ブリヂストンに転職するには?難易度や面接の口コミ・中途採用情報をチェック


ライター:杉山奈津子

はじめに

米専門誌タイヤビジネスの2018年タイヤメーカーランキングによると、ブリヂストンのタイヤ事業の売上高は世界1位となっており、11年連続で首位を守りました。国内大手の住友ゴム、横浜ゴムの売上高を200億ドル近く引き離しており、日本では独走状態が続いています。
タイヤメーカーランキング
(引用:自動車春秋社

現状に満足することなく「断トツのNo.1」を目指すブリヂストンは、中途採用者でも新卒採用者と同じ待遇で働くことができる企業として人気を誇っています。ここでは、ブリヂストンに転職したいと思っている人に向けて、ブリヂストンの会社情報や口コミ、中途採用についてお伝えしていきます。

ブリヂストンへの転職についてのまとめ

口コミからの総合評価
3.19

ブリヂストンの転職レーダーチャート


ブリヂストンの特徴

  • タイヤをはじめとするゴム製品のほか、自動車関連部品、ウレタンフォーム、ゴルフボールなどを手がける。
  • 約180の生産・開発拠点を持ち、150ヵ国で事業展開するグローバル企業。
  • タイヤの世界シェアは2008年以降No.1を継続。
  • 日本の大企業らしく年功序列で保守的な社風。
  • 平均年収は723万円であり、競合他社と比べると同水準。

ブリヂストンへの転職でおさえておきたいポイント

  • 転職サイトには事務系、技術系ともに多数の求人があり、異業種からの転職も歓迎している。
  • 選考には筆記試験があり、SPI対策をしておくことが望ましい。
  • 海外転勤や出張、海外が絡む仕事が多いため、高い英語力が求められる。
  • 面接では、企業理解や入社後にどのような貢献ができるかについて問われる。
  • 中途採用者でも待遇面のハンデはない。

ブリヂストンの企業情報

企業情報

基本情報

※スマホの方は横にスクロールしてご覧ください

事業内容 タイヤ、化工品、スポーツ用品、自転車などの製造販売
代表者 津谷 正明
設立 1931(昭和6)年3月1日
資本金 1,263億5,400万円(2018年12月31日現在)
従業員数 14,075名(2018年12月31日現在)
所在地 〒104-8340  東京都中央区京橋三丁目1番1号

企業理念やビジョン

株式会社ブリヂストンの企業理念はこちらです。

企業理念
The Bridgestone Essence

使命
最高の品質で社会に貢献:私たちは、商品、サービス、技術にとどまらず、あらゆる企業活動においてお客様にとっていちばんよいものは何かを追求し提供します。

そして、企業の利益のためだけでなく、広く社会の発展に寄与し、世界中の人々の安全と、快適な生活を支えます。この使命を果たすことにより、世界中のすべての人に信頼され自らも誇りを持てる企業を目指します。

心構え
誠実協調:常に誠意をもって、仕事、人、社会と向き合うこと。そして、異なる才能、価値観、経験、性別や人種といった多様性を尊重し、協調し合うことで、よい結果へと結びつけること。

進取独創:世の中で起こっていることを、常にお客様の目線で理解すること。その上で、将来何が起こるかを想像し、より一層社会の役に立つ様々な「創造」に、積極的に挑戦すること。人の真似ではない方法で、世の中の新しい需要を作り出すこと。

現物現場:現場に足を運び、「真実」を自らの目で確かめること。現状を是とせず、本来「あるべき姿」と照らし合わせ、最善へと向かうための意思決定を行なうこと。

熟慮断行:物事を遂行する際は、様々な場面やあらゆる可能性を想定し、深く考えること。「本質は何か」を見定め、進むべき方向を決断すること。
そして、スピード感をもって、忍耐強くやり遂げること。

(引用元:ブリヂストン企業理念

ブリヂストンの転職基礎知識

基礎知識

平均年収

723万円(40.1歳)(四季報調べ)
ガラス・化学・石油業界の平均年収:486万円と比較すると、200万円以上高くなっています。
(出典元:2019年版 業種別 モデル年収平均ランキング – マイナビ転職

