NTTデータに転職するには?難易度や面接の口コミ・中途採用情報をチェック


ライター:岡本優河

はじめに

NTTデータは、官公庁などとの結びつきも非常に強く、1つのプロジェクトが非常に大きいため、大きなスケール感で仕事が出来ると人気があります。
近年、CTOクラスの技術者には、3,000万円超の年収を提示して、高度技術者を採用する施策を打ち出して、話題となりました。
これだけ大きなIT通信企業であるため、「NTTデータに転職したい!」と考えている人も少なくないですよね。
今回は、NTTデータに転職する際の難易度や面接のやり方、社内の口コミ・評判や難易度など、転職情報をご紹介します。

NTTデータへの転職についてのまとめ

口コミからの総合評価
3.69

NTTデータの転職レーダーチャート


NTTデータの特徴

  • 株式会社NTTデータ(NTT DATA Corporation)は、東京都江東区にある、データ通信やシステム構築事業を行っている日本のSI(システムインテグレーター)企業。
  • 情報サービス事業では業界最大手。
  • 日本電信電話(NTT)のデータ通信事業本部を源とし、その完全子会社である中間持株会社のNTT株式会社が発行済株式総数の54.19%。
  • 前身の日本電話公社の1960年代より、日本の官公庁向けに大規模なシステムを様々に開発し、発展を遂げてきた。
  • 近年では、ビッグデータやAI、ブロックチェーンなどの分野にも事業を拡大しており、将来的にも日本のシステム開発の根幹を担う大企業である。

NTTデータへの転職でおさえておきたいポイント

  • NTTデータの面接では、圧迫などはなく終始和やかでオーソドックスな質問が多い。
  • 業界内でも最大手企業であるため、幅広い領域で業務を選択することが可能。
  • 正社員のタスクとしては、管理などが多く、同じような案件が永遠と回ってきたりすることもあり、技術的な成長はほとんどないかもしれない。
  • 日本を代表する企業でもあるため、システム構築などに携われるのはかなり大きな魅力である。
  • ワークライフバランスに関しては、かなり微妙。システム開発をする部署などによっては、残業が慢性化していることもある。

NTTデータの企業情報

企業情報

基本情報

※スマホの方は横にスクロールしてご覧ください

事業内容 システムインテグレーション事業
ネットワークシステムサービス事業
その他これらに関する一切の事業
代表者 本間 洋
設立 1988年
資本金 1,425億2千万円(2019年3月31日現在)
従業員数 11,263名(単独/2018年3月末現在)
118,006名(グループ全体/2018年3月末現在)
所在地 〒135-6033
東京都江東区豊洲3-3-3 豊洲センタービル

企業理念やビジョン

NTTデータでは、以下のような企業理念やビジョンを策定しています。

Trusted Global Innovator

Group Visionは、NTTデータグループが10年後に目指す姿を示したものです。 ITの技術革新は目覚しく、ビジネスモデルの変化も急加速しているこの予測困難な時代において、私たちの目指すべき姿は、自社のみの利益を追求するのではなく、どこまでもお客さまに寄り添い、お客さまの豊富なアイデアと私たちが強みを発揮する世界中の最先端テクノロジーとを結び付け、ビジネスイノベーションや社会的課題の解決をともに実現していくことでお客さまから長期的に信頼されるパートナーとなることです。 「Trusted Global Innovator」 ビジネスパートナーとして世界中のお客さまから「信頼」を得ることでグローバル市場で大きな存在感を発揮していきます。

NTTは、企業理念において、「信頼されるイノベーターになる事」を掲げており、自社の技術力を通して、顧客の課題を解決しています。

日本一の大企業である利点を生かして、最先端の技術力をお客様に提供し、課題を解決していくことをビジョンとして定めています。

NTTデータの転職基礎知識

基礎知識

平均年収

828万円(38.7歳)(四季報調べ)
同じ「通信関連」業界の平均年収:544万円と比較すると、280万円以上も高い年収である事が分かりました。
業界最大手の企業であるため、年収もかなり高く設定されているようです。
(出典元:2019年版 業種別 モデル年収平均ランキング – マイナビ転職

