三菱地所に転職するには?難易度や面接の口コミ・中途採用情報をチェック


ライター:岡本優河

はじめに

三菱地所は、オフィスビルや商業施設から個人向けのマンション・賃貸住宅まで、不動産を総合的に扱っている企業です。
毎年売上高も増加しており業界で3位に位置しています。
2020年に開催される東京オリンピック、2025年に開催される大阪万博などでますます需要が高まり、将来性もあると予想されています。
財閥系の企業ということもあり、不動産系の安定した会社に勤めたい方の中には、ぜひ三菱地所に転職したい!と考えている方も多いですよね。
この記事では、三菱地所への転職を考えている方に向けて、難易度や面接の口コミなど、中途採用情報などをご紹介します。
三菱地所への転職事情について知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

不動産業界 売上ランキング
(引用元:【2019年最新】不動産業界の売上高ランキングと年収のまとめ -現状と動向-

三菱地所への転職についてのまとめ

口コミからの総合評価
3.97

三菱地所の転職レーダーチャート


三菱地所の特徴

  • 三菱地所は日本の大手不動産ディベロッパーとして三井不動産と共に業界では双璧を為している巨大不動産会社。
  • 丸ビルや新丸ビルなどの三菱地所プロパティマネジメントや、三菱地所レジデンスなどをグループ内に有している。
  • 三菱地所は、旧財閥が開発した東京駅周辺の「大丸有地区」にビルを何棟も保有しており、この地域のコミュニティづくりにも貢献している。
  • 1998年から2017年までの20年間で総額9,500億円を投資して高層ビルの建て替えをする都市再生事業を展開している。
  • 組織としての風通しも悪くなく、大手不動産に特有の堅苦しさもあまり感じられないのも特徴。

三菱地所への転職でおさえておきたいポイント

  • 中途採用は基本的に即戦力人材になる人間を多く採用する傾向にある。
  • 面接は、基本的に穏やかな雰囲気で、真摯に聞いてくれる面接官が多い。
  • 会社内でキャリアアップしても、社外での市場価値を高めることにはつながらなさそう。
  • 温厚な社員が多く、保守的な企業文化を持っており、ホワイト企業。
  • 面接では自分自身の軸をしっかり持っていないと、答えられないような質問が多かった。

三菱地所の企業情報

企業情報

基本情報

※スマホの方は横にスクロールしてご覧ください

事業内容 オフィスビル・商業施設等の開発、賃貸、
管理収益用不動産の開発・資産運用住宅用地・工業用地等の開発、
販売余暇施設等の運営
代表者 吉田淳一
設立 1937年
資本金 142,147,967,178円(2019年5月24日現在)
従業員数 9,439名
所在地 東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビル

企業理念やビジョン

三菱地所には、企業理念やビジョンの代わりに以下の「基本使命」が設定されています。

「人を想う力。街を想う力。」
私たちはまちづくりを通じて社会に貢献します
私たちは、住み・働き・憩う方々に満足いただける、地球環境にも配慮した魅力あふれるまちづくりを通じて、真に価値ある社会の実現に貢献します。

三菱地所では、古くから街づくりを行ってきた経験から、真に価値ある社会の実現を目指しています。

人を想って街づくりを進めていき、街のことを考えながら街づくりを進めていく姿勢を大事にしていることが伝わります。

三菱地所の転職基礎知識

基礎知識

平均年収

1,247万円(41.2歳)(四季報調べ)
不動産業界の平均年収751万円と比較すると、約500万円ほど高い年収となっています。
業界でも屈指の大手企業なだけあって、平均年収は業界平均よりもかなり高い水準であることが分かります。
(出典元:2019年版 業種別 モデル年収平均ランキング - マイナビ転職

世代別平均年収

NTTデータの世代別の平均年収は以下の通りです。

※スマホの方は横にスクロールしてご覧ください

年代 平均年収 最高年収 最低年収
20代 450万円 680万円 300万円
30代 600万円 800万円 500万円
40代 1000万円 1175万円 600万円
50代 - 万円 - 万円 - 万円

