ソニー生命保険に転職するには?難易度や面接の口コミ・中途採用情報をチェック


ライター:岡本優河

はじめに

日本初のオーダーメイド型保険を日本に持ち込んだことで有名なソニー生命保険。
1979年の会社設立以来、日本における生命保険会社としての地位を確立し、柔軟に変更できる保険プランの形成で顧客の心を掴んできました。

保険業界で売上高第3位のソニーフィナンシャルホールディングス。

保険業界売上高
(引用元:2019年 保険業 売上高 ランキング|strainer

ソニーフィナンシャルホールディングスは、ソニー生命の他に、ソニー損保とソニー銀行の2つの事業を展開していますが、ソニー生命はその売上高の84%を占めており、グループを支える中心事業となっています。

ニーフィナンシャルホールディングス 売上内訳
(引用元:グループを知る 数字で見る|ソニーフィナンシャルホールディングス

ソニーグループというだけあって、福利厚生も整っているため、ソニー生命保険に転職したい!と感じている方は多いのではないでしょうか。
そこで、この記事では、ソニー生命保険へ転職したい方に向けて、転職の難易度や面接の口コミ・中途採用情報などをご紹介します。
ソニー生命保険に転職を考えている方は、ぜひともご一読ください。

ソニー生命保険への転職についてのまとめ

口コミからの総合評価
3.81

ソニー生命の転職レーダーチャート


ソニー生命保険の特徴

  • 元々は、米国のプレデンシャル生命との合弁会社で、「ソニー・プルデンシャル生命保険」として1979年に設立された。
  • それまで日本では、「生保レディ」などの単語に代表されるような、生保外務員が生命保険のアドバイスを行うことが多かった。しかし、ソニー生命保険は、プルデンシャルのようなプロの生命保険マンの印象を持たせるため、「ライフプランナー」という単語を日本で初めて生み出した。
  • ソニー傘下ということもあり、社員はソニーの製品を使い放題。
  • ライフプランナー制度を最重要視しており、顧客を第一に考える社風がある。
  • 業界内でも特に死亡保障制度の大切さを謳っている企業でもある。

ソニー生命保険への転職でおさえておきたいポイント

  • ソニー生命保険の面接では、尋問さながらの質問をさせられるため疲れるという意見も。
  • ライフプランナーとしての面接であるため、一般的な面接対策はあまり参考にならない。
  • 基本的に保険の営業は、人脈の広さが問われるため、人間力があるかどうかなどを問われることが多い。
  • 基本的に固定給は初期しか支給されず、後は自身の売り上げによって給与が決まる。
  • 転職組しかいない組織の中で、どのように契約を持ってくるかが重要。完全歩合制であるため、契約が取れないとバイト以下の給料になることもある。

ソニー生命保険の企業情報

企業情報

基本情報

※スマホの方は横にスクロールしてご覧ください

事業内容 保険業
代表者 萩本友雄
設立 1979年8月
資本金 700億円
従業員数 8,461名 (うちライフプランナ-5,164名)
所在地 〒100-8179 東京都千代田区大手町一丁目9番2号
大手町フィナンシャルシティ グランキューブ

企業理念やビジョン

ソニー生命保険の企業理念やビジョンは、以下の通りです。

コーポレートスローガン
「LIFEPLANER VALUE〜遠い約束を果たすために〜」
基本使命
当社の使命は、合理的な生命保険と質の高いサービスを提供することによって、顧客の経済的保障と安定を図ることである。

経営の基本理念
顧客に満足される質の高いサービスの提供を不断に追求することにより、顧客の期待と信頼に応える。環境の変化には、常に積極的にチャレンジし、新しい時代のニーズを先取りした革新的な経営を行う。社員の個性を尊重し、その能力と適性を十二分に発揮することにより、自由闊達な職場環境を創るとともに活力ある組織を維持する。

