オリックス株式会社に転職するには?難易度や面接の口コミ・中途採用情報をチェック


ライター:千葉優樹

はじめに

リース事業で知られるオリックスですが、その事業はもはや金融業界にとどまらないことをご存知でしょうか。。
金融事業以外にも、自動車関連、不動産、環境エネルギー関連事業まで広がり、一部では「何でも屋」と言われるほどの事業の幅広さを誇っています。

オリックス 事業別売上高
(引用:セグメント情報|オリックス株式会社

社内では新規事業の立ち上げに、個々人が手をあげて参加できる制度もあり、チャレンジも積極的にできる環境です。

さらに業績は2019年も過去最高の利益で、常に成長し続けている企業です。

また、働く側で一番注目すべき部分は福利厚生の充実度です。
通常の育休制度や介護制度などの充実度はもちろん、「リフレッシュ休暇」や「自分磨き制度」など、独自の制度があり、福利厚生の手厚さに引かれてオリックスを選ぶ人も多いです。

そんな業績、事業展開、労働環境に魅力をもつオリックスでチャレンジしたいとお考えの方に、オリックスの転職情報や採用情報について詳しくご説明します。

オリックス株式会社への転職についてのまとめ

口コミからの総合評価
3.64

オリックスの転職レーダーチャート


オリックス株式会社の特徴

  • 国内を代表するリース事業会社で、「金融」と「モノ」の両面から事業を拡大し、2020年2月現在では自動車、不動産など7事業の領域に展開
  • 国内だけでなく、世界37カ国・地域に拠点をもち、グローバルに事業を展開し、独自のビジネスモデルをもつ
  • 事業が多岐にわたり一つの事業に依存していないため、事業失敗などのリスクヘッジが十分になされている
  • 「リフレッシュ休暇」制度があり、5日(5営業日)以上連続して休暇を取れば5万円の奨励金が支給される
  • 「スーパーフレックスタイム制度」を採用し、11時〜15時のコアタイムを廃止し、6時〜22時の間であれば出社時間と退社時間は自由

オリックス株式会社への転職でおさえておきたいポイント

  • 現在公式サイトでは営業職の中途採用のみ募集している
  • オープンポジション採用という枠があり、オリックスにポジションが現時点で有るか無いかに関わらず、新しい価値を創造する挑戦的な人材を採用する枠がある
    (参考:オリックスキャリア採用
  • 一般には公開されていない求人も多数あることから、転職エージェントを活用することをおすすめする

オリックス株式会社の企業情報

企業情報

ここからはオリックスの基本情報をみていきます。

基本情報

事業内容 多角的金融サービス業
代表者 取締役 兼 代表執行役社長・グループCEO 井上 亮
設立 1964年4月
資本金 2,962,073百万円(2019年9月末現在)
従業員数 31,658名(2019年9月末現在)
所在地 東京本社 〒105-6135
東京都港区浜松町2丁目4番1号 世界貿易センタービル
大阪本社 〒550-0005
大阪市西区西本町1丁目4番1号 オリックス本町ビル

(参考:オリックス 会社概要

企業理念やビジョン

オリックス株式会社の企業理念はこちら。

【企業理念】
オリックスは、たえず市場の要請を先取りし、先進的・国際的な金融サービス事業を通じて、新しい価値と環境の創造を目指し、社会に貢献してまいります。

【経営方針】
1.オリックスは、お客さまの多様な要請に対し、たえず質の高いサービスを提供し、強い信頼関係の確立を目指します。
2.オリックスは、連結経営により、すべての経営資源を結集し、経営基盤の強化と持続的な成長を目指します。
3.オリックスは、人材の育成と役職員の自己研鑚による資質の向上を通じ、働く喜びと誇りを共感できる風土の醸成を目指します。
4.オリックスは、この経営方針の実践を通じて、中長期的な株主価値の増大を目指します。

【行動指針】
Creativity
先見性と柔軟性を持って、たえず創造力あふれる行動をとろう。

Integration
お互いの英知と情報を結合させ、人間的なふれあいを通じて、グループ力を高めよう。

(引用元:オリックス企業理念

企業理念にある通り、オリックスは事業展開力に優れています。
一つの事業にとらわれずに取り組んできた結果が、現在の幅広い事業展開に現れています。
常に次にチャレンジすべきビジネスを探し続けるという文化が根付いています。
さらにチーム力でそのチャレンジを次々に成功させてきた企業で、その企業文化も色濃く残っています。

