Pythonエンジニアは高待遇求人がいっぱい?転職で年収アップは夢じゃない

なぜ、Pythonエンジニアが優遇されているのか?

Pythonエンジニアの需要は、日々高まっています。
今や多くの方の生活の一部となっている「YouTube」や「Instagram」、「Dropbox」などのサービスも、Pythonによって作られています。

このように、生活に溶け込んでいるサービスの他に、今注目されているのが、“人工知能”の領域です。
人工知能にPythonが使われているのも、Pythonのニーズが高まっている理由のひとつです。現在、人工知能やAI、ビックデータ解析などのサービスを立ち上げようとする企業が増えているため、Pythonスキルを持つエンジニアの求人も、右肩上がりで増え続けています。

これからの社会は「Society 5.0」に染まっていく

Society 5.0」という言葉を聞いたことがありますか?

Society 5.0は、内閣府の第5期科学技術基本計画において、我が国が目指すべき未来社会の姿として提唱されたものである。これまでの狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、「サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)」2とされる。

総務省|平成30年版 情報通信白書より

これは総務省が提唱しているもので、AIやIoTを活用することで「社会全体での情報共有」の達成を目指しています。

ここで言う、「サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)」を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、新たな未来社会(Society)を“Society 5.0(ソサエティー5.0)”として提唱していますが、要するに「AIやIoTを活用した便利な社会」のことになります。AIの技術は前述したとおり、Pythonと深く関わる部分なので、これからPythonを利用するエンジニアはこの動向に注目すべきです。

Society 5.0に向けて、AIやIoTが活用されたものが、既に世の中に出回っています。

AIの分野で2018年から2019年にかけて注目を集めた技術として、音声検索対応サービスや自動運転技術などがあります。

対話型の音声操作に対応したAIアシスタントを利用できる「Amazon Echo」や「Google Home」などのスマートスピーカーが相次いで発売されました。音声検索サービスは音楽配信やニュース、ホテルやレストランの予約など、さまざまな場面で活用されており、サービスの多様化が進んでいます。

AIによる「自然言語による対話サービス」を活用したサービスはさらなる発展が進んでおり、今後も成長が見込まれる分野となっています。

自動運転技術は、トヨタが自動運転技術を実用化した製品を2020年中に発売することを目指しています。このように、世の中を取り巻く環境やサービスもPythonが多く関わっているため、Pythonエンジニアの需要が高まっていると言えます。

AI以外にも活躍のフィールドが広がるPythonエンジニア

Pythonの特性を活かし、主にデータアナリストWebアプリケーションエンジニアAIエンジニアの3つのフィールドでPythonが利用されています。

データアナリスト(データサイエンティスト)

Pythonは、データサイエンス分野で重宝される言語のひとつです。Pythonは元々、統計解析に優れているため、数値計算・データ解析・機械学習において、統計分析に使われています。そのため、データアナリストとしてPythonエンジニアを募集している企業もよく見られます。
データサイエンティストの求人の中には、Pythonスキルが応募条件として挙げられていることも多く、活躍できるポジションが多いと言えるでしょう。

Webアプリケーションエンジニア

Pythonは、シンプルかつ一行で多くの処理を記述可能なため、初心者にも扱いやすい言語なのはご存じのとおりかと思います。そのため、開発効率やメンテナンス性が求められるWebアプリケーションの開発においてもPythonを使用する利点があります。したがって、アプリケーション開発の分野でPythonエンジニアの仕事が増えてきている傾向にあります。

AIエンジニア領域

前述の音声検索対応サービスや自動運転技術で紹介したとおり、PythonがAI・機械学習の分野で需要が高まってきているのに加え、AI業界が伸びているため、需要が高まっています。

このように、Pythonエンジニアにもさまざまな活躍の場が広がってきているのでPythonエンジニアを求める企業が増加しています。

Pythonエンジニアの年収相場ってどうなの?