(引用元:転職会議)

労働環境

  • 有給を取りやすい環境であり、余暇も充実させやすい。

福利厚生

  • 原則土日休みで、有給も希望通り取ることが出来るため、不満などは特に感じられない。

残業時間

口コミサイトでの残業時間の平均は30時間でした。
他の企業に比べると、かなり少ない残業時間であるため、口コミ通りのホワイト企業であることが伺えます。

有給消化率

口コミサイトでの有給消化率は、55~70%でした。
有給の消化に関しても、上司から有給取得を促されるくらいホワイトであるため、十分な有給消化率を保っていることが分かります。

三菱地所の中途採用求人情報

求人情報

三菱地所にはどのような職種があるのか

三菱地所の中途採用で募集しているのは、主に以下の2つの職種になります。

  • 総合職
  • 業務職

総合職では、不動産のディベロッパーとして各地点での土地開発に携わったり、経営企画に携わることになります。
業務職では、企業のバックオフィスをサポートするべく、契約書の作成や各種データ書類の管理などを行う、事務業務を担います。

求人の傾向・採用している職種

三菱地所の求人の傾向は、即戦力として活躍出来る人材を採用する傾向にあります。
職種的には、圧倒的に売り上げに繋がる総合職を採用する傾向が強く、ディベロッパーとしての経験が豊富な人材を欲しています。

実際の求人情報

転職サイトのdodaで三菱地所の求人を調べてみた結果、123件もの求人が集まりました。
しかし、三菱地所本社ではなく、関連会社がヒットする件数が多く、一般的な転職サイトでは三菱地所本体の募集の数は多くないため、非公開求人として募集している可能性も高そうです。転職エージェントに登録して非公開求人も確認しておくとよいでしょう。

転職エージェントによって得意な業界や職種、企業規模などが異なりますので、まずは自分の希望に合う転職エージェントを見つけましょう。

三菱地所への転職の際には、大手企業やメガベンチャーとも強いパイプをもっているリクルートエージェントマイナビエージェントがおすすめです。

どちらも中途採用業界においては最大手のエージェントで、特に大手企業からの信頼は絶大なものがあります。また、人事部だけでなく事業部から非公開求人の依頼を受けているケースもあり、目当ての求人が得られる可能性が高いです。

その他の転職エージェントの詳しい情報は1106人に聞いた、口コミで評判のおすすめ転職サイト・転職エージェントが参考になります。

また、エージェントを利用する際、担当者には希望する企業と職種をはっきり伝えましょう。仮にそのタイミングで取り扱いがなくても今後の見込みをアナウンスしてもらえたり、関連企業の求人などを案内してもらえたりする可能性もあります。

三菱地所の採用方針

三菱地所では、不動産業界での経験が豊富な人材を採用する方針を採用しています。
三菱地所の雰囲気や社風にあっており、すぐに現場で戦力になりそうな人材をピックアップして採用する傾向があるようです。

三菱地所の選考に関する情報

選考

三菱地所への転職難易度

三菱地所への転職難易度は、不動産でもトップクラスの大手企業ということもあってか、非常に高いです。
求人数から見ても分かるように、転職して中途採用で入るのは、なかなか狭き門であるため、相当実績がないと厳しいことは覚悟しましょう。

選考の流れ

三菱地所の選考の流れは、以下の通りです。

  1. プレエントリー
  2. 本エントリー
  3. 書類選考
  4. 適性検査の受検
  5. 一次面接
  6. 最終面接
  7. 内定

一般的に公募の場合、こちらのプロセスで採用が進んでいきますが、他ルートでの採用の場合は、この流れにはならないため注意しましょう。

筆記試験の有無、種類

三菱地所の選考では、適性検査を受検するタイミングで、簡単な筆記試験が行われます。
Web上での検査になり、書類選考結果が開示されてから15日以内に受講することになります。