世代別平均年収

※スマホの方は横にスクロールしてご覧ください

年代 平均年収 最高年収 最低年収
20代 450万円 500万円 350万円
30代 550万円 650万円 466万円
40代 799万円 920万円 665万円
50代 1000万円 1100万円 600万円

(引用元:転職会議)

労働環境

  • 労働時間は9:00~17:30で(一部の事業所を除く)、フレックスタイム制度がある。
  • 3~5年ごとにジョブローテーションをしているため、幅広い仕事を経験できる。
  • 海外にも多数の事業所があるため、国内だけでなく海外転勤になる可能性もある。
  • 働き方改革の影響により残業時間の削減に取り組んでいるが、実際は部署や上司によって状況は異なる。
  • 時短勤務や在宅勤務の制度があり、女性が働きやすい環境作りに取り組んでいる。

福利厚生

  • 事業所ごとに社宅・青年会館(独身寮)があり格安で住むことができる。
  • 那須高原、奥多摩、軽井沢、熱海に社有の保養所がある。
  • 一般財形、ライフプラン積立、住宅財形、年金財形など目的に合わせてさまざまな財産作りができる。
  • 出産休暇、出産祝い金、短時間勤務制度(1日最大3時間)に加え、事業所によっては保育園を利用できる。
  • 持ち家融資、共済会、グループ保険などがある。

残業時間

口コミサイトでは、平均残業時間は30時間前後となっていますが、10時間以下の人から50時間以上の人までばらつきがあります。同じ職種の中でも人によってかなり差があるようですが、働き方改革の影響により残業せずにテキパキと仕事をするという意識が高まっているようです。

有給消化率

口コミサイトによると、50~60%とメーカーの中では一般的な有給消化率となっています。全社的に有給消化を推進しているものの、顧客に接する部門では有給が取りづらかったり業務量的に厳しいと感じる人もいるようです。

ブリヂストンの中途採用求人情報

求人情報

ブリヂストンにはどのような職種があるのか

事務系職種 営業・販売・マーケティング 直需タイヤ販売、リプレィスタイヤ販売、化工品販売、
海外事業管理・SCM、ソリューションビジネス、
マーケティング・商品企画
物流・調達 生産物流、調達企画
管理 人事・労務、法務、広報、
ブランド戦略/イベントマーケティング、財務・経理
技術系職種 基礎研究 基礎研究
製品開発 タイヤ研究開発、タイヤ材料開発、
タイヤ製品開発、化工品開発
生産技術 製造技術・プロセス開発、生産設備開発(電気/機械)、
IE(生産性改善)、化工品生産システム開発
技術サービス 技術サービス
知的財産 知的財産
IT IT
安全・品質・環境 安全・防災、品質保証、環境推進

(引用元:ブリヂストン採用情報

求人の傾向・採用している職種

2020年2月現在、公式サイトの採用ページには中途採用の求人はありませんでしたが、転職サイトdodaには事務系、技術系合わせて20職種以上の求人がありました。いずれも実務経験や専門的な知識があることを条件としていますが、異業種からの転職も歓迎しています。