オリックス株式会社の転職基礎知識

基礎知識

ここからはオリックスの転職に関する基礎知識を見ていきましょう。

平均年収

880万円(42.4歳)
金融総合グループ業界の平均年収:621万円と比較すると、250万円ほど高いです。
(出典元:2019年版 業種別 モデル年収平均ランキング – マイナビ転職

また事業展開が多いオリックスでは、競合は明確にはいないのですが、参考までにリース事業という部分で三菱UFJリースと比較してみました。

三菱UFJリースの平均年収は786万円で、約100万円ほどの年収の差があります。
リース業界においても、年収の水準は比較的高い様です。

世代別平均年収

年代 平均年収 最高年収 最低年収
20代 425万円 545万円 300万円
30代 650万円 800万円 500万円
40代 900万円 1000万円 700万円
50代 1000万円 1200万円 733万円

(引用元:転職会議)

企業口コミサイト「転職会議」によると、上記のような世代別の平均年収となっています。
これは、平均的な世代別平均年収と比較すると、かなり高い水準です。
例えば、転職サイトdodaの「平均年収ランキング」によると、20代の平均年収は345万円、30代は442万円となっています。
全体の世代別の年収と比べても、オリックスの年収は高い水準です。

労働環境

  • スーパーフレックスタイム制度で6-22時の間で出退社時間を自由に設定できる
  • 社内インターン制度があり、原則5 営業日の間、希望する部署において業務に従事し、今後のキャリア形成に役立てることができる
  • 社内公募制度があり、新規事業や事業拡大に伴い、自分で手をあげて新しい業務にチャレンジすることができる
  • 職種転換制度があり自分の努力次第では、一般職から総合職へ、あるいは各職種の地域限定型から全国型へ、など転換が可能
  • キャリアセレクト制度があり、育児や介護など、現在の職種・等級に求められる役割・成果責任の発揮が困難になった際、本人の希望に合わせて一時的に役割を限定した職種・等級へ転換できる
    (参考:オリックス 人事制度

福利厚生

  • 介護支援がとても充実しており、介護休職は法定では93日のところ、オリックスは最大でも6か月取得できる
  • 「自分磨き制度」があり、社員一人当たり年間6万円分の福利厚生ポイントが付与され、資格取得や語学学習などの自己研鑽が出来る
  • 育休制度が充実しており、育児休職は法定は2歳までのところを3歳までと拡大されていたり、育児時間の取得が法定では無給なところを有給で取得できる
  • 休暇に関して他にはない「リフレッシュ休暇」制度があり、5日(5営業日)以上連続して休暇を取れば5万円の奨励金が支給される
  • 配偶者転勤休職制度があり、配偶者の転勤により、転勤先でのエリア変更による就業が困難な場合、最大5年間の休職が可能
    (参考:オリックス 人事制度

残業時間

口コミサイトでは、月の平均残業時間は29.6-41.1時間と少し幅のある結果となりました。
オリックスは事業数が多く、また業種も多いため、部署や職種によって残業時間が大幅に変わる様です。
ただし、残業費用は必ず支給されます。
不安な場合は転職前に、希望の部署や職種に関してエージェントなどを介してリサーチしておきましょう。

有給消化率

口コミサイトでは、57-61.2%と60%前後の消化率です。
オリックスでは働き方改革の下、「リフレッシュ休暇」など独自の休暇制度を導入し、有給の消化率を向上させる働きをしています。

また、部署によっては8割の有給消化が必須になっているところもあり、今後さらに消化率は向上していきそうです。

オリックス株式会社の中途採用求人情報

求人情報

ここからはオリックスの中途採用求人情報を見ていきましょう。

オリックス株式会社にはどのような職種があるのか

オリックスには以下の事業があり、それぞれに総合職、スペシャリスト職、スタッフ職があります。

金融事業・サービス
機器関連事業・サービス
環境エネルギー事業・サービス
自動車関連事業・サービス
不動産関連事業・サービス
海外事業・サービス
その他事業・サービス

(参考:オリックスの事業

なお、『総合職はビジネスの最前線に立ち、オリックスグループの幅広い事業の中で、お客さまに新たな価値を提供する業務に携わる職業』で、『スペシャリスト職は、職務などを確約した上で、特定の能力・技量を発揮する職業』『スタッフ職は、いわゆる一般職で、総合職のサポート業務』になっています。