ソニー生命保険は、ライフプランナーという職種を生み出した会社でもあるため、顧客に対する気持ちの込め方は他の生保会社とは比べ物になりません。

厳選されたライフプランナーたちが、顧客としっかりした関係を築いているからこそ、事業自体を永く伸ばし続けることが出来ている理由です。

ソニー生命保険の転職基礎知識

基礎知識

平均年収

763万円(40.2歳)(四季報調べ)
生命保険業界の平均年収:699万円と比較すると、120万円近く高く設定されています。
(出典元:2019年版 業種別 モデル年収平均ランキング - マイナビ転職

世代別平均年収

※スマホの方は横にスクロールしてご覧ください

年代 平均年収 最高年収 最低年収
20代 400万円 500万円 350万円
30代 500万円 600万円 400万円
40代 500万円 940万円 400万円
50代 600万円 1000万円 463万円

(引用元:転職会議)

労働環境

  • ライフプランナー職の人は時間の使い方も全て自己管理なので、融通は効きやすく自分のやりたいようにできる。
  • 完全に個人の裁量性であるため、バランスを良くしようと思えばできるが、仕事に打ち込むこともできる。その分収入は不安定であると覚えておいた方がいい。
  • 売り上げが上げられない人にプライベートなど無い。きつすぎて途中で脱落してしまう人もいる。
  • きちんと自己管理が出来ていて成果を上げられる人にとっては良い会社である。年に必ず5連休を取る必要があるため、海外旅行にいくことも可能。
  • 繁忙期は毎日朝から20時、21時まで事務処理をすることもあり、体力的にも疲弊する。

福利厚生

  • 有給の消化率は決して高くは無いが、基本的に自由に時間を使えるのがいい。
  • 福利厚生は他の職種と比べてかなり手厚く保障されている傾向にある。
  • 保険の会社であるため、従業員向けにも保険が完備されている点が素晴らしい。
  • フレックスタイム制を採用しているため、満員電車に乗る必要もなく、ストレス軽減されている。
  • 土日も休むことが出来て、家族と過ごすことが出来た。休みが多いのはいい。

残業時間

口コミサイトにおける残業時間は、22〜34時間まで様々でした。
基本的に残業と言える残業はほとんど無いようですが、完全に裁量労働であるため、人によっては残業の程度は大きく異なります。
会社員でありながら、固定給がある訳では無いため、個人事業主に近い働き方になります。
売り上げを上げたいのであれば、多少の残業は覚悟しなければなりません。

有給消化率

口コミサイトにおける有給消化率は、51~57%でした。
有給消化率は、他の企業と比べるとそれほど高い割合ではありません。
口コミにもありましたが、有給休暇を積極的に取得しようとする人は少ないようです。
裁量制労働であるため、業務時間を自由に使えるというメリットがあることも有給消化率に影響しているようです。

ソニー生命保険の中途採用求人情報

求人情報

ソニー生命保険にはどのような職種があるのか

ソニー生命保険で募集している職種は、以下の通りです。

  • ライフプランナー
  • 財務・経理(本社内勤)
  • IT系システムエンジニア(本社内勤)
  • 数理・アクチュアリー(本社内勤)

厳しい採用基準を満たし、ソニー生命独自のカリキュラムによって研修を受けた者だけがプロのライフプランナーになることが出来ます。
ライフプランナー以外の職種は、本社勤務でデスクワークを行うことが多い傾向にあります。

求人の傾向・採用している職種

募集している職種としては、圧倒的にライフプランナーが多いです。
ライフプランナーには、前職での経験値よりも、人生軸がしっかりしていたり、信用感がある人が選ばれます。
応募からの採用ではなく、スカウトで声をかけられる機会が多いため、仕事上の繋がりが多い人の方が採用されやすいと言えるでしょう。

実際の求人情報

実際の求人情報を調べるために、転職サイトのdodaを利用したところ、ソニー生命の求人は、わずか25件しかヒットしませんでした。
また求人内容を見ても、本社内勤の財務系職種が多く、花形のライフプランナー職は見つかりませんでした。
ライフプランナーになるためには、本社の公式ホームページから応募するか、スカウトされるか、しか方法がないということを覚えておきましょう。

