DMM.comに転職するには?難易度や面接の口コミ・中途採用情報をチェック


ライター:杉山奈津子

はじめに

石川県のレンタルビデオ店から始まり、今や3000万人以上の会員を持ち幅広い事業を手がける巨大ベンチャーとなったDMM.com。最高経営責任者の亀山氏は、移り変わる技術に対応するためのアップデートが必要としながらも「1社に長く勤めるのも能力だ」と語っています。
(参考:東洋経済

ITベンチャー企業というと、「社員の出入りが激しい」「労働時間が長い」というイメージを持つ人も多いようですが、亀山氏の言葉からは長く働く社員も大事にする社風であることが分かります。

そんなDMM.comで働いてみたいと考える人のために、ここではDMM.comの企業情報や口コミ、中途採用情報について紹介していきます。

DMM.comへの転職についてのまとめ

口コミからの総合評価
3.06

DMM.comの転職レーダーチャート


DMM.comの特徴

  • 動画や電子書籍の配信、ゲーム、通販、オンラインレンタルなどを提供するサイト「DMM.com」の構築~運営を手がけている。
  • 動画配信、通販、電子書籍、オンラインゲーム、オンライン英会話、FX、ミュージアム、サッカークラブの経営など業界業種問わずグループ全体で40以上のサービスを展開。
  • 2019年の売上は2,211億円、会員数3,196万人。国内のみならず海外20カ国にも展開。
  • 社員の男女比は7:3と開発エンジニアが多いため男性が多いが、女性のリーダーも多く活躍している。
  • 20代が36%、30代が47%、平均年齢は33歳と若手の社員が活躍している。風通しがよく、年齢関係なく意見を言える社風である。

DMM.comへの転職でおさえておきたいポイント

  • 通年採用を行っており、能力があれば採用される。
  • 幅広い業種・職種の募集があるため、求人の中から自分に合うものを探す必要がある。
  • 中途採用に学歴や年齢の条件はなく実力重視。
  • 固定残業費があるが、業界内では残業時間が少なくワークライフバランスが安定している。
  • 面接では自己分析力や具体的な仕事の展望が問われる。

DMM.comの企業情報

企業情報

基本情報

※スマホの方は横にスクロールしてご覧ください

事業内容 デジタルコンテンツ配信事業、通信販売事業、
オンラインレンタル事業、インターネット接続事業、
オンライン英会話事業、モノづくり支援事業、
太陽光発電事業など
代表者 亀山敬司
設立 1999年11月17日
資本金 1,000万円
従業員数 1,527人(2020年2月現在)
所在地 東京都港区六本木三丁目2番1号
住友不動産六本木グランドタワー24階

企業理念やビジョン

DMM.comのコーポレートメッセージはこちらです。

「誰もが 見たくなる 未来」
人がみな失敗を恐れず、挑戦できる世界をつくる。そのために、私たちは存在したい。
荒れた大海原でも突き進む。壁が立ちはだかっても、また別な道を探す。
年齢も肩書きも、領域を超えて、変化を恐れず、前へ前へと走る。
ひたむきに挑戦し続けよう。それが、誰も想像できない未来を、誰もが見たくなる未来に変えていくと、私たちは信じている。

<5ESSENCE>
1.本気の失敗を肯定する。
新しいことに取り組めば、必ずつまずく。壁にぶつかる。
しかし、絶対に失敗しない人間とは、何もやらない人間のこと。
失敗を受け入れ、学び、前を向こう。

2.テクノロジーとともに。
組織をアップデートしながら、社会に価値ある提案をするため、新たな技術に挑戦し続ける。
そして、データを駆使し、科学することを怠らない。
渡したりは、技術と組織を一つのシステムとし、つねに最適解を導き出す、唯一無二のテックパンパニーへ。

3.誠実であれ。
信用を勝ち取れているか、それは何より大切な指標のひとつ。
人を騙さない。約束を守る。
些細な一つひとつの積み重ねが、仲間をつくり事業を発展させていく。
バカ真面目にカッコよく生きよう。不誠実な人のところに、人は集まってこない。