オリックスではキャリア採用に関する詳細な職種一覧は公表されていません。
転職サイトや転職エージェントを介した求人で情報を集める様にしましょう。

求人の傾向・採用している職種

現在オリックス公式サイトの求人は金融の法人営業のみしか募集されていません。
(参考:オリックス キャリア採用募集職種

しかしオリックスグループ全体では求人は多いです。

また、非公開の求人が転職サイトや転職エージェントに掲載されていることもあるので、オリックスグループではなくオリックス株式会社の求人を求めている人は、転職サービスの利用をお勧めします。

実際の求人情報

実際の求人を1件ご紹介します。

法人営業

【仕事内容】
法人向け総合金融サービス提案営業
(将来的には、企画営業・事業投資・環境エネルギー・海外事業への
キャリアステップの可能性有り)

【応募条件】
金融、メーカー、商社、IT、通信等での営業経験。業種は問いません。
企画営業、投資事業、金融事業、海外事業経験尚良

【勤務地】
本社(東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル)および全国本支店

(参考:オリックス キャリア採用

オリックス株式会社の採用方針

オリックスでは“Creativity”、“Challenge”、“Team Play”を金揃えた人材を採用する方針です。
“Creativity”とは、世の中のあらゆるニーズを察知し、固定観念にとらわれることなく、柔軟性を持ち、絶えず新たなビジネスを自ら創り出す人材を指しています。
また、“Challenge”とは高い専門性を身につけ、常に新しいことにチャレンジし続けられる人材を指しています。
そして、“Team Play”は多様な価値観を認め、周囲を巻き込みながら主体的に行動できる人材を指しています。

この三つを兼ね揃えた人材をオリックスは求めています。
(参考:オリックスが求める人材は?

オリックス株式会社の選考に関する情報

選考

オリックス株式会社への転職難易度

オリックスへの転職は、キャリア採用では難易度が高い部類です。
理由は二つ。

まずオリックスは福利厚生など待遇が非常に良いため、人気があることです。
倍率は高いことが予想されます。

二つ目に、人気に対して求人の数が少ないことです。

公式の採用ページでは営業のみしか求人が出されていません。
転職サイトや転職エージェントに掲載されている求人は法務や経営企画など、多岐にわたるりますが、枠は決して多くはありません。

倍率が高く求人数は少ないため、難易度は高いと言えるでしょう。

また、求人サイトに掲載されている職種はほとんどがプロフェッショナルな職種が多いため、他業種からの転職はハードルが少し高いです。

ただし、未経験でも歓迎してくれるポジションもあり、公式では非公開の求人も転職エージェントなどにあるため、転職エージェントを活用すればチャンスは十分あります。

転職エージェントによって得意な業界や職種、企業規模などが異なりますので、まずは自分の希望に合う転職エージェントを見つけましょう。

オリックスへの転職の際には、大手企業やメガベンチャーとも強いパイプをもっているリクルートエージェントマイナビエージェントがおすすめです。

どちらも中途採用業界においては最大手のエージェントで、特に大手企業からの信頼は絶大なものがあります。また、人事部だけでなく事業部から非公開求人の依頼を受けているケースもあり、目当ての求人が得られる可能性が高いです。

その他の転職エージェントの詳しい情報は1106人に聞いた、口コミで評判のおすすめ転職サイト・転職エージェントが参考になります。

また、エージェントを利用する際、担当者には希望する企業と職種をはっきり伝えましょう。仮にそのタイミングで取り扱いがなくても今後の見込みをアナウンスしてもらえたり、関連企業の求人などを案内してもらえたりする可能性もあります。

選考の流れ

オリックスの選考の流れは以下です。
(参考:オリックス 選考プロセス

応募→書類選考→面接(複数回)・適性検査→内定

オリックスのキャリア採用の特徴としては、応募の際に、①キャリア採用 ②カムバック採用 ③オープンポジション採用の3種類から応募できる点です。

筆記試験の有無、種類

筆記試験はありませんが、適性検査があります。
内容は公表されていないので、転職エージェントなどと相談して、対策を立てましょう。

必須・推奨される資格

共通で必須とされる資格はありません。

ただし、英語力はどの職種でも日常会話レベルからビジネス英語レベルまで必要とされる職種が多いです。

またオリックスのキャリア採用では、それぞれの職種の経験をも必須項目にあります。
ただし営業などの場合、業界が異なっても問題はないようです。

面接で聞かれること

ここでは実際に面接を受けた方の口コミから、面接で聞かれたことを紹介します。
志望動機など、一般的な質問の他に特に聞かれた質問はこちらです。

  • オリックスでやりたい事業
  • 前職の経験をどのように活かすか
  • 未経験者が多い職場でチームワークが問われるが、今までの業務でもチームで仕事をした経験はあるか。
  • オリックスで頑張れる自信はあるか

