三井不動産に転職するには?難易度や面接の口コミ・中途採用情報をチェック

はじめに

ららぽーとや三井アウトレットパーク、COREDO日本橋など様々な商業施設を開業してきた三井不動産。東京ミッドタウン柏の葉スマートシティなど街づくりにも力を入れており、大規模な仕事にかかわることができるため三井不動産への転職を考えている人は多いのではないでしょうか?この記事では、三井不動産への転職を考えている人向けに、三井不動産の企業情報、転職方法をご紹介します。

三井不動産への転職についてのまとめ

口コミからの総合評価
3.95

三井不動産の転職レーダーチャート


三井不動産の特徴

  • 戦後不動産業界において売上1位を継続している
  • 霞が関ビルディング、ゲートシティ大崎などのオフィスビルや三井アウトレットパークなどの商業施設などを開業
  • 働き方改革が進められ、残業が少なめ
  • 育休がとりやすく、子育て中の女性も働きやすい
  • 人を大切にする社風で、福利厚生がしっかりしている

三井不動産への転職でおさえておきたいポイント

  • 総合職は毎年決まった期間に応募する必要がある
  • 技術職はリクナビネクストに求人が掲載される
  • 中途採用の採用人数は少なめで、狭き門である

三井不動産の企業情報

企業情報

基本情報

※スマホの方は横にスクロールしてご覧ください

事業内容 不動産開発事業
代表者 岩沙 弘道
設立 1941年7月15日
資本金 339,766百万円(2019年3月末現在)
従業員数 1,577人(2019年3月末現在)
所在地 東京都中央区日本橋室町2丁目1番1号

企業理念やビジョン

三井不動産のビジョンはこちらです。

  1. 象徴される「共生・共存」「多様な価値観の連繋」「持続可能な社会の実現」の理念のもと、社会・経済の発展と地球環境の保全に貢献します。
  2. 不動産ビジネスを進化させることにより、人々に「新しい時代の夢と感動」をもたらします。
    ~多様な「知」をとりいれ融合させることにより、国内外で新たな価値を創造します。
    ~社会環境・市場構造などの変化と、そのグローバルな潮流を積極的にとらえます。
  3. グループ総体の力を公正にいかんなく発揮することによって、「成長性と収益性に富んだ三井不動産グループ」を実現します。

(引用元:三井不動産 公式企業サイト

異なる価値観の中でもうまく共生し、発展していくことを基本的な理念としています。また、不動産ビジネスを通して人々に豊かさや感動をもたらすことを目指しているとしています。

三井不動産の転職基礎知識

基礎知識

平均年収

1,263万円(40.7歳)(四季報調べ)
不動産業界の平均年収:751万円と比較すると、高いものとなっています。
(出典元:2019年版 業種別 モデル年収平均ランキング – マイナビ転職

世代別平均年収

※スマホの方は横にスクロールしてご覧ください

年代 平均年収 最高年収 最低年収
20代 450万円 600万円 370万円
30代 600万円 800万円 400万円
40代 800万円 1000万円 600万円
50代 975万円 1000万円 625万円

(引用元:転職会議)

労働環境

  • 育児休暇がとりやすく子育て中でも働きやすい環境である
  • 有給は取りやすく上司から有給を取るように言われる
  • 部署によるが、繁忙期でなければ基本的に残業なく定時で帰ることができる
  • 不動産という仕事の性質上、休日の取得が難しいこともある
  • 男性の育休は取りにくく、制度として機能していない

福利厚生

  • クロスエキスパート研修、ITパスポート試験取得補助、キャリアビジョン研修、宅建研修、海外マネジメント研修、コンプライアンス研修、ハラスメント研修、新人育成者研修など研修が充実している
  • 自社開発ホテルを含め、割引保養施設はラグジュアリーなものが多くそろっている
  • マッサージルーム、ドリンクが無料で提供される
  • ディズニーランドの開発事業者なので、ディズニー関連の福利厚生が整っている
  • クラブ会員制のカフェテリアプランや退職金、扶養手当など充実している

