ドコモに転職するには?難易度や面接の口コミ・中途採用情報をチェック

はじめに

2019年9月から第5世代移動通信システム(5G)のプレサービスの提供を開始し、2020年春には商用サービスを開始すると発表しているドコモ。5Gネットワークの構築には累計1兆円を投資し2023年までに一般のお客様の利用開始を目指しています。
(参考:ドコモの中期取り組み

5Gの導入に向け様々なパートナーと協力し、スタジアムソリューション、VR・AR・MR、遠隔医療、災害対策など人々の暮らしに貢献できるサービスを提供していくとしています。

通信事業だけでなく、モバイルを利用した医療・金融・教育ビジネス、農業や水産業など一次産業ビジネスなど新しいことにチャレンジし続けるドコモに転職したいと考えている人は多いのではないでしょうか?この記事では、ドコモへの転職を考えている人向けに、ドコモの企業情報や転職方法をご紹介します。

ドコモへの転職についてのまとめ

口コミからの総合評価
3.70

ドコモの転職レーダーチャート


ドコモの特徴

  • 国内携帯電話市場占有率は約45%で、国内最大手の携帯電話キャリア会社
  • 海外拠点を複数持つグローバル企業
  • 平均年収は872万円(40.2歳)(四季報調べ)で、通信関連業界の平均年収544万円と比較すると高い
  • 有給消化率が80%を超え、ワークライフバランスがとりやすい環境
  • 子育て支援制度が充実しており、子育て中の社員が働きやすい

ドコモへの転職でおさえておきたいポイント

  • 新卒採用がメインであり、中途採用求人はほとんどない
  • 一般的な転職サイトでは求人がみつからないため、転職エージェントへの登録がおすすめ

ドコモの企業情報

企業情報

基本情報

※スマホの方は横にスクロールしてご覧ください

事業内容 携帯電話の移動通信事業
代表者 吉澤 和弘
設立 1992年7月1日
資本金 9,496億7,950万円(2019年3月末現在)
従業員数 7,884人(2019年3月末現在)
所在地 東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー

企業理念やビジョン

ドコモの企業理念はこちら。

企業理念
私たちは新しいコミュニケーション文化の世界を創造します。
私たちはお客様に満足していただきます。
私たちは個人能力を生かします。

ブランドビジョン
いつか、当たり前になることを。

企業ビジョン
HEART:スマートイノベーションへの挑戦
Harmonize: 国・地域・世代を超えた豊かな社会への貢献
Evolve:サービス・ネットワークの進化
Advance:サービスの融合による産業の発展
Relate:つながりに寄る歓びの創出
Trust: 安心・安全で心地よい暮らしの支援

(引用元:ドコモ企業理念・ビジョン

「いつか、当たり前になることを。」をブランドビジョンに掲げ、未来の「あたりまえ」を作ることに力を入れています。また、製品やサービスの質だけでなく、人々が自由にコミュニケーションがとれる環境を作り、提供していくことを目指しています。

ドコモの転職基礎知識

基礎知識

平均年収

872万円(40.2歳)(四季報調べ)
通信関連業界の平均年収:544万円と比較すると、高いものとなっています。
(出典元:2019年版 業種別 モデル年収平均ランキング – マイナビ転職

世代別平均年収

※スマホの方は横にスクロールしてご覧ください

年代 平均年収 最高年収 最低年収
20代 425万円 554万円 305万円
30代 600万円 700万円 450万円
40代 800万円 985万円 600万円
50代 1000万円 1100万円 600万円

(引用元:転職会議)

労働環境

  • 1時間から取得できる年休とフレックス制度(10:00-15:00)を合わせて柔軟に働くことができる
  • 部署にもよるが、残業時間が少なく仕事とプライベートの切り替えがしやすい
  • 育児休暇がとりやすく、男性社員の利用者が増えている。2018年度の育児休職の利用者は女性が596人、男性が43人
  • 妊娠・出産・育児にかかわる制度が充実。妊娠中に勤務を免除する制度である「妊娠中の通勤緩和措置」や1歳以下の子供がいる女性社員が育児のために1日2回(それぞれ45分以内)の育児時間がもらえる「育児時間」制度がある
  • 水曜日と金曜日の賃金支給日は残業してはいけないという決まりがあり、ほとんどの社員が定時で退社する

