ゲームプログラマ・エンジニアの転職で年収UPするには?良い待遇の求人との出会い方

今日の仕事もコンピュータと向き合う一日だった。最初は、ゲームが大好きで入ったゲーム業界だったけれども、少しずつ不満が募る…。残業で定時に帰れない日々が続き、日によっては午前様。(というかむしろ常態化している…)もっと良い条件の仕事や、働き方はないだろうか…。サービス残業も多く、仕事のモチベーションも上がらない。

ゲーム業界で働く上で、子どものころにテレビゲームに夢中になった方は多いと思います。大人になり、憧れてゲーム業界に入ったものの現実は厳しかったという話はよくありますよね。職場は残業がとても多く、ややワークライフバランスが狂ってしまっているなと感じる方もいるはずです。

今回は、もっと良い条件のゲームプログラマの仕事を検討しよう!と考える方に向けてお役立ち情報をお伝えします。序番から中盤は、皆さんご存知だと思いますがゲームプログラマの仕事内容、終盤はゲームプログラマからより良い条件で働くためのキャリアチェンジの方法や、キャリアアップについてお伝えします。

 

転職情報の前に、ゲームプログラマ・エンジニアの仕事をおさらいしよう

転職情報をお伝えしていく前に、ゲームプログラマのお仕事について触れ、エンジニアの2つの流派、「コンシューマーゲーム」と「ソーシャルゲーム」のトレンドについてお伝えします。

ゲームプログラマ・エンジニアの仕事内容(高速)

ゲームプログラマやエンジニアの仕事は、プランナーが作成したシナリオや演出などの仕様に合わせて、ゲームを動かすためのプログラムを書くことです。

キャラクターの動き、BGM、エフェクト、システム構築まですべての工程をプログラミングで作っていくのが役割になります。プログラミングに詳しくないプランナーも業界には多く、無理難題な要求をされた際に、ゲームプログラマは自分の意見を述べる必要があります。

しかし、クライアント、プランナーなどの無茶ぶりや、単調作業の繰り返しに飽き飽きしている方がいるのでは…?コンシューマーゲーム企業とソーシャルゲーム業界のよくあるお悩みをまとめました。

一世を風靡したコンシューマーゲーム企業

コンシューマーゲーム制作会社といえば、任天堂コナミスクウェア・エニックスカプコンセガバンダイナムココーエーテクモなど大手企業を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

家庭用ゲーム機やその専用ソフトを意味するコンシューマーゲームは、1983年のファミリーコンピュータ発売以来またたく間にお茶の間の人気者になりましたね。任天堂の代表作であるマリオシリーズ、ゼルダの伝説、ポケットモンスター。コナミの実況パワフルプロ野球、がんばれ!ゴエモン、ツインビー。カプコンはストリートファイター、ロックマン、バイオハザードも有名です。

このような数々の名作をプレイしたことで、ゲーム業界へ入社された方も多いと思います。ただ実際働いてみると、好きなようにゲームを作れるのはほんの一握り

夜遅くまで単純作業を繰り返す環境に嫌気がさす方も多いようです。またコンシューマーゲームを作りたくて入社したのに、関連会社の別の仕事をすることになるなど、やはり名作に関われるのはほんの一握り。やりがいを求めて転職したのに、頑張れば頑張るほど嫌気がさしてしまう方も多いようです。

トレンドはソーシャルゲーム

コンシューマーゲームの他にソーシャルゲームというものが出てきています。有名どころはDeNAグリーコロプラgumiDonutsなどです。こちらのソーシャルゲームはオンラインでスマートフォンを使用しプレイするものが多く、ガチャ要素が賛否両論を生んでいます

ガチャはプレイヤーの射幸心を煽るとのことで、上手に仕組みを作れば作るほど、売り上げが上がるものとなっています。子どもの教育に良くないのではないか?とも言われていますよね。「お金を払った分だけ、強いアイテムやレアな要素が手に入る可能性が高まる」というのはコンシューマーゲームにはなかった要素です。

人によっては、ガチャ方式のソーシャルゲーム開発に対して「おれが作りたかったゲームはこんなんじゃなかった」というギャップを感じる方もいらっしゃいます。

コンシューマーゲームも、ソーシャルゲームもそれぞれの地獄があります。それでは、そんなゲームプログラマの平均年収はどのようなものでしょうか?

dodaの調査によると、ゲームプログラマ・エンジニアの平均年収は以下のとおりです。

  • 全体平均:380万円
  • 男性:397万円
  • 女性:343万円
  • 20代:319万円
  • 30代:427万円
  • 40代:550万円

日本のサラリーマンの平均年収が約430万円と言われていることから(最頻値である中央値では約370万)、そこまで収入が多くない業界といえます

しかし、同じプログラマでも、別業界でpythonGoScalaなどをメインスキルにシステム開発を行う場合は、平均年収が500万円代後半~となるようです。ソーシャルゲーム開発にも使われるUnityをメインスキルにしたエンジニアでも、515万円であり、20代の平均年収(319万円)とくらべて、200万円弱の差がついています

200万円あれば、車1台が余裕で変えてしまいます。この差は大きいですよね。

それではなぜ、ゲーム業界のエンジニアだけが給与が低くなってしまうのでしょうか?