ビズリーチの運営する検索エンジン「スタンバイ」プログラミング言語別年収ランキング2018によると、全プログラミング言語におけるPythonエンジニアの平均年収は、575.1万円で全体の3位となっています。

また、新規求人案件増加数では、AI需要も相まって1位になっており、Pythonエンジニアがいかに人材不足なのかがわかります。
※出典:Pythonの求人が1年間で1万件増え、前年比252%増。将来に備えてPython学びませんか? – コラム|キャリテク!

さらに、転職エージェント「レバテックキャリア」で実際の求人数を調べたところ、「PYTHON エンジニア」の検索で500件以上の求人募集が出てきました。

これだけの企業がPythonエンジニアを求めています。需要がありつつも人材不足が加速しているため、優秀な人材が奪い合いになり、人材獲得競争に拍車をかけている状態となっています。そのため、2018年の年収相場はエンジニア界隈で3位でしたが、これからますます上がっていく見込みがあると予想されます。

事実、Pythonでの開発経験がある求人では年収1,000万で出ている求人情報もありました。実際に「レバテックキャリア」に登録して、さまざまな求人を見てみるのをオススメします。

Pythonエンジニアに求められる資格やスキルとは?

企業が求めるスキルは、Pythonが扱えるかというのはモチロンのこと、開発実績を見られることが多いです。これはエンジニア全体に言えることですが、Pythonを使用した実務経験がどれほどなのか、年数や過去のプロジェクトの内容によって待遇面も変わってくると思います。
まだ経験年数が少なく、開発経験も少ない方は、Pythonが間違いなく使えることを示すためにも、資格は取っておいて損はないと思います。
Pythonの資格として、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会が運用する「Python3エンジニア認定試験」が存在します。
この資格を取得することで、求人を出している企業に対して、Pythonが間違いなく使用できるのをアピールできます。

また、今後あなたがどの業界のPythonエンジニアになりたいかによって、アピールするべきスキルも変わってきます
例えば、AI業界の求人では、プログラミングスキルに加え、数学や統計、データ解析といった幅広い知識とスキルが求められる傾向にあります。Webアプリ開発分野では、アプリの開発経験が問われるでしょう。あなたのこれまでの経験で培ったスキルを、入りたい業界や会社に合わせて、アピールするようにしましょう。

Pythonエンジニアが年収を上げるための求人を探す方法

Pythonエンジニアの需要が上がってきていることがわかったけど、どうやったら年収上がるの?という点ですが、答えは簡単で「IT専門の転職エージェントに登録し、求人を紹介してもらう」ことに尽きます。

IT専門の転職エージェントには「レバテックキャリア」や「マイナビエージェント×IT」などが存在しており、両方のサービス共にエンジニアの転職に強いのが特徴です。

反面、求人募集数が少ないというデメリットもあります。

この理由は、專門の転職エージェントというのと、利用できる地域が限られてしまっているのが原因です。そのため、一般的な転職エージェントと併用して使用するのが望ましいです。IT專門の転職エージェントでなくとも、Pythonエンジニアの求人を抱えているエージェントは多数あります。

Pythonエンジニアの年収アップへの道!実際の求人情報を見てみよう。

転職エージェントの扱う求人は、登録者だけが見られる非公開の状態です。
そこで、参考までに、転職サイト「リクナビNEXT」で掲載していたPythonエンジニアの求人内容を見てみましょう!

経験3年で年収520万円、経験7年で年収780万円と、高待遇であるのがわかりますね!

ここでご紹介した「リクナビNEXT」は、リクルートによる転職サイトです。エンジニアなら、先程もご紹介した「レバテックキャリア」というITエンジニア專門の転職エージェントサービスがあります。

レバテックキャリアはITエンジニア・Webデザイナーの転職・求人ではトップクラスの人材紹介サービスです。

エージェントサービスでは、求人の紹介だけではなく、応募書類の添削や、面接における効果的な自己アピールも手伝ってくれます。あなたもご存じのとおり、実際の開発環境では、多岐にわたる言語を使用することが多く、Pythonだけ使えると言うよりも、別の言語を扱うスキルを持った人材が重宝されますよね。

なので、エージェントの力を借り、あなたのスキルや開発経験を整理し、言語化することで、応募先企業にとって、「いかに自分が必要な能力・経験がある人材化」を効率よくアピールできるのです。

 「レバテックキャリア」に限らず、転職エージェントでは自分のスキルの棚卸しや、市場価値の確認も行ってもらえます。今一度自分自身を見直すためにも、転職エージェントを利用してみるのはいかがでしょうか?