世代別平均年収

NTTデータの世代別の平均年収は以下の通りです。

※スマホの方は横にスクロールしてご覧ください

年代 平均年収 最高年収 最低年収
20代 450万円 580万円 360万円
30代 600万円 700万円 500万円
40代 800万円 975万円 700万円
50代 1000万円 1200万円 700万円

(引用元:転職会議)

労働環境

  • 仕事をしたいと思う人はさせてもらえ、残業代もきちんと出るが、部署によっては、オフの生活はないと言っても過言ではないくらい忙しい。
  • 夜勤が常時ある部署に当たると、夜勤や休日出勤もある。月の労働時間を上回ってやりくりしないと、かなり辛いと思う。
  • 働き方改革がかなり進行している。在宅勤務やフレックス勤務を行っている部署もある。部署運によって労働環境はかなり違う。
  • 育休取得者もかなりの割合で存在する。育児取得者もかなり多いように思われる。
  • 参画するプロジェクトによる。ITコンサルタント職は、比較的自由に時間が使えるが、成果が重要視される。ただエンジニアは、仕事量が多く、バランスが取れないことも。

福利厚生

  • 福利厚生は、非常に充実している。家賃補助は、独身で月4万円、結婚後は月7万円と、かなりの額を出してくれる。
  • 各種休暇制度や、就業管理、社内公募制度はかなりきちんとしている。ほとんどは社内の制度をきちんと活用できる状態にある。
  • 大手企業の中では、上位に入る福利厚生制度だが、トップクラスではない。
  • 福利厚生に関しては、カフェテリアプランの充実、人間ドックの無償化もあり、退職金も十分にもらえる。
  • 保養所を使えるプランも組み込まれているが、場所が微妙だったり、人気なのですぐ予約が埋まってしまったりするのが残念。

残業時間

口コミサイトでの残業時間は、31~40時間でした。
福利厚生は充実しているとのことでしたが、システムの開発を請け負っている会社であるため、残業は多くなってしまう傾向にあるようです。

有給消化率

口コミサイトでの有給消化率は、72~80%となっていました。
残業時間の長さと比べると、有給消化率もかなり高い割合となっています。
残業でのハードワークはあるものの、しっかり有給を取ることができるため、この点に関してはトレードオフです。

NTTデータの中途採用求人情報

求人情報

NTTデータにはどのような職種があるのか

NTTデータの中途採用では、以下のような職種の人材を採用しています。

  • 顧客営業(営業)
  • ソリューション営業(営業)
  • コンサルタント(コンサルタント)
  • プロジェクトマネージャー(エンジニア)
  • ITアーキテクト(エンジニア)
  • ITスペシャリスト(エンジニア)
  • アプリケーションスペシャリスト(エンジニア)
  • R&Dスペシャリスト(研究開発)

NTTデータでは、主に「営業職」「コンサルタント」「エンジニア」「研究開発」の4つに分類されています。
営業職やコンサルタントは、顧客への自社のソリューション活用を促す提案営業を行い、エンジニアがシステム開発を行う業務になっています。
また、研究開発部門では、新しい技術を生み出すための開発部門が設置されており、専門性のある人材が求められています。

求人の傾向・採用している職種

求人の傾向的には、自社で開発を行ってくれるエンジニアを募集している割合が非常に高いです。
NTTデータは、技術力が第一の会社であるため、より優秀なエンジニアを1人でも多く採用したいという狙いがあります。
それに次いで、営業職を募集しており、自社の技術力を顧客に使ってもらうための、営業力を確保しています。

実際の求人情報

実際の求人情報を転職サイトのdodaで調べたところ、NTTデータの求人は、453件ほど該当しました。
転職サイト経由でも、多くの求人が出ていることからも、門戸は広く開かれていることが分かります。
通信業界では、日本一の大企業であるため、グループのその他子会社でも求人を募集しており、勤務地も広い範囲から選択できます。

NTTデータの採用方針

NTTデータの採用方針では、以下の3点を非常に重要視しています。

-社会のために自律的に考え、自ら動き周りを巻き込む「考導力」
–最新の技術に興味を持ち、変化を起こすことを楽しむ「変革力」
–多様な仲間と共通の目標を創り成し遂げる「共創力」
そして、それらを突き動かす強い意志と情熱。

