後悔しない仕事探し。中途採用・正社員転職成功情報サイト

自己分析でやるべきことは「スキルと経験の棚卸し」

  自己分析でやるべきことは「スキルと経験の棚卸し」

「自己分析」が大事だとよく言われますね。
でも実は前のページで目的と目標を切り分けた時点であなたの自己分析は半分完了しています。

目的と目標の関係を明確にすることで、これからなぜ、何をやりたいかが明確になったはずです。本当はその気持が何より大切ですよね。

ただ、気持ちだけではうまくいかないのが転職活動ですので、もう少しつっこんだテクニックを紹介します。

「スキル」を棚卸しする

自分の目的と目標が決まったら、これからそれを実現するために現在の自分が何ができるかをはっきりさせましょう。つまり、スキルを棚卸しする作業です。

自分のスキルを言葉にしよう

自分のスキルですからなんとなく思い浮かぶと思います。ですが、これから書類選考や面接でそれをアピールしていかなければなりませんのでこの機会に文字におこしましょう。

人間はなんとなく理解しているレベルでは自信を持って話せません。文字にして明文化すれば多少緊張していたとしても伝えられるものです。

すぐに使えるスキルシート

そんな簡単に言われても、おれ大したスキルもってないしな・・・」と感じたあなた、大丈夫です。

そんな方のためにすぐに使えるスキルシートを用意しました。
このシートをダウンロードして必要事項を埋めていけばいろんなスキルが見えてくるはずです。

スキルより先に仕事内容を書く

このスキルシートのポイントは、今保有しているスキルより先に仕事の内容を書くこと。

あなたはどんなスキルがありますか?」と聞かれるよりも「あなたはどんな仕事をしてきましたか?」と聞かれる方が答えやすいですよね。

そこから身に付けたスキルや技術の内容を連想していきましょう。

スキルはエピソードに結びつける

スキルには必ずエピソードを付けましょう。
そのためにこのスキルシートには「当該スキルに関する苦労or工夫or結果エピソード」というセルと「当該スキルがその後、役に立った経験」というセルがついています。

この部分が面接対策で生きてくるんです

例えば、

「私は3年間英会話教室の新規開拓の営業職をして結果を出したので、営業力には自信があります。」よりも、

「私は3年間英会話教室の新規開拓の営業職を経験しました。
最初はまったく結果が出ず、ずいぶん苦悩しました。
そこで成績が良い先輩のことを徹底的に分析しました。
すると彼は教室の魅力というよりも英語ができるようになって何がしたいかをお客様にお伺いし、英語ができるようになるとどんな風に生活が変わるかを語っていることに気づきました。
それから面白いように成果がでました。
その時の経験はリーダーとして後輩を育成するときにもずいぶん役に経ちました。」

とする方がずいぶん印象がよくありませんか?

面接官は具体的な話しが大好きです。反対に抽象論は大嫌いです。自分の経験を具体的に語れるよう、スキルシートを使って書面にしましょう。

とにかく早く仕事を決めたい。でも転職先に妥協はしたくない。という方はぜひこちらの記事をご覧になってくみてください。

「転職したい」1ページで読める、失敗しない転職のテクニック

転職の準備をする

  1. 転職の準備をする
  2. 転職の段取り、ステップを理解しよう
  3. 「目的」「目標」「きっかけ」の切り分けが無い転職は後悔の元凶
  4. 自己分析でやるべきことは「スキルと経験の棚卸し」
  5. 転職活動で大事なのは自己分析より企業分析
  6. タイミングを誤るな。次の職場が決まるまでは退職してはいけない
  7. 「焦り」は厳禁。転職先は絶対に妥協するな
  8. 転職活動は量質転換。行動量が質を生み出す
  9. ミスマッチは自ら防ぐ。「活躍できる職場かを確かめる」という考え方
  10. 嘘や経歴詐称をしてまで入社しても、後がつらいだけ
Top