バックエンド・データベースエンジニアの転職は、「売り込み方」が成功の鍵を握る

IT技術職のなかでも、縁の下の力持ち的なイメージのあるバックエンドエンジニア。

所属する企業やスキルレベルにもよりますが、マイナビエージェントの調査によると、バックエンドエンジニアの平均年収は465万円。正直、「もっと稼ぎたい・・・!」と考える方も多いのではないでしょうか?

フロントエンドは派手でいいよな…
機械学習とか、AI業界も、年収高そうでいいよな…
バックエンドエンジニアってどうすれば年収上がるんだろ?
バックエンドエンジニアなど、エンジニアの転職は、
求人との出会い方
売り込み方」が大事なんですよ!

今回は「スキルを活かして、年収上げたいぜ」という皆さんに向けて、バックエンド・データベースエンジニアの転職で年収を上げるコツや、効率の良い求人の探し方をお伝えします。

 

バックエンドエンジニア・サーバーサイドエンジニアとは?仕事内容を簡単におさらい

皆さんもご存じの通り、バックエンドエンジニア・サーバーサイドエンジニアとは、WebサイトやWebシステムにおいて、サーバーとの通信や、データベースの構築など、「ユーザーの目に触れない部分」の構築・管理を行う職種を言います。

「そういうのいいから、年収の上げ方、はよ」という方はこちらをクリック

フロントエンド=ユーザーの目に触れる部分の開発

【使用言語】HTML・CSS・JavaScript
フロントエンドエンジニアは、Web制作においてマークアップ言語(HTML/CSS)でWebページをレイアウトしたり、プログラミング言語(JavaScript/PHP)でより動的なWebページを作ったり、CMSの構築をしたりなど、「ユーザーの目に入る部分の作業」を担当するWebエンジニアです。

バックエンド=ユーザーの目に触れない部分の開発

【使用言語】Ruby、PHP、Pythonなど。PHPはLaravel、PythonはFlask、RubyはRuby on Railsと、言語ごとに主流のフレームワークが存在する。また、データベース管理システムとしてMySQLについての知識を覚えるのがマストである。

バックエンドエンジニアの仕事内容は、以下の通りです。

(1)Webサイトや、Webシステムに必要なサーバーの構築

Webサイトやサービスの構築に必要なサーバー環境の構築を行います。ハードウェアの選定と導入から、サーバーソフトウェアのインストールを始め要件定義・設計・構築まで行います。

(2)データベースの構築

Webサーバー上に様々な情報を保存・格納し、いつでもアクセスして取り出せるデータベースの構築。

(3)システムの開発と運用

Webサイトやサービス上の高度な機能の実装。たとえばECサイトを立ち上げる場合は、会員登録・ログイン機能から商品検索フォームや注文・買い物かごの処理、レビュー機能の実装などが挙げられる。

バックエンドエンジニアの年収・待遇が上がりにくい理由

冒頭でお伝えした通り、バックエンドエンジニアの平均年収は465万円とされていますが、これはあくまで平均値で、実際の年収は、所属する会社やスキル・開発体制により異なります。

バックエンド言語は、フロントエンド言語に比べて、取得難易度が高いです。そのため、初年度の年収は、フロントエンドエンジニアよりも高くなる傾向にあります。

それにもかかわらず、「年収がなかなか上がらない」とお悩みのバックエンドエンジニアが絶えない理由はただひとつ。

それは…

売り込みが苦手ということです。

同じスキルであれば、できるだけ良い条件の職場で働き、快適な人間関係で働くための努力=売り込みが重要なのです。

しかし、ほとんどのエンジニアの方が、スキルアップを重視してしまうばかりに、売り込みや年収交渉に疎くなってしまっています。

そのため、仕事を頑張っていても、収入アップにつながりにくいのが、【バックエンドエンジニアの年収が上がりにくい問題】の本質です。

つまり、今後年収アップを目指すにあたり、転職活動においては、売り込み先の求人(企業)とどのように出会い、内定までをどう勝ち取るかのほうが重要といえるでしょう。

繰り返しになりますが、「エンジニアにとって、平均年収はただの指標であり、どこで働くかにより年収が決まる」のをポイントとして押さえておきましょう。

それでは、冒頭の話題に戻って、バックエンドエンジニアの年収はどのようにして上げていけば良いのでしょうか?おすすめの方法をまとめました。

おすすめ度 ★★★ 英会話スキルを身につける

Hello, I am a super engineer.

