高年収のPHPエンジニア求人と出会うには?需要・転職ルートを徹底解説

あなたは今、PHPエンジニアとして、思い通りの待遇であなたは働けていますか?
需要もあって転職チャンスも多いPHPエンジニアですが、こと「高年収」「年収アップ」を意識する場合、気をつけるべき点がいくつかあります。

 

PHPエンジニアとは何か?

ご存知の通りPHPとは「Hypertext Preprocessor」の略称で、様々なウェブページを動的に作るために使われるコンピュータ言語です。

最大の特徴はHTMLに埋め込むことができる点で、PHPを使用し、動的なウェブページを作るのがPHPエンジニアの役割になります。

PHPを利用した動的なウェブページの代表的にブログがあります。広く普及している、WordPressが典型ですね。時期のコンテンツマーケティングブームによりこのPHPを活用した大規模なWebメディアも多数誕生し、そのためのPHPエンジニア求人も爆発的に増加しましたが、昨今ではだいぶ落ち着いてきています。

PHPエンジニアが仕事で求められる能力は何か?

ここからはPHPエンジニアとして働く上で求められる能力についてのお話をしていきます。ポイントはフレームワーク非エンジニアとの折衝力UIデザイン力です。

(1)フレームワーク

PHPのトレンドは、すなわちフレームワークのトレンドと言い換えても過言ではありません。PHP開発の土台となるフレームワークにはそれぞれに思想がことなり、用途も違います。最近では国内ナンバーワンフレームワークだったCakePHPをLaravelが抜いたのは一大トピックですね。
独自ドメインのECサイトではEC-CUBEもまだまだ根強く、EC-CUBEに強いPHPエンジニアの需要は衰えていません。

転職活動ではこれまでにどのフレームワークに携わってきたか、そして応募先企業がどのフレームワークを用いているか(自分の経験が活かせるか)が面接におけるアピールポイントのひとつとなります。

※CakePHP
ケーキを焼く様に簡単にPHPで開発ができるフレームワーク」を目指して開発。速度と機能性に優れており、かつ無料。日本で高いシェアを誇っており、日本でのPHP開発案件の多くをCakePHPが占める。

※Laravel(ララベル)
近年、世界的に使われているWebサービスに特化したフレームワークで、日本でもCakePHPを追い越し国内トップに躍り出た。コードの書きやすさに加えて、Youtubeとの連携も可能など、開発の柔軟性が魅力。

※EC-CUBE
株式会社ロックオンが提供している、ECサイトの運営・構築に特化したオープンソース。シェアとしては国内No.1で、カスタマイズ性の高さが長所のひとつ。テンプレートエンジンにはSmartyを使用している。多くの通販企業で採用されているが、保守をアウトソースに頼っているケースが多いため、インハウスのPHPエンジニアの需要が増加している。

(2)非エンジニアとの折衝力

PHPを使った開発案件の発起人が、営業やマーケティング部署であることは少なくありません。非エンジニアの時に突飛な与件に対して条件反射的にイラッとしてしまいがちなシチュエーションですが、逆にいえばこれを咀嚼して仕様に落とし込めるエンジニアはどこにいっても重宝されます。
ここでお伝えしたいのは無理難題を黙認してこなすことではなく、「不可能な与件に対してその理由をわかりやすく説明し、代替案を提示する」「開発仕様が書けない人からヒアリングして、設計をする」力が重要であるということです。
もしこういった仕事の仕方をした経験があれば、転職では大きなアピールになることでしょう。

(3)UIデザイン力

PHPエンジニアの守備範囲は広く、社内ツールの開発案件などでは「UI設計を含めてまるっと」開発を任されることも少なくありません。非エンジニアからの与件ではだれでも使いやすい管理パネルでのHTML出力まで含めて期待される(期待されてしまう)ケースが多いです。もしこのような領域に自信がある場合は、面接で自分が開発に携わったプロダクトの管理画面をチラ見せしてしまうのも大きく評価を引き上げる要因となります。

PHPエンジニア職に必要な知識や資格、スキルは?

PHPの民間資格としてはPHP技術者認定試験があり、保持している場合はスキルの証明になりますが、正直なところ転職活動では大きな武器になりにくいので転職までに積極的に取得する必要はありません。

PHPエンジニアの年収とキャリアは?