福利厚生

  • 住宅購入後には利子を補充してもらえる制度がある
  • 社宅制度が充実しており、運が良ければ都内でも2万円程度で済むことができる
  • 若手社員育成研修、選択型研修(交渉力研修、データ分析研修など)、エキスパート研修(法人IoT入門研修、法務研修など)など研修が充実している
  • 財形預金、社員持株積み立てなどお金に関する制度が整っている
  • 社内公募制度があり、特定のスキルが必要な事業や新規分野事業に応募することが可能

残業時間

口コミサイトでは、20.5時間から21.7時間とばらつきはありませんでした。
基本的に残業時間は少ない企業です。1か月の残業上限は38時間、20時以降に残業する場合は上司の承認が必要となり残業があまりできない仕組みになっています。勤怠管理はシステム化されていて、残業申請せずにパソコンを起動していると上司に通知が言ってしまうようです。部署によっては残業時間が多いケースもありますが、50時間以内におさまるように調整されています。

有給消化率

口コミサイトでは、 83%から93.1%と若干ばらつきがありました。
有給はきちんと消化できるため、有休消化率は83%以上とかなり高めとなっています。入社1年目から有給が20日付与され、休みがとりにくい雰囲気はないようです。あらかじめ有給申請をして置けば、長期休暇も取得可能となっています。管理職以外は一定日数の有給を取得しないと強制的に取らされるため、必然的に有給消化率は高くなります。

ドコモの中途採用求人情報

求人情報

ドコモにはどのような職種があるのか

ドコモには、大きく分けて事務職と技術職の2職種があります。2020年2月時点ではドコモの採用情報ホームページでキャリア採用の募集を行っていないため新卒採用の職種をご紹介します。キャリア採用の場合には、より専門性のあるポジションでの募集になるでしょう。

事務職 代理店コンサルティング営業
法人ソリューション営業
サービス企画&マネジメント
コンシューマ企画/法人企画
マーケティング
人事など
技術職 先端研究開発
法人ソリューション企画開発
コンシューマサービス企画開発
ネットワークデザインなど

(引用元:ドコモリクルート2021ドコモの人々

求人の傾向・採用している職種

ドコモの採用情報ホームページと転職サイトのdodaでドコモの求人を調査しましたが、2020年2月時点では中途採用の求人は見つけることができませんでした。ただ、転職エージェントのリクルートエージェントで過去に募集していたドコモの求人を確認すると、「dアニメストアでのアニメビジネスの推進と海外展開推進」と「Fintechサービス企画開発」のポジション求人があったので技術職よりも総合職の求人が多いのかもしれません。
(参考:リクルートエージェントNTTドコモ中途採用情報

実際の求人情報

2020年2月時点では、ドコモの中途採用の募集はありません。ドコモの採用情報ホームページでは、「キャリア採用は現在募集中の職種がございません」と記載されています。ドコモへの転職を考えている場合は、ドコモ採用情報ホームページや転職サイトをこまめにチェックして求人情報を逃さないようにしましょう。

ドコモの採用方針

ドコモは新卒採用がメインとなっており、中途採用は積極的に行っていないようです。有給消化率が高く手残業が少ない、さらに福利厚生がしっかりしていることで離職する人が少なく、人材補充として中途採用を募集する必要がないのかもしれません。

ドコモの選考に関する情報

選考

ドコモへの転職難易度

ドコモはほとんど中途採用募集を行っておらず、新卒採用をメインにしているため転職難易度は非常に高いです。
ドコモの採用情報ホームページや一般的な転職サイトでは中途採用求人がないため、転職エージェントに登録して、ドコモの求人が出た時に連絡をしてもらうのがおすすめです。また、ドコモの求人は一般には公開しない「非公開求人」として転職エージェントで中途採用の求人募集が行われている可能性もあるため、担当アドバイザーに相談してみましょう。