また、穏やかな雰囲気の面接が多いようです。
キャリア採用では即戦力になるだけでなく、元気で前向きに活動していく人材、チームワークをこなせる人材を重要視しており、業界未経験でもポテンシャルで採用されるケースもあるようです。

オリックス株式会社への転職に関する口コミや評判

評判

最後に、オリックスの現社員や元社員の口コミをご紹介します。
内情がわかると思いますので、参考にしてください。

企業評価(安定性・成長性)

・過去から新規ビジネスの創出には力を入れており、会社としての将来性、成長性は高いかと思います。流行も敏感に察知するため新しい情報を手に入れやすい環境にあります。(営業・30代)

・柔軟性が当社の強みであり、会社でサバイブしている人材は、このような変化を楽しみながら、自己成長に繋げられている人が多い。(マネジャー・30代)

・通年で中途入社が多い。中途入社であっても馴染みやすいと思う(自分も中途入社組)。退職者も通年で多い感じがするが、とりわけ40代以降で退職する方が多いと思われる。(管理系・50代)

・事業と呼べるものがないのでいつでも会社の主業を変えることができる。国内営業が頭打ちなので、経営側は海外にしか目がむいていない。(営業・30代)

・刻んで手掛けているビジネスについてもそこまで深い見地がないため、新規参入の競合が現れると負けます。浅く広くビジネス展開しているため重さがありません。(営業・30代)

給与・待遇

・世間一般の同年代よりも給与水準は高いと思います。年収の他にも住宅補助制度も充実しており、実際は年収以上の生活水準で生活することが出来ます。(営業・30代)

・年収については、一般に公表されている平均年収よりは多くもらっていると思われる。昨今のべースアップや業績好調によるボーナス増もあり、30台後半で1000万円程度(住宅手当、残業代含む)。(マネジャー・30代)

・新卒3年目で職位が上がり、時間外、ボーナス含め年収700万円前後になる。ボーナス評価次第では年収900万円程度もあり得る。(営業・30代)

・住宅手当を社員に一律つけるか、住宅手当を廃止して、社員全員の給料をあげてもらいたい。同じだけ働いているのに、主たる家計世帯主かどうかで、不公平感がある。(営業・30代)

・法人営業なので、単純に仕事量が多い。そのため仕事内容に見合う金額かは不明。(営業・20代)

評価制度

・結果主義であるが、日本的で、失敗も評価してくれる(営業・40代)

・成果が出ている部署や成果が出ている人の賞与は比較的高い。(営業・20代)

・評価制度は、人物評価を避け、ビジネスを評価するよう設計され、相当程度実行されている。上司評価の結果がフィードバックされるので、評価の中立性も確認でき、それがモチベーションを高めるいい刺激になっていた。(総合職・40代)

・常に新しいことを求められるので、評価は新しいことをやって実績をあげることが前提。部によって全く違う業務を行っているが、評価システムが一緒。(営業・30代)

・評価制度においては直属の上司が評価することとなるが、その上司との関係性で評価が大きく変わってしまいます。それによりボーナスや昇格にも影響が出てくるため不公平感は否めないです。(営業・30代)

仕事のやりがい

・若手から挑戦できる環境が整っている。あれこれと指示されるのではなく自分で考えて仕事を進められる。商品も多いのでたくさん勉強しなければならないが、その分社内外からいろいろな知識を身につけられるのでよい。(営業・20代)

・法人営業は難しいがその分やりがいもある。取引相手の業種は様々なため、それぞれの業界や商品についての知識などが求められる。勉強は常に必要であり、仕事終わりにするには大変だが、実際に交渉の場などで活かせることができたりすると非常にやって良かったと思える。(営業・20代)

・希望すれば自ら手をあげて異動できる制度がある。新規事業にも積極的なので、新規展開が図れる。(営業・30代)

・いろんな事業を展開しているので、色々勉強になるが、多岐に渡りすぎて、せっかく覚えた仕事が他の部署では役に立たないことも。(営業・40代)

・大企業病になっている。リストラがないため、平均年齢も高く、働いている社員とそうでない社員の差が大きい。(営業・20代)

(引用元:キャリコネopenwork転職会議カイシャの評判

おわりに

今回は事業展開の広さ、常に過去最高利益を出し続ける成長力、「リフレッシュ休暇」や「自分磨き制度」などに代表される人材へのケアの良さを兼ね揃えた、オリックスの転職情報をみてきました。