「レバテックキャリア」公式サイトへ

エンジニアの職務経歴書は過去から未来へと繋ぐためのアイテム

エンジニアの職務経歴書は、大きく3つ書くべきことがあります。

  • 職務経歴
  • 自己PR
  • 志望動機

エンジニアの職務経歴書では、スキルとして過去の開発実績を書くのが重要です。
エンジニアとしての開発実績や、課題発生からの改善フローなど、あなたがエンジニア人生の中で行ってきたすべてのことをこと細かく書く必要があります。
ここで、一旦PCのメモ帳などに、エンジニア人生でしたことを、すべて書き出してみましょう。すべてのプロジェクトについてこと細かく書く必要はありませんが、特に苦労した点や成果を上げた点についてはしっかりアピールできるようにしましょう。苦労した点・成果を上げた点をしっかり書いておくと、自己PRにも繋がります。

次に自己PRですが、職務経歴で書いた内容を元に自分がどんなスキルがあって、どんな問題を解決してきたのかを伝えましょう。特に問題解決能力はどの現場でも求められるスキルです。職務経歴を踏まえた上で、自分が今持っているスキルを存分にアピールすることを重視して書きましょう。

最後に志望動機ですが、これは未来のことになります。自分の職務経歴や自己PRを踏まえて、志望する企業に入ってどんなことがやりたいか、どんな活躍が見込めるかを伝える箇所になります。目指すキャリアや人物像など、今後のスキルにも関わってくる重要な部分になります。

結論を言うと、職務経歴書を、あなた一人の力で完成させるのは大変な労力がかかる作業です。客観的に見てどのように映るかをある程度計算する必要があるからです。ぜひ、転職エージェントの力を借りて、あなたの経験やスキル、志望動機を効果的に伝えるサポートを受けてみませんか?

エンジニアの面接でよく聞かれる質問とは?

エンジニアの面接で聞かれる項目は至ってシンプルで、職歴や技術に関する質問が中心となります。

  • 職務経歴書を元に今までのスキルの確認
  • 上記に関して論理的な説明が行えるか

職務経歴書を作成する際に、転職エージェントとしっかり確認ができていれば、何も問題はないと思います。

また、論理的な説明が行えるかも重要です。エンジニアという職業自体、論理的思考が求められるため、既にエンジニアとして経験があるあなたは、元々論理的思考に長けているとは思います。この論理的思考を、面接で正確にアウトプットできるかが成功のカギを握ります。この練習も転職エージェントで行ってもらえるので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

おわりに、Pythonエンジニアの未来について

冒頭からPythonエンジニアの将来性について書きましたが、AI分野以外にもまだまだ伸びしろがあるのがPythonエンジニアだと思います。AIの分野以外の面で活躍できる場所も多く存在していますので、転職エージェントに登録して求人情報を覗いてみてはいかがでしょうか?

「レバテックキャリア」公式サイトへ

このページを共有する

転職でキャリアアップ・年収アップ

  1. 転職でキャリアアップ・年収アップ
  2. アクチュアリーの転職
  3. Rubyエンジニアの転職
  4. フロントエンドエンジニアの転職
  5. 社内SEへの転職
  6. ゲームプログラマの転職
  7. PHPエンジニアの転職
  8. Unityエンジニアの転職
  9. インフラエンジニアの転職
  10. C言語プログラマの転職
  11. セキュリティエンジニアの転職
  12. バックエンド・データベースエンジニアの転職
  13. Pythonエンジニアの転職
  14. Javaプログラマの転職
  15. Webマーケティング担当者の転職
  16. マーケティング担当者の転職
  17. 営業職・セールスパーソンの転職
  18. ホテルマンの転職
  19. ウェディングプランナーの転職
  20. Webデザイナーの転職
  21. Webディレクターの転職
Top