残業時間

口コミサイトでは、28.2時間から33.9時間とばらつきがありました。
働き方改革を進めているため、20時以降は残業申請をしないと原則退社となるようです。パソコンの電源が強制的にシャットダウンする仕組みとなっているため残業は少なめです。また、毎週水曜日はノー残業デーになっており18時に退社することになっています。

有給消化率

口コミサイトでは、61.2%から74%とばらつきがありました。
有給はとりやすく、基本的に申請は通るようです。有給を取ってはいけないという雰囲気はないので、自分のプライベートの予定に合わせて有給を取ることができます。

三井不動産の中途採用求人情報

求人情報

三井不動産にはどのような職種があるのか

トヨタ自動車には、大きく分けて総合職と技術職の2職種があります。

総合職 2020年1月時点では総合職の求人がないため、詳細は不明
技術職 ITアーキテクト
システム開発
PM業務
データサイエンティスト
保守運営
インフラ構築など

求人の傾向・採用している職種

2020年1月時点では、三井不動産の採用ホームページでも転職サイトのdodaでも中途採用の求人がないため、どの様な職種での募集があるのかは分かりません。毎年中途採用の募集が始まると詳しい募集要項などが公式ホームページに掲載されるようです。三井不動産の採用ホームページで技術職の項目をクリックするとリクナビネクストにページが切り替わります。リクナビネクストでの技術職の募集要項を確認すると、勤務地は東京本社となるようです。

実際の求人情報

2020年1月時点で三井不動産の求人を調べたところ、求人件数は0件でした。三井不動産の公式採用ホームページでこれまでの中途採用社数を確認してみると、2013年が8人、2014年が11人。2015年が9人、2016年が8人、2017年が33人となっており、中途採用の人数はあまり多くないようです。

三井不動産の採用方針

三井不動産は社員数が1,600人ほどで、少数精鋭で仕事を行っている企業です。新卒採用人数も毎年30人から40人と少なめで、中途採用の人数も多くなく積極的に新しい人材を採用する社風ではないようです。

三井不動産の採用ホームページの「キャリア採用について」では求める人物像について記載があります。

当社の総合職採用に関しては、特定の経験は関係なく、幅広く多様な業界の出身者を歓迎していると考えていただければ良いと思います。
当社を志望する人材に求める資質は、利害の異なる関係者や場合によっては文化的な背景や言語の異なる関係者とゴールを共有し、プロジェクトを引っ張っていけるコミュニケーション力と、自ら主体的に動いて積極的に新しいことにチャレンジしていく姿勢の主に二つです。これまでの経験を活かしながら、組織に刺激を与えて活性化し、社内外の関係者と関わり合いながら一つの目標に向かってチームをリードしていけるような方を求めています。
また、総合職としての採用になりますから、新卒入社の社員と同様、幅広い事業・職種を経験していただくことになります。
当社の社員からは男女を問わず「安心して働けます」といった声を耳にする機会が多く、子育てや介護をしながら働く社員を支援する制度の運用実績も高いです。長期的にキャリアを積み重ねていくことができる環境が整っています。

総合職で求められるのは、特定の経験や業界に関係なく、コミュニケーション能力が高く、チャレンジ精神がある人ということが分かります。

当社では2名以上のチームで、社内外のさまざまな関係者と携わりながらプロジェクトを推進するという「チームで仕事に取り組む」ことが基本となっています。
ある中途入社の女性社員が、前職の仕事で当社の社員と接する機会があり、その時に感じた印象を次のように話しています。
「進取の気性に富んでいて、若い時から裁量権を持って活躍している。また、ジョブローテーションで複数の職種を経験していて経験の幅が広い。」
まさにこれは、私たちの会社の社員像を象徴していると感じます。

またチームで仕事をするため個人プレーではなくチームで仕事を進めることができる人、ジョブローテーションが頻繁にあっても気にならない人が三井不動産に向いているようです。