選考の流れ

ドコモの採用情報ホームページでは中途採用の選考の流れも、新卒採用の選考の流れも記載がありませんでしたが、中途採用選考の場合は一般的な企業の選考と同じく「応募⇒書類選考⇒面接(適性検査)⇒内定」の流れになるでしょう。

筆記試験の有無、種類

ドコモの採用情報ホームページでは筆記試験に関する情報は見つかりませんでした。詳細情報は、転職エージェントに登録して担当アドバイザーから入手しましょう。

必須・推奨される資格

中途採用も新卒採用も詳しい募集要項を公開していないため、応募の際に必要になる学歴やスキルなどは分かりませんでした。こちらも、転職エージェントで詳細を確認するのがおすすめです。

面接で聞かれること

ドコモの面接では、志望動機や自己PRなど一般的な質問のほかに「ドコモらしい」質問もここなわれるため、いくつかご紹介します。

  • ドコモのサービスで一番気に入っていること、不満なところは?
  • 自分がドコモショップの店長だったら?
  • ドコモの経営課題
  • ソフトバンクとの違いは?

ドコモのサービスについて、競合となるソフトバンクとの違いは何なのかなど通信サービスならではの内容が問われるようです。また、ドコモの経営課題など込み入った話題も質問されるため、サービスや製品情報だけでなく経営や取り組みについても事前に確認しておきましょう。

ドコモへの転職に関する口コミや評判

評判

企業評価(安定性・成長性)

・5Gに世代が変わることでマイグレーションが進み、通信事業の収益拡大が見込める。(通信インフラ設計・30代)

・通信サービスNo.1の会社であることは誰もが疑わない。ブランド力が高く、顧客のロイヤリティが高いため、そう簡単にビジネスがひっくり返ることはないと思われる。(企画・40代)

・ドコモにしかできないビジネスがある。契約数や技術力、基地局の数、国内外からの信頼、災害への取り組みなどは世界でも類を見ない。(営業・40代)

・通信インフラを提供している会社だけあって、事業がなくなることはまずない。(通信インフラ設計・30代)

・5Gを利用したソリューションの提供を目指していますが、収益につながる具体的なソリューションは見いだせないままです。(通信インフラ設計・30台)

給与・待遇

・30代半ば、係長クラス、残業多めで年収900万円程度、休みも多く取れることを考えると満足度は高く、恵まれていると感じる。(営業・30代)

・30歳までは全員がほぼ同じように昇給しおおよそ700万円までは到達する。その後人事評価により昇給に差が出ていき35歳くらいで最速で課長位になると1,000万円は到達するかと思われる。(企画・30代)

・出世や評価を気にしなければ福利厚生を含めてとてもいい会社。残業なども厳しく管理されている超ホワイト企業です。(新規事業・30代)

・等級によって賞与が決まる。5段階評価で、5の評価をもらえば次の評価まで月給が上がりうまみがある。(企画・30代)

・仕事の成果が年収に結び付いていないことが大変残念です。(営業・30代)

評価制度

・若手は定期的に昇給面談があり、通ると最速での昇進が見込める。組織内での相対評価である。(営業・30第)

・目標達成率と上司との面談時の自己PRをそつなくこなせば評価は高くしてもらえる。(企画・30代)

・評価の前に自己申告表を元に面談が行われる。(マーケティング・40代)

・一定のタイミングでの評価をもとに昇進するかが決まる。(プロジェクトマネージャ・30代)

・評価は相対評価であるので同じくらいの評価の人間と差をつけなければいけない場合があり、上司に対していかにゴマをすったかで評価が分かれることがある。(営業・30代)

仕事のやりがい

・三大キャリアでは最高です。インフラ事業もネットサービス事業にも関われますがありがいのある大きな仕事ができるのでおすすめです。(企画・30代)

・かなり大きな仕事を若いうちから任せてもらえる。コンシューマ向けのサービス開発が主になるので、実際にサービスがローンチすると達成感とやりがいを感じることができる。(プロジェクトマネージャ・20代)

・職種や領域によるが基本的に規模の大きな仕事ができる。ネームバリューがあるためどの様な取引先でも必ず話は聞いてもらえる。(経営企画・30代)