実は、ゲーム業界にも、給与の高いエンジニアはいます。スキルの高い技術者は当然給料も高いが、あまりスキルの高い技術者を雇いすぎると今度は製作コストが跳ね上がってしまうので、スキルが高い技術者が淘汰されてしまう現象も起こっており、ゲーム業界から別業界に流れるケースも多いようです

働く会社で大きく変わるゲームプログラマの待遇

ゲームプログラマ・エンジニアは働く会社によって、待遇が大きく異なることがあるようです。会社によっては、在宅でのリモートワークに対応をしている高性能のマシーンを仕事で使用できるようなケースもあります。一方で、会社によっては、依然として古い体制(深夜まで働く、古臭い環境で働く)に適応されるのを求められるケースもあります。新しい働き方の取り組みをしている会社はソーシャルゲーム業界では、やや目立つ傾向にあります。

それでは、今後のゲーム業界では、どのように進路を決めればよいのでしょうか。ゲーム業界全体の市況をもとに考えてみたいと思います。

今後のゲーム業界で、プログラマ、エンジニアはどうすればいい?

ゲームプログラマ・エンジニアは、ゲーム市場が世の中にある以上は、需要がある世界です。近年のeスポーツ、オンラインゲームの流行、スマホゲームの過熱具合を見ている限り、まだまだ伸び代がある業界だといえます。

日本国内の需要はもとより、海外の市況にも注目したいところです。

・海外市況

2018年の世界のゲーム市場は前年比2割増の13兆1774億円。市場を拡大し続けているのがわかります。

そのうちアジアが5兆8234億円で44.2%を占め、北米が28.9%で3兆8125億円であり。なかでもアジアのスマホゲーム市場は3兆5000億円を突破するなど成長が著しい分野といえるでしょう。

世界最大規模のゲーム会社は世界各国のゲーム企業とあますところなく提携する中国のテンセント。中国国内の規制に巻き込まれながらもソニー、マイクロソフト、アップルを抑えて首位を守っている。また、上位にはブリザードやEAといった、e-Sportsにも関わりが深い企業の名前が目立つ。一方で、ハードウェア/パッケージソフトで一人勝ち状態の任天堂は9位にとどまっています。

・モバイルゲーム市況

2018年における世界のモバイルゲーム市場は、『ファミ通モバイルゲーム白書2019』によると、前年比103.4%の6兆9568億円と推計されています

世界最大のマーケットであるアジア(4兆2660億円)をはじめ、次ぐ北米(1兆5534億円)、ヨーロッパ(7785億円)と、いずれの地域でも前年より微増となっている。

さらに、ファミリーコンピュータやPlayStationなどの過去のコンシューマーゲームのリバイバル版が相次いで発表されていることから、ゲーマー人口はそこまで減っていないように思われ、仕事自体は簡単になくならないといえます。

こういったなか、ゲームプログラマ、エンジニアがたくましく生き残るためにはどうすれば良いのでしょうか?

大手を取るか、ガチャを取るか、それ以外かを選ぶ

それでもゲームプログラマを続けたい方にお伝えしたいのは、大手で働く(コンシューマーゲーム)か、ガチャ(ソーシャルゲーム)を取るかもしくはそれ以外の道に行くかを、自分で決めることです。

【コンシューマーゲームプログラマ・エンジニアの場合】

冒頭でもお伝えした通り、コンシューマーゲーム業界では比較的古い体質であり、また転職ができたとしても、同じ状況の繰り返しかもしれません。それでもコンシューマーゲーム業界で活躍したい場合は、待遇が変化するか、働く環境について事前の調査を欠かさないようにしましょう。またソーシャルゲームに比べると求人が少ないので、求人サイトや転職エージェントに登録して、最新の求人情報を受け取れるようにしましょう

【ガチャを選ぶ(ソーシャルゲームプログラマ・エンジニア)の場合】

ソーシャルゲームの開発は年々大規模化しており、Wantedly, Greenなどでのエンジニア・プログラマ職の募集は、コンシューマーゲーム求人と比べて数が多いです。またソーシャルゲーム業界への転職は、新しい企業文化で風通しの良い環境の企業で働きたい方に向いています。

ソーシャルゲーム会社で働く際に重要なのは、「スマホ時代の課金ゲームの開発職を選んだ自覚を自分で持つ」ということです。

ご存知の通りガチャ要素に代表されるスマホゲーの課金要素には賛否両論があります。コンシューマーゲームの思い出の名作たちとは別物です。それを新しいカルチャーとして受け入れられるかどうかは精神衛生上とても重要なことです。大げさにいえば「ソシャゲにやりたいことが詰まっている」という想いをもって入社できれば理想ですね。