三井不動産の選考に関する情報

選考

三井不動産への転職難易度

三井不動産は通年中途採用を募集しているわけではなく、中途採用の人数も少ないため転職難易度は非常に高いです。また、口コミでは「学歴を重視する」という声もあり、学歴が高い人が有利になると言えそうです。

選考の流れ

三井不動産の中途採用の選考の流れは、
エントリー⇒書類選考⇒適性・能力試験⇒面接(複数回)⇒内定通知です。
(出典元:三井不動産 | 企業情報|採用情報|【総合職】キャリア採用情報

総合職のエントリーや応募書類の提出は毎年決められた期間内に行うことになっています。また、エントリーにはマイページへのログインが必要になります。応募書類は、履歴書、職務経歴書、志望動機、自己PRが必要です。

筆記試験の有無、種類

三井不動産の採用ホームページでは適性・能力試験があると記載されていますが、筆記試験なのか、PCで受検するものかは分かりません。転職エージェントに登録して担当アドバイザーから筆記試験の詳細を聞くのがおすすめです。

必須・推奨される資格

2020年1月時点で総合職の求人がないため必須の資格は分かりません。技術職の募集要項をリクナビネクストで確認してみると、必須・推奨される資格は特にありませんでしたが、募集求人に対する経験やスキルは求められるようです。

面接で聞かれること

三井不動産では、志望動機や退職理由など一般的な質問が多いですが、三井不動産ならではの質問も行われるため、いくつかご紹介します。

  • 当社の商業施設を訪れたことがあるか
  • なぜ三井不動産なのか
  • 建物について思っていること
  • 三井不動産のイメージは?
  • どの建物が嫌いか
  • 三井不動産に求められるものは何だと思うか
  • 湾岸系の開発について考えを展開してください

三井不動産は商業施設を開業したり、街づくりをしているため、建物についての質問や商業施設についての質問が多いようです。

三井不動産への転職に関する口コミや評判

評判

企業評価(安定性・成長性)

・大手なので会社がつぶれる心配がなく、家族からの安心感も得られる。(企画・30代)

・風通しのいい部署とそうでない部署がはっきりしている。(企画・30代)

・経営基盤がしっかりしているので、今後も継続的に成長していくと思う。(営業・20代)

・固定客が多く業界内でもネームバリューがあるので将来性がある。(企画・30代)

・不動産業界の中でトップであり、財閥系ならではの地盤をもっているので、今後も成長していく可能性がある。(営業・30代)

給与・待遇

・年収は高いほうで同業他社と比べると2万円から3万円は月収が多い。(事務・20代)

・年収は右肩上がりで上がっていき、役職もスムーズに上がっていく。(企画・30代)

・年収はベンチャー中小企業に比べれば、それなりに良い。(営業・30代)

・仕事の量は多いが、しっかりと残業代が出るので満足している。(開発・20代)

・同年代と比較しても給与水準は高いほうだと思う。(企画・30代)

評価制度

・人事評価制度がばらつきの内容になっている。待遇が良いためか退職者が少ない。(営業・20代)

・評価のための目標は厳しめに設定される。自分の頑張り次第で評価が上がる(営業・30代)

・上司とのマンツーマン面談でしっかり評価してもらえる。(営業・20代)

・まじめに働いていれば普通に出世できる。(事務・30代)

・数字に対する要求が高いが、やったらやっただけ給料に反映される。(企画・20代)

仕事のやりがい

・多くの人が目にする不動産の管理を行うので仕事に対して自信を持てた。(営業・20代)

・知識が高い社員が多く、成長するにはいい環境。(営業・20代)

・人の生活に不可欠である衣食住に深くかかわり、お客様を喜ばせることができるのでやりがいを感じられる。(企画・20代)

・若いうちから仕事を任されるので経験を積むことができる。(営業・30代)

