後悔しない仕事探し。中途採用・正社員転職成功情報サイト

履歴書、職務経歴書は転職エージェントで添削・校正してもらうこと

  履歴書、職務経歴書は転職エージェントで添削・校正してもらうこと

テンプレートにしたがって書きあげた応募種類でも、すぐに使い始めてはいけません。

必ず第三者にチェックしてもらうようにしましょう。理想は企業の人事や採用の経験者です。「え!?そんな知り合いるわけないじゃん!」っと思ったあなた、そうですよね、そううまいこと相談相手がいれば苦労しません。

そのような場合は転職エージェントを活用するのがよいでしょう。

転職エージェントは経験豊富

これまでにたくさんの社会人の転職活動を手伝っている転職エージェントの担当者(キャリア・エージェントやキャリア・コンサルタントと言われます)は、その経験から応募書類のツボをわかっています。一人で悩むよりもかなり頼りになるはずですよ。

業界情報を反映できる

すでに何度かお伝えしているのですが、採用担当者をはっとさせる秘訣は「この応募者はウチの(業界のことが)わかっていそうだな」と思わせることです。

転職エージェントは業界特有の採用事情に詳しいことが多く、書面上でそれを表現するコツを知っています。

応募先のことがわかっている

転職エージェント最大の強みがこれでしょう。

大抵の場合担当のキャリア・エージェントは採用担当者とすでに面識があります。(人材紹介会社によっては営業担当者自身であることもあります)そのため、「人事側が何を重視しているか」や「担当者がどんなことを好むか」などを把握しており、書類に反映させてくれます。

当然ですが、面接でも使える情報ですよ。

熱心で、親切

正直担当者によるところはあるのですが、転職エージェントの担当者は基本的に熱心で、親切です。

これには裏がありまして、実は彼らの内ほとんどは求職者である我々に入社させないとFeeを受け取れないいわば成功報酬型のビジネスモデルだからです。

その中でも応募種類の校正の丁寧さやキャリアエージェントの熱心さで評判が良いのはマイナビエージェントJACリクルートメントですね。

なお、転職堂では一度に複数の人材紹介会社の利用をおすすめしています。
転職エージェントによって担当している企業が異なるため、機械損失を防ぐ必要があるからです。

転職エージェントランキングなどもご覧いただき、少なくとも2~3社は利用しておくことをおすすめします。

とにかく早く仕事を決めたい。でも転職先に妥協はしたくない。という方はぜひこちらの記事をご覧になってくみてください。

「転職したい」1ページで読める、失敗しない転職のテクニック

書類選考対策、応募種類の書き方

  1. 書類選考対策、応募種類の書き方
  2. 履歴書の書き方フォーマット(テンプレートダウンロード付き)
  3. 職務経歴書の書き方フォーマット(テンプレートダウンロード付き)
  4. 履歴書、職務経歴書は転職エージェントで添削・校正してもらうこと
Top