社内SEへの転職を成功させるには?仕事内容や求人情報・志望動機例文を徹底解説!

目次

安定?地味?ベールに包まれた社内SEの仕事を解説します。

多くの方にとって、「システムエンジニア」といえば、受託(クライアントからの依頼)や客先常駐(クライアント企業への派遣)、自社開発案件により、第一線でバリバリとシステム開発をしているイメージをお持ちの方が大半かもしれません。

しかしSE職種のなかでも近年、人気の高まっている職種といえば「社内SE」です。

この「社内SE」という職種、実はとある理由から、IT系職種のなかでも人気職種であり、転職が難しいとの情報が入っています。

そこで今回は、社内SEの転職に興味がある方に向けて、仕事内容や求人の探し方、企業の選び方、そして面接対策をお伝えします!

社内SEとは?一般的なSEと社内SEの違い

社内SEとは、社内で管理しているITシステム・IT資産の運用や保守、点検、IT資産の管理などを行うエンジニアの総称です。第一線でシステム開発を行うSEと比べると、どちらかというと攻め(開発)よりも所属する会社のIT部門の縁の下の力持ちとして守り(ヘルプデスク業務・社内スタッフへのサポート・外注管理)が多い傾向にあります。

それでは、具体的な社内SEの仕事内容はどういったものがあげられるでしょうか?

社内SEの仕事内容は、「社員のパソコンの先生」であり「守り」の仕事である

社内SEに求められる業務範囲は、会社により異なりますが、主に以下の3つに分けられます。

1. ヘルプデスク業務(問い合わせ・トラブル対応)

「ログインパスワードがわからなくなった」「社内システムにトラブルがある」「急にインターネットにつながらなくなった」など、社内のスタッフから寄せられる問い合わせや、トラブルへの対応をする仕事です。
また、新入社員・中途採用社員への業務用クライアントPCの提供や、持ち出し用端末の貸出対応も行います。

2.社内ITインフラの構築、運用、保守(パソコン・ネットワーク環境の整備)

社内システムを安定的に運用するのに必要な、ネットワークやサーバーなどインフラ周りの構築・運用・保守を行う仕事です。ネットワーク機器の故障やサーバーダウンなどの不意のトラブルにも対応します。

3.セキュリティ管理(サイバー攻撃対策)

事業会社が力を入れているサイバーセキュリティ対策も、社内SEの重要な業務のひとつです。外部からのサイバー攻撃や、内部犯による情報漏洩を防ぐためには、セキュリティ環境の向上や、日常的な監視が重要です。

4.社内業務システムの管理・運用・提供(ソフトウェアのインストール)

社内で使う、勤怠管理システムや会計・在庫管理システムなど、所属する会社で利用するシステムの実装、運用、サポート、メンテナンス、バージョンアップ、データ管理も、社内SEの仕事です。開発業務を外部に委託する場合は、開発ベンダーとの調整も進める。

5.IT資産管理

社内のIT資産管理も、社内SEの業務のひとつです。IT資産とは、以下のようなものが含まれます。

【IT資産の一例】

ハードウェア
クライアントPC・サーバー
ソフトウェア
OSシステム・ソフトウェアライセンス
周辺機器
プリンタ・複合機・ネットワーク端末
外部記憶媒体
メモリーカードやUSB、外付けHDD
インフラ
ケーブルや無線LAN

たとえば、新入社員や中途採用が入社した際、貸与できるPCがどれくらいあるのかといった数の把握、利用できるソフトウェアライセンスの残数などの把握が、IT資産管理業務に含まれます。

それではなぜ、社内SE業務が今人気なのでしょうか?

社内SE業務が人気の理由ベスト3

1.働きやすい(福利厚生)

社内SEが人気の理由として一番にあげられるのは、「働きやすさ」です。事業会社では、福利厚生制度が整っていることが多く、安価な社員食堂や、社員専用の福利厚生パッケージ(旅行先での優待等)が利用できるケースがあります。

また客先常駐案件は殆どないため、プロジェクトが変わるたびに職場が変わることもなく、安定した環境で働けるのもポイントです。

2.自由な時間が手に入る(休暇が取りやすい)

理由1と重複する部分もありますが、自由な時間が手に入りやすいのも、事業会社に従事する社内SEのメリットです。特に大手企業では、ライフイベントにも理解があり、産休・育休制度が整っている企業も多いため、女性にとって結婚後も続けやすい職場と言えるでしょう。有給休暇を促進している会社では、罪悪感にとらわれずに堂々と旅行や帰省ができるのも大きなメリットでしょう。

3.直接感謝の言葉をもらえる

「ありがとう」という言葉が聞けるのも、社内SEにとってうれしいポイントです。社内SEの一番のクライアントは、そこで働く社員です。ヘルプデスク業務により、社内からさまざまな問い合わせが寄せられますが、最後には「ありがとう!」「助かった!」の言葉で締めくくられるため、メンタルによい仕事とも言えます。

それでは逆に、社内SEのデメリットとは何でしょうか?

