未経験から購買、調達へ転職するには?業務内容とキャリアを経験者が紹介します。


ライター:中村めぐみ

一定の規模を超えたメーカー、製造業、建設業の会社では、購買・調達部門が置かれています。今回は、これから購買・調達の仕事を目指す方のために、新卒でとある大手企業の調達部に配属され、その後3社で調達の仕事に従事した筆者が、実体験を基に購買・調達職への転職について紹介します。

 

メーカー/建設業界の購買・調達部門で未経験者転職を歓迎

未経験から購買・調達職を目指す場合方向性としておすすめなのはメーカー(製造業)建設業界です。

通常、どのような企業においても、自社の企業活動に必要な資材・材料・サービスを他社から購入するための「仕入業務」が必要です。仕入業務の重要度が低い場合(文房具などに限られる等)は総務部門等で対応しますが、材料費が大きな割合を占めるメーカー、建設業界では仕入れ業務の重要性が大きく、「購買・調達」と呼ばれる専門部署が設けられています。

次いで小売業でも購買部署がありますが、dodaなどの求人サイトを見ると転職市場で最も需要が高いのはメーカー・建設業界です。

業種別購買・調達職の求人件数(2020年2月調べ)

業種 求人票
メーカー 323
建設・プラント 36
商社 17
医薬品 31
小売・外食 17
その他 33
合計 391

未経験OKの購買・調達担当の仕事はどこで探せる?

購買・調達担当の仕事を探すためには、結論から言うとリクルートエージェントなど転職エージェントへ登録するのが一番の近道です。
なぜなら「購買・調達職は、ある程度の規模の会社」あるいは「成長中の中小企業」に設けられている部署だからです。

後者の場合は転職サイトに求人がありますが、前者の場合、公開求人としてしまうと、応募者が殺到して人事部が捌ききれなくなってしまうため、、エージェント求人としてある程度フィルタリングを行っています(一部例外あり)

また通常、転職エージェントは未経験者を歓迎していませんが、製造業界の平均勤続年数が長い、そもそも購買・調達経験者が少ないなどの要因からここ数年は売り手市場のため、未経験からでもエージェント応募が可能です。

ですので、もし転職エージェントに登録するなら、

など、面倒見の良い大手エージェントと特化型エージェントの2種類に情報網を張っておくと良いと思います。
(実際、異業種からの転職で入社した人はほとんどエージェント経由でした。)

未経験でも転職は可能

それではメーカー・建設業界における調達・購買職の業務内容はどのようなものなのでしょうか?具体的に転職が成功するのはどんな人…?そんな疑問にお答えします。

購買・調達の仕事内容とは?

購買・調達の仕事内容

メーカーにおける購買・調達部門の仕事は、自社製品の製造や、サービス、研究などのために必要な資材、機械、サービス、副資材などの仕入れを行う仕事です。

購買・調達の立ち位置

調達・購買の仕事は、「要求部門から、”必要なもの(物・サービス)”の情報を受け取り、その品物を取引先へ発注し、現場へ納品する」までが仕事の範囲です。図解するとこんな感じです。

調達・購買の仕事の範囲

「購買」と「調達」の違い

購買、調達と企業によって呼び方が異なるのが気になる方もいるのではないでしょうか?結論から言うと、これまで実際に働いたり、転職活動をしたりした経験からすると、仕事内容に大きな差はありません。大手企業では「調達」と呼んでいる傾向はあったかもしれません。

購買・調達のミッション

調達・購買のミッション

調達・購買部門のミッションとは、「外注先のQCD(品質・コスト・納期)を管理すること」です。

Q:品質

自社の「調達品の品質グレードと管理基準」に基づいて外注先選定、購買活動を行います。高品質が要求される製品であれば製品完成後に、自社の品質検査員が外注先工場に赴いて品質検査を行います。企業によりますが、調達・購買担当者が同行することもあります。

C:コスト(価格)

プロジェクトごとに割り当てられた予算に基づいて、外注品の価格交渉ならびに予実管理を行います。日本の製造業においては、原価率が6~7割とも言われているため、外注費のコストダウンは重要なミッションです。

D:納期

発注前ならびに契約後の納期管理を行います。納期が遅れると自社工程に重大な遅延を与えることにもつながりかねないため、調達担当者は日々納期管理と遅延のキャッチアップに必死です…。

これらのミッションを達成するために、日々行う業務は広範囲にわたります。

購買・調達の日々の業務・仕事内容

購買・調達部門のルーチン業務は、事務作業から調整まで多岐にわたります。会社や購買するものの難易度によって差がありますが、概要はこの通り。

日々の業務

・購買/調達仕様書のチェック

要求元が発行する仕様に誤りや齟齬がないかをチェックします。細かいところでは発注単位(箱/本)などのチェックもしますので見るべき項目は多いです。

・外注先選定(見積取得、比較、必要に応じて要求部門との打合せのセッティング)

複数社に見積もり依頼を行い、基本的には既存の仕入先からどの企業へ発注するかを選定します。また新規開拓も重要なミッションです。

・条件交渉(価格、納期、品質)、契約

見積書の内容に対して条件の比較・交渉を行います。「価格」「品質」「納期」を総合的に評価して仕入れ先を1社に決定します。契約書の発行は自社のシステムで行うことが多いです。実際の事務処理は派遣社員へ依頼することもありますが入社後一定期間は行うことを覚悟しておいてください。

・技術関係図書の回収

オーダーメイド品であれば発注後に技術書をやりとりして仕様を決めていきます。

・納期管理

発注したものが納期通り納品できるかの状況確認を行います。自社工程に影響度が高いものに対しては、発注先の工場に出向いて依頼したものが納期通りできているかを確認します。

・予実管理

外注費の予算に対して現在のプロジェクトがどれくらい消化しているかの管理を行います。

・検収状況のモニタリング

外注先へ支払いができる状態になっているかを確認します。月末締めの企業が多いと思いますので、月末~月初は検収対応で忙しいです。

トラブル対応

・品質トラブル

調達品が要求品質を満たしていない場合の対策、関係者と対策を立てる。

・納期トラブル

外注先が契約納期を守れない場合の対策を立てる。

・取引先のトラブル

倒産、災害、不祥事等への対応。

監査対応

・ISO9001監査対応

部署ごとに置かれた監査担当が取りまとめをしますが(主に若手~中堅の仕事)、監査書類を整えるための外注先の評価など全員で対応するため監査期間は協力が必要です。

・会計監査

メインは財務部門で対応、購買・調達部門は書類の提出などに協力します。

購買・調達で扱う製品の範囲

企業により材料・サービスの発注以外業務もあります。
たとえば、

  • 物流の手配
  • レンタル
  • 自社設備関連の購入

など。この境界線は曖昧で、物流管理の重要度が高い企業では調達部門に物流調達のスペシャリストが置かれている場合もありますし、そうではない場合は「物流の手配は物流部門」とされています。

未経験からの転職対策

それでは未経験から調達・購買職に転職するためにはどのような対策が必要なのでしょうか?

まずはこちらの表をご覧ください。未経験から購買・調達職へ転職を成功した人を見ていると大体3パターンに大別できます。

技術系・現場系にルーツあり 「オーダーメイド」系の調達
営業系にルーツあり 「ロットで購入」あるいは「カスタムメイド」系の調達
事務系にルーツあり 成長中の中小企業で総務業務も兼務

A)技術系職種出身の方

機械・電気(制御)など技術的に得意分野がある方はそのまま調達の仕事に活かせます。実際、プロパー(新卒入社組)でも、技術部門から購買・調達部門の社内異動は多く、新卒で設計→調達→設計部署の課長代理のように昇進していく方も多いのですが、まれに調達で才能がめちゃくちゃ開花してそのまま調達部門のマネジメント層に上がっていく方もいました。

私はプラントメーカーで工業用監視カメラの調達を担当しています。設置場所の環境が厳しく技術的な要件も多いため設計部門との品質のすり合わせも重要な役割です。前職の制御設計で培った技術知識を活かせるところにやりがいを感じています。

技術系にルーツがある方が目指すべきは、設計・研究部門と一丸となって外注品を作り上げていくオーダーメイド品の調達マンで、そのためには「技術者に寄り添える調達でありたい」と面接でアピールしましょう。

<技術系から調達へのキャリアチェンジを目指す場合の志望動機例>
「技術に寄り添える調達マンになりたい」と考え志望致しました。前職では約5年間、搬送装置の機械設計エンジニアとして経験を積んできました。品質と安全性を両立し予算を守るためには、単にコストダウンの交渉だけではなく技術視点から現場のリクエストと調達側のノウハウを理解して調整することが大切ですが、私は関係者と必ず顔を突き合わせてお話しすることで落とし所を見出してきました。そういった働き方をする中で調達部門がいかに大事かを痛感しております。貴社は大手自動車工場へのオーダーメイド設備の調達に携わる人材を募集しているということですが、これまでに培った機械設計の技術や製造工程の知識、利害関係の調整力などをフルに活かせる役割であると感じ、応募いたしました。

B)営業系職種出身

未経験から調達部門への転職をした方のなかで最も多いのは営業系にルーツを持つ方です。企業によっては営業の方が仕入れも兼ねるなど、文系職種として親和性が高いのもポイントでそれを採用側も知っています。その適正からオーダーエイド系の製品を最初から担当することは少なく、技術的に作りこんでいくよりも、素材購入系の製品を任されたり、英会話スキルがあれば海外調達を任されている傾向がありました。

僕は外資系ファッションブランドの生産管理部門で、クリエイティブ会社の選定や契約を管理しています。購買といっても、モノを仕入れるばかりとは限りません。もともと営業だったのでその時の経験が価格交渉に役立ってますね。

ですので調達と親和性が高い経験があればまずそれを前面に押し出した志望動機、自己PRを練りましょう。また製造業では英語のできる人材は歓迎されていますので、求人票に「海外調達」「海外拠点の支援」のキーワードがあればTOEICの点数や英会話スキルをかならずアピールしてください。

<営業系から調達へのキャリアチェンジを目指す場合の志望動機例>
新卒で入社した現在の会社で約3年間、工業用ねじ製品の営業として経験を積み、●●エリアの中小規模の町工場から大企業の生産ラインとの取引までさまざまなクライアントとの取引を経験致しました。ねじ製品のオーダーメイド、カスタムメイドの受注にあたっては外注先の選定から価格、品質、納期の交渉も含め営業部門にて対応する環境でした。その中でも私が自分の強みを活かせると感じたのは調達系の交渉業務です。そういった中で営業の仕事にやりがいは感じているのですが、本来は学生時代の留学で培った英語力を活かしたいという思いが新卒時代からずっとくすぶっています。現職は国内のクライアント中心で配置転換も無く、希望が叶いません。御社は海外拠点の生産と調達を日本本社がバックアップしている体制と伺っておりますので、私の強みである英語力と営業での交渉経験の両方を活かせる環境だと魅力を感じております。

C)事務系職種出身

正確性とタイムリーさ、そして何より「調和」が求められる事務職/営業事務職として経験を積んできた方も、購買・調達職へのキャリアチェンジが可能です。とはいえ大手企業求人の場合、事務系の作業は派遣社員が担当することもあるため注意が必要で、派遣社員になるとかえって年収ダウンとなりキャリアアップにつながりません。正社員転職をしたい場合、ねらい目は「成長中の中小企業」です。中小企業では購買調達を技術系部門が担うなか業務細分化、技術部門エキスパート化のため専任担当を置く会社も増えています。

私は化粧品メーカーの購買部員として、コスメのボトルや梱包資材の発注を担当しています。閑散期には総務系の事務系業務を兼務することもありますよ。

そして中小メーカーの技術職の方は高いスキルを発揮し会社のエースとして技術を支えていますが、その分事務方面はまるでからきしで、エクセルの関数を知らない技術者の方は多いです。そういった背景から中小企業の調達部門では、エクセルが使える、ファイリングが得意…など事務スキルは重宝されます。
技術系の知識は学ぶ姿勢を謙虚に示しながら、事務系のエキスパートとしてのスキルをアピールしましょう。

<事務系職種から調達へのキャリアチェンジを目指す場合の志望動機例>
事務職のエキスパートとして御社に貢献しながら調達マンとしても成長したいと考え志望致しました。現職では約4年間、パッキンの営業事務として自動車業界を中心に●●社のクライアントならびに外注先対応を担当致しました。地域職ではありますが仕事にはとてもやりがいを感じており、クライアント別の資料作成、紙の帳票から自社システムへの切り替えなどにも積極的に関わってきました。今後は内勤文系職種のエキスパートとしてキャリアアップしたいと考えているのですが、現職では一度地域職として採用されてしまうとその後のキャリアが固定されてしまう仕組みです。そこで今回、御社の求人にて総務業務と調達業務の両方を見られる人材を募集していると拝見し応募致しました。御社の主幹事業である工業用ゴム製品については理解がありますので、調達業務もなるべく早期に引き継いでお役に立てると考えております。

購買・調達部門を目指す方向け職務経歴書ダウンロード

  • 業界専用テンプレで選考通過率UP
  • 面倒な「自己PR」文もカンタンに。忙しい転職活動を効率化
  • 作成するだけで、自然と転職のコツが身につく
  • Wordが無くても大丈夫。Googleドキュメント版で手軽に編集可能

未経験から、購買・調達への転職に成功した人の特徴

購買・調達未経験からキャリアチェンジに成功した人には、以下の特徴がありました。(私の見た範囲です)

  • 現職のスキルをアピールしている:上記の通り。
  • 語学力がある:海外調達ができる人材は貴重。製造業界は比較的レガシーな文化で、グローバル企業を除いて英語に抵抗がある人材もまだまだ多いため、中途採用で英語ができるとかなり有利。
  • メーカー出身者:特に転職先の企業と親和性が高い(たとえば大型機械のメーカーにネジメーカーから転職するとか)は受け入れられやすいようです。
  • 人当たりが良い:「元気で朗らか」な人材はどこでも重宝されますよね。

未経験から購買・調達を目指す方へのヒント

ヒント1:調達・購買職への転職に資格は必要なし

未経験から調達職に転職するために必要な資格は特にありません。関連する資格として日本能率協会による「CPP」や「シックスシグマ」が挙げられていますがこれまで100名以上の調達マンと接してきたなかで資格取得者は、ほぼいませんでした。
それよりも現職で培ったスキルをアピールしましょう。

ヒント2:購買、調達職の関連法規

購買・調達職として働く場合必要な知識は法律は公正取引委員会が定める「下請法」で、購買担当者であれば入社後必ず触れることになります。

「下請法」とは取引の公正化を目的とし、親事業者(発注者)の4つの義務、11の禁止事項などを定める法律です。面接時点での知識は必要ありませんが、もしこれまでのキャリアで関わった経験があれば有利になるので面接でさりげなくアピールしても良いでしょう。

もちろん法律上だけではなく、「取引先とは対等な立場」というマインドは重要です。とはいえ交渉やトラブル対応の際に毅然とした対応が求められるのは言わずもがなで、言ってよいこと、言ってはいけないことの区別をしっかりつけましょう。

人間性の部分は面接でも見られると思いますので、入社試験を受ける際も、入社後も常にフェアな対応を心掛けることが重要です。

ヒント3:調整力のある人材が歓迎

購買、調達職は社内の部署と多く関わる仕事なので、「調整力がある人材」が重宝されます。

取引先との折衝・交渉はもちろんのこと、社内での調整力も必要です。

日々の業務では、上流部門である設計・技術部門、次工程である受入・検収部門との連携が必要です。他にも、品質管理部門、品質保証部門、財務部、資金部など、関わる部署は多岐にわたります。

取引先と、社内の専門部署との間に立ち、外注をスムーズに行うための調整はほぼ調達の仕事、と言っても差し支えないでしょう…。年次が上がり、扱う金額が大きくなるほど、プロマネ色の濃い業務になっていくのです。

まとめ

今回は、未経験の方向けに、購買・調達職についての基礎知識や、未経験からの転職に成功した方の特徴をお伝えしました。
もし「こんな情報を載せてほしい!」などのリクエストがありましたら、コメントがあれば対応させていただきます。
それではまた。

5秒で完了!転職サイト診断

カンタンな質問に答えるだけで、あなたにピッタリの転職サイトが見つかる診断ツールをご用意しました。

転職診断ツールへのアクセス方法

このページを共有する

未経験の職種への転職

  1. 未経験の職種への転職
  2. 未経験からカスタマーサクセスになるには?
  3. 未経験からインサイドセールスになるには?
  4. 未経験からの転職でゲームプランナーになるには
  5. 未経験からキャリアコンサルタント、キャリアアドバイザーになるには
  6. 未経験で購買、調達へ転職するには?
  7. 未経験で営業職に転職するには?
  8. 業界未経験でIT営業に転職するには?
  9. 未経験者にもチャンス。ソフトウェア制御・組み込み系エンジニアの転職
  10. 未経験でアクチュアリーになるには?
  11. 文系・未経験でも目指せる!データサイエンティスト(データアナリスト)になるには?
  12. 未経験からプログラマーになるには?
  13. 未経験からエンジニアになるには
  14. 未経験で広報になるには?
  15. 未経験でマーケティング担当者になるには?
  16. 未経験でWebマーケティング担当者に転職するには?
  17. 未経験でWebデザイナーになるには?
  18. 未経験から総務に転職するには?
  19. 未経験で経理になるには?
  20. 未経験で人事担当者になるには?
  21. 未経験で美容部員に転職するには?
  22. 未経験でホテルに転職するには?
  23. 未経験でウェディングプランナーになるには?