4.ちゃんと稼ぐこと。
夢を語る前に、まず稼ぐ。お金がなければ自身が成し遂げたいことも、人を幸せにすることさえもできない。だから、正々堂々稼ぐ。
大企業でさえ苦境に立たされるこの時代、私たちは世の中に貢献し続けるために、確かな基盤を堅め存続する。

5.好奇心を忘れない。
私たちの事業は、絶えず変化していく。あらゆる物事に飽くなき興味を抱き、疑問を呈し、答えを出そうとするからだ。
そうすれば、たとえどんな荒野でも、新たな道を切り拓いていけるだろう。
ビジネスの原石は、きっとすぐ近くに転がっている。いつまでも錆びない好奇心を、その胸に。

(引用元:DMM.com企業情報

40以上の事業が集まって成り立ってる会社であるため、ひとつのビジョンにくくるのは難しいとして、企業理念ではなくコーポレートメッセージとして制定しています。

DMM.comの転職基礎知識

基礎知識

平均年収

475万円(34.5歳)(転職会議調べ)
通信関連業界の平均年収:544円と比較すると、69万円低くなっています。
(出典元:2019年版 業種別 モデル年収平均ランキング – マイナビ転職

世代別平均年収

※スマホの方は横にスクロールしてご覧ください

年代 平均年収 最高年収 最低年収
20代 397万円 440万円 335万円
30代 450万円 500万円 370万円
40代 520万円 675万円 475万円
50代 – 万円 – 万円 – 万円

(引用元:転職会議)

労働環境

  • 一部の部署を除いてフレックスタイム制。コアタイムは部署によって異なる。
  • スキル、経験に応じた年俸制で賞与はない。
  • 月40~45時間の固定残業費があり、超過分については残業代全額支給。
  • 同業界と比較して年収は高くないが、勤務時間は短いためワークライフバランスが安定している。
  • 仕事をしっかりとこなし調整さえすれば有給が取りやすく、遅刻や早退も認められる柔軟で成果主義な社風。

福利厚生

  • 介護休業制度や産休育休制度があり、男性の育休取得実績もある。
  • エンジニア職にはTech12制度があり、毎月1万円までパソコンの周辺機器を購入することができる。
  • 交通費は全額支給なので遠くからの通勤も可能。
  • コンビニやレストランで使えるバークレー券を貰える。
  • 住宅補助や家族手当はないが、福利厚生を充実させようとする流れはある。

残業時間

口コミサイトによると、平均残業時間は8.5~21.1時間とばらつきがありますが、同業他社と比べると残業時間は少ないと感じている人が多いようです。部署やプロジェクトの状況により多忙な時期もありますが、フレックス制なので勤務時間の調節はしやすいとの口コミもあります。

有給消化率

口コミサイトでは、おおむね70%の有給消化率となっています。仕事をきちんとこなせば自由に休める社風であるため有給も取得しやすいと感じている人が多く、長期休暇を取得することも可能なようです。

DMM.comの中途採用求人情報

求人情報

DMM.comにはどのような職種があるのか

公式サイトの採用情報によると、DMM.comには以下のような職種があります。

  • ビジネス職
  • エンジニア(動画配信開発部)
  • Webデザイナー(企画開発部)
  • 財務グループ(グループCFO室分析チーム)
  • カスタマーサポート(カスタマーサポート部)
  • 物流ディレクター(流通管理部)
  • コンテンツ制作(コンテンツ制作部)

(参考:DMM.com採用情報

求人の傾向・採用している職種

公式サイトの採用情報ページには100以上の職種で正社員の求人情報が掲載されており、業界業種にとらわれずあらゆる事業を行う会社であるため、幅広い人材を募集しています。勤務地は東京都または石川県が多いですが、全国の支社勤務や海外転勤の可能性がある職種もあります。