エンジニアのあなたがキャリアアップするにあたりおすすめなのは、英会話スキルを身につけることです。

バックエンドエンジニアは、ECサイトなどを触る機会が多いと思います。ECサイトは世界共通の技術なので、さらに、英会話スキルが加わることで、海外のクライアントと打ち合わせができたり、同僚ともやりとりができたりします。

これは私の知り合いの話ですが、バックエンドのエンジニアリングスキルに加え、英語さえできれば、フリーランスとしてアメリカに顧客を抱え、日本にいながら報酬の高い海外案件に参加できるとの情報も。(日本にいなくてもできます。)

その結果、プレミアム人材への道も開けますので、メリットだらけです。

そのため、日常英会話ではなく、ビジネス英会話を学ぶと良いです。

ビジネス英会話ってむずかしそう」と思うかもしれませんが、それは違います。ビジネス英会話の場合は、仕事という共通の話題のもとに会話をしていくので、話があちこちに飛ぶ日常会話よりも覚えやすく、スキル習得までのハードルが低いです。

エンジニアの場合は特に、「プログラミング言語」という共通言語があるので、あとは文法やビジネス独特の言い回しを身につけるだけで、海外でも仕事ができる人材にステップアップができます。

未だ、日本人の多くの方が、英語に苦手意識を持っています。だからこそ、英語スキルがあるだけで、仕事の幅や挑戦できる求人の幅が広がり、自己アピールに苦労しなくなるのです。

オンライン英会話であれば、自宅やオフィスにいながらでも受講できますので、この機会にまずはお試ししてみてはいかがでしょうか?

おすすめ度 ★★★ 知り合いに聞く(自己発信)

人柄が知られているので働きやすいですね

エンジニアは、横のつながりが強く、知り合いのツテにより、仕事が決まることもあります。【退職エントリ】を書いてブログ・SNSで拡散すると、複数社から声がかかり、次の仕事が決まったというエピソードもよく聞かれます。

社員に人材を紹介してもらう採用方法は、「リファラル採用」と呼ばれ、欧米では重要視されているほか、日本でも広まりつつあります。

一方で、リファラル採用にはリスクもあります。スキルによっては声がかからなかったり、前職より低い年収を提示されたりする可能性もあります。

人脈のツテがない場合は、以下「IT専門の転職エージェント」もしくは「IT専門の転職サイト」での転職をおすすめします。

おすすめ度 ★★★★★ 確実に良い条件で転職したい方は、IT専門の転職エージェントへ登録しよう

〇〇さんはバックエンド業務で高いスキルをお持ちなんですよ。

高待遇の転職につながるツテがない場合は、IT専門の転職エージェントへ登録するのをおすすめします。

転職エージェントは、仕事を探したい人と、人材を探す企業の橋渡しをするサービスのひとつです。一般的に、大手で信頼性のおけるサービスとしては、doda/リクルートエージェント/マイナビエージェントなので、営業職や管理系職種の場合は真っ先にこちらを進めるのですが、ITの転職の場合、話が変わってきます。

IT技術職の場合は、専門のエージェントで転職サポートを受けると良いでしょう。

大手転職エージェントと、IT専門の転職エージェントの共通点は以下のポイントです。

  • ひとりひとりにキャリアカウンセラー・コンサルタントが個別につき、自分に合ったサービスを提供してくれる
  • サービスの利用はすべて無料
  • 表に出てこない情報を教えてくれる
    たとえば
    「A社はスキルよりも伸びしろを重視した採用をしている」
    「B社は内定後にしっかりした研修制度や社内勉強会があるので、活躍しやすい環境」
    「C社の一次面接では現場のスタッフが出てきて、プログラミングの基礎知識を問われる」
    など
  • 自己PRが苦手な方のために、一緒に志望動機を考えたり、応募書類を添削したりしてくれる(売り込みする手伝いをコンサルタントがしてくれる)