実際の求人情報

転職サイトdodaには以下のような求人情報がありました。

職種 応募条件
機械設計/開発(自動車向け防振製品) ・何かしらの機械設計経験(異業界OK)
製造技術(化学) ・化学系のバックグラウンド
工場IT(生産系システム企画) ・何かしらのITに関する知識または経験
プロジェクトマネージャー(技術サービス) ・機械設計の経験
需給調整/SCM改善企画 ・需要予測、需給調整、生産計画、サプライチェーン構築/改善に関する経験
国内タイヤの生産計画 ・SCM(サプライチェーンマネジメント)関連の経験
財務・経理 ・管理会計、財務会計、資金繰り等いずれかの財務実務経験
労働安全衛生(安全・防災・環境推進) ・安全衛生関連、安全工学の知見または安全管理業務経験
海外事業管理 ・英語スキル(TOEIC(R)テスト800以上もしくは同等レベル)
法務 ・企業法務における契約業務経験
・TOEIC(R)テスト850点以上
グローバル購買調達 ・購買もしくは調達の経験
・英語スキル(目安:TOEIC(R)テスト600点以上)
人事労務 ・人事制度運用または構築経験
技術本部経営企画/管理 ・何らかの企画業務または技術業務経験
生産系ITエンジニア(DX推進) ・何らかのシステム開発経験
物流企画/管理 ・物流企画もしくは物流管理の経験
機械設計・開発(自動車用防振部材) ・何かしらの機械設計経験
規格法規戦略 ・規格法規関連業務の経験
・英語スキル(目安:TOEIC(R)テスト800以上)
広報(グローバル危機管理) ・危機管理広報の経験
販売計画策定/SCM改革 ・SCM(サプライチェーンマネジメント)関連の何かしらの経験
管理会計、財務/経理 ・経理、財務会計、管理会計、資金関係、経営企画、事業企画などの経験
メカトロ技術開発 ・メカトロまたはアクチュエーターに関する知識、経験
CSR (国内) ・社会貢献イベントもしくはCSRに関する何かしらの業務経験
デジタルソリューション開発 ・JAVA、C言語などの知見※実務経験不問
新ソリューションビジネス企画 ・新規事業開発、事業企画、営業企画の経験

(引用元:doda

ブリヂストンの採用方針

採用担当者からのメッセージには、以下のような内容が記載されています。

  • 新しい風を吹き込んでくれることを期待している
  • 少数精鋭で若いうちから大きな裁量を与える
  • 3~5年ごとのジョブローテーションにより多面的な考え方ができる人材を育成する
  • 中途採用者に対しても初期研修がある

このメッセージから、即戦力となる専門的知識や実務経験のほか、職種にとらわれない幅広い活躍ができる人や社内の士気を高める行動ができる人、向上心を持って学び続けられる人を歓迎していると言えます。

ブリヂストンの選考に関する情報

選考

ブリヂストンへの転職難易度

ブリヂストンはタイヤのシェア世界一を誇る有名企業であり、中途採用への応募は殺到すると予想されるため、倍率から考えると簡単には転職できないでしょう。英語力や専門的な知識はもちろん、チャレンジ精神やコミュニケーション能力など社会人としての総合スキルが問われるでしょう。

選考の流れ

公式サイトの採用ページによると、「応募→書類選考→面接・筆記試験→内定」という流れで選考が行われます。また、口コミサイトには面接は1回または2回行われたとの書き込みがありました。

筆記試験の有無、種類

公式サイトの採用ページによると、選考には筆記試験(SPI)が含まれます。どのSPIなのかは非公開ですが、中途採用でよく使われるSPI-Gの対策をしておくことが望ましいでしょう。

詳しい内容は転職エージェントに登録して担当アドバイザーから正確な情報を手に入れるのがおすすめです。

転職エージェントは、数多くの転職事例から企業ごと採用過程や面接の特徴なども情報を持っています。

それらをもとに、履歴書の添削や面接対策も含めしっかりとサポートしてくれますので、転職エージェントを活用し万全を期して転職活動に臨めます。

ブリヂストンへの転職の際には、大手企業やメガベンチャーとも強いパイプをもっているリクルートエージェントマイナビエージェントがおすすめです。
どちらも中途採用業界においては最大手のエージェントで、特に大手企業からの信頼は絶大なものがあります。さらに、人事部だけでなく事業部から非公開求人の依頼を受けているケースもあり、目当ての求人が得られる可能性が高いです。

その他の転職エージェントの詳しい情報は1106人に聞いた、口コミで評判のおすすめ転職サイト・転職エージェントが参考になります。

またエージェントを利用する際、担当者には希望する企業と職種をはっきり伝えましょう。仮にそのタイミングで取り扱いがなくても今後の見込みをアナウンスしてもらえたり、関連企業の求人などを案内してもらえたりする可能性もあります。

必須・推奨される資格

求人情報を見ると、実務経験や専門的な知識のほか、英語力を必須条件または歓迎条件としている職種がほとんどです。海外事業系の職種ではTOEIC600~800点以上を条件としており、他の職種でも同等レベルの英語力があれば内定にぐっと近づくでしょう。

面接で聞かれること

口コミサイトによると、ブリヂストンの中途採用では志望動機や職務経歴のほか、以下のような質問をされることがあります。

  • 何故今の会社を辞めてうちに来たいのか?
  • 最近読んだ本とそのお勧めのポイント。
  • 日本にタイヤメーカーは多過ぎると思うか
  • ブリヂストンを一言で表すと?
  • あなたがうちで長い期間働く保証はある?
  • 貴方を雇うと会社にとってどんなメリットがありますか?