なお、「ソーシャルゲーム企業=新しい文化、安定した待遇」と盲目的になってしまうのは早計です。実際に私の友人も、とあるソーシャルゲーム企業で、新卒レベルの給与しかもらっていなかったところ、別のソーシャルゲーム企業に転職したところ月収が6万円もあがったとのこと(特に新しいスキルを身につけたわけでもないのに…)。企業選びがいかに重要かをおわかりいただけると思います。

【ゲームプランナーになる】

ゲームエンジニアの方は理想のゲームを作りたいという方が多いのでは?そんな方におすすめなのは、ゲームプランナーになる道です。ゲームプランナーの求人では、プランナー経験者は当然優遇されますが、プランナー職以外の経験者にもチャンスがあります。

これは実際に求人サイトに掲載されていたプランナーの求人ですが、プランナー職以外でのゲーム開発経験が応募資格に入っており、プランナー的視点がある人材あれば、十分目指せると言えるでしょう。

【VR・ARのエンジニアになる】

ゲームプログラマと親和性の高い職業といえばVR・ARのエンジニアです。ゲームエンジンを使った開発経験があれば、VR・ARの分野で活躍するのが可能です。VR・AR技術が求められるのは、ゲーム業界だけではありません。たとえば、不動産内見用のシステムや、医療業界、建築現場でも応用されています。

このポジションを目指す場合は、ゲーム業界から他の業界へ移動する理由を論理的に語るための準備が必要です。転職エージェントなど、プロの手を借りるのをおすすめします

【e-Sports分野に行く】

オリンピックの新種目として開催されるのが決定し、何かと話題のe-Sports。これまでゲーム分野で頑張ってきた方は、e-Sportsのエンジニアとして活躍するのも可能でしょう。

2019年はe-Sportsの売り上げが初めて10億ドル(約1,000億円)を超えると見込まれており、当初の予想を超えるスピードの成長が進んでいます。e-Sports市場は現時点で前年比26.7%増の伸びを見せ,2022年には18億ドルの市場規模を突破すると予測されている。 日本国内におけるeスポーツ市場規模は48.3億円と推定されています。

気を付けるポイントとしては、これらの金額は10兆円規模を超えるゲーム業界全体の割合ではまだそれほど大きくはない点と、金額の大部分が広告料により賄われている点。「ブームが過ぎた」とスポンサーが離れれば崩壊するいわば綱渡りの状態であり、さらなる成長を目指すためにも、放映権料やチケット収入、ゲーム内課金などによるマネタイズを、危機感を持ちながら進めていく必要があります。

またe-Sportsの求人はそこまで多くありませんので、やはり転職サイトや転職エージェント経由での仕事探しが欠かせないかもしれませんね!

エンジニア転職エージェント・転職サイトを利用しよう

ここまでお読みいただいてわかる通り、ゲームプログラマ、エンジニアがより良い環境を目指すためには、「どこに行きたいかを自分で決める」のが重要です。また、実際に無理がたたって体を壊したり、体を病んでしまうと、転職活動をはじめる気力すらなくなってしまいます。

実際に、これをお読みの方のなかにも、心身を病み始めている方が多いのでは…?

本格的に何もする気が起きなくなってしまう前に、エンジニア転職エージェント・転職サイトを利用して、より条件の良い仕事を探してみてはいかがでしょうか?

転職エージェントを利用すれば、仕事探しから交渉を代行してもらえますので自己負担が少なく済みます。また転職サイトを利用すれば、ご自身の希望条件に合うお仕事を検索して探せるかもしれません。また、異業種でもチャンスはありますのでチェックをする価値はあるといえます。

結論:ゲームエンジニアは、どうするか自分で決めて、プロに助けてもらおう

今回は、働く環境でお悩みのゲームエンジニアの方に、今後のキャリアプランについてお伝えしました。繰り返しになりますが、ゲームエンジニアは、どの会社で働くかがマジ重要だなと思います。また、必ずしもゲーム業界やプログラマ、エンジニアにこだわらずとも、プランナーになったりAR・VRなど新しい分野で活躍できたりする可能性があるかもしれません。まずは、今のあなたのスキルが市場でどのように評価されるかを、エンジニア専門のエージェントに気軽に聞いてみてはいかがでしょうか?

このページを共有する

転職でキャリアアップ・年収アップ

  1. 転職でキャリアアップ・年収アップ
  2. アクチュアリーの転職
  3. Rubyエンジニアの転職
  4. フロントエンドエンジニアの転職
  5. 社内SEへの転職
  6. ゲームプログラマの転職
  7. PHPエンジニアの転職
  8. Unityエンジニアの転職
  9. インフラエンジニアの転職
  10. C言語プログラマの転職
  11. セキュリティエンジニアの転職
  12. バックエンド・データベースエンジニアの転職
  13. Pythonエンジニアの転職
  14. Javaプログラマの転職
  15. Webマーケティング担当者の転職
  16. マーケティング担当者の転職
  17. 営業職・セールスパーソンの転職
  18. ホテルマンの転職
  19. ウェディングプランナーの転職
  20. Webデザイナーの転職
  21. Webディレクターの転職
Top