PHPプログラマの平均年収は2017年時点において525万円 で、言語全体の10位です。
プレイヤーが多いため、全体としての年収傾向は下降トレンドで、2018年の調査ではランク外でした。 しかし、プログラミング言語別新規求人案件数 も、フリーランスエンジニア向けの業務委託案件数 もJavaに次いで多い傾向にあります。「開発者も多いが、案件も多い」のがPHPなのです。

PHPエンジニアのキャリアパスは将来的にマネジメント職やディレクターを目指す職人的なスペシャリストとしてエースプログラマを目指すかの2択です。年収アップを考えた場合、前者の最終形はマネージャー職や部門長で、後者の場合はフリーランスとして独立の可能性が見えてきます。自分がどのキャリアを目指すかによって複数の転職ルートを使い分けましょう。

(a)転職サイト

将来的にマネジメント職を目指す方におすすめです。多くの情報の中から自分に合った条件の仕事へ応募をできるという良さがあります。また、どれくらいの規模の会社なのか?所在地は何処か?スタッフの平均年齢はいくつか?ということが直ぐにわかるので、自分に合ったPMや社内SE候補の募集を探す事ができます。

(b)SNSを使って直接応募してしまう。

スペシャリスト志望の方におすすめです。WantedlyTwitterを使って興味がある企業に直接DMを送って応募をしてしまいます。PHPを活用した開発を行っている企業であれば直接応募はむしろ歓迎される存在で、まず話を聞いてくれるでしょう。Twitterの場合はプロフィールにポートフォリオを記載しておくとダイレクトリクルーティングも期待できるでしょう。採用先としてはスタートアップが中心となるので、大企業の中で管理職コースを進むたいという進路希望には不向きです。

(c)転職エージェント

マネジメント系、スペシャリスト系いずれの場合でもおすすめです。転職エージェントの良いところは自身のキャリアプランをよく聞いてから求人の案内してくれるところと、スタートアップ、大手企業どちらの転職にも強いところです。

PHPエンジニア職の転職で押さえておきたい職務経歴書のポイント

職務経歴書や面接でのアピールポイントは先にお伝えした

  • 非エンジニアとの折衝力
  • UIデザイン力

のアピールがポイントとなります。エピソードを交えながらしっかり伝えることができれば「よくいるPHPエンジニア」から「是が非でも獲得したいパートナー」に昇格することができます。

自己PR、志望動機の例

前職ではPHPエンジニアとして、営業パーソン向けの案件管理システムの構築と保守に携わってきました。営業サイドからのリクエストということで、仕様書の無いところからの開発だったため、要件定義や設計をほぼ一人で担当いたしました。
特にこの手のシステムはプログラムもさることながら運用が社内に浸透することが大事だと考え、使いやすいUIには徹底してこだわりました。結果として開発から3年経過した今でも現役で稼働しています。
このときからUI設計の面白さに目覚めまして、社内向けの閉じたツールではなくBtoCのWebサービス開発に携わりたいと考えるようになり、今回転職を検討しています。先程お話した顧客管理システムの開発ではCakePHPを利用したのですが、御社の提供するWebサービスでもCakePHPを採用しているとお伺いし、前職での経験を活かしながらキャリアアップできるものと考えて今回応募させていただきました。

まとめ

PHPエンジニアはまだまだ需要があります。転職を考えるのであればキャリアアップ、年収アップのために以下を意識してください。

(1)マネジメントかスペシャリストか、自分の進路をしっかり判断しましょう。迷ったらエージェントに相談しましょう。
(2)他のエンジニアとの差別化のためにはフレームワーク、非エンジニアとの折衝力、UIデザイン力のアピールがポイントです。

PHPエンジニアの皆さんの転職成功をお祈りしています。

このページを共有する

転職でキャリアアップ・年収アップ

  1. 転職でキャリアアップ・年収アップ
  2. アクチュアリーの転職
  3. Rubyエンジニアの転職
  4. フロントエンドエンジニアの転職
  5. 社内SEへの転職
  6. ゲームプログラマの転職
  7. PHPエンジニアの転職
  8. Unityエンジニアの転職
  9. インフラエンジニアの転職
  10. C言語プログラマの転職
  11. セキュリティエンジニアの転職
  12. バックエンド・データベースエンジニアの転職
  13. Pythonエンジニアの転職
  14. Javaプログラマの転職
  15. Webマーケティング担当者の転職
  16. マーケティング担当者の転職
  17. 営業職・セールスパーソンの転職
  18. ホテルマンの転職
  19. ウェディングプランナーの転職
  20. Webデザイナーの転職
  21. Webディレクターの転職
Top