奇をてらうような質問はあまりされないようですが、ブリヂストンについてどれだけ知っているか、入社したらどのように貢献できるかなどが問われる傾向があります。

ブリヂストンへの転職に関する口コミや評判

評判

企業評価(安定性・成長性)

・車の自動運転技術か進化してもタイヤの需要は減らないが、そもそも日本の少子高齢化が車需要を減らしているので、一層厳しいグローバル競争に突入していくだろう。(企画・事務・管理系・50代)

・航空機用タイヤや鉱山用タイヤなど他社では作れない製品を作っているのが最大のぶきだと思う。(エンジニア・20代)

・新興国企業の台頭や国内市場の縮小、円高傾向などで最近の業績は下降気味です。(経理・30代)

・新規事業に弱腰であり、将来性ある既存事業も育てるよりやめることが多く、事業展開は保守的と言わざるをえない。(営業・60代以上)

・安全、法令遵守などを重視し、グレーゾーンには踏み込まない。(事務管理系・30代)

給与・待遇

・給料が低いと言われる傾向がありますが、個人的にはそのような事はないと思っています。(営業・30代)

・年次により給与が決定されるため、多忙な部門、そうでない部門も一律横並びの給与である。(財務・20代)

・ほぼ年功序列。長くいればいるほど給料はあがる。(企画・事務・管理系・40代)

・グレードが上がると年収が非常に高くなる。主に30歳以上の方はメーカーの中でも上位の給料を貰うことができるのではないか。(設計・20代)

・同業他社との比較では高い方だと感じるが、やっている仕事に対してはと考えると満足はしていない。(その他・20代)

評価制度

・査定は上司の一存で決まるところが多い。また、本部全体からみて自分の部署がどれ位貢献している位置にあるかにもよる。(購買・資材・20代)

・中途で入社したが、以前から聞いていた通り中途入社によるハンディは感じた事がない。(海外営業・30代)

・ボーナス時に査定があり、最大でボーナスが二割ましで支給されます。(企画・事務・管理系・30代)

・基本的に年功序列で評価され、給料は自動的に上がる。(生産管理・20代)

・係長クラスまでならエスカレーター式に昇進可能。(研究開発・20代)

仕事のやりがい

・正社員が少ないせいか、国内海外問わず、若いうちからやりがいのある仕事に就けることが多い。(営業・20代)

・職種上、海外と関わる仕事なので、フィールド、スケールが大きいのが魅力だと思います。(営業・30代)

・本社の仕事は報告業務が中心で、販売として企画・営業力を試す場もなく、やりがいは感じられない。(財務・30代)

・工場やラインを無事に立ち上げたときに働きがいを感じる(IE・30代)

・リーディングカンパニーとして豊富な資金源の元、様々な企画にチャレンジさせてもらえる。(設計・20代)

(引用元:キャリコネopenwork転職会議カイシャの評判

おわりに

ブリヂストンはタイヤのシェア11年連続世界No,1を守るゴム製品のリーディングカンパニーです。年収は特段高いというわけではありませんが大手企業らしく福利厚生が充実しており、年功序列で保守的な社風であるため、安定して長く働きたい人におすすめの企業と言えるでしょう。逆に、成果を出して早く昇格したい人やスピード感を持って新しいことをしたい人は、ミスマッチを起こす可能性があります。
この記事を読んでブリヂストンへの転職意欲が高まった人は、転職エージェントに登録して非公開求人や選考の詳細について確認してみましょう。