実際の求人情報

採用情報ページには100以上の正社員求人がありますが、そのうちの一部を紹介します。

職種 仕事内容
サーバサイドエンジニア ・マイクロサービスプラットフォームの設計実装
・認証認可基盤の設計実装
・レガシーシステムのリプレイス
・他チームとのコミュニケーション
営業 ・Football事業部にて国内外のスポンサー企業獲得に向けた新規営業
・既存スポンサー企業とのリレーションシップ構築
・Football事業の広報、プロモーションに関する企画立案
管理会計担当 ・グループ全社の管理会計業務
Webデザイナー ・ライブ配信サービスの新規営業施策のUI・特設ページ・バナーやhtmlメルマガの作成業務
・施策のUI/UX要件定義から、デザイン/フロント実装・リリース後の効果検証と改善の実施
・定量/定性データを用いたWEBサイト分析、UI改善業務
SEOスペシャリスト ・ 流入状況の監視・分析・課題抽出
・ 市場調査にもとづく戦略・施策の立案
・ サイトの情報設計、技術監査
・ 保守・実装サポート
・ 事業部への企画提案・施策の推進支援
・ 外部協力会社のディレクション
マーケティング職 ・DMM英会話のマーケティング業務全般
・Web広告を軸とした集客プランニング及び実行
・広告データ集計
・分析
・広告代理店等取引先との渉外業務
・会員データ分析
・各種KPI改善にむけたプランニング及び実行
・各種施策・提案資料の作成
iOSエンジニア ・機能の実装
・UI/UX改善
・品質改善
・バージョンアップへの対応
ゲームディレクター ・タイトル全体のクオリティ管理、進行管理
・仕様切り、社内調整
・データ分析
法務 ・オンラインゲームの企画、制作及び運営に関する、契約書(英文含む)の作成及び確認
・事業サイドからの法律相談対応(特に、ソーシャルゲームの運営に関するもの)
プロモーション ・パチンコ屋の集客・売上アップのお手伝い
(経営課題を伺い、それにフィットするイベント企画・コンテンツ提案)

DMM.comの採用方針

採用情報ページには、以下のようなメッセージが書かれています。

「毎日、採用中」

人がみな失敗を恐れず、挑戦できる世界をつくる。
そのために、私たちは存在したい。
荒れた大海原でも突き進む。
壁が立ちはだかっても、また別の道を探す。
年齢も、肩書きも、領域をも超えて、
変化を恐れず、前へ前へと走る。
ひたむきに挑戦し続けよう。
それが、誰も想像できない未来を、
誰もが見たくなる未来に変えていくと、
私たちは信じている。

(引用元:DMM.com採用情報

口コミサイトには「中途採用者が多い」との書き込みがあり、採用情報ページに「毎日、採用中」と書かれていることから、中途採用を積極的に行っていることが分かります。

また、業界業種とらわれずあらゆる事業に挑戦する実力主義の社風であるため、安定志向・受け身ではなく自ら新しいことにチャレンジする精神・スキルを持ってる人を求めていると考えられます。

DMM.comの選考に関する情報

選考

DMM.comへの転職難易度

DMM.comは通年採用を行っているため能力が高ければ採用されますが、ベンチャー企業の成功例として有名であり勤務時間も安定しているため、応募者が多く求めるレベルも高くなると予想されます。

エンジニアやWebデザイナーなどの技術職は業務に直結しているスキルや経験が必要ですが、幅広い事業を展開しているため異業界での経験もアピールポイントとなるでしょう。

選考の流れ

転職サイトリクナビNEXTの求人情報によると、DMM.comグループの選考は「書類選考→面接(2~3回)→内定・採用」という流れで進み、応募から内定までの期間は約2週間となっています。選考内容の詳細は転職エージェントに登録して確認しましょう。
(参考:リクナビNEXT