・街づくりという社会的影響の大きい仕事をするのは非常にやりがいがある。(営業・20代)

(引用元:キャリコネopenwork転職会議カイシャの評判

三井不動産に転職するには

三井不動産のような国内大手企業への転職ルートは特殊です。

国内大手企業の求人はとても貴重だからです。

大手企業が中途採用を実施するのは、「新規事業や事業拡大などで即戦力が必要になったとき」です。
実は、中小企業よりも大企業の方が即戦力採用を重視する傾向にあります。

専門知識
・能力
即戦力 離職者
の補填
人脈 新卒者が
取れない
関連会社
からの要請
その他
1000人以上 72.0% 79.0% 24.4% 22.5% 2.1% 10.8% 7.4%
300~999人 64.2% 70.7% 23.0% 17.2% 4.5% 11.3% 5.0%
100~299人 60.3% 77.6% 30.9% 18.0% 3.1% 6.9% 2.8%
30~99人 46.1% 64.3% 33.4% 16.1% 3.0% 9.1% 2.1%

(引用元:厚生労働省 平成27年転職者実態調査の概況

例えばヘルスケア事業に注力しようとしているコニカミノルタ株式会社は超音波診断装置の開発に携われる3D CAD/金型設計の経験者を募集中です。

また、2019年6月にドイツ気象庁の気象予測システムに採用されたことで話題になったスパコンのSX-Aurora TSUBASAを開発したNECは、2020年から着手される後継機(SX-Aurora TSUBASA 2(VE20))の開発に向けて、ユニットリーダー相当のポジションを募集しています。

ポイントは自分にマッチする即戦力求人を見逃さないこと

三井不動産への転職を目指すのであれば、「あなたのスキルが即戦力と判断される求人票」を見逃さないことです。

なにしろこうした求人は募集人数も少なく、すぐに締め切ってしまいますからあなたに合った職種での募集は大変貴重です。
これを見逃さないためには以下の2点が大切です。

  1. 常に公式サイトの求人票をチェックすること
  2. 競合などに配慮してクローズドに募集される非公開求人を受け取ること

この2つを簡単に満たしてくれるのが転職エージェントです。
転職エージェントは公式の求人票はもちろん、非公開求人もタイムリーにアナウンスしてくれます。

大手に強いのは大手のエージェント

三井不動産のような大企業への転職を目指すのであれば、大手と強いパイプをもった大手エージェントを選ぶのがおすすめです。

具体的にはリクルートエージェントマイナビエージェントが現実的な選択となります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最多の30万件を超える求人数

人事部だけでなく事業部から非公開求人の依頼を受けているケースもあり、常時30万件以上の求人を掲載しています。営業所が多く、地方求人にも強いです。

利用者の口コミ

34歳 男性

最大手だけあって面談にいくといきなりすごい量の求人票を提出されます。

28歳 女性

やっぱり求人数は魅力的。期待を裏切らない内容でスムーズに転職できました。

30歳 男性

求人票はたくさんいただけるのですが数が多すぎて、吟味するのに少し時間がかかりました。

「リクルートエージェント」公式サイトへ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

迷うことのない求人紹介

専属のキャリアアドバイザーが厳選した求人情報のみを紹介してくれます。

利用者の口コミ

32歳 男性

明らかに他のエージェントとはスタンスが違う。「とにかく転職してください!」という雰囲気ではない。

26歳 男性

職務経歴書作成の段階から手取り足取りサポートしてくれて、助かりました。サイトも他社のようにごちゃごちゃしておらずシンプルで使いやすいです。

29歳 女性

担当の方は熱心だったのですが、地方の求人にはあまり力を入れていない様子でした。

「マイナビエージェント」公式サイトへ

エージェントには志望企業と職種をはっきり伝えてしまいましょう

特に取り扱い求人数が多いエージェントの担当者には、希望する企業と職種をはっきり伝えてしまった方が話が早いです。

仮にそのタイミングで取り扱いがなくても今後の見込みをアナウンスしてもらえたり、関連企業の求人などを案内してもらえたりする可能性もあります。

おわりに

大規模な商業施設の開業や街づくりを行っている三井不動産へ転職したい人は多いと思います。ただ、社員数が少なめで少数精鋭で仕事をしている企業のため、中途採用の人数が少なめで転職難易度は高めです。総合職は決まった時期にエントリーする必要があるため、貴重な機会を逃さないためにも転職エージェントに登録して、しっかりと転職の準備をするのがおすすめです。