大手転職エージェントと、IT専門エージェントの違いは以下の通りです。

一般的な大手転職エージェント(デメリット)

  • コンサルタント必ずしも、IT業界に精通しているとは限らない
  • コンサルタントの人材配属は、比較的運要素が強い
  • つまり、最初のカウンセリングの際に、専門用語や仕事の内容を一から説明しなければならないストレスを感じる可能性がある

IT専門の転職エージェント(メリット)

  • コンサルタントがIT業界に詳しい人
  • IT業界専門ならではの求人が集まりやすい
  • 働き方が多様化しているIT業界で、ひとりひとりの希望に合わせた求人を紹介してくれる

つまり、IT専門エージェントはカウンセラーがプログラマ職に対して一定以上の理解があるため、最初のカウンセリングで仕事の内容を一から説明する必要がないというところや、自分にあった求人票を紹介してくれやすい強みがあります。

バックエンドスキルを活かして働きたいあなたの、強い味方になってくれることでしょう。

おすすめのIT専門の転職エージェント

(1)レバテックキャリア

レバテックキャリアとは?
ITエンジニアとWebクリエイター専門の転職エージェントサービスです。ITエンジニアとWebクリエイターに特化しているため、業界特有の専門用語への理解も深く、安心して転職活動に専念していただけます。また、業界最大級の豊富な求人の中から、あなたがこれから目指すキャリアや興味のある分野に合わせて、ご活躍いただける求人をご紹介します。(公式Webサイトより引用)

またレバテックキャリア経由で転職が決まると、プログラミング学習の「Progate」利用が半年間無料になる特典などもあり(2019年9月情報)、転職期間だけではなく、プログラマの強い味方となってくれることでしょう。

(2)マイナビエージェント×IT

マイナビエージェントとは?
マイナビエージェントとは、IT・Web業界の転職市場に精通した「キャリアアドバイザー」と、企業への営業担当として各企業と太いパイプを持つ「リクルーティングアドバイザー」がチームとなり、あなたが本当に求める「転職先のご紹介」や「応募書類の作成」「面接対策」「給与交渉」など、転職活動のすべてにわたってサポートを行う無料のサービスです。(公式サイトより引用)

マイナビエージェント×ITは、大手転職エージェントサービス・マイナビエージェント内の、ITに特化したサービスです。他のサービスとの違いは、営業力の高さから、より幅広い求人が集まりやすいと考えられることです。

転職エージェントで迷ったらすべて登録するのがおすすめ

転職エージェント、一体どれが良いの?とお悩みの方もいるかもしれませんが、迷ったらとりあえず全部登録するのを転職Doではおすすめします

なぜなら、どれも良質かつ高品質のサービスであることは共通していますが、実際の求人票の量は、各社の営業力にかかっているからです。

(要は、企業側が転職エージェントを気に入っているかどうかで求人票を出すかが決まる。)

ひとつのサービスに固執すると、その分、求人を探せる幅が狭まってしまうのです。

また、転職エージェントにも色々なタイプのコンサルタント・カウンセラーがいるので、あなたのキャリアへの意見もひとりひとり異なります。ひとつのサービス、ひとりのエージェントの意見だけで将来を決めるよりも、複数のプロから話を聞くことで、よりよい転職活動ができるのは間違いありません

転職活動は、思っているよりも心身を消耗する活動です。なるべく短期戦で終わらせられるように、迷ったら一度すべてのサービスに登録するのをおすすめします!