ITビジネスにおいて多様なソリューションを提供しているNTTデータでは、可能性やキャリアパスは非常に多岐に開かれています。
最新の技術に興味を持っている変革力や、周囲を巻き込めるリーダーシップのある人材が求められる傾向があります。
中途での採用は特に、技術力や経験が重要視される傾向があり、他社で大きなプロジェクトを経験した人でないと、厳しいかもしれません。

NTTデータの選考に関する情報

選考

NTTデータへの転職難易度

NTTデータへの転職難易度は、非常に高いです。
大手企業であるため、新卒から人材を育てる傾向がかなり強く、口コミサイトを見ても、中途から入社する人は多くありません。
同じようなプロジェクトサイズでの開発経験、営業経験がないとなかなか転職することは出来ないため、前職の経験はかなり重要視されると考えていいでしょう。

選考の流れ

応募→書類選考→面接および適性検査(2回)→採用条件の提示(書類にて)
NTTデータの選考の流れは、一般的な企業とほぼ同様です。
ただ、公式ページにもあるように、この流れは一般的な公募ルートで応募した場合です。
紹介での採用などは、選考形式が異なるケースもあることを覚えておきましょう。

筆記試験の有無、種類

NTTデータの選考では、筆記試験の有無に関する記載はありません。

必須・推奨される資格

NTTデータの中途採用で、必須・推奨される資格は特にありません。
ただ、ほとんどの募集要項には、「大学院、大学、高等専門学校卒業以上」とあるため、最低限の学歴は必要になります。

面接で聞かれること

NTTデータの面接で聞かれることは、他の企業と同様に基本的な質問が多いです。
面接で聞かれるのは、

  • なぜSI業界を希望したのか
  • 他社ではない理由は何かあるのか
  • どのようなことを会社で成し遂げたいのか

などの質問です。
特段変わったことも聞かれず、面接の雰囲気も終始落ち着いたものであるため、落ち着いて、穏やかに答えることが可能です。
面接では、リラックスしていつも通り答えることを意識しましょう。

NTTデータへの転職に関する口コミや評判

評判

企業評価(安定性・成長性)

・AIやIoTを活用してサービスを行う機会も多くなるが、十分対応していけると思う。(40代・エンジニア)

・大企業かつ旧公社のためか、各種手続きがかなり煩雑。古い体質が残っているのが心配。(40代・ITコンサルタント)

・将来性のある分野に投資しているのに、取り組みに時間がかかってしまい、スピード感がない。(30代・エンジニア)

・古い付き合いの会社が多いため、しばらく仕事が無くなることはない。しかし、企業としての新陳代謝には問題がある。(20代・エンジニア)

・NTTという大会社の安定感は抜群にある。ただ社員数が多いため、若い人が力を発揮出来ない土壌がある。(20代・営業)

給与・待遇

・月収を見ると寂しいが、住宅保証などの手当が手厚いため、額面よりもかなり多く感じる。(20代・エンジニア)

・給与面での福利厚生もかなり充実している。既婚者に優しい会社。(30代・法人営業)

・若者の間の給料がかなり低い。残業しなければお金が貯まらないため、若いうちは厳しい。(20代・エンジニア)

・年収は日本平均、業界平均と比較してもかなり高めである。ボーナスも安定している。(30代・ITコンサル)

評価制度

・ボーナス評価が年に2回、給与や昇進に関わる評価が年に2回ある。社内資格の取得が昇進の必須条件となっているように感じる。(30代・エンジニア)

・評価のための目標設定の仕組みが導入されているが、形骸化してしまっている。(30代・プロジェクトマネージャー)

・年収自体はそこまで問題ない。ただ管理職の評価が行き届いていないように感じる。(20代・エンジニア)

・主任は年次が上がれば上がれる。だらだら働いている人も多いが、年功序列評価のように感じる。(30代・プロジェクトマネージャー)

・頑張った分だけ評価される。面談でしっかりアピールした方がいい。(30代・法人営業)

仕事のやりがい

・大きなプロジェクトに携われる点はとてもいい。NTTでなければ出来ないことだと思う。(20代・エンジニア)

・正社員のタスクは、管理的な部分が多く、あまり面白みはないように感じる。(20代・エンジニア)