筆記試験の有無、種類

公式サイトの採用情報、口コミサイトには筆記試験の有無に関する情報はありませんでした。転職サイトに記載してある採用の流れには筆記試験は含まれていませんが、詳細は転職エージェントに登録して確認することをおすすめします。

必須・推奨される資格

バックオフィス系職種の中には、日商簿記2級、1級、税理士などの資格が条件になっている職種があります。エンジニアやデザイナーなどの専門職では資格についての記載はないため、資格の有無よりも アプリ開発経験プログラミングスキル、フォトショップ、コーディングなど業務に直結するスキルや経験があるかどうかが重視されるでしょう。

面接で聞かれること

DMM.comでは志望動機や自己PRのほかに次のような質問をされたとの口コミがあります。

  • 尊敬する人は?
  • なぜIT業界に入ろうと思ったか?
  • 入社して何がしたいか?
  • 自分の経験をどう活かせるか?
  • 自身の強みはなんですか?
  • 自分を動物に例えると?
  • 好きなアニメは何ですか?

面接では、社風に合うか、事業内容に興味があるか、具体的なプランがあるかという点が問われる傾向があります。自分の強みを活かしどのように貢献できるか、どんな仕事をしたいかを具体的に答えることが求められるため、自己分析や業界研究をしっかりとしておくことが必要と言えます。

DMM.comへの転職に関する口コミや評判

評判

企業評価(安定性・成長性)

・これだけの規模の会社で上場していないので、自由度が高く意見が通りやすい。(営業・30代)

・アダルト事業と証券事業で安定の収益があるため、他は失敗が多いが上手くやっている印象。(海外事業部)

・未だに大きな借り入れを銀行からしていないのは大きな強みだと思います。(企画・事務・管理系・30代)

・急激に大きくなってから、あまり代名詞と言えるビジネスが生まれていません。(企画・事務・管理系・30代)

・さまざまな新しいことにチャレンジする社風は好きだが、もっと社内を巻き込んで展開することで加速するはスピードも更にますと思う 。(営業・20代)

給与・待遇

・いま新しく入る場合は相応の年俸が支払われるようになっていると思われる。(システム開発・30代)

・年俸制でボーナスは一切ない。みなし残業制なので月40時間を超えないと残業代も付かない。(営業・30代)

・組織会社全体がさがれば8割強の社員が年俸をへらされる。(営業・40代)

・業務内容にもよるが、他のIT企業と比較して、ディレクター、デザイナー、エンジニアの給与水準は低い方だという話は、よく社員内で出ていた。(ディレクター・30代)

・年俸制で賞与等すべて込であるが、特別賞与など増やして欲しい。(営業・20代)

評価制度

・やる気があればどんどん出世できると思う。とにかく、やる気を見せていればほぼ出世できるよう応援してくれる。(ホテルスタッフ・20代)

・部署やプロジェクトで必要な人材だと認められれば、3桁レベルでの昇給も可能です。(企画・事務・管理系・30代)

・評価制度が曖昧でどこも社内営業が強い人が昇給していった記憶。(クリエイティブ系・20代)

・エンジニアの評価制度は整いつつあるものの、営業職との制度の違いから評価額が腑に落ちない状態が何年も続いている。(経営企画・30代)

・年功序列ではなく、完全に成果主義。難易度の高い仕事を持っていない、成果を出せなければ必然的に大きな給与アップは見込めない。 (エンジニア・20代)

仕事のやりがい

・多くの事業を展開しており、チャレンジできる体制があると思う。自分で手を上げて異動を希望できる。(営業・20代)

・自社サービスの開発ができ、自分7の作ったものがサービスとして世に出るのが嬉しい。(アプリケーション設計)

・一般社員でもものが言える環境である。自分の企画が通ることになれば、自分で進めていけることができるので、やりがいはある。(マーケティング・30代)

・ 受け身だとキャリアはなかなか描けない。(クリエイティブ系・30代)

・積極的な新規事業展開を行っているので、1つの業務に拘らず、様々な事業に関わる事が出来るので、常に刺激を得られる。 (営業・30代)

