職サイトに登録し、自分のお気に入り求人を比較して、「インフラエンジニアにどんな求人があるか」を知り、「ここは応募したい!」と思えた求人を逃さない努力をしましょう。

↓↓↓
「リクナビNEXT」に登録する

ただ、大手サイトリクナビNEXTでも、未経験者歓迎求人は6件しかないとの現状もあり、できれば、転職エージェントに登録した方が良いような気がします。

まとめ

セキュリティエンジニアは業界全体で人手不足と言われており、未経験から挑戦するチャンスが広がっています。

しかも、中堅クラスから未経験者まで、スキルに合わせて様々な飛び込み方もあり、将来を考えると人手不足の今が、絶好の機会と言えるでしょう。

行動するのに早すぎる、ということはないので、この記事を見た方はぜひ、セキュリティエンジニアになる第一歩を踏み出してみてくださいね!

「マイナビエージェント」公式サイトへ

このページを共有する

転職でキャリアアップ・年収アップ

  1. 転職でキャリアアップ・年収アップ
  2. アクチュアリーの転職
  3. Rubyエンジニアの転職
  4. フロントエンドエンジニアの転職
  5. 社内SEへの転職
  6. ゲームプログラマの転職
  7. PHPエンジニアの転職
  8. Unityエンジニアの転職
  9. インフラエンジニアの転職
  10. C言語プログラマの転職
  11. セキュリティエンジニアの転職
  12. バックエンド・データベースエンジニアの転職
  13. Pythonエンジニアの転職
  14. Javaプログラマの転職
  15. Webマーケティング担当者の転職
  16. マーケティング担当者の転職
  17. 営業職・セールスパーソンの転職
  18. ホテルマンの転職
  19. ウェディングプランナーの転職
  20. Webデザイナーの転職
  21. Webディレクターの転職
Top