5秒で完了!転職サイト診断

カンタンな質問に答えるだけで、あなたにピッタリの転職サイトが見つかる診断ツールをご用意しました。

転職診断ツールへのアクセス方法

このページを共有する

企業別転職ノウハウ

  1. 企業別転職ノウハウ
  2. ファーストリテイリングに転職するには
  3. JR東海に転職するには
  4. 伊藤忠に転職するには
  5. Appleに転職するには
  6. 佐川急便に転職するには
  7. 豊田通商に転職するには
  8. ジョンソン・エンド・ジョンソンに転職するには
  9. セコム株式会社に転職するには
  10. 東京ガス株式会社に転職するには
  11. オリックス株式会社に転職するには
  12. ファナックに転職するには
  13. 富士フイルムに転職するには
  14. 日清食品に転職するには
  15. ヤマハ株式会社に転職するには
  16. キヤノンに転職するには
  17. JTBに転職するには
  18. 川崎重工に転職するには
  19. DMM.comに転職するには
  20. JTに転職するには
  21. UUUM株式会社に転職するには
  22. 丸紅に転職するには
  23. 三菱重工業に転職するには
  24. ブリヂストンに転職するには
  25. ドコモに転職するには
  26. ダイキン工業に転職するには
  27. 東芝に転職するには
  28. TOTOに転職するには
  29. スターバックスに転職するには
  30. 京セラ株式会社に転職するには
  31. バンダイに転職するには
  32. 野村證券に転職するには
  33. マツダに転職するには
  34. 花王に転職するには
  35. NEC(日本電気株式会社)に転職するには
  36. ニトリに転職するには
  37. KDDIに転職するには
  38. ZOZOに転職するには
  39. 村田製作所に転職するには
  40. ベネッセに転職するには
  41. NHKに転職するには
  42. クボタに転職するには
  43. 日立製作所に転職するには
  44. 三井物産に転職するには
  45. 味の素に転職するには
  46. DeNAに転職するには
  47. 住友不動産に転職するには
  48. ヤマト運輸に転職するには
  49. 資生堂に転職するには
  50. 三菱電機に転職するには
  51. P&Gジャパンに転職するには
  52. 富士通に転職するには
  53. JR東日本に転職するには
  54. ソニー生命保険に転職するには
  55. 旭化成に転職するには
  56. 三菱地所に転職するには
  57. 電通に転職するには
  58. サントリーに転職するには
  59. セールスフォースドットコムに転職するには
  60. 博報堂に転職するには
  61. 三井不動産に転職するには
  62. NTTデータに転職するには
  63. 株式会社オリエンタルランドに転職するには
  64. LINE株式会社に転職するには
  65. ホンダに転職するには
  66. 任天堂に転職するには
  67. ヤフー(Yahoo)に転職するには
  68. パナソニックに転職するには
  69. ソニーに転職するには
  70. 日産自動車に転職するには
  71. 三菱商事に転職するには
  72. メルカリに転職するには
  73. サイボウズに転職するには
  74. デンソーに転職するには
  75. 日本航空(JAL)に転職するには
  76. 日本マイクロソフトに転職するには
  77. サイバーエージェントに転職するには
  78. 全日本空輸(ANA)に転職するには
  79. キーエンスに転職するには
  80. トヨタ自動車に転職するには
  81. Amazon(アマゾンジャパン)に転職するには
  82. ソフトバンクに転職するには
  83. 楽天に転職するには