(引用元:キャリコネopenwork転職会議カイシャの評判

DMM.comに転職するには

大手企業が中途採用を実施する理由のほとんどが、「新規事業や欠員の補充で即戦力が必要になったとき」。

こうした求人の募集人数は少数ですから、すぐに採用が決まってしまいます。
ですからDMM.comの中途採用求人はとても貴重です。

DMM.comの選考を受けるために重要なのは「あなたのスキルが即戦力と判断される求人票」を見逃さないことです。

そのためには以下の2点が大切です。

  1. 常に公式サイトの求人票を常にチェックすること
  2. 競合などに配慮してクローズドに募集される非公開求人を受け取ること

この2つを簡単に満たしてくれるのが転職エージェントです。
転職エージェントなら公式の求人票はもちろん、非公開求人もタイムリーにアナウンスしてくれます。

希望の職種に合った転職エージェントを選択しよう

DMM.comの求人は技術系エンジニア職文系総合職の2つのコースに大別されます。

まずはあなたがどちらの職種を希望するかを明確にしてください。

技術系エンジニア職の方

エンジニア職種としてDMM.comへの転職を目指すあなたにおすすめなのがIT転職のマイナビエージェントです。

大手へのIT転職に強いエージェントとして、そのコネクションを存分に発揮してくれることでしょう。

IT転職のマイナビエージェント

マイナビエージェント

エンジニア採用に強い

エンジニアの転職を数多く手掛けている大手転職エージェントです。特に大手やメガベンチャー系安定企業への転職に強みがあります。

利用者の口コミ

30歳 男性

担当者のITリテラシーが思った以上に高く、ストレスなく転職活動を進めることができた。

34歳 男性

他の転職エージェントのようにガツガツしていないのが好印象でした。

29歳 男性

大手系の案件は確かに多かった。Web系スタートアップ志望なら他社も見た方がいいと思う。

文系総合職の方

営業やマーケティング職などの総合職としてDMM.comへの中途入社を目指すならリクルートエージェントが現実的な選択となります。

中途採用業界においては最大手のエージェントで、特に大手企業からの信頼は絶大なものがあります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最多の30万件を超える求人数

人事部だけでなく事業部から非公開求人の依頼を受けているケースもあり、常時30万件以上の求人を掲載しています。営業所が多く、地方求人にも強いです。

利用者の口コミ

34歳 男性

最大手だけあって面談にいくといきなりすごい量の求人票を提出されます。

28歳 女性

やっぱり求人数は魅力的。期待を裏切らない内容でスムーズに転職できました。

30歳 男性

求人票はたくさんいただけるのですが数が多すぎて、吟味するのに少し時間がかかりました。

エージェントには志望企業と職種をはっきり伝えてしまいましょう

特にリクルートエージェントのように取り扱い求人数が多いエージェントの担当者には、希望する企業と職種をはっきり伝えてしまった方が話が早いです。

仮にそのタイミングで取り扱いがなくても今後の見込みをアナウンスしてもらえたり、関連企業の求人などを案内してもらえたりする可能性もあります。

おわりに

動画配信やオンラインゲーム、FXなどで有名なDMM.comは、業界業種にとらわれず幅広い事業を展開するIT系企業です。同業界と比較して年収は高くありませんが、勤務時間が安定しているため働きやすいとの口コミが見られました。
ベンチャー企業らしく実力主義な社風であるため、安定志向・のんびり仕事をしたい人にはあまり向いていませんが、年齢関係なく活躍したい人やスピード感を持って働きたい人にはおすすめです。
DMM.comへの転職を考えている人は、この記事を参考にして転職準備を始めましょう。