・スーパーホワイトとでもいうべき労働環境の中で、正解最先端のビジネスモデルの開発や企画運営、営業の携わることができる。(営業・40代)

・3年単位でのジョブローテーションがあるので、ノウハウの蓄積が難しい。(ネットワーク設計・30代)

(引用元:キャリコネopenwork転職会議カイシャの評判

ドコモに転職するには

ドコモのような国内大手企業への転職ルートは特殊です。

国内大手企業の求人はとても貴重だからです。

大手企業が中途採用を実施するのは、「新規事業や事業拡大などで即戦力が必要になったとき」です。
実は、中小企業よりも大企業の方が即戦力採用を重視する傾向にあります。

専門知識
・能力
即戦力 離職者
の補填
人脈 新卒者が
取れない
関連会社
からの要請
その他
1000人以上 72.0% 79.0% 24.4% 22.5% 2.1% 10.8% 7.4%
300~999人 64.2% 70.7% 23.0% 17.2% 4.5% 11.3% 5.0%
100~299人 60.3% 77.6% 30.9% 18.0% 3.1% 6.9% 2.8%
30~99人 46.1% 64.3% 33.4% 16.1% 3.0% 9.1% 2.1%

(引用元:厚生労働省 平成27年転職者実態調査の概況

例えばヘルスケア事業に注力しようとしているコニカミノルタ株式会社は超音波診断装置の開発に携われる3D CAD/金型設計の経験者を募集中です。

また、2019年6月にドイツ気象庁の気象予測システムに採用されたことで話題になったスパコンのSX-Aurora TSUBASAを開発したNECは、2020年から着手される後継機(SX-Aurora TSUBASA 2(VE20))の開発に向けて、ユニットリーダー相当のポジションを募集しています。

ポイントは自分にマッチする即戦力求人を見逃さないこと

ドコモへの転職を目指すのであれば、「あなたのスキルが即戦力と判断される求人票」を見逃さないことです。

なにしろこうした求人は募集人数も少なく、すぐに締め切ってしまいますからあなたに合った職種での募集は大変貴重です。
これを見逃さないためには以下の2点が大切です。

  1. 常に公式サイトの求人票をチェックすること
  2. 競合などに配慮してクローズドに募集される非公開求人を受け取ること

この2つを簡単に満たしてくれるのが転職エージェントです。
転職エージェントは公式の求人票はもちろん、非公開求人もタイムリーにアナウンスしてくれます。

大手に強いのは大手のエージェント

ドコモのような大企業への転職を目指すのであれば、大手と強いパイプをもった大手エージェントを選ぶのがおすすめです。

具体的にはリクルートエージェントマイナビエージェントが現実的な選択となります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最多の30万件を超える求人数