ただし、3つ以上になると、管理や面接のスケジュール調整が難航し逆にストレスになるので、駆け出しのうちは、2~3個のエージェントに登録するのをおすすめします。

「レバテックキャリア」公式サイトへ
「マイナビエージェント」公式サイトへ

おすすめ度 ★★★★ 転職サイトに登録する

「今日明日転職したいわけじゃないけど、転職での年収アップに興味がある」
「給与がどれくらいになるかを知りたい」

そんな方は、求人サイトに登録し、求人情報を収集するのをおすすめします。

世の中には高待遇の会社がいっぱいあるみたいだな。

求人サイトの良い点は、自分のペースで求人を探せることです。また、いつ登録しても無料のため、ちょっとでも良いと思った求人情報をお気に入り登録でストックでき、準備をしながら転職活動ができるのも強みです。

日頃から気になる求人をお気に入り登録し、比較・検討する癖をつけておくことで、「良い求人」を見分ける目が自然と備わっていくのです…!

そんなあなたにおすすめの転職サイトはこちら!

おすすめの求人サイト「リクナビNEXT」

求人サイトでおすすめといええば、業界大手のリクナビNEXTです。

リクナビNEXTで、バックエンドエンジニアの求人を探すと、120件以上ありました。
めちゃくちゃ多いですね…。

この中から高待遇の求人を選り分けるのは結構大変な作業ですが、私がいいなーと思った求人はこちらです。

こちらは、自社開発のバックエンドエンジニア案件です。プログラミングだけではなく、提案から関わるのが魅力ですね。医療系のシステムでもあり、社会貢献ができそうなのもポイントです。

良い転職先が見つかるかどうかは、運やタイミング、ご縁に左右されます。行動が遅くなったばかりに、良い求人との出会いを逃したらもったいないですよね。求人の掲載期間は1~3ヶ月程度であり、今この瞬間も、見逃している求人があるかもしれません……。

そうならないためにも、まずは、転職サイトに登録し、自分のお気に入り求人を比較して、「バックエンド求人はどのようなものがあるか」を知り、「ここは応募したい!」と思えた求人を逃さない努力をしましょう。

↓↓↓

「リクナビNEXT」に登録する

ただ求人サイトで自力応募する場合は、「志望動機を考えたり、自己PRを考えたりする作業を自分でしなくてはいけない」というデメリットもあります。

また企業対自分でのやりとりになるため、実際入ってみたらイメージと違ったなどのトラブルにつながることも。

自分自身を売り込むのが苦手な方や、なるべく慎重にことを進めたい方は、転職エージェントへ登録し、転職までのサポートを受けるのをおすすめします。

「レバテックキャリア」公式サイトへ

おわりに

今回は、バックエンド・サーバーサイドエンジニアのあなたにとって、よりよい待遇の求人に出会える確率の高い転職方法をまとめました。
この記事が、日頃バックエンドで頑張るあなたの年収アップのきっかけになりましたら幸いです。

エンジニアの転職では、スキルの棚卸や自己PRによって、「自分を効率よく売り込んでいく」のが重要です。迷っている方は、ひとまず、転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか?

「レバテックキャリア」公式サイトへ

このページを共有する

転職でキャリアアップ・年収アップ

  1. 転職でキャリアアップ・年収アップ
  2. アクチュアリーの転職
  3. Rubyエンジニアの転職
  4. フロントエンドエンジニアの転職
  5. 社内SEへの転職
  6. ゲームプログラマの転職
  7. PHPエンジニアの転職
  8. Unityエンジニアの転職
  9. インフラエンジニアの転職
  10. C言語プログラマの転職
  11. セキュリティエンジニアの転職
  12. バックエンド・データベースエンジニアの転職
  13. Pythonエンジニアの転職
  14. Javaプログラマの転職
  15. Webマーケティング担当者の転職
  16. マーケティング担当者の転職
  17. 営業職・セールスパーソンの転職
  18. ホテルマンの転職
  19. ウェディングプランナーの転職
  20. Webデザイナーの転職
  21. Webディレクターの転職
Top