「焦り」は厳禁。転職先は絶対に妥協するな

内定がなかなか出ないと焦ります。焦るな、という方が難しいのですが、とにかく焦ってはなりません。

転職活動に焦りは絶対禁物です。焦りは妥協を産みます。転職先の妥協が意味するものは後悔です。いくら書類選考で落とされても、第一志望に「お祈り」されても、絶対に焦らないこと。これが大事です。

焦りを避けるには先に退職しないこと

タイミングとして、転職活動より先に退職してはいけません

いくらスムーズにいったとしても最初の内定まで2週間はかかります。初めての転職や未経験職種へのチャレンジなどのケースでは数ヶ月かかることも珍しくありません。

まともな方なら当然焦りの感情が生まれます。そして、焦りは妥協をます。転職活動での妥協は目的を放棄することです。その結果、後悔だけが残ります。

焦りの感情をコントロールするために

転職活動を1人でやろうとしていませんか?孤独は焦りを助長します。かといって現職の方に相談するわけにもいかないでしょうから、そんな時は転職エージェントに会ってみましょう。

もしすでに利用中の会社があれば別の会社に登録するようにします。こちらでもお伝えしていますが、人材紹介会社は会社毎に手持ちの紹介先企業が全く異なるためです。

また担当CA(キャリア・エージェント)によって対応もかなり異なるため、運が良ければ自分の状況を親身に聞いて解決策を示してくれるはずです。

焦らないためには諦めずに環境を変えることが大事です。

転職活動をやめてもいい

どうしてもいま転職しなければいけない理由はありますか?目ぼしい求人情報は1-2ヶ月経てばほとんど入れ替わります。半年先延ばししてもデメリットはありません。もう少し待ってみてもいいのでは。(そうすればあと数ヶ月でボーナスも支給されるのでは?)

勤務先を変えるのは大変です。いくら仕事ができる人でも、新しい環境に慣れるまでに時間がかかります。業務用ファイルの場所すらもイチから覚え直しです。焦って職場を変えるよりも、数ヶ月の休養を挟んで羽を伸ばす方が遥かに有意義なはずです。

慌てる必要はありません。いつか来るその日まで、スキルを蓄えて待ちましょう。

このページを共有する

転職の準備をする

  1. 転職の準備をする
  2. 転職の段取り、ステップを理解しよう
  3. 「目的」「目標」「きっかけ」の切り分けが無い転職は後悔の元凶
  4. 自己分析でやるべきことは「スキルと経験の棚卸し」
  5. 転職活動で大事なのは自己分析より企業分析
  6. タイミングを誤るな。次の職場が決まるまでは退職してはいけない
  7. 「焦り」は厳禁。転職先は絶対に妥協するな
  8. 転職活動は量質転換。行動量が質を生み出す
  9. ミスマッチは自ら防ぐ。「活躍できる職場かを確かめる」という考え方
  10. 嘘や経歴詐称をしてまで入社しても、後がつらいだけ
Top