後悔しない仕事探し。中途採用・正社員転職成功情報サイト

転職エージェント・人材紹介会社の上手な使い方

  転職エージェント・人材紹介会社の上手な使い方

前のページで求人サイトについて触れました。

転職エージェントは転職サイトに無い機能である応募種類の校正や面接の情報提供などを備えていますので、これと併用するように利用します。

どの人材紹介会社を選べばいいの!?」という方は転職エージェントランキングをご覧いただければよくまとまっていると思います。

とりあえずサポートが良いマイナビエージェントJACリクルートメントの2社をおさえておけば対応は間違いは無いと思います。

しかしいくら担当者が実力者揃いと言われている上記のような企業でも、結局は人と人。

おざなりな対応をされた」「こちらが伝えた希望とぜんぜん違う会社をすすめられた」など、転職エージェントにまつわるエピソードは事欠きません。

転職エージェントを上手く使うには

自分の境遇、思いを本音で話しましょう

担当者(キャリアエージェント)は「一緒に人事を攻略するパートナー」です。キャリアエージェントとの面談はいわば決戦(面接)の前の作戦会議。
遠慮や隠し事をしていては最適なアドバイスは得られません。
些細な事でも包み隠さず伝えるようにしましょう。

ただしあまり愚痴っぽくならないように注意。キャリアエージェントは人事採用担当とつながっていますから、「この人ネガティブなことばかりいってるな・・・」と思われると本命の案件を提示してくれなくなる可能性がありますよ。
「目的」「目標」「きっかけ」の切り分けでお伝えしたことをあらためて見直してみてください。

人材紹介会社と転職サイトの違いやビジネスモデルを理解する」でもお伝えしましたが、彼らも求職者に内定をとってもらわなければ成績にならないので、必死です。
必ず耳を傾けてくれるはずです。

相手の話をよく聞きましょう

しかしだからといって求職者側が高飛車になってはいけません。
マネージャー経験者だけがコンサルタントになれるJACリクルートメントなどは特別ですが、基本的に転職エージェントには若手の担当者が多いです。

求職者が上から目線になってしまえば信頼関係はなかなか構築されません。
彼らの言葉によく耳を傾け、前向きな作戦会議にしていきましょう。

「この人とは合わないな・・・」と思ったら

とはいえお互い人間ですから、どうしても「相性」は存在します。
もし転職エージェントに合ってみて、どうしても「合わないな」と感じてしまうようであれば、担当者の交代をオファーするのはぜんぜんあり、です。

しつこいようですが向こうも内定を出せない限りはお金にならないビジネスですから、うまくいかない組み合わせで時間を浪費させるぐらいなら担当者の変更を望むはずです。

直接は言いにくと思いますのでサイトの問い合わせフォーム等から連絡すれば良いでしょう。

とにかく早く仕事を決めたい。でも転職先に妥協はしたくない。という方はぜひこちらの記事をご覧になってくみてください。

「転職したい」1ページで読める、失敗しない転職のテクニック

人材紹介会社や転職サイトの登録

  1. 人材紹介会社や転職サイトの登録
  2. 人材紹介会社と転職サイトの違いやビジネスモデルを理解する
  3. おすすめの転職サイト・求人サイトは?
  4. 転職エージェント・人材紹介会社の上手な使い方
  5. 転職フェアやセミナー、合同企業説明会などのイベントは転職活動に使えるか?
Top