転職の段取り、ステップを理解しよう

転職には「成功するための段取り」があります。上手にキャリアアップしている人は無意識の内にこの段取りを理解しています。活動のスタートにあたって重要な5つのステップを理解しましょう。

成功する転職の5STEPとは?

先に結論からお伝えします。成功する転職の5STEPとは、以下の通りです。

「当たり前」が出来ないから苦労する

なーんだ、当たり前じゃないか。」と感じた方は正解です。ただ、この当たり前のことをできていない方が非常に多いのです。

転職活動を我流で進めると、ものすご~く損をします!

例えば。

職務経歴書の精査をする前に面接対策のことばかり考えている。

当然ですが、書類選考を通過できなければ面接はさせてもらえません。でもなぜか落ちる。これ、

  • 職務経歴書のアピールポイントが応募先にマッチしていない
  • そもそも経歴と応募先企業が求めるものがフィットしていない

間違いなくこのどちらかです。なぜこのような問題が起こるかというと、職務経歴書が練り込まれる前に応募してしまっているからです。

転職のステップをきちんと理解して、事前に職務経歴書を用意し、人材紹介会社に添削してもらえばこのような問題はまず起こりません。

また人材紹介会社に相談する過程の中で自身の経歴と応募先のマッチ度も確認してもらえるので、無意味な書類落ちを未然に防ぐことができます。

人材紹介会社のサービスを享受しない

上記の話にも通じるのですが、人材紹介会社は何人もの転職者と応募先企業を見てきた転職活動のプロですから、このアドバイスを聞かない手はありません。(時にキツイことも言われてしまうのですが、一生に一度の大事な決断ですからね)しかも利用は無料

無料で、書類の添削はもちろん面接のスケジューリングから給与交渉までオンラインでお任せできる上、転職活動の進捗をコントロールしてもらえる貴重なパートナーなのです。

最終的にTwitterのDMから直接応募するつもりであってもその後の面接の成否にも影響しますから、絶対に登録と面談は済ませておくべきです。

内定が出る前に今の会社をやめてしまう。

仕事が辛い、辞めたい、という理由で転職活動に入った場合は特に気をつけたいのですが、現職を先に退社するのは厳禁です!

  • 収入を失うことで焦りが生まれ、就職先に妥協してしまう
  • 万が一活動が長引いてしまうと無職期間が発生し、履歴書の見栄えが悪くなる(どこからも必要とされていない人材と思われやすい)
  • 現職が無いことで給与交渉で不利になる(足元を見られる)

無計画だった私の転職活動

何を隠そう、私自身、先が決まらないまま最初の職場を退職してしまい、随分と苦労した経験があります。

恥ずかしながらハローワークの失業手当をあてにしての事でしたが、自己都合退社の場合失業手当は3ヶ月後からしか支給されません。裏技的に退職後すぐに職業訓練校を利用すれば例外として支給が認められますが、人気のコースは定員オーバーしてしまうため順番待ちで、退職したての方は入学することが困難でした。

結果的に次の就職先が決まるまでの間6ヶ月もの無職期間を過ごすことになり、その間は浅草の天丼屋さんで働いたりJRの臨時スタッフとして新幹線の中でアンケートをとったりと、20代の貴重な時期を短期バイトで食いつなぐこととなりました。収入は激減しましたし、何よりこの先どうなってしまうんだろうという不安が辛かった事を覚えています。

だから、プロセスは大事!

それではもう一度おさらいしましょう。転職活動のステップとは。

この5つです。これからはこの5つのステップをガイドラインにしながら、それぞれの具体的な取り組み方法を見て行きましょう。

このページを共有する

転職の準備をする

  1. 転職の準備をする
  2. 転職の段取り、ステップを理解しよう
  3. 「目的」「目標」「きっかけ」の切り分けが無い転職は後悔の元凶
  4. 自己分析でやるべきことは「スキルと経験の棚卸し」
  5. 転職活動で大事なのは自己分析より企業分析
  6. タイミングを誤るな。次の職場が決まるまでは退職してはいけない
  7. 「焦り」は厳禁。転職先は絶対に妥協するな
  8. 転職活動は量質転換。行動量が質を生み出す
  9. ミスマッチは自ら防ぐ。「活躍できる職場かを確かめる」という考え方
  10. 嘘や経歴詐称をしてまで入社しても、後がつらいだけ
Top