・若手にもプロジェクトを任せるような場面もある。ただ、プロジェクトが大きいと業務も縦割りになり、把握しにくい。(30代・法人営業)

・外資やベンチャーなどの先進事例が見えるようになってしまい、そちらの方が魅力的に感じる。(30代・プロジェクトマネージャー)

・若手が意見を言っても保守的なので、採用されないことも非常に多いように感じている。(30代・エンジニア)

(引用元:キャリコネopenwork転職会議カイシャの評判

NTTデータに転職するには

大手企業が中途採用を実施する理由のほとんどが、「新規事業や欠員の補充で即戦力が必要になったとき」。

こうした求人の募集人数は少数ですから、すぐに採用が決まってしまいます。
ですからNTTデータの中途採用求人はとても貴重です。

NTTデータの選考を受けるために重要なのは「あなたのスキルが即戦力と判断される求人票」を見逃さないことです。

そのためには以下の2点が大切です。

  1. 常に公式サイトの求人票を常にチェックすること
  2. 競合などに配慮してクローズドに募集される非公開求人を受け取ること

この2つを簡単に満たしてくれるのが転職エージェントです。
転職エージェントなら公式の求人票はもちろん、非公開求人もタイムリーにアナウンスしてくれます。

希望の職種に合った転職エージェントを選択しよう

NTTデータの求人は技術系エンジニア職文系総合職の2つのコースに大別されます。

まずはあなたがどちらの職種を希望するかを明確にしてください。

技術系エンジニア職の方

エンジニア職種としてNTTデータへの転職を目指すあなたにおすすめなのがIT転職のマイナビエージェントです。

大手へのIT転職に強いエージェントとして、そのコネクションを存分に発揮してくれることでしょう。

IT転職のマイナビエージェント

マイナビエージェント

エンジニア採用に強い

エンジニアの転職を数多く手掛けている大手転職エージェントです。特に大手やメガベンチャー系安定企業への転職に強みがあります。

利用者の口コミ

30歳 男性

担当者のITリテラシーが思った以上に高く、ストレスなく転職活動を進めることができた。

34歳 男性

他の転職エージェントのようにガツガツしていないのが好印象でした。

29歳 男性

大手系の案件は確かに多かった。Web系スタートアップ志望なら他社も見た方がいいと思う。

「IT転職のマイナビエージェント」公式サイトへ

文系総合職の方

営業やマーケティング職などの総合職としてNTTデータへの中途入社を目指すならリクルートエージェントが現実的な選択となります。

中途採用業界においては最大手のエージェントで、特に大手企業からの信頼は絶大なものがあります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最多の30万件を超える求人数

人事部だけでなく事業部から非公開求人の依頼を受けているケースもあり、常時30万件以上の求人を掲載しています。営業所が多く、地方求人にも強いです。

利用者の口コミ

34歳 男性

最大手だけあって面談にいくといきなりすごい量の求人票を提出されます。

28歳 女性

やっぱり求人数は魅力的。期待を裏切らない内容でスムーズに転職できました。

30歳 男性

求人票はたくさんいただけるのですが数が多すぎて、吟味するのに少し時間がかかりました。

「リクルートエージェント」公式サイトへ

エージェントには志望企業と職種をはっきり伝えてしまいましょう

特にリクルートエージェントのように取り扱い求人数が多いエージェントの担当者には、希望する企業と職種をはっきり伝えてしまった方が話が早いです。

仮にそのタイミングで取り扱いがなくても今後の見込みをアナウンスしてもらえたり、関連企業の求人などを案内してもらえたりする可能性もあります。

おわりに

今回は、NTTデータに転職したい方に向けて、難易度や面接での口コミなど、中途採用情報をチェックしてきました。
公共事業に関わることができる点や、超大規模なサービスにも携われるため、非常に影響力が強いですが、古い体質が残っているとの口コミも多くありました。
仕事にやりがいを求めて、働くには少し物足りないかもしれませんが、給与や福利厚生などの安定性は素晴らしいです。
ただ、中途でNTTデータに入るのは、なかなか至難の業であるため、かなり注意が必要です。
これからNTTに転職したい人は、ぜひ本記事を参考にして、転職の準備を進めてください。

