飲食業界・外食産業の求人動向と転職アドバイス

ファーストフード、ファミレス、居酒屋チェーンなどの飲食業界はいずれも競争が激化しています。「ブラック企業」問題やアルバイトの劣悪な雇用環境が表面化するなど働き方が問題となった業界でもあり、人材不足は深刻な状態。言い換えれば転職者にとってかなり有利な状況です。

飲食業界・外食産業

ようやく持ち直してきた市況

1990年代に隆盛を極めた飲食業界ですが、2011年までは転落の一途をたどりました。主な要因は以下のようなものです。

  • 国内人口の減少
  • コンビニの普及
  • 中食の攻勢(主にファーストフード店が打撃)
飲食業界・外食産業の売上高推移

(出処)公益財団法人 食の安全・安心財団

このような中、消費者ニーズを上手く察知したいくつかの企業が牽引する形で国内市場規模の下落は2011年で一旦底を打った状態となっています。好調な企業・業態の代表例は以下のようなものです。

  • スターバックスなどの大手を中心に積極的な店舗改装を進めるカフェチェーン
  • 高単価商品の投入で客単価を向上したファミレスチェーン
  • ひらまつなどの付加価値と利益率の高いディナーレストラン
  • 法人から食堂運営を委託される企業(コントラクトサービス)
  • 地鶏を売りにした塚田農場(エー・ピーカンパニー)のような専門性の高い居酒屋

深刻な人材不足

今、飲食業界ではゼンショー(すき家)やワタミが「ブラック企業」として国会でやり玉にあげられるなど、労働環境の悪さが表面化し深刻な労働者離れが発生しています。「人」がいなければ成立しない業界でもあるため、特に現場の社員に対しては各社かなり注力して実施しています。企業を選ばなければ正社員での転職は決して難しいものではないでしょう。

飲食業界・外食産業への転職アドバイス

これほど「愛嬌」を重視する業界は無い

面接時は一にも二にも「愛嬌」が重視されます。それはホール業務でもキッチン業務でも、本社勤務であっても同様です。面接では一生懸命実績をアピールする必要はありませんのでとにかく愛想よくすることを心掛けましょう。当たり前のことですが身だしなみやを言葉遣いにも気を配るようにします。

年収アップのために転職サイトを使う

飲食業界での転職の場合でも転職サイトを利用することをおすすめします。
飲食業界ではアルバイトとの関係性やチェーン毎に微妙に異なるオペレーションを覚えなければいけない都合上、いきなり店長・マネージャークラスの業務を任されることはほとんどありません。そのためすでに現職でそのクラスについていらっしゃる場合年収ダウンが発生するおそれがあります。極力そうした事態を防ぐために転職サイトのサポートを利用する方がよいでしょう。また転職サイト経由の求人には本社・内勤の求人があるケースも多いため、選択肢が広がります。(本社・内勤でも一定期間は現場研修をこなす覚悟は必要ですのでご注意ください。)

このページを共有する

業界別の求人・転職動向

  1. 業界別の求人・転職動向
  2. ベンチャーキャピタル業界の転職
  3. インターネット広告業界の転職
  4. 医療機器業界の転職
  5. アパレル業界の転職
  6. 未経験からアパレル・ファッション業界に転職するには?
  7. 不動産業界への転職
  8. IT業界(システム開発・SIer)の転職
  9. インターネット広告・Web制作業界の転職
  10. 広告業界の転職
  11. ウェディング・ブライダル業界の転職
  12. 印刷・出版業界
  13. 飲食業界・外食産業
  14. ゲーム業界の転職
Top