ソニー生命保険の採用方針

ソニー生命保険の公式ホームページ上では、基本的に採用方針を発表していません。
ただ、ライフプランナー職の説明では、以下のような要項を定めています。

ライフプランナーは、お客さまの信頼にお応えできるよう、高度な知識とスキルを身につけた、生命保険・金融のプロフェッショナル集団です。お客さまの将来への想いをお聴きし、人生の設計図を描く「ライフプランニング」。その実現を支えるために提供する「オーダーメイド」の生命保険。ご契約後も専任の担当者として行う一生涯の「コンサルティングフォロー」。これらの質の高いサービスによって、お客さまに安心を提供します。この職業に必要なのは、保険の知識だけではありません。状況を察知する力、問題を解決する力、未来を予測する力。加えて、これまでの人生で培ってきた、さまざまな“人間力”が求められます。

(引用元:挑戦者求ム | ライフプランナー採用 特設サイト | ソニー生命保険

ライフプランナーとは、その名の通り顧客の人生を計画する人でもあるため、一生涯顧客をコンサルティングする役割が与えられます。
保険の知識のみならず、人生の中で培ってきた「人間力」が求められるため、強い人間力のある人を求めています。

ソニー生命保険に転職するには

ソニー生命保険への転職を希望する際には転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントの利用をおすすめする理由は2点あります。

  1. あなたのスキルが即戦力と判断される求人票を見逃さなくなること
  2. クローズドに募集される非公開求人を受け取れること

転職エージェントなら公式の求人票はもちろん、非公開求人もタイムリーにアナウンスしてくれますので貴重な求人を逃すことがなくなります。自分にあった求人を見逃さないことで、確実にチャンスをものにしましょう!

ソニー生命保険への転職を目指すならマイナビIT AGENTがおすすめです。

大手転職エージェントのマイナビIT AGENTは、金融業界にも力を入れており、マイナビ金融エージェントというサービスも展開しております。金融職専門エージェントを擁し、異業種転職の成功事例も多いため、ソニー生命保険への転職でも大いに活用できます。

その他、転職エージェントの詳細な情報は1106人に聞いた、口コミで評判のおすすめ転職サイト・転職エージェントが参考になります。

また、エージェントを利用する際は、担当者には希望する企業と職種をはっきり伝えましょう。仮にそのタイミングで取り扱いがなくても今後の見込みをアナウンスしてもらえたり、関連企業の求人などを案内してもらえたりする可能性もあります。

ソニー生命保険の選考に関する情報

選考

ソニー生命保険への転職難易度

ソニー生命保険への転職難易度は、比較的に高いです。
本社に内勤職として務める人は、それほど難しくないですが、ライフプランナー職を勝ち取るのは至難の業です。
転職では、基本的に人間性を重視されるため、日頃から顧客に対してどのような気持ちで取り組んでいるかなどが判断基準になります。
どの職種も福利厚生が良く、ライフプランナー職の場合は、給料も青天井であるため、競争率は非常に高いということを覚えておきましょう。

選考の流れ

ソニー生命保険の選考の流れは以下の通りです。
エントリー→書類選考→一次面接→二次面接→最終面接→内定
ただ、本社内勤者とライフプランナー職では、面接の方針も面談回数も大きく異なることがあります。

筆記試験の有無、種類

筆記試験の有無や種類に関しては、明らかになっていません。

必須・推奨される資格

ソニー生命保険に転職するために、必須・推奨される資格などは特に存在しません。
本社勤務の場合は、職種によって経歴や専門性を問われるケースがあるため、必ず募集要項を確認しましょう。
ライフプランナー職の場合は、学歴や経歴なども一切関係なく、その人の人生観や人間性などを判断基準としています。
必須・推奨される資格は特に存在しないため、注意しましょう。