5秒で完了!転職サイト診断

カンタンな質問に答えるだけで、あなたにピッタリの転職サイトが見つかる診断ツールをご用意しました。

転職診断ツールへのアクセス方法

このページを共有する

企業別転職ノウハウ

  1. 企業別転職ノウハウ
  2. クックパッドに転職するには?
  3. タカラトミーに転職するには?
  4. 東京海上日動に転職するには?
  5. 一条工務店に転職するには?
  6. 東京メトロに転職するには?
  7. チームラボに転職するには?
  8. 星野リゾートに転職するには?
  9. 野村不動産に転職するには?
  10. ネスレ日本に転職するには?
  11. 大和ハウスに転職するには?
  12. ウォルト・ディズニー・ジャパンに転職するには?
  13. ソニー・ミュージックエンタテインメントに転職するには?
  14. 野村総研に転職するには?
  15. AGCに転職するには?
  16. 東レに転職するには?
  17. オムロンに転職するには?
  18. 積水ハウスに転職するには?
  19. アサヒビールに転職するには?
  20. スバルに転職するには?
  21. ファーストリテイリングに転職するには
  22. JR東海に転職するには
  23. 伊藤忠に転職するには
  24. Appleに転職するには
  25. 佐川急便に転職するには
  26. 豊田通商に転職するには
  27. ジョンソン・エンド・ジョンソンに転職するには
  28. セコム株式会社に転職するには
  29. 東京ガス株式会社に転職するには
  30. オリックス株式会社に転職するには
  31. ファナックに転職するには
  32. 富士フイルムに転職するには
  33. 日清食品に転職するには
  34. ヤマハ株式会社に転職するには
  35. キヤノンに転職するには
  36. JTBに転職するには
  37. 川崎重工に転職するには
  38. DMM.comに転職するには
  39. UUUM株式会社に転職するには
  40. JTに転職するには
  41. 丸紅に転職するには
  42. 三菱重工業に転職するには
  43. ブリヂストンに転職するには
  44. ドコモに転職するには
  45. ダイキン工業に転職するには
  46. 東芝に転職するには
  47. TOTOに転職するには
  48. 京セラ株式会社に転職するには
  49. スターバックスに転職するには
  50. バンダイに転職するには
  51. 野村證券に転職するには
  52. マツダに転職するには
  53. 花王に転職するには
  54. NEC(日本電気株式会社)に転職するには
  55. ニトリに転職するには
  56. KDDIに転職するには
  57. ZOZOに転職するには
  58. 村田製作所に転職するには
  59. ベネッセに転職するには
  60. NHKに転職するには
  61. クボタに転職するには
  62. 日立製作所に転職するには
  63. 三井物産に転職するには
  64. 味の素に転職するには
  65. DeNAに転職するには
  66. 住友不動産に転職するには
  67. ヤマト運輸に転職するには
  68. 資生堂に転職するには
  69. 三菱電機に転職するには
  70. P&Gジャパンに転職するには
  71. 富士通に転職するには
  72. JR東日本に転職するには
  73. ソニー生命保険に転職するには
  74. 旭化成に転職するには
  75. 三菱地所に転職するには
  76. 電通に転職するには
  77. サントリーに転職するには
  78. セールスフォースドットコムに転職するには
  79. 博報堂に転職するには
  80. 三井不動産に転職するには
  81. NTTデータに転職するには
  82. 株式会社オリエンタルランドに転職するには
  83. LINE株式会社に転職するには
  84. ホンダに転職するには
  85. 任天堂に転職するには
  86. ヤフー(Yahoo)に転職するには
  87. パナソニックに転職するには
  88. ソニーに転職するには
  89. 日産自動車に転職するには
  90. 三菱商事に転職するには
  91. メルカリに転職するには
  92. サイボウズに転職するには
  93. デンソーに転職するには
  94. 日本航空(JAL)に転職するには
  95. 日本マイクロソフトに転職するには
  96. サイバーエージェントに転職するには
  97. 全日本空輸(ANA)に転職するには
  98. キーエンスに転職するには
  99. トヨタ自動車に転職するには
  100. Amazon(アマゾンジャパン)に転職するには
  101. ソフトバンクに転職するには
  102. 楽天に転職するには