人事部だけでなく事業部から非公開求人の依頼を受けているケースもあり、常時30万件以上の求人を掲載しています。営業所が多く、地方求人にも強いです。

利用者の口コミ

34歳 男性

最大手だけあって面談にいくといきなりすごい量の求人票を提出されます。

28歳 女性

やっぱり求人数は魅力的。期待を裏切らない内容でスムーズに転職できました。

30歳 男性

求人票はたくさんいただけるのですが数が多すぎて、吟味するのに少し時間がかかりました。

「リクルートエージェント」公式サイトへ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

迷うことのない求人紹介

専属のキャリアアドバイザーが厳選した求人情報のみを紹介してくれます。

利用者の口コミ

32歳 男性

明らかに他のエージェントとはスタンスが違う。「とにかく転職してください!」という雰囲気ではない。

26歳 男性

職務経歴書作成の段階から手取り足取りサポートしてくれて、助かりました。サイトも他社のようにごちゃごちゃしておらずシンプルで使いやすいです。

29歳 女性

担当の方は熱心だったのですが、地方の求人にはあまり力を入れていない様子でした。

「マイナビエージェント」公式サイトへ

エージェントには志望企業と職種をはっきり伝えてしまいましょう

特に取り扱い求人数が多いエージェントの担当者には、希望する企業と職種をはっきり伝えてしまった方が話が早いです。

仮にそのタイミングで取り扱いがなくても今後の見込みをアナウンスしてもらえたり、関連企業の求人などを案内してもらえたりする可能性もあります。

おわりに

「有給消化率が高い、残業が少なめ、年休が1時間単位で取れる」など働く社員の満足度が高いドコモ。「妊娠中の通勤緩和措置」「育児時間」など独自の子育て支援制度があり、子育て中の社員が働きやすい環境づくりをしています。ドコモでは中途採用を積極的に行っていないようなので転職難易度は高くなりますが、こまめに公式サイトや転職サイトをチェックして求人情報を逃さないようにしましょう。さらに転職エージェントに登録すれば「ドコモの求人が出た時に連絡をもらう」ということもできるので登録するのがおすすめです。

5秒で完了!転職サイト診断

カンタンな質問に答えるだけで、あなたにピッタリの転職サイトが見つかる診断ツールをご用意しました。

転職診断ツールへのアクセス方法

このページを共有する

企業別転職ノウハウ

  1. 企業別転職ノウハウ
  2. ファーストリテイリングに転職するには
  3. JR東海に転職するには
  4. 伊藤忠に転職するには
  5. Appleに転職するには
  6. 佐川急便に転職するには
  7. 豊田通商に転職するには
  8. ジョンソン・エンド・ジョンソンに転職するには
  9. セコム株式会社に転職するには
  10. 東京ガス株式会社に転職するには
  11. オリックス株式会社に転職するには
  12. ファナックに転職するには
  13. 富士フイルムに転職するには
  14. 日清食品に転職するには
  15. ヤマハ株式会社に転職するには
  16. キヤノンに転職するには
  17. JTBに転職するには
  18. 川崎重工に転職するには
  19. DMM.comに転職するには
  20. JTに転職するには
  21. UUUM株式会社に転職するには
  22. 丸紅に転職するには
  23. 三菱重工業に転職するには
  24. ブリヂストンに転職するには
  25. ドコモに転職するには
  26. ダイキン工業に転職するには
  27. 東芝に転職するには
  28. TOTOに転職するには
  29. スターバックスに転職するには
  30. 京セラ株式会社に転職するには
  31. バンダイに転職するには
  32. 野村證券に転職するには
  33. マツダに転職するには
  34. 花王に転職するには
  35. NEC(日本電気株式会社)に転職するには
  36. ニトリに転職するには
  37. KDDIに転職するには
  38. ZOZOに転職するには
  39. 村田製作所に転職するには
  40. ベネッセに転職するには
  41. NHKに転職するには
  42. クボタに転職するには
  43. 日立製作所に転職するには
  44. 三井物産に転職するには
  45. 味の素に転職するには
  46. DeNAに転職するには
  47. 住友不動産に転職するには
  48. ヤマト運輸に転職するには
  49. 三菱電機に転職するには
  50. P&Gジャパンに転職するには
  51. 富士通に転職するには
  52. JR東日本に転職するには
  53. ソニー生命保険に転職するには
  54. 旭化成に転職するには
  55. 三菱地所に転職するには
  56. 電通に転職するには
  57. サントリーに転職するには
  58. セールスフォースドットコムに転職するには
  59. 博報堂に転職するには
  60. 三井不動産に転職するには
  61. NTTデータに転職するには
  62. 資生堂に転職するには
  63. 株式会社オリエンタルランドに転職するには
  64. LINE株式会社に転職するには
  65. ホンダに転職するには
  66. 任天堂に転職するには
  67. ヤフー(Yahoo)に転職するには
  68. パナソニックに転職するには
  69. ソニーに転職するには
  70. 日産自動車に転職するには
  71. 三菱商事に転職するには
  72. メルカリに転職するには
  73. サイボウズに転職するには
  74. デンソーに転職するには
  75. 日本航空(JAL)に転職するには
  76. 日本マイクロソフトに転職するには
  77. サイバーエージェントに転職するには
  78. 全日本空輸(ANA)に転職するには
  79. キーエンスに転職するには
  80. トヨタ自動車に転職するには
  81. Amazon(アマゾンジャパン)に転職するには
  82. ソフトバンクに転職するには
  83. 楽天に転職するには