5秒で完了!転職サイト診断

カンタンな質問に答えるだけで、あなたにピッタリの転職サイトが見つかる診断ツールをご用意しました。

転職診断ツールへのアクセス方法

このページを共有する

企業別転職ノウハウ

  1. 企業別転職ノウハウ
  2. クックパッドに転職するには?
  3. タカラトミーに転職するには?
  4. 東京海上日動に転職するには?
  5. 一条工務店に転職するには?
  6. 東京メトロに転職するには?
  7. チームラボに転職するには?
  8. 星野リゾートに転職するには?
  9. 野村不動産に転職するには?
  10. ネスレ日本に転職するには?
  11. 大和ハウスに転職するには?
  12. ウォルト・ディズニー・ジャパンに転職するには?
  13. ソニー・ミュージックエンタテインメントに転職するには?
  14. 野村総研に転職するには?
  15. AGCに転職するには?
  16. 東レに転職するには?
  17. オムロンに転職するには?
  18. 積水ハウスに転職するには?
  19. アサヒビールに転職するには?
  20. スバルに転職するには?
  21. ファーストリテイリングに転職するには
  22. JR東海に転職するには
  23. 伊藤忠に転職するには
  24. Appleに転職するには
  25. 佐川急便に転職するには
  26. 豊田通商に転職するには
  27. ジョンソン・エンド・ジョンソンに転職するには
  28. セコム株式会社に転職するには
  29. 東京ガス株式会社に転職するには
  30. オリックス株式会社に転職するには
  31. ファナックに転職するには
  32. 富士フイルムに転職するには
  33. 日清食品に転職するには
  34. ヤマハ株式会社に転職するには
  35. キヤノンに転職するには
  36. JTBに転職するには
  37. 川崎重工に転職するには
  38. DMM.comに転職するには
  39. UUUM株式会社に転職するには
  40. JTに転職するには
  41. 丸紅に転職するには
  42. 三菱重工業に転職するには
  43. ブリヂストンに転職するには
  44. ドコモに転職するには
  45. ダイキン工業に転職するには
  46. 東芝に転職するには
  47. TOTOに転職するには
  48. 京セラ株式会社に転職するには
  49. スターバックスに転職するには
  50. バンダイに転職するには
  51. 野村證券に転職するには
  52. マツダに転職するには
  53. 花王に転職するには
  54. NEC(日本電気株式会社)に転職するには
  55. ニトリに転職するには
  56. KDDIに転職するには
  57. ZOZOに転職するには
  58. 村田製作所に転職するには
  59. ベネッセに転職するには
  60. NHKに転職するには
  61. クボタに転職するには
  62. 日立製作所に転職するには
  63. 三井物産に転職するには
  64. 味の素に転職するには
  65. DeNAに転職するには
  66. 住友不動産に転職するには
  67. ヤマト運輸に転職するには
  68. 資生堂に転職するには
  69. 三菱電機に転職するには
  70. P&Gジャパンに転職するには
  71. 富士通に転職するには
  72. JR東日本に転職するには
  73. ソニー生命保険に転職するには
  74. 旭化成に転職するには
  75. 三菱地所に転職するには
  76. 電通に転職するには
  77. サントリーに転職するには
  78. セールスフォースドットコムに転職するには
  79. 博報堂に転職するには
  80. 三井不動産に転職するには
  81. NTTデータに転職するには
  82. 株式会社オリエンタルランドに転職するには
  83. LINE株式会社に転職するには
  84. ホンダに転職するには
  85. 任天堂に転職するには
  86. ヤフー(Yahoo)に転職するには
  87. パナソニックに転職するには
  88. ソニーに転職するには
  89. 日産自動車に転職するには
  90. 三菱商事に転職するには
  91. メルカリに転職するには
  92. サイボウズに転職するには
  93. デンソーに転職するには
  94. 日本航空(JAL)に転職するには
  95. 日本マイクロソフトに転職するには
  96. サイバーエージェントに転職するには
  97. 全日本空輸(ANA)に転職するには
  98. キーエンスに転職するには
  99. トヨタ自動車に転職するには
  100. Amazon(アマゾンジャパン)に転職するには
  101. ソフトバンクに転職するには
  102. 楽天に転職するには