企業体質に合わないと地獄?社内SEのデメリット3つ

1.業務の幅が広すぎる!

社内SEの仕事は、IT資産管理からヘルプデスク業務まで、いわば「IT関係のなんでも屋」です。所属する部署にもよりますが、受託開発のシステムエンジニアとは異なり、プログラムとにらめっこということは少ない傾向にあります。そのため、第一線でモノづくりをし続けたいという職人タイプのエンジニアには向いていない仕事と言えるでしょう。

2.人間関係

社内SEは、客先常駐のSEと異なり、プロジェクトごとに客先が変わるということはありません。そのため、人間関係が合わないと辛い想いをすると言えるでしょう。また、事業会社では、社内のITリテラシーが必ずしも自分と同レベルとは限りません。むしろ低いことの方が多いでしょう。それまでSIerなどで活躍していたエンジニアが社内SEになると、それまでの環境とITリテラシーの差があり、戸惑うと聞いたことがあります。

3.業界・会社の方針に左右される!

社内SEとして入社後、一番の葛藤といえば、業界や会社の方針に、業務範囲が左右される点です。筆者が以前在籍していた業界では、セキュリティリスクを恐れるあまりに、新しいシステムを導入できずに古いシステムを使い続けていました。そのため、新しい技術にどんどんチャレンジして、経験を積みたいエンジニアには不向きの環境と言えるでしょう。

つまり、社内SEに転職するときに、抑えるべきポイントってどんな?「社風・業界体質」と「福利厚生」に注目!

上記のメリット・デメリットからもわかるように、社内SEに転職するメリットは「安定した経営基盤のうえで、福利厚生や自由な時間が手に入りやすい」こと、メリットにもデメリットにもなりやすいのは、「社風」や「業界の体質」です。つまり、社内SEへの転職を成功させるには、自分に合った社風・業界体質の会社に狙いを定めて、個々の企業の福利厚生を、入社する前にしっかり把握するのが必要と言えるでしょう。

それでは、そんな社内SEの給与平均相場はどのようなものでしょうか?

社内SEの給与や年収の相場は?

社内SEの給与平均は、

  • 全体平均:473万円
  • 20代前半:328万円
  • 20代後半:414万円
  • 30代:493万円
  • 40代以上:613万円

(転職会議調べ)

決して飛び抜けた金額ではありませんが、保守・運用が中心なためIT業界のなかでは安定しており、一度ポストに付くと立場や給与も安定しているとの情報も。ゆえに、求職者に対して求人数の割合が少なく、少ない椅子を多人数で争う傾向にあるのです…!

トレンド情報:抜きんでた社内SEになるには、クラウドに対応せよ!

近年、社内SEが影響を受けている最新技術として、「クラウド」があげられます。

ITインフラ周辺の主流はクラウド型に移行しており、社内SE求人もクラウドによる開発・運用を募集するものが目立っています。

クラウドを利用するにあたっては社内の機器のみで完結しないため、法務とのやり取りが増えるのが特徴です。また、それもあって大企業の場合は社内で、または国内もしくは海外を拠点に独自のクラウドシステムを構築するケースもあります。これをプライベートクラウドと呼びます。

プライベートクラウドには2種類ある。

オンプレミス型プライベートクラウド

自社の建物内にサーバーや回線といった設備を構築・運用するかたちです。従来のオンプレミス環境と異なり、サーバー環境を仮想化して、クラウド環境として自社内のエンドユーザーに対して提供します。

ホスティング型プライベートクラウド

ホスティング業者が提供するクラウド環境(パブリッククラウド)内に、自社専用のクラウド環境を用意するというもの。サーバー・回線といった物理的な設備の管理をホスティング業者に任せられます。

前者の場合は技術面での高いスキルが、後者の場合は自社に合ったホスティング業者を選定・交渉するスキルが求められることとなります。

クラウドは誕生してまだ10年程度の歴史の浅いインフラであり、普及はすれど、まだ発展途上のシステムです。オンプレミス時代の社内SEとは異なる知識・スキルではありながら、今後、必ず欠かせないものとなるでしょう。また、法務が関わる分野でもあるため、あらかじめノウハウを身に付けておくか、社内にIT関連の法務に詳しい人材がいるかは確認したうえで入社をするのがよさそうですね。

社内SEになるために必要な知識や資格、スキルは?