必須・推奨される資格

三菱地所への転職で必須・推奨される資格などは特にありません。
しかし、総合職も業務職も、

  • 四年制大学を卒業された方(大学院を卒業した方も含む)
  • 当社役員・社員の子女、兄弟ではない方

を応募の条件として設定しているため、上記の条件を満たさなくてはならないことを覚えておきましょう。

面接で聞かれること

面接で聞かれることは、

  • なぜ三菱地所を選んだのか
  • ディベロッパーの仕事は好きか
  • 何ができるのか

などで、ほとんど履歴書通りの質問をされることが多いです。
経験者採用の場合は、特にこの仕事に対して愛があるかどうかなどの質問もあるため、素直に答えられるようにしておきましょう。

三菱地所への転職に関する口コミや評判

評判

企業評価(安定性・成長性)

・絶対的な土地(大有丸)を持っているだけあって、多分向こう50年は潰れないと思う。(20代・営業)

・2020年の東京五輪、2025年の大阪万博、2027年のリニア開通など、これからもどんどん需要が増していく予想。(20代・受付)

・大企業なので安定している。ただメリハリはあまりないのではないかと思われる。(30代・法人営業)

・今後の少子化、労働人口の減少は確実であるため、事業の成長性は確かなものではない。(40代・不動産開発)

・成長している感じは特にない。収益は安定していることだけは分かる。(30代・一般事務)

給与・待遇

・年収に不満はなく、同じ業界の他社と比べると相当もらえているため満足。(30代・法人営業)

・目の前の数字に追われなくてもいい。異動も都市部だけで問題ない。これは大きな長所。(40代・設計)

・高収益体制に不満なし。安定に甘んじる人もいるが、それを許容できる企業体力と風土がある。(30代・不動産開発)

・若干残業時間も多い気がするため、時給換算するとかなり微妙なところではある。(30代・新規事業)

・仕事は割と楽だが、飲み会がかなり多い。体力が続かないと大変かもしれない。(20代・法人営業)

評価制度

・評価制度は不明瞭で適切であるとは言えない。(30代・事務系)
・査定制度がどのように行われているのかが非常に不透明。評価に上司の恣意性が入る可能性は高い。(30代・経営企画)

・基本給に加えて、残業代とボーナスは申し分ない。働いた分だけ評価されていたように思う。(30代・主任)

・目標設定とそれに対する評価に疑問が残る。人事制度を確率して欲しい。(30代・法人営業)

・能力は良くても悪くてもあまり評価されないのが大きな欠点。(30代・不動産開発)

仕事のやりがい

・新規営業ではなく既存との取引なので、いい意味で楽に仕事をすることは可能。(20代・個人営業)

・大きな仕事が多いのは嬉しい。自分が開発に携わったビルを見るのはなかなか壮観。(20代・法人営業)

・社内政治の色はなかなか強い。人事異動がランダムであるため、一貫性のあるキャリア形成がなかなか難しいのが玉に瑕。(50代
・法人営業)

・財閥系ということもあり、働きがいはかなり満足できるものであったように思う。(30代・法人営業)

・大きな仕事を任せてもらえるため、充実感がかなりあるように思った。(30代・法人営業)

(引用元:キャリコネopenwork転職会議カイシャの評判

おわりに

今回は、三菱地所に転職したい方に向けて、転職難易度や面接などの口コミ、中途採用の情報などについて解説しました。
不動産業界でもかなり高給を貰えることで有名な三菱地所ですが、福利厚生までしっかり保障されています。
また、働き方の改革も進んでおり、事業としての安定感もあるため、転職できれば高待遇を期待できます。
これから三菱地所に転職したいと考えている方は、ぜひ本記事を参考にして転職活動をしてみてください。

5秒で完了!転職サイト診断

転職診断ツールへのアクセス方法

このページを共有する