後悔しない仕事探し。中途採用・正社員転職成功情報サイト

「目的」「目標」「きっかけ」の切り分けが無い転職は後悔の元凶

  「目的」「目標」「きっかけ」の切り分けが無い転職は後悔の元凶

転職の準備で一番最初にやるべきこと、それは「目的」と「目標」を明確にすることです。

突然ですがあなたがもし、「目的」と「目標」の違いは何ですか?と聞かれたらなんと応えるでしょうか。

普段何気なく使っている「目的・目標」という言葉ですが、あらためてきかれるとなかなかその違いを答えられない方も多いと思います。

目的と目標の違い

答えは出ましたでしょうか?この問題はそれぞれの「漢字」に注目するとわかりやすいと思います。

目的とは

「目的」の「的」の字は「まと」という字を書きます。つまり、目的とは最終的なゴールのことです。

転職活動における目的とは例えば、「WebデザイナーからWebディレクターにステップアップしたい」「これまで培ってきた人事での経験を活かして、人事コンサルタントとしてより多くの人に影響を与えたい」といったポジティブな内容になるはずです。

目標とは

一方で「目標」の「標」の字は道標の「しるべ」という字を書きます。
つまり、目標とは目的にいたるまでの途中経過のことです。

転職活動における目標は先ほどの例で言えば、「今の会社ではWebデザイナーとして社内にいるばかりだったが、顧客接点があるデザイナー経験を積む」「人事コンサルティング会社で営業担当者として業務を理解する」といったものがあります。

「きっかけ」とは違う

目的と目標は「きっかけ」とは違うことに注意しましょう。転職堂をご覧になっている方なら誰しも「給料が少ない」「これ以上のポストが望めない」「結婚することになった」「会社の将来性が不安」など、「転職するしかない!」と思い立つにいたった「きっかけ」があると思います。しかし、これらは「目的」とも「目標」とも異なるものです。

なぜ目的と目標ときっかけを切り分ける必要があるのか

転職活動において、応募種類上でも面接の現場でも「きっかけ」を語ってはなりません。多くの場合それはネガティブな表現で語られることになるからです。

基本的にあなたの思いは「目的」→「目標」の順に語ることで表現します。

例えば面接でよく聞かれる質問に退職理由があります。

このとき、「きっかけ」を答えてはなりません。「目的」→「目標」の順に語るのです。

「現職はWebデザイナーですが、将来的にはWebディレクターへステップアップしたいと考えています。そのために、社外でお客様と接する機会が必要だと考えました」と語るのと、「今Webデザイナーなのですが、社内にいる機会が多くこのままではWebディレクターは見込めないと考えたのです・・・」と語るのでは内容は同じでも印象が180度違いますね。

一事が万事、書類選考や面接の現場でこのようなことにならないように準備段階で目的と目標を明確にすることが重要です。

目的が明確になるとモチベーションが高まる

「教会の大工」という有名な話があります。

教会を作っている3人の大工がいた。そこを通りがかった旅人が彼らに尋ねた。「あなたは今、何をしているのですか?」すると三人の大工はそれぞれ答えた。

  • 一人目の男:「見ればわかるだろう、レンガを積んでいるんだよ」
  • 二人目の男:「大工として働いています」
  • 三人目の男:「皆が訪れる街の教会を造っているんだ、完成が楽しみだよ」

この中で一番モチベーションが高いのはだれか。一番いい仕事をするのはだれか。明確ですね。

あらためてあなたにお聞きします。「あなたは何のために転職をするのですか?

とにかく早く仕事を決めたい。でも転職先に妥協はしたくない。という方はぜひこちらの記事をご覧になってくみてください。

「転職したい」1ページで読める、失敗しない転職のテクニック

転職の準備をする

  1. 転職の準備をする
  2. 転職の段取り、ステップを理解しよう
  3. 「目的」「目標」「きっかけ」の切り分けが無い転職は後悔の元凶
  4. 自己分析でやるべきことは「スキルと経験の棚卸し」
  5. 転職活動で大事なのは自己分析より企業分析
  6. タイミングを誤るな。次の職場が決まるまでは退職してはいけない
  7. 「焦り」は厳禁。転職先は絶対に妥協するな
  8. 転職活動は量質転換。行動量が質を生み出す
  9. ミスマッチは自ら防ぐ。「活躍できる職場かを確かめる」という考え方
  10. 嘘や経歴詐称をしてまで入社しても、後がつらいだけ
Top