社内SEになるために、特にマストで必要な資格は存在しません。新卒で社内SEに配属された友人は、ITパスポートしか持っていませんでしたが、社内SEとして活躍しています。ただし転職の場合は、上記であげた通り、クラウドに対応できる人材であるのをアピールしたり、IT関係で一芸アリの人材であるのをアピールすることで、より高い評価(年収)での転職の道が開かれるでしょう。

社内SEのキャリアパスは?

社内SEとして経験を積んだ後は、管理職として昇進していくことになります。企業のIT戦略の立案や推進を行うCIO、採用する技術方針の策定や開発結果のレビュー、改善方針の立案などを担当するCTOへの昇進を目指すことになります。

管理職は、社内で椅子が少ない立場ではあるので、社内SEから別の企業の社内SEを目指すことが多いだろう。また、管理・運用がメインとなるので、安定はしていますが、刺激を求めるエンジニアは、知識を活かして別のエンジニア・プログラマを目指すことも。

それでは、社内SEになるためには志望動機をどのように作りこんだらよいのでしょうか?

社内SEの志望動機は、スキルに加え「なぜ、その会社で働きたいか」をアピールせよ

社内SEの求人募集にあたり、企業が見ているのは「社風に合う人物か?」という点です。受託開発のプログラマでは、何よりプログラミングスキルが見られる一方、社内SEは、その事業会社を支える1人のスタッフとしての素養があるかを見てくる可能性が高いからです。

社風に合うエンジニアと想いってもらう努力をするためには、「企業研究」が欠かせません。
実際、求人サイトにあがっていた求人を例に、志望動機を考えてみましょう。

<実際の求人>


引用元:リクナビNEXT

これは、とある保険事業を営む、スーパーホワイト企業の社内SE求人です。待遇・休日日数も申し分なく、お宝度をスマホゲームにたとえると、SSクラスに値します。

ここでは、システム関係の幅広い知識と、コミュニケーションスキルが求められているのがわかりますね。

この求人に応募する場合の、志望動機の書き方はこのようになると想いいます。

<志望動機例>
(例・SIerでインフラエンジニアとして関わってきた方の場合)
私は5年間、インフラエンジニアとして、クライアントのITインフラ構築に携わりました。インフラエンジニアの仕事にやりがいはあったのですが、会社の評価はプロジェクトごとの採算重視になり、お客様との長期的なお付き合いが難しくなってしまいます。今後は、スキルを、一社にぶつけ、事業の成長やそこで働く方にとってのITインフラ環境に活かしたいという想いがあります。御社は保険代理店事業のパイオニアであり、無料相談などを通して社会に高く貢献している点に魅力を感じています。今後も各代理店で働く方が、安心して働けるインフラ環境や、顧客管理データベースの構築が求められていると感じたため、現職で培ったスキルでお役に立てると感じ、志望致しました。

この志望動機には、

  • スキル
  • 企業研究をしているアピール
  • そこでどのように自分が活躍できるか?

この3ステップで、よりロジカルに志望動機を語っています。

いざというときに志望動機をスラスラと作れるようにするためには、より多くの求人に触れ、情報収集することが重要です。

まずは、社内SEの実際の求人に触れるのを強くおすすめします。

それでは、社内SEの求人を探すのに有利なサービスはどれでしょうか?

社内SE求人を探すなら、求人サイトと転職エージェントのどちらが有利?