5秒で完了!転職サイト診断

カンタンな質問に答えるだけで、あなたにピッタリの転職サイトが見つかる診断ツールをご用意しました。

転職診断ツールへのアクセス方法

このページを共有する

企業別転職ノウハウ

  1. 企業別転職ノウハウ
  2. クックパッドに転職するには?
  3. タカラトミーに転職するには?
  4. 東京海上日動に転職するには?
  5. 一条工務店に転職するには?
  6. 東京メトロに転職するには?
  7. チームラボに転職するには?
  8. 星野リゾートに転職するには?
  9. 野村不動産に転職するには?
  10. ネスレ日本に転職するには?
  11. 大和ハウスに転職するには?
  12. ウォルト・ディズニー・ジャパンに転職するには?
  13. ソニー・ミュージックエンタテインメントに転職するには?
  14. 野村総研に転職するには?
  15. AGCに転職するには?
  16. 東レに転職するには?
  17. オムロンに転職するには?
  18. 積水ハウスに転職するには?
  19. アサヒビールに転職するには?
  20. スバルに転職するには?
  21. ファーストリテイリングに転職するには
  22. JR東海に転職するには
  23. 伊藤忠に転職するには
  24. Appleに転職するには
  25. 佐川急便に転職するには
  26. 豊田通商に転職するには
  27. ジョンソン・エンド・ジョンソンに転職するには
  28. セコム株式会社に転職するには
  29. 東京ガス株式会社に転職するには
  30. オリックス株式会社に転職するには
  31. ファナックに転職するには
  32. 富士フイルムに転職するには
  33. ヤマハ株式会社に転職するには
  34. 日清食品に転職するには
  35. キヤノンに転職するには
  36. JTBに転職するには
  37. 川崎重工に転職するには
  38. DMM.comに転職するには
  39. UUUM株式会社に転職するには
  40. JTに転職するには
  41. 丸紅に転職するには
  42. 三菱重工業に転職するには
  43. ブリヂストンに転職するには
  44. ドコモに転職するには
  45. ダイキン工業に転職するには
  46. 東芝に転職するには
  47. TOTOに転職するには
  48. 京セラ株式会社に転職するには
  49. スターバックスに転職するには
  50. バンダイに転職するには
  51. 野村證券に転職するには
  52. マツダに転職するには
  53. 花王に転職するには
  54. NEC(日本電気株式会社)に転職するには
  55. ニトリに転職するには
  56. KDDIに転職するには
  57. ZOZOに転職するには
  58. 村田製作所に転職するには
  59. ベネッセに転職するには
  60. NHKに転職するには
  61. クボタに転職するには
  62. 日立製作所に転職するには
  63. 三井物産に転職するには
  64. 味の素に転職するには
  65. DeNAに転職するには
  66. ヤマト運輸に転職するには
  67. 住友不動産に転職するには
  68. 資生堂に転職するには
  69. 三菱電機に転職するには
  70. P&Gジャパンに転職するには
  71. 富士通に転職するには
  72. JR東日本に転職するには
  73. ソニー生命保険に転職するには
  74. 旭化成に転職するには
  75. 三菱地所に転職するには
  76. 電通に転職するには
  77. サントリーに転職するには
  78. セールスフォースドットコムに転職するには
  79. 博報堂に転職するには
  80. 三井不動産に転職するには
  81. NTTデータに転職するには
  82. 株式会社オリエンタルランドに転職するには
  83. LINE株式会社に転職するには
  84. ホンダに転職するには
  85. 任天堂に転職するには
  86. ヤフー(Yahoo)に転職するには
  87. パナソニックに転職するには
  88. ソニーに転職するには
  89. 日産自動車に転職するには
  90. 三菱商事に転職するには
  91. メルカリに転職するには
  92. サイボウズに転職するには
  93. デンソーに転職するには
  94. 日本航空(JAL)に転職するには
  95. 日本マイクロソフトに転職するには
  96. サイバーエージェントに転職するには
  97. 全日本空輸(ANA)に転職するには
  98. キーエンスに転職するには
  99. トヨタ自動車に転職するには
  100. Amazon(アマゾンジャパン)に転職するには
  101. ソフトバンクに転職するには
  102. 楽天に転職するには