面接で聞かれること

面接で聞かれることとしては、

  • 保険の話をしたとして、切り替えてくれる友人・知人または家族などはいますか?
  • ストレスや精神的なプレッシャーに強い方ですか?
  • あなたの欲について教えてください。

といった普通の企業とは異なる質問が多いと言われています。
面接は非常に独特で、報酬制度や評価制度などの説明を受けながら、自身が所属する予定の所長と面談します。
契約が取れない時期でも、プレッシャーに勝てるのか、十分な蓄えはあるのか、などソニー生命ならではの質問をされます。
面談の雰囲気も、最終面談に近づくにしたがって厳格な雰囲気となっていくため、予め気持ちを作って面接に臨みましょう。

ソニー生命保険への転職に関する口コミや評判

評判

企業評価(安定性・成長性)

・業界全体は縮小気味ではあるが、この会社はまだまだ伸びる勢いがある。(40代・個人営業)

・ソニー傘下ということもあり、他の事業が補填してくれるのではないかという期待はある。(40代・個人営業)

・事業については、取引先も多く、これからも安心して見ていられる。(40代・事務)

・ビジョンがかなり強いため、戦略性がブレることはない。成長性には限界があるように感じている。(30代・金融企画)

・ソニーというブランド力があるため、当面は潰れないだろうと予想出来る。(30代・法人営業)

給与・待遇

・仕事の割に年収は高いと感じている。(30代・マネージャー)

・年収はかなり貰うことが出来る。残業代などもしっかり出してくれる。(20代・新規事業開発)

・自身の売り上げによって報酬が決まるため、基本的に不満は出ない。(30代・個人営業)

・完全歩合制なので給料はかなりいいが、計画性を持って行動した方がいいでしょう。(30代・個人営業)

・本社勤務の場合、1分単位で残業代が出るので、サービス残業は存在しない。(30代・金融企画)

評価制度

・年に1回昇給の機会があり、論文とプレゼンで給与が上がるかどうか決まる。内勤も実力主義。(40代・事務)

・実力主義の社風はかなりあるが、上司と仲が悪いと高い評価はつかない。(40代・システム開発)

・2年間は初期補給があるが、その後は完全に歩合制。実力のある人には楽しい世界だと思う。(30代・個人営業)

・入社後、1ヶ月で売り出しとなり、3ヶ月ごとに売り上げバーがあり、それを下回ると給与は下がっていく。(30代・個人営業)

・やればやった分だけ評価されるため、出来る人は安心して勤められる。(20代・営業)

仕事のやりがい

・上司の方々のサポートも非常に強く、充実している。(20代・商品企画)

・生保の仕事がこんなに素晴らしいものだとは思わなかった。一生仕事にやりがいを感じれる人にはとてもいい。(30代・法人営業)

・うまくいかない時には収入がゼロになる時もあるが、顧客の人生に携われるのはかなり大きい。(30代・個人営業)

・目に見えない商品なので、コミュニケーションスキルはかなり必須。普段の生活などでの人格を磨く必要がある(20代・個人営業)

・システム部門だけでもチームが多数あるような大企業であるため、身に付けたい技術をつけられる現場。(40代・データベース開発)

(引用元:キャリコネopenwork転職会議カイシャの評判

おわりに

今回は、ソニー生命保険に転職したい方に向けて、転職難易度や求人の傾向、働いた人の評判などについてご紹介しました。
ソニーグループ傘下であることから、事業自体も安定しており、非常に安心して働くことが可能です。
福利厚生なども充実しており、実力主義であるため、評価制度に関する不満もそれほど見受けられませんでした。
ただ、ライフプランナーとして営業を行う方は、プレッシャーに耐えうる強い精神力が必要です。
ライフプランナー志望の方は、営業力に自信があり、給料がゼロでも自分を保てる精神力が必要となることを忘れないでください。
ソニー生命保険に転職したい方は、ぜひ本記事を参考にして、転職活動を進めてみてください。

5秒で完了!転職サイト診断

転職診断ツールへのアクセス方法

このページを共有する