結論から言うと、今すぐの転職を考えている方は、転職エージェントと転職サイトのW登録をおすすめします。
また、「社内SEに興味があるけれど、今すぐではないかも。とりあえずどんな感じか知りたい」という方は、転職サイトのみの登録がおすすめです。

転職サイトのメリット・デメリット

  • 自分のペースで求人を探せること
  • スカウトサービスがあること(あなたのスキルや経験を見た企業から待っていても声をかけてもらえる可能性がある)

転職サイトを使うデメリット

  • 求人票検索から面接の準備まで自力で対応しなければいけない

doda 求人数 2447件(2019年9月調べ)

dodaは、大手人材サービスのパーソルキャリアが運営する転職サイトです。社内SEの求人は、求人検索画面の『職種』⇒『技術職(SE・インフラエンジニア・Webエンジニア)』⇒『社内情報システム(社内SE)』カテゴリより一覧表示で確認できます。

リクナビNEXT 求人数805件(2019年9月調べ)

リクナビネクストは、リクルートキャリアが運営する転職・求人情報サイト。リクナビネクスト上で、社内SEの求人を探す方法は以下の通りです。

『職種選択』⇒『ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)』⇒社内SE・情報システム←これを選択

実際の画面

「リクナビNEXT」公式サイトへ

マイナビ転職 求人数165件(2019年9月調べ)

マイナビ転職は、株式会社マイナビが運営する求人サイトです。社内SE職の探しかたは以下の通り。

職種別検索⇒「ITエンジニア」⇒『社内システム』これにチェック

「マイナビ転職」公式サイトへ

転職エージェントのメリット・デメリット

また転職サイトだけではなく、転職エージェントを使うのもひとつの手です。なぜなら、転職エージェントは、社内SEにとって重要な「社風を知る」ためのサポートをしてくれるからです。

転職エージェント(人材紹介会社)は、多くの求人を扱います。また、企業情報が多く集まるため、社内SEで抑えるべき社風・福利厚生の情報を教えてくれます。そのため、自力で求人を探す場合と比べて、効率がよいのです。

  • 「A社は有給が取りやすい環境」
  • 「B社の一次面接では、人事部と現場の担当者が複数名同席し、人柄と技術面の両方を見てくる」
  • 「C社では現場の要求スペックが高くて人事も困っている。こういう意欲の見せ方をする人が気に入られやすい」

など、エージェントを上手に活用することで、転職サイトでは得難い情報を引き出せます。

おすすめ転職エージェント3選


 

doda・リクルートエージェント・マイナビエージェントは、それぞれ大手人材サービス会社が運営する転職エージェントです。

どれがよいの?とお悩みの方もいるかもしれませんが、迷ったらとりあえず全部登録するのを転職Doではおすすめします。なぜなら、どれも良質かつ高品質のサービスのため、最終的にはキャリアコンサルタント担当者との相性があるからです。

ひとつのサービスだけ登録して、担当者と合わなくて、幸せになるための転職活動が心苦しくなるのは避けたいですよね。

転職活動は、思っているよりも心身を消耗する活動です。なるべく短期戦で終わらせられるように、迷ったら一度すべてのサービスに登録するのをおすすめします!

まとめ

せっかくのITスキルを活かさないのは損している。今すぐ行動しよう!

ここまで、今回は、社内SEになりたい方に向けて、仕事内容と求人の探し方、トレンドや面接対策をお伝えしました。

「社内SEになりたい想いをお持ちの方は、これまで最前線でシステム開発を頑張ってきた方や、制作会社で頑張ってきた方が多いと想いいます。そのスキルは、事業会社に入っても十分通用するものです。

これまで培ったスキルを活かし、安定した経営基盤のホワイト環境で働くために、まずは転職サイトに登録して、求人の動向だけでもチェックしてみませんか?

「リクナビNEXT」で求人の動向をチェックする

(最後に、私が大手機械メーカーにいたころ、ITリテラシーが低すぎるために、いろいろとご迷惑をおかけした社内SEのみなさん、すみませんでした・・・。)

このページを共有する

転職でキャリアアップ・年収アップ

  1. 転職でキャリアアップ・年収アップ
  2. アクチュアリーの転職
  3. Rubyエンジニアの転職
  4. フロントエンドエンジニアの転職
  5. 社内SEへの転職
  6. ゲームプログラマの転職
  7. PHPエンジニアの転職
  8. Unityエンジニアの転職
  9. インフラエンジニアの転職
  10. C言語プログラマの転職
  11. セキュリティエンジニアの転職
  12. バックエンド・データベースエンジニアの転職
  13. Pythonエンジニアの転職
  14. Javaプログラマの転職
  15. Webマーケティング担当者の転職
  16. マーケティング担当者の転職
  17. 営業職・セールスパーソンの転職
  18. ホテルマンの転職
  19. ウェディングプランナーの転職
  20. Webデザイナーの転職
  21. Webディレクターの転職
Top