後悔しない仕事探し。中途採用・正社員転職成功情報サイト

職務経歴書の書き方フォーマット(テンプレートダウンロード付き)

  職務経歴書の書き方フォーマット(テンプレートダウンロード付き)

職務経歴書は中途採用での超重要アイテムです。書類選考はもちろん、面接にも大きな影響があります。

まずはフォーマットをダウンロード!

すぐに書き出していただけるよう、ダウンロードして使える職務経歴書のテンプレートを用意しました。

以下は解説になりますので、元ファイルを見ながらご覧ください。

実は「見やすさ」がポイントになる職務経歴書

人気企業になればなるほど、人事担当者は複数の応募種類に目を通すことになります。
実はこれ、結構な負担なんですね。そのため、必ずチェックされる職務経歴書は「見やすさ」がひとつのポイントとなります。せっかく内容が良くても、「わかりにくい」という理由で落とされたくはありませんよね。

そのために重要なのは以下のようなポイントです。

  1. オーソドックスなA4サイズを用いること。
  2. 時系列で書くこと。
  3. 段組等を利用して整理すること。
  4. 出来る限り箇条書きで書くこと。だらだらと長い文章にしない。

ただしこのあたりは先程のファーマットファイルさえ利用していただければ大丈夫です!

見やすさ、わかりやすさが担保されて初めて内容の準備にとりかかります。

職務経歴書の一枚めは全体のサマリー

さて、それではまずダウンロードしていただいた職務経歴書の一枚目を御覧ください。

ここには全体のサマリー(要約)を記載します。職務経歴書はボリュームが多くなりがちなので、先に結論をお伝えしてしまうわけですね。

ポイントの1つめは、自己PRの部分です。みなさん自己PRを一生懸命文章で書いてしまうのですが、あまりくどい文章は最初から読む気をなくさせてしまいます。
ここでも箇条書きを適用してください

ポイントの2つ目は志望動機です。

これまでは・・・(前職でやってきたことを簡潔に記述する)
将来は・・・(前職での経験をどのように発展させたいのか、目標を記述する)
そのために・・・(目標があるから、当該業界を志望した旨を記述する)
その中でも貴社は・・・(当該業界の中における応募先企業の特徴・優位性・重点戦略を記入)されていらっしゃったため、
前職での・・・(スキルを具体的なエピソードと共に記述する)といった経験を生かして即戦力としてお役に立てると思い、今回の募集に応募させていただきました。

企業分析。の成果がここで出ます。
その中でも貴社は・・・」に応募先企業の特徴が記載されます。

「私はこんな経験をして、こんなスキルと展望を持っています。あなたはこんな会社です。だから私とあなたはつながっているんですよ!」とさり気なく伝えます。

さらにこのテンプレートの良い所は、退職理由がポジティブに伝わるところです。

エンジャパンの調査によると、人事が職務経歴書に不足していると感じる項目No.1は「退職理由について」だそうです。
人事は「逃げの転職ではないか、ポジティブな転職動機があるか」ということを常に気にしています。

しかし、職務経歴書に「退職理由」という項目があるのはいかにも変です。
そこで「将来は・・・」という項目を利用して「キャリアに対する前向きな気持ちからの転職です」と伝えるのです。

このテクニックは面接でも非常に大切ですのでよく覚えておいてください。

後半、職務経歴部分にストーリーを持たせる

あらためてダウンロードしていただいた職務経歴書の一枚目を御覧ください。
後半部分には前述の通り時系列で入力できるよう箱が並んでいると思います。

ここで以前に作成いただいたスキルシートによるスキルの棚卸しが役立ちます。

棚卸しで準備された情報を元に時系列でまとめていきましょう。この時重要なのが「ストーリー」です

ストーリーとはつまり、あなたが自分の何をPRしたいかの道筋でもあります。先に職務経歴書の1ページ目で入力したヒューマンスキルや志望動機の根拠になるもの(経験・実績)です。

例えば、営業職から技術職に1度転職経験がある方の場合は、それぞれの経歴とスキルを記載して「セールスもできる技術者」としてのストーリーを作ります。

職種が変わらず、ずーっとデザイナーだった、という方の場合でも「個人向け」と「法人向け」両方のプロジェクト経験を紹介し、「オールマイティに対応できるデザイナー」としてストーリーを作り上げます。

特に30代、40代など経験が豊富な年代の場合はアピールしたいストーリー以外(典型的なのがサンプルにもある「新人研修」などです)を割愛して出来る限り読みやすく、伝わりやすくしてあげるようにしましょう。

ついつい「あれもこれも」考えて盛り込んでしまいがちな職務経歴ですが、前半の職務経歴部分はどんなにボリュームが多くても2枚以内で収めたいものです。

職務経歴書は第三者に校正してもらおう

書類選考で最重要となる職務経歴書はかならず第三者に校正してもらいましょう。校正をお願いできる人がいなければ転職エージェントを利用するのがおすすめです。

職務経歴書の添削の丁寧さやキャリアエージェントの熱心さで評判が良いのはマイナビエージェントJACリクルートメントですね。

とにかく早く仕事を決めたい。でも転職先に妥協はしたくない。という方はぜひこちらの記事をご覧になってくみてください。

「転職したい」1ページで読める、失敗しない転職のテクニック

書類選考対策、応募種類の書き方

  1. 書類選考対策、応募種類の書き方
  2. 履歴書の書き方フォーマット(テンプレートダウンロード付き)
  3. 職務経歴書の書き方フォーマット(テンプレートダウンロード付き)
  4. 履歴書、職務経歴書は転職エージェントで添削・校正してもらうこと
Top