オリックスは働き手から見れば、年収、福利厚生、労働環境など、全てがとても魅力的な企業です。

しかしその分、いち早く市場ニーズを察知する先見力や新たなビジネスに臆せずチャレンジするチャレンジ精神を持った人材が求められています。
人気があり、ハードルは高い企業ですが、この転職を機に自分のできる新しいことにチャレンジしたいと考えている人には、最適な企業ではないでしょうか。

5秒で完了!転職サイト診断

カンタンな質問に答えるだけで、あなたにピッタリの転職サイトが見つかる診断ツールをご用意しました。

転職診断ツールへのアクセス方法

このページを共有する

企業別転職ノウハウ

  1. 企業別転職ノウハウ
  2. クックパッドに転職するには?
  3. タカラトミーに転職するには?
  4. 東京海上日動に転職するには?
  5. 一条工務店に転職するには?
  6. 東京メトロに転職するには?
  7. チームラボに転職するには?
  8. 星野リゾートに転職するには?
  9. 野村不動産に転職するには?
  10. ネスレ日本に転職するには?
  11. 大和ハウスに転職するには?
  12. ウォルト・ディズニー・ジャパンに転職するには?
  13. ソニー・ミュージックエンタテインメントに転職するには?
  14. 野村総研に転職するには?
  15. AGCに転職するには?
  16. 東レに転職するには?
  17. オムロンに転職するには?
  18. 積水ハウスに転職するには?
  19. アサヒビールに転職するには?
  20. スバルに転職するには?
  21. ファーストリテイリングに転職するには
  22. JR東海に転職するには
  23. 伊藤忠に転職するには
  24. Appleに転職するには
  25. 佐川急便に転職するには
  26. 豊田通商に転職するには
  27. ジョンソン・エンド・ジョンソンに転職するには
  28. セコム株式会社に転職するには
  29. 東京ガス株式会社に転職するには
  30. オリックス株式会社に転職するには
  31. ファナックに転職するには
  32. 富士フイルムに転職するには
  33. ヤマハ株式会社に転職するには
  34. 日清食品に転職するには
  35. キヤノンに転職するには
  36. JTBに転職するには
  37. 川崎重工に転職するには
  38. DMM.comに転職するには
  39. UUUM株式会社に転職するには
  40. JTに転職するには
  41. 丸紅に転職するには
  42. 三菱重工業に転職するには
  43. ブリヂストンに転職するには
  44. ドコモに転職するには
  45. ダイキン工業に転職するには
  46. 東芝に転職するには
  47. TOTOに転職するには
  48. 京セラ株式会社に転職するには
  49. スターバックスに転職するには
  50. バンダイに転職するには
  51. 野村證券に転職するには
  52. マツダに転職するには
  53. 花王に転職するには
  54. NEC(日本電気株式会社)に転職するには
  55. ニトリに転職するには
  56. KDDIに転職するには
  57. ZOZOに転職するには
  58. 村田製作所に転職するには
  59. ベネッセに転職するには
  60. NHKに転職するには
  61. クボタに転職するには
  62. 日立製作所に転職するには
  63. 三井物産に転職するには
  64. 味の素に転職するには
  65. DeNAに転職するには
  66. ヤマト運輸に転職するには
  67. 住友不動産に転職するには
  68. 資生堂に転職するには
  69. 三菱電機に転職するには
  70. P&Gジャパンに転職するには
  71. 富士通に転職するには
  72. JR東日本に転職するには
  73. ソニー生命保険に転職するには
  74. 旭化成に転職するには
  75. 三菱地所に転職するには
  76. 電通に転職するには
  77. サントリーに転職するには
  78. セールスフォースドットコムに転職するには
  79. 博報堂に転職するには
  80. 三井不動産に転職するには
  81. NTTデータに転職するには
  82. 株式会社オリエンタルランドに転職するには
  83. LINE株式会社に転職するには
  84. ホンダに転職するには
  85. 任天堂に転職するには
  86. ヤフー(Yahoo)に転職するには
  87. パナソニックに転職するには
  88. ソニーに転職するには
  89. 日産自動車に転職するには
  90. 三菱商事に転職するには
  91. メルカリに転職するには
  92. サイボウズに転職するには
  93. デンソーに転職するには
  94. 日本航空(JAL)に転職するには
  95. 日本マイクロソフトに転職するには
  96. サイバーエージェントに転職するには
  97. 全日本空輸(ANA)に転職するには
  98. キーエンスに転職するには
  99. トヨタ自動車に転職するには
  100. Amazon(アマゾンジャパン)に転職するには
  101. ソフトバンクに転職するには
  102. 楽天に転職するには