後悔しない仕事探し。中途採用・正社員転職成功情報サイト

STEP1.転職の準備段階ですべきこと

  転職の準備をする

転職活動は準備が重要です。初めて転職を経験なさる方はまず準備が満足にできておらず、やみくもに応募と面接を繰り返し、結果としてなかなか内定を得られず自分を追い込んでしまいます。
一度そうなってしまえば冷静な判断が難しくなるのが人間です。後悔しない転職のために、しっかりと準備を行いましょう。

  1. 転職の段取り、ステップを理解しよう
  2. 「目的」「目標」「きっかけ」の切り分けが無い転職は後悔の元凶
  3. 自己分析でやるべきことは「スキルと経験の棚卸し」
  4. 転職活動で大事なのは自己分析より企業分析
  5. タイミングを誤るな。次の職場が決まるまでは退職してはいけない
  6. 「焦り」は厳禁。転職先は絶対に妥協するな
  7. 転職活動は量質転換。行動量が質を生み出す
  8. ミスマッチは自ら防ぐ。「活躍できる職場かを確かめる」という考え方
  9. 嘘や経歴詐称をしてまで入社しても、後がつらいだけ

とにかく早く仕事を決めたい。でも転職先に妥協はしたくない。という方はぜひこちらの記事をご覧になってくみてください。

「転職したい」1ページで読める、失敗しない転職のテクニック
02

転職の段取り、ステップを理解しよう

転職の段取り、ステップを理解しよう

転職には「成功するための段取り」があります。上手にキャリアアップしている人は無意識の内にこの段取りを理解しています。活動のスタートにあたって重要な5つのステップを理解しましょう。 成功する転職の5STEPとは? 先に結論...続きを読む


03

「目的」「目標」「きっかけ」の切り分けが無い転職は後悔の元凶

「目的」「目標」「きっかけ」の切り分けが無い転職は後悔の元凶

転職の準備で一番最初にやるべきこと、それは「目的」と「目標」を明確にすることです。 突然ですがあなたがもし、「目的」と「目標」の違いは何ですか?と聞かれたらなんと応えるでしょうか。 普段何気なく使っている「目的・目標」と...続きを読む


04

自己分析でやるべきことは「スキルと経験の棚卸し」

自己分析でやるべきことは「スキルと経験の棚卸し」

「自己分析」が大事だとよく言われますね。でも実は前のページで目的と目標を切り分けた時点であなたの自己分析は半分完了しています。 目的と目標の関係を明確にすることで、これからなぜ、何をやりたいかが明確になったはずです。本当...続きを読む


05

転職活動で大事なのは自己分析より企業分析

転職活動で大事なのは自己分析より企業分析

前のページで自己分析について触れました。実は転職活動では自己分析よりも「企業分析」が大切です。人事の立場から企業分析のポイントを解説します。 自己分析はひとりよがりになりがち 筆者は自己分析をおすすめしません。自己分析は...続きを読む


06

タイミングを誤るな。次の職場が決まるまでは退職してはいけない

タイミングを誤るな。次の職場が決まるまでは退職してはいけない

会社に嫌気が刺した方に多いのですが、転職先が決まる前に退職してしまう方がいます。 少なくとも一社から内定が出るまでは絶対に退職してはいけません。 先に退職すると焦りが生まれやすい 実際に転職活動をしてみるとわかるのですが...続きを読む


07

「焦り」は厳禁。転職先は絶対に妥協するな

「焦り」は厳禁。転職先は絶対に妥協するな

内定がなかなか出ないと焦ります。焦るな、という方が難しいのですが、とにかく焦ってはなりません。 転職活動に焦りは絶対禁物です。焦りは妥協を産みます。妥協は後悔を生じさせます。いくら書類選考で落とされても、第一志望に「お祈...続きを読む


08

転職活動は量質転換。行動量が質を生み出す

転職活動は量質転換。行動量が質を生み出す

転職活動では量が質を生みます。 だれもが最初は初心者です。応募種類も上手く書けませんし、面接では緊張します。数をこなす内にポイントが掴めてきます。そして、作業が効率化されます。 筆者が初めて転職活動をしたときは60社の書...続きを読む


09

ミスマッチは自ら防ぐ。「活躍できる職場かを確かめる」という考え方

ミスマッチは自ら防ぐ。「活躍できる職場かを確かめる」という考え方

転職活動ではどうしても「企業が応募者を選ぶ」という構図に気を取られがちです。しかし実際には「応募者が企業を選ぶ」という側面があることを忘れてはいけません。 そのための基準は「自分が活躍できるかどうか」です。やや精神論に近...続きを読む


10

嘘や経歴詐称をしてまで入社しても、後がつらいだけ

嘘や経歴詐称をしてまで入社しても、後がつらいだけ

どんなに志望度合いが高くても「嘘をつくこと」「経歴を詐称すること」だけはやってはいけません。あまりにもひどいウソをつけば入社後に自分が苦しむだけですし、意外と簡単にバレます。 またウソは転職活動で最も